アークナイツ アークナイツ解説 ステージ攻略解説

【アークナイツ】危機契約β「第59区跡」危機等級18の攻略方法

スポンサーリンク

今回の攻略で使用する危機契約

アイコン契約内容危機レベル
敵ユニットの攻撃力80%上昇3
ヴェンデッタとアベンジャーの防御力が200%、HPが120%上昇、攻撃力が80%上昇3
編成最大数を10名に制限1
武装戦闘員のHPが80%、攻撃力が40%、術耐性が50、重量が2段階上昇する。2
コスト自然回復速度が50%減少2
防衛ラインの最大耐久値が1に1
全ての味方の最大HP-75%3
敵ユニットの防御力+50%上昇1
前衛と重装配置禁止2
合計危機等級18

編成する各オペレーターの役割

アイコンコードネーム職業コメント
テンニンカ先鋒
単体
今回の編成では唯一のコスト回復要員となる先鋒オペレーター。最終盤まで一切攻撃を受けない位置に配置するため、レベルは昇進1Lv.1でも大丈夫です。
ジェシカ狙撃
単体
右下から現れる迷彩術師隊長を殲滅するためのオペレーター。クルースやエクシアでも問題はありませんが、エクシアの場合はコストがやや重いので工夫する必要があります。
シラユキ狙撃
単体
右下から現れる迷彩術師隊長を殲滅するためのオペレーター。メテオリーテだとコストが重くなってしまうので厳しめ。ジェシカの代わりにエクシアを選んでいる場合はカタパルトのほうが良いかもしれません。
ロープ特殊
単体
最後のヴェンデッタを少しでもエイヤフィヤトラやモスティマの攻撃範囲に留まらせるための要員。昇進1 Lv.1 スキル1のスキルレベル7以上必須。クリフハートでも可。
グラベル特殊
単体
迷彩術師隊長の足止め要員。昇進1 Lv.60 スキル2のスキルレベル7以上推奨。スキル1の場合、一瞬で倒されてしまうので足止め要員になりません。
レッド特殊
単体
迷彩術師隊長の足止めや殲滅を行うためのオペレーター。

スキルは1の場合は、最後の迷彩術師隊長の殲滅の際に運が絡んでしまいますが操作速度を求められることはありません。

2の場合は操作速度を求められますが運が絡まなくなります。

どちらを使用するかはご自由に。

イースチナ補助
単体
敵ユニットの移動速度を遅くする遅延要員。スキル1発動中は攻撃対象はほとんどそのばから動かなくなります。

昇進1 Lv.60 スキル1のスキルレベル7推奨。

エイヤフィヤトラ術師
単体
殲滅要員。イラプションを使用するということや初動はほぼエイヤフィヤトラ一人で敵を処理する必要があるため、昇進2 Lv.30程度は最低でも必要です。
イフリータ術師
範囲
素質「精神融解」による敵の術耐性の減少効果が凄まじいので昇進2 Lv.30程度以上推奨。イフリータを昇進2に出来ない場合はエイヤフィヤトラやモスティマ等のレベルを上げてサポートしてください。
モスティマ術師
範囲
殲滅+遅延+SPブースト要員。ギターノやスカイフレアで代用が出来るのでエイヤフィヤトラやイフリータのような必須オペレーターではありませんがモスティマがいることで難易度は大幅に変わります。

昇進2 Lv.30以上かつスキル2推奨。

編成例

動画

【アークナイツ】危機契約β 第59区跡 危機等級18 エイヤフィヤトラ+イフリータ+(モスティマ) クリア例

危機契約β「第59区跡」危機等級18の攻略方法

ステップ1

初動でまずはテンニンカを配置してSPが貯まり次第、即座にスキルを発動させてエイヤフィヤトラを配置します。

リベンジャーが上記の画像の付近に進んできた時点でエイヤフィヤトラのイラプションを発動させて、リベンジャー等を殲滅します。その後はイフリータ、イースチナ、ジェシカ、シラユキを好きな順番で配置しましょう。

ただし、イースチナとイフリータを同時に最後まで配置せずにしておくとメインルートから来る敵を殲滅することが出来ないので、最低でもイフリータかイースチナのどちらかは必ず初めのほうに配置してください。

ステップ2

16体目付近でB11から迷彩術師隊長が出現するので迷彩術師隊長がシラユキとジェシカの攻撃範囲に入ったタイミングでグラベルを配置し、ステルスを解除させましょう。

なお、グラベルを配置する際はこれ以降も必ずシラユキが攻撃モーションに入っていない時に配置してください。シラユキがリベンジャーへの攻撃を行った直後にグラベルを配置してしまった場合、シラユキの攻撃が間に合わず、迷彩術師隊長の体力が残ったままステルス状態に戻ってしまいます。

この間にもテンニンカのスキルは貯まるので貯まったらすぐにスキルを発動させてコストの回復を行っておきます。

22体目付近の武装戦闘員が上記画像の位置に移動してくる頃合いでエイヤフィヤトラのスキルが貯まると思うので間髪入れずにスキルを発動させ、殲滅を行いましょう。

この際に躊躇してスキルを発動しないでいると武装戦闘員が通り抜けてしまう上に、例え倒せたとしても、この後のスキル回しに影響が出てしまいます。

なお、このタイミングでもB11から迷彩術師隊長が出てくるので忘れずにグラベルでブロックして殲滅しておきましょう。

ステップ3

ステップ2の最後のタイミングで出てきた迷彩術師隊長を倒す頃には、テンニンカのスキルをきちんと発動させていればモスティマを配置出来るだけのコストが貯まっていると思うので、すぐにモスティマを配置してエイヤフィヤトラのSPをブーストさせます。

なお、モスティマの配置コストが貯まっていたとしても、グラベルで迷彩術師隊長をブロック→モスティマを配置という順番を逆にしてしまうと、グラベルの配置が間に合わない可能性があるので必ず先にグラベルで迷彩術師隊長をブロックしてください。

 

35体目付近でも再びB11から迷彩術師隊長が出現するので、これまでと同じくグラベルでブロックして殲滅をします。

なお、このタイミングで出てくる迷彩術師隊長は上記の画像のようにリベンジャーと重なってしまうので、必ずリベンジャーが通り過ぎてから迷彩術師隊長のみをブロックするようにグラベルを配置する必要があります。

 

その後、武装戦闘員が進行してくるので火力が足りていない場合はモスティマのスキルを発動させて殲滅をします。

モスティマのスキルを発動させる場合は必ずイフリータの攻撃範囲に武装戦闘員が入っている時に発動させるようにしましょう。

ステップ4

41体目付近で最初のヴェンデッタが進行してきます。なお、最初のヴェンデッタが右側にある直線ルートを進んでいる際にシラユキのスキルを発動させてしまうと、移動速度低下の効果でヴェンデッタと迷彩術師隊長が重なってしまうのでスキルは発動させないようにしましょう。

上記画像の位置までヴェンデッタが進んできたタイミングでイースチナのスキルを発動させ、ヴェンデッタがイフリータの攻撃範囲に入ってきたタイミングでエイヤフィヤトラのイラプションを発動させ、武装戦闘員とヴェンデッタの殲滅を行います。

ステップ5

47体目付近と51体目付近でもB11から迷彩術師隊長が現れるので忘れずにグラベルでブロックします。51体目で登場する迷彩術師隊長はグラベルの再配置時間が終わる前に出現しますが、ギリギリ配置は間に合います。念には念を入れるのであればレッドでブロックしても構いません。

なお、同じタイミングでG1からヴェンデッタと迷彩術師隊長が出現し、テンニンカとイフリータが倒されてしまいますが、予め撤退させておくとB11から出てきた迷彩術師隊長をシラユキとジェシカが倒す前に、G1から出てきた迷彩術師隊長がシラユキとジェシカを倒してしまうことになるので、テンニンカとイフリータは撤退させずに囮にしましょう。

ステップ6

グラベルとレッドの再配置時間が完了し、迷彩術師隊長がヴェンデッタから離れたタイミングでグラベルとレッドを配置して迷彩術師隊長の殲滅を行います。

この際、レッドのスキルを「群狼」にしていた場合は迷彩術師隊長がグラベルに攻撃をする前にレッドを素早く配置して迷彩術師隊長をスタンさせなければ、火力が足らずにレッドとグラベルが倒されてしまいます。

レッドのスキルを「処刑の構え」にしていた場合は迷彩術師隊長がグラベルに攻撃をする前にレッドを設置するといったことは必要無くなりますが、レッドが攻撃を1回避けてくれるかの運ゲーになります。どちらを使用するかはお好みで。

また、このタイミングで武装戦闘員と重装兵が進行してきます。重装兵は放置していても倒すことは出来ますが、武装戦闘員は倒せないのでイースチナのスキルを発動させて遅延させ、ヴェンデッタと合流するようにさせましょう。

ステップ7

武装戦闘員とヴェンデッタが合流し、エイヤフィヤトラとモスティマの攻撃範囲に入ってきたタイミングでイラプションを発動させて武装戦闘員を殲滅、その後に前方にレッド、後方にロープを配置し、ヴェンデッタの殲滅を図ります。

スキルで殲滅をしきれなかった場合はロープとグラベル、レッド、テンニンカで時間稼ぎをしましょう。ここまで進めることが出来たのであれば火力が足りずにヴェンデッタに突破されてしまうということは無いかと思います。

おまけ「モスティマ無し版」

【アークナイツ】危機契約β 第59区跡 危機等級18 エイヤフィヤトラ+イフリータ クリア例
タイトルとURLをコピーしました