アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】プリュム(翎羽 Plume)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

「プリュムと申します。以前はラテラーノ護衛隊に所属しておりました。あなたの矛となり翼となり、命をお守りするために戦う所存です」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職ヴァンガードレアリティ☆☆☆
職業身長158cm
精通警備、槍術、巡回出身ラテラーノ
戦闘経験歴1年種族リーベリ
誕生日10月28日所属機関ラテラーノ
イラストレーターdeelCV立花理香
オリパシー感染状況
医学報告書を参照した所、非感染者であることが明らかになりました。
客観的経歴
ラテラーノ出身のリーベリ人で元ラテラーノ護衛隊のメンバー。ひょんなことから誤ってラテラーノを離れロドスに来てしまった。現在はロドスの保安隊員を務めている。基地の安全保障、巡回、重要物資の保護等の任務を行っている。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度早い(1.0s)
初期コスト8最大強化時コスト8
再配置時間遅い(70s)
特性
敵を倒すごとに1CPを入手、撤退時は初期配置コスト分が返却される。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期6882291480
初期最大9563332120
昇進I最大12264452790
昇進2最大
信頼度最大+50

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+21再配置時間-6秒配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
攻撃上昇
(攻击提升)
昇進I攻撃力+4%
攻撃上昇
(攻击提升)
昇進I Lv.55攻撃力+8%

スキル効果

スキル名スキル内容
俊敏打・α型
(迅捷打击·α型)
発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間必要SP45/25秒
効果攻撃力+25%、攻撃速度+25

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
ヴァンガード専門・α
(先锋专精·α)
初期訓練室訓練室に配置時、ヴァンガードの専門スキル訓練速度+30%
受注管理・α
(订单管理·α)
昇進I貿易受注効率+10%、受注上限+1

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容ステータス強化/配置コスト+2/素質「攻撃上昇」強化
必要素材/LvLv龍門幣芯片
4010000
昇進2強化内容
必要素材/LvLv龍門貨芯片

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】標準
【戦場機動】良好
【生理的耐性】普通
【戦術計画】普通
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】普通

関連アイテム

潜在上昇信物

プリュムの潜在能力を高めるために使用する。

羽毛の少ないシルクハットを控えめに飾っている。ラテラーノの祝日にはよく似合う。

求人契約

ロドス先鋒オペレーターのプリュムはチームに信頼出来る防御を行い、敵の攻撃に反撃を行う。

几帳面なラテラーノの護衛。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

オペレーター「プリュム」はオリジ二ウムに感染した形跡はありません。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.09u/L

オペレーター「プリュム」はオリジ二ウムにあまり接触していません。

資料1

文章表示

ラテラーノ護衛隊の入隊を志すリーベリにとっては、護衛隊が配備している標準な槍斧を使うことが優秀なメンバーになるためのスタート地点とされている。

優れた速度を持っているものの、あまり力がないプリュムにとっては、この重い槍斧ですらも挑戦するということを意味している。

護衛隊に入った時にはプリュムは積極的に身体を強化したり、身体強度を上げるなどの鍛錬を積み重ねた。こういった方法で自分の劣っている面を補おうとしたのだ。

しかし、このような鍛錬ではプリュムの力の最大を大幅に上げることは出来ず、力を集中的に使った槍斧の戦術では様々な場面で他者に制圧されてしまい、チーム内での訓練では良い成績を取れなかったばかりか、実習の仕事では武器の扱いが不適切だったために、公共物を破壊してしまうという不祥事を起こしてしまった。

プリュムは挫折する目にはあったものの、決して負の感情に陥るということは無かった。冷静沈着な性格の彼女は自分を駆り立ててその原因を探し始めた。護衛隊の同僚や先輩に指導を求め、プリュムは斧の扱いに重点を置き始めた。

力による方法を捨て、一心不乱に技巧による技を研究した後、プリュムはたゆまない努力により、ついに簡単かつ効果的でスタンダートな戦闘プロセスを作り上げた――その後は戦場を転々と移動し、持ち前の素早いテンポで突撃を繰り広げ、俊敏で、よく動き、高速な槍斧術のテクニックは短期間で指定の目標に向かって連続攻撃を行い、相手に隙を見せず一気に倒すことが可能となっている。

力の限界により難しい目標の破壊といった任務は出来なくなってしまったものの、プリュムは一人でオペレーターの基本的な役割を全て果たすことが可能となっている。攻撃オペレーターとしても、防衛オペレーターとしてもプリュムは持続的で安定した行動を提供し、高揚と闘志を維持してくれるだろう。

資料2

文章表示

仕事以外でのプリュムの生活はあってないようなものだ。或いはロドスに未だ適用しようとしている段階か。どちらにせよ、彼女はラテラーノの護衛隊である自分とロドスのオペレーターである自分を融合させようと努力をしている。

ラテラーノの警備員であるプリュムは真面目で、堅固で、職務に忠実で、警備員としての誇りを持っている。彼女の仕事と生活の違いはほとんど区別がつかない。仕事を娯楽として見ているのかもしれない。

だが、ロドスに来てからは徐々に別の生活での魅力を感じるようになっていっているようだ。

彼女の話によるとロドスでは上層に立つような大物はおらず、命を投げ売ってまででも保護をする必要もない(彼女はこういった大物が他人の保護を必要としないということに気がついたようだ)。

彼女が普段していた流れや儀式的な生活の雰囲気も内。性格の異なるオペレーターがあちらこちらにおり、互いの間には上下の区別すらほとんど内。ほとんどの人たちは自分の生活スタイルを持っている。これには彼女は大きな衝撃を受けたようだ。

プリュムは自分がラテラーノにいた時と同じように仕事をして自分の考えを保持し続けようとしている。しかし彼女の目はあまりにも鋭いため、様々な人が彼女の前を歩く個性的な服装や異なる振る舞いや言葉遣い達を見てみぬ振りは出来なかった。

実際、プリュムもはっきりと言っていた。自分も日常の姿を変えてみようと思っているということを。この言葉はオペレーターがロドスに溶け込みはじめたということだろう。

とりあえず、まずは笑顔から始めてみてはどうでしょうか?

資料3

文章表示

それにしても、ラテラーノの警備員であるプリュムは何故ロドスに来たのだろうか?

このことに対しては一貫して厳格で厳正なこの護衛はその理由を明らかにしておらず、ただ「自分には現状では説明をする権限が無い」としか言ってくれない。

だが、この事の前後にはラテラーノの2人のベテランオペレーターが絡んでいるようだ。

今のところ、プリュムが加入した当日の当直職員だけが目撃証言をしている。どうやら彼女はあの二人のラテラーノ人に引っ張られてきたようだ。そして全体のプロセスから見ても外の状況からによるものだろう。

言い換えれば彼女は当時自分が何処に来たのかさえ分かっていなかっただろう。だが、慎重かつこれが不都合な発言であっても分からない情報が多すぎる。

プリュムがラテラーノを離れた理由はしばらくは分からないだろう。彼女の話からではラテラーノの様子を知ることさえ出来なかった。

ただ、きちんとした姿勢でロドスの艦橋の縁近くに立ち、ラテラーノの方向を見ているプリュムを見た時はたまに心配になってしまう。

資料4

文章表示

昇進2解放

文章表示

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命安心してください、ドクター。何かあっても私がお守りします。
会話1リーベリ人は皆卓越した視力を持っていて、中には土砂降りの中で雨粒の形を見上げられる者もいる、と言われるほどです。かっこいいでしょう?
会話2日常生活でも私は真面目すぎる、ですか?ごめんなさい、ラテラーノの衛兵をやっていたころの職業病ですね。今後は気を付けます。
会話3身のこなしが命のラテラ0ノの人からすると、重厚な鎧はそこまで役に立たないんです。勿論、ラテラーノで大きな儀式が行われるときは正装で参加しますよ。
昇進後会話1ドクターのご信頼に感謝して、ご期待にお答えできるよう精進します。
昇進後会話2
信頼上昇後会話1はい……人事部門に申請書を提出してきました。ドクター専属の護衛担当になれればと。いや、これはただの職業病といいますか……?
信頼上昇後会話2ずっとラテラーノで育ってきたので、ほかの地域についてあまり知る機会がありませんでした。ロドスでは想像したこともないような驚きの連続でしたが、このような生活も悪くないのかもしれません……。
信頼上昇後会話3もう迷いません。ええ、確かにあの時は、彼女たちに無理矢理ラテラーノから連れ出されてきたのですが、その冒険は意外と楽しくて気に入ってます。
放置ドクターを守りするのは、私の役目です。ご安心を。
入職会話プリュムと申します。以前はラテラーノ護衛隊に所属しておりました。あなたの矛となり翼となり、命をお守りするために戦う所存です
経験値上昇なるほど、実力の差を戦術で埋めるというわけですね。
昇進Iありがとうございます、ドクター。護衛役としてお褒め頂けることこそ至上の勲章です
昇進2
編成時準備を。
隊長任命隊長を任された以上、皆さんの安全を守りするのが私の使命です。
作戦準備味方のみんなを守って!
戦闘開始皆さん、警戒してください!
配置2なんでしょうか?
選択2かしこまりました。
配置2ここを死守します。
配置2承知しております。
作戦中1この程度のスピードで私に勝てるとでも?
作戦中2私の目を誤魔化せると思うな!
作戦中3この槍にすべてを賭けて我が信念を貫く!
作戦中4ラテラーノの栄光を背負って戦います!
星3で戦闘終了何があろうと、私は一歩も引きません。
星3で戦闘終了身の程を知らない高波が、堅固な万障にぶつかって弾けたようですね
星2以下で戦闘終了態勢を立て直してください!残りの敵は私が何とかします!
任務失敗まだ……倒れるわけにはいきません!
基地配属ここの巡回を任せていただきますか?
タッチあそこに何が?
信頼タッチドクター……私、もしかして職権を濫用しているのでは……。
タイトルアークナイツ
挨拶

おはようございます、ドクター。

タイトルとURLをコピーしました