アークナイツアークナイツ解説ステージ攻略解説

【アークナイツ】青く燃ゆる心 OF-EX6「完璧なる幕引き(通常+強襲)」の攻略方法

スポンサーリンク

OF-EX6「完璧なる幕引き(通常+強襲)」の特徴

青く燃ゆる心 OF-EX6「完璧なる幕引き(通常+強襲)」は設置物を設置して相手の進行ルートをコントロールするステージでありながら、溶岩噴出孔により定期的に設置物が破壊されてしまうため、適時設置物を再度設置する必要があるという面倒な仕様となっています。設置物は通常モードでは12個使用することが出来ますが、強襲モードでは半分の6個以下となってしまうため、強襲では設置物の使用を出来るだけ少なく相手のルートをコントロール出来るかが重要となります。

OF-EX6「完璧なる幕引き(通常+強襲)」で出現する敵

アイコン名称クラスレベルHP攻撃力防御力術耐性重量
歩兵ノーマル0250028085401
歩兵隊長ノーマル03700400100401
狙撃歩兵隊長エリート04000200150101
凶悪ロックブレイカーエリート013000900100403
重装兵N型エリート01000070080003
重装兵S型エリート014000700100003
シロアリ隊長普通04500100600201
工作員エリート06000300150502
この中で厄介な敵は「狙撃歩兵隊長」と「シロアリ隊長」の2人。狙撃歩兵隊長はほぼ全ての場面において常にこちらのオペレーターを2人スタン状態にしてくるため、実質的に2枠が潰されることになります。「シロアリ隊長」はゴースト兵の強化版であり、このステージにおいては防御力が大幅に強化されているため物理攻撃がほとんど効きません。このステージにおいてはこの2体をどのように処理していくかが非常に重要となります。

OF-EX6「完璧なる幕引き(通常+強襲)」で編成しておきたいオペレーター

アイコンコードネーム職業コメント
パフューマー医療範囲ステージの配置の関係上、溶岩噴出孔の範囲内にオペレーターが配置されることが多いため、範囲回復のオペレーターはほぼ必須。イフリータの回転率を更に上げたいのであればフィリオプシスもオススメ。
クオーラ狙撃単体スキル2「シェルガード」はクオーラ自身は攻撃しなくなるものの、防御力上昇に、ブロック数+1、更には1秒ごとに最大HPの1~3%を回復していくので医療の手が回らないような状況でもある程度耐えてくれます。
ムース前衛単体対シロアリ用要員。ショウで弾き飛ばしたシロアリ隊長に術ダメージを与えることが役目となります。アステシアでも可。
ショウ特殊範囲対シロアリ用要員。シロアリ隊長を前方に弾き飛ばし時間稼ぎをします。エフイーターでも可。
ギターノ術師範囲範囲攻撃の術攻撃担当。今回の配置ではとにかく敵が溜まるので範囲攻撃は複数体必要となります。
シラユキ狙撃範囲範囲攻撃の物理攻撃担当。基本は物理攻撃で狙撃歩兵隊長や歩兵組長等を殲滅し、シロアリ隊長や重装兵N型やS型が出現した際にはスキル2の術範囲攻撃でイフリータやギターノの殲滅をサポートします。
イフリータ術師範囲このステージでは術耐性が高い敵が多くなっていますが、それらの敵よりもシロアリ隊長のほうがよっぽど厄介なため、術耐性を減少させ、更には大火力で敵を殲滅するイフリータは非常に優秀なオペレーターと言えます。
Castle-3前衛単体狙撃歩兵隊長のスタンを受け止める係。枠を消費しないので実質配置の3コストだけで優秀なデコイとなってくれます。所持していないのであればグラベルやレッド等の出来る限りコストが少ないオペレーターを採用してください。

編成例

全体的にコストが高めの編成となっているため、コスト回復型の先鋒は必ず2体編成しておきます。クオーラは昇進1 Lv.50程度あれば問題はありませんが、グムは必ず昇進1 Lv.60以上にはしておきましょう。パフューマーも今回の編成ではほぼ全員の回復を担当することになるのでレベルは出来るだけ高めで。シラユキ、ギターノ、パフューマー、グム辺りは重点的にレベルを上げておくことをオススメします。

動画

OF-EX6「完璧なる幕引き(通常+強襲)」の攻略方法

ステップ1

初動ではまずテンニンカとクーリエを配置、テンニンカのスキルが溜まり次第即座にスキルを発動させ、イフリータを配置します。

ステップ2

配置コストが貯まり次第、パフューマー、シラユキ、ギターノの順で配置を行います。この際パフューマーは最優先で配置しなければテンニンカやクーリエが溶岩噴出孔のダメージによって撤退させられてしまうので注意。

ステップ3

シラユキとギターノを配置した後はF5に設置物を配置し、シロアリ隊長がイフリータの前に来るように進行ルートをコントロールします。設置物配置後はクーリエを撤退させてショウ、グム、ムースを配置。順番は必ずムースが最後に来るように配置しなければ、狙撃スタンで重要な役目を持つショウとグムがスタンしてしまうので注意が必要です。

ステップ4

ムースを配置後、出来るだけ早くグラベルとクオーラをそれぞれF7、E4に配置します。なお、グラベルとクオーラの位置をそれぞれ逆にしてしまうと、頻繁にオペレーターを再配置する必要ができ、事故の元になってしまうので注意が必要です。シラユキとギターノのスキル発動タイミングはショウのスキルが溜まっていない状態でシロアリ隊長が2体来るか、グムの前が詰まり始めたら使うという感じ。どちらかのスキルを交互に発動させるという形でも良いでしょう。

ステップ5

B13から工作員が出現し始めた頃合いでムースを撤退させ、クルースをG12の位置に配置します。このタイミングの頃にグラベルが溶岩噴出孔によって倒されてしまうので、自己回復能力を持つテンニンカをE9に配置し、スタン狙撃のデコイにしましょう。

ステップ6

工作員とシロアリ隊長の処理が完了したのであれば後は残っている重装兵や狙撃歩兵隊長がグムを抜けてしまわないようにして、殲滅を行うだけです。
この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました