タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツアークナイツ解説ステージ攻略解説

【アークナイツ】6章 局部壊死 H6-1「氷獄作戦-1」の攻略方法

スポンサーリンク

H6-1「氷獄作戦-1」の特徴

「H6-1 氷獄作戦-1」は5章でもあった死地作戦の6章版となるステージ。

敵ユニットは地上部隊のみとなっているものの、「特戦術師隊長」「凶悪寄生流れ者」「凶悪クラッシャー」「寄生重装隊長」等の強力な敵ユニットが上下に向かって進行してくるため陣形を分断せざる負えず、戦力が分散しやすいステージとなっています。

H6-1「氷獄作戦-1」で出現する敵

アイコン名称クラスレベルHP攻撃力防御力術耐性重量
凶悪クラッシャーエリート0200001500200004
寄生隊長普通04000300150301
凶悪寄生流れ者普通011000650200302
寄生重装隊長エリート016000800100003
狂化寄生投擲兵エリート01500750200302
特戦術師隊長エリート06000450300502

H6-1「氷獄作戦-1」で編成しておきたいオペレーター

アイコンコードネーム職業コメント
イフリータ術師下ルートの殲滅担当。下ルートは上ルートと比べると凶悪クラッシャー等の強力な敵ユニットが溜まりやすい傾向にあるため、大火力が必要となります。

また、イフリータの配置場所として絶好なポイントもあるため、是非とも編成しておきたいところ。

ホシグマ重装下ルートでは凶悪クラッシャーや狂化寄生投擲兵といった強力な敵ユニットがいるため、生半可な防御力のオペレーターでは防ぎ切ることが出来ません。

また、スキル2「荊棘」は寄生狂化投擲兵に対しても効果を発揮するので、手に入れているのであれば是非とも編成しておきたいところ。

クーリエ先鋒序盤のコスト集め兼ねブロック要員。ブロック2先鋒は必ず1体は編成しておきましょう。
スカベンジャー先鋒序盤のコスト集め兼ね殲滅要員。フェンやヴィグナといった撃破型先鋒でも可。
スチュワード術師スチュワードは特性によって防御力が一番高い敵を優先して攻撃をしてくれるため、下ルートでイフリータが難なく焼き払える寄生隊長を無視して特戦術師隊長や凶悪クラッシャーを攻撃してくれます。
ラップランド前衛厄介な凶悪クラッシャーのスタン攻撃を無効化してくれます。今回の配置で1枠開くことになるので、重装の背後に配置すると良いでしょう。
ムース前衛万が一、重装が凶悪クラッシャーなどを逃してしまった場合の保険。
エクシア狙撃寄生隊長や特戦術師隊長、凶悪寄生流れ者等はあまり防御力は高くはありません。エクシアのオーバーロードが上手くはまれば一掃してくれます。

編成例

イフリータはできれば昇進2 Lv.90 特化3のものが推奨。用意することが出来ない場合は他のオペレーターのレベルを上げるなどして補いましょう。

動画

H6-1「氷獄作戦-1」の攻略方法

ステップ1

コストが貯まり次第、上記画像の位置にクーリエ、フェン、クオーラ、クルースの順に配置をしていきます。p流無のスキルはSPが貯まり次第即座に発動させてしまって構いません。

ステップ2

次にイフリータ、スチュワード、ミルラの順で配置をしていきます。この際、先にスチュワードを先に配置してしまうとイフリータを配置するまでに寄生隊長が抜けてしまいD8のゴールに到達してしまうのでご注意を。

ステップ3

上記の画像のように左下の特戦術師隊長が動き始め、ミルラを攻撃対象にしたタイミングでホシグマを配置します。このタイミングよりも早くにホシグマを配置してしまうと、特戦術師隊長に一方的に攻撃されてしまうだけになってしまうので注意。

ステップ4

特戦術師隊長殲滅後、コストが貯まり次第、フェンとプリュムを撤退させ、アンセルとグムを配置します。

ステップ5

左下から登場する最初の凶悪クラッシャーはクオーラがいる方向に進行するため、一切対処をしなければ、倒しきれずに上方向に向かってしまいます。ホシグマがスタンしたタイミングでホシグマの前方に余っているオペレーターを配置して、時間稼ぎをしましょう。

それ以外の凶悪クラッシャーは特に対応せずとも、イフリータやスチュワードが対応してくれるので、後は一切操作をしなくてもクリアすることが出来ます。仮にスチュワードやイフリータが凶悪クラッシャーを殲滅しきれなかった場合、下に向かう凶悪クラッシャーの場合はクーリエを、上に向かう凶悪クラッシャーであればムースを配置して殲滅をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました