アークナイツ アークナイツ解説 ステージ攻略解説

【アークナイツ】エンシェントフォージ AF-7「行く年来る年(通常/強襲)」の攻略方法

スポンサーリンク

AF-7「行く年来る年(通常/強襲)」の特徴

AF-7「行く年来る年(通常/強襲)」のステージ右側には複数の設置物が設置されており、ステージ左上から出現する凶悪クラッシャーが、それらの障害物を破壊することで敵ユニットの進行ルートが変化していくというこれまでには無かったステージとなっています。

このステージでは凶悪クラッシャーをいかに早く殲滅し、敵の進行ルートを変えさせないかが重要となるでしょう。

AF-7「行く年来る年(通常/強襲)」で登場する敵ユニット

アイコン名称クラスレベルHP攻撃力防御力術耐性重量
ゴースト兵普通02300100120351
ゴースト隊長普通03800100350351
特戦術師隊長エリート06000450300502
上級バリア術師普通08500380400201
凶悪クラッシャーエリート0250001500200004
凶暴猟犬普通030003700200
寄生隊長普通04000300150301

AF-7「行く年来る年(通常/強襲)」で編成しておきたいオペレーター

アイコンコードネーム職業コメント
オーキッド補助凶悪クラッシャーの移動速度を低下させるためのオペレーター。凶悪クラッシャーは意外と移動速度が速いので減速補助で設置物の破壊速度を遅くしたいところ。
ヘイズ術師凶悪クラッシャー用の殲滅要員。今回の攻略方法ではヘイズは敵の攻撃範囲に入ることは無いので、スキル2による殲滅力が非常に強力。
ムース前衛対上級バリア術師用オペレーター。上級バリア術師はオペレーターが複数いる場所に来られてしまうと大ダメージを受けてしまうため、ブロック1かつ、耐久力が一定程度あり、術攻撃が出来るムースはおすすめ。
ショウ特殊
単体
進んできたゴースト兵やゴースト隊長を押し戻す役目となるオペレーター。エフイーターでも可。
エイヤフィヤトラ術師
単体
スキル2によって凶悪クラッシャーに大ダメージを与えることが可能。強襲モードであれば入手していない方もサポートで借りることが出来るので是非とも借りておきたいところ。

編成例

各星4以下のオペレーターは上位互換となるオペレーターで代替することは可能です。ただし、ヴィグナに関しては現状では直接的な上位互換となるオペレーターがいないので厳しいかもしれません。

動画

今回は強襲モードを前提に解説を行っていきます。

通常モード

【アークナイツ】「AF-7(通常)」Clear Guide – Low Rarity Squad「洪炉示歳 ~ ANCIENT FORGE」【Arknights/明日方舟】

強襲モード

【アークナイツ】「AF-7(強襲)」Clear Guide – Low Rarity Squad + Eyjafjalla「洪炉示歳 ~ ANCIENT FORGE」【Arknights/明日方舟】

AF-7「行く年来る年(通常/強襲)」の攻略方法

ステップ1

まずはE1及びB1から出現する敵に対応をするため、ヴィグナ、クルース、オーキッドの順番に配置をしていきます。この場面では配置順は必ずヴィグナからにしなければ素通りされてしまうので注意が必要です。

なお、ヴィグナはSPが溜まり次第、即座にスキルを発動させてしまっても構いません。

ステップ2

続いて、パフューマー、ショウ、エイヤフィヤトラ、ヘイズを配置していきます。

配置順に関してはパフューマーを最初にするということ以外は順番は問いませんが、ゴースト兵やゴースト隊長が通り抜けてしまう可能性があるため、2番目に配置したほうが良いかと思います。

ステップ3

上級バリア術師が出現し、コストが溜まり次第、ムースを上記の画像の位置に配置をします。その際、編成によってはムースの配置が間に合わなくなる可能性がありますが問題はありません。

上級バリア術師がヴィグナもすり抜けた場合には1度であればショウで押し返すことは出来ますが、2回目以降となると運任せになってしまう部分があるので、殲滅が間に合っていないのであればヴィグナのスキルを発動させましょう。

ヘイズ、オーキッドのスキル発動に関しては任意のタイミングで構いません。ゴースト兵やゴースト隊長の抜けが多くなってきたと感じた場面で発動をさせるという程度の認識で大丈夫です。

後は流れに沿ってクリアすることが出来ると思うので、要領さえ掴めばあまり難しくは無いステージかと思います。

【おまけ】少人数編成クリア(信頼度上げ用)

【アークナイツ】「AF-7」Trust Farm Clear Guide(信頼度上げ) 「洪炉示歳 ~ ANCIENT FORGE」【Arknights/明日方舟】

 

タイトルとURLをコピーしました