アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】エリジウム(极境 Elysium)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職先鋒レアリティ★★★★★
職業身長187cm
精通ナビゲート、通信、対人関係出身イベリア
戦闘経験歴2年種族リーべリ
誕生日5月8日所属機関ロドスアイランド
イラストレーターSkadeCV森久保祥太郎
オリパシー感染状況
 体表にあるオリジ二ウムの結晶分布と医学報告書を参照したところ、感染者であること が確認されました。
客観的経歴
イベリア出身のロドスオペレーター。音信に関する特殊なオリジ二ウムアーツを習得しており、自らの客観的経歴に「百年に一度のイケメン」とこっそりと書こうとしたところで、人事部の入力担当者にその場で捕縛された。
特殊行動チーム3のリーダーの助手を勤めており、戦場通信の円滑性維持、小隊メンバーの隠密行動をサポートしている。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度1.3s
初期コスト9最大強化時コスト11
再配置時間70s
特性
スキルを使用している間ブロック数が0になる

ステータス

HP攻撃防御魔法防御
初期7022371540
初期最大9623392150
昇進1最大12184472840
昇進2最大16695333350
信頼度最大+60

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
固有1攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒防御力+23素質効果強化配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
狙撃支援
(狙击支援)
昇進1配置時、【狙撃】の配置コスト-1
スキル発動時、【狙撃】の攻撃速度+10
昇進2配置時、【狙撃】の配置コスト-2
スキル発動時、【狙撃】の攻撃速度+20
昇進2 潜在5配置時、【狙撃】の配置コスト-2
スキル発動時、【狙撃】の攻撃速度+23

スキル効果

スキル名スキル内容

支援号令γ
(支援号令·γ型)

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP15 必要SP26/8秒
効果攻撃を停止し、スキル発動中の間に合計で14CPを回復する
リスニング
(聆听)
発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP16 必要SP30/15秒
効果攻撃を停止し、スキル発動中の間に合計で20CPを回復する。
スキル発動中、周囲の敵を最大3体までロック、ロックされた敵は移動速度-60%、防御力-20%、ステルス効果が無効化される

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
トランスポーター初期応接室応接室配置時、ロドスアイランド(番号7)が見つかりやすい
旗立
(插旗)
昇進2応接室応接室配置時、新たに収集された手掛かりがロドスアイランド(番号7)では無い場合、ロドスアイランドの手掛かり入手確率が上昇する。

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/配置コスト増加/素質「狙撃支援」習得/スキル「リスニング」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級先鋒SoC初級エステル初級糖源
5020000443
昇進2強化内容ステータス強化/素質「狙撃支援」強化/基地スキル「旗立」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級先鋒SoC炽合金块中級アケトン
701200003716

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】普通
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】普通
【戦術計画】標準
【戦闘技術】優秀
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

エリジウムの潜在能力を高めるために使用する。

複雑で詳細な手書きの地形路線図。読めないのであればエリジウムは喜んで本人が案内をする。

求人契約

先鋒オペレーターのエリジウムは安心安全で安定した戦場通信を提供する。

旗は武器じゃない、壊したら大量の金で弁償する。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】7%

エリジウムの体表には僅かながら結晶が見られるものの本人は装飾だと強がっている。

 

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.21u/L

症状は安定しており、症状の制御には一定の効果が現れているが、今後の治療は患者の実情に応じて適切に調整する必要があるだろう。

エリジウムの状態はずっと安定をしている。これはあいつの自信と楽観的かつやや過剰な心理状態と関係があるのか?

あいつみたいな奴は嫌いでは無いが、たまにうるさいと感じるな。

――ガヴィル

信頼相関1

文章表示

エリジウムは出身地がイベリアということは似つかわしくないと言っていたが、彼の中には確かにその地域特有の縦横無尽で豪快かつ自由な性質が存在している。

エリジウムは一人で多くの地域を巡り、名前を言えることが出来る都市が多くあり、彼のコードネームが示すように極地と窮地を含め歩いてきた。

本人によればロドスアイランドに加入する前はトランスポーターも考えてはいたようだが、ロドスアイランに加入した後は、この考えは置いておくことにしたようだ。

実際のところエリジウムの方向感覚は非常に良いもので、彼は彼が行ったことのあるあらゆる場所は記憶しており、正しいルートを脳内で書き出すことが出来る。

ただ、彼が構築した地図を理解するには一定のコストが掛かる。戦場においてはエリジウムは自身でルートを簡略化し理解しやすくしてくれるが、日常生活の中においての彼はそうでもない。

信頼相関2

文章表示

エリジウムが担当する機能は特殊なものであるため、任務の必要に応じて各チームに異動することが多い。

一般的にエリジウムがチームの中での通信を把握する以外に、最も多く行う仕事は大体は人間関係の仲裁と協調をすることだ。

仲間を大切にしている彼からすれば、チームメンバー同士の争いは彼が最も見たくないものだ。

任務を遂行する際において、エリジウムの存在はチームの中の雰囲気をより簡単に円滑にすることが出来る。多くの場合、エリジウム本人は自分がチームの輪に大きく貢献していることを意識していることは無いが、彼は確かに独特な反応を引き起こすことが出来る。

いくつかの特殊な状況に遭遇する時や、性格が合っていないオペレーターを同じチームに編入させなければいけない時には、任務の円滑性を確保するために、行動責任者はその中にエリジウムを参加させることを考慮している。

信頼相関3

文章表示

「私はエリジウムとほぼ同じ時に加入をしたので、彼についてはある程度は理解をしている。

彼の軽い冗談めいた口調から、自分は苦労はしていない、自分の役割は重要ではないとかという事を信じている人もいるかもしれない。

しかし、これはへりくだった言い方に過ぎない。特殊部隊の仕事というのは時にはかなり危険なものであり、エリジウム本人が負っている役割はとても重要だ。彼が携帯している発信装置は彼が使っているオリジ二ウムアーツがあってこそ、最大の効果を発揮する。

彼の仕事が勇気をもたらすと言っても私は過言では無いと思っている。その勇気というものは旗を振ってみんなに戦意的な鼓舞を与えるというものでは無く、より現実的なものだ。

エリジウムのようなオペレーターが戦場で活躍してこそ、我々のような指揮官はより良く全体をコントロールすることができ、オペレーター達は安心して戦うことが出来て、後顧の憂いを断つことが出来たからこそ、いくつかの特殊な作戦を実現することが出来たんだ」

――ドーベルマン

信頼相関4

文章表示

どういった人が信頼出来るのかという点においては彼独自の判断基準というものがあるようだ。

彼の一番信頼している人は間違いなく第3小隊の隊長であり、相手もまたエリジウムのことを信頼している。

この強固な信頼関係は二人の各方面においての合致する能力と長い年月の付き合いによって切り離せないものだと言って良いだろう。

ロドスアイランド内の特殊小隊の隊長として、第3小隊の隊長はもともと特別な能力を持っている。

作戦時には思いもしない貴重な効果を発揮してくれるが、この能力は日常生活の中においては邪魔になってしまう。

エリジウムのサポートを通して、ようやく第3小隊のリーダーは正常に他者とコミュニケーションを取ることが出来る。そういう役割もあってエリジウムは最終的にロドスに残ることにしたようだ。

「殴られていたみたいだけど、彼らの仲はとっても良いということがよく分かるよ」

「殴られる?第3小隊の隊長ってヤバいのか?」

「いや、そうじゃない。クールで落ち着いているように見えるけど、隊長って内向的なんだよね…殴られているのは完全にエリジウム自身が面倒くさいからってだけだよ!」

――第3小隊のとあるメンバーと人事部オペレーターの会話

エリジウムに信頼出来るということが認められると、相手への信頼を自分なりの形で見せてくることになる。具体的には会話での無駄話が多くなったり、賭け事をする際の賭けがバカバカしいものになったり。

その上で「戦友」という呼び方にはエリジウムにとってはとても特殊な意味を持っており、おいそれと使う言葉では無い。

いずれにせよ、迷惑という点を除いては、エリジウムは戦場においてとても良いチームメイトであり、信頼出来るパートナーだ。

昇進2解放

文章表示

何処まで昇進するかって?

もし彼が隊長を超えることになっても、エリジウム本人は同意しないだろう。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命仕事があれば何でも言ってね。こう見えて、助手の経験は豊富でさ。
会話1この発信器があれば信号を相当の距離まで飛ばせるから、小隊間で連絡を取り合いの有力な手段になるんだ。更に僕のアーツで信号を強めればもう誰にも止められない。戦場通信、正に僕のために用意された役割だよね。
会話2迷子?大丈夫、僕に任せて。この場所へ行くには、まず左の階段で四階に上がり、右に直進して、三つ目の分かれ道を過ぎたら左に曲がり、一つ下の階に降りて、左に直進した所の、クロージャさんの第三エンジニアルームの向かい側がそうだ。どう?分かりやすいでしょう?
会話3ソーンツと話したよ。次はお互い情けをかけず、必ず決着をつける、とね。今度こそ彼は跡形もなく……。えっ?ロドスで私闘は禁止?あぁ、いやいや、誤解しないで。今のはチェスの話だよ。ね、負けた方は坊主頭にするなんて賭けはどう?
昇進後会話1僕だって人の助手をするのは慣れないけど、うちの隊長は僕の力がないと命令をみんなに伝えられないから。僕は隊に残って彼女の面倒を見てあげるしかないんだ。あっ、ここだけの話にしてね。僕たちの将来のためにも絶対彼女に知られじゃだめだよ。いいね?
昇進後会話2戦場通信の重要性は語るまでもないなぁ。敵に狙われやすいのも当然でしょ。けどまあ安心して。僕がいればドクターの指令を無事仲間たち全員に届けてみせるさ。
信頼上昇後会話1ドクター、丁度いいところに。実はちょっと悩んでて、みんな僕に道を聞くより地図に頼ろうとするのはなんでだと思う?前に隊長は僕がペラペラと上調子で喋るのが気に食わないと言ってたし、どうしてそんな風に思われるんだろう。みんなには優しくしてるはずなのになぁ。
信頼上昇後会話2戦場での士気はとても大切なんだ。この旗を見て。先鋒として掲げることで、みんなに勇気を……待ってドクター、まさか信じてくれた?冗談だよ、これはただの発信装置なんだから。
信頼上昇後会話3ドクターは信頼していいと決めたんだ。お世辞じゃないよ、僕は人を見る目には自信があるから。君のことを戦友と呼ぶってのはどう?隊長も僕と最初は水と油の仲だったけど、彼女と同じように、戦友も僕の誠実心に心打たされると思うよ。そんなことない?隊長は今でも僕についてクレームを寄越してる?えー?
放置ドクター、このファイルなんだけど……あれ?眠ってしまったのか?ふぅ、僕がいるからって、そんな無防備だと困るなぁ。
入職会話第三作戦小隊所属、先鋒通信員のエリジウム、ただいま着任したよ。通信機越しじゃなくて、直接話せたのは初めてだよね、ドクター?
経験値上昇内部の作戦記録で、自分の戦う様子を目にするなんて、なんか不思議だよね。
昇進I感謝するよ。けどさ、もう一度昇進したら、もしかして僕の役職は隊長を超えてしまう感じ?
昇進2僕は自分の判断にいつも自信を持ってるよ、ドクター。君の命令だというなら、僕はそれを疑ったりしない。戦友とはそういうものでしょ?
編成時もちろん喜んで。
隊長任命安心して。あくまで、一時的な代役だから。隊長がいない間だけのね。
作戦準備それじゃ出発しようか。みんな、僕のルートに沿って行動してね。
戦闘開始ヘッドセットのチェックは済んだ?
選択1問題ないよん。
選択2信号は安定、いつでも行けるよ。
配置2相手のターゲットは誰かな。
配置2主の名を掲げ、この旗の下へ集え!ふぅ、こんなセリフを、一度言ってみたかったんだ。
作戦中1いや悪いね、僕は別に信徒じゃないよ。
作戦中2誰が!戦場で!旗を武器にするんだよ!
作戦中3これで分かったでしょ!
作戦中4速戦即決!
星4で戦闘終了僕たちがいいパートナーになるって改めて証明されたね。
星3で戦闘終了いい連携だったね、ハイタッチしようか。
星2以下で戦闘終了戦意を失ったものはもう敵じゃない、ここまでにしよう。
任務失敗このままじゃ危険だ!最後の防衛線は僕が守るから、ドクターは早く撤退命令を!
基地配属へぇー?この部屋はリフォームでもしたのかな?
タッチなになに?
信頼タッチ僕の髪のこの赤いところ、全て抜けてしまえばもう生えて来ないんだって。由々しき問題だよ、ドクター。
タイトルアークナイツ。
挨拶今日は何か任務ある?
タイトルとURLをコピーしました