アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ソーンズ (棘刺 THORNS)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職前衛レアリティ★★★★★★
性別身長177cm
精通薬剤製作、剣術、神学出身イベリア
戦闘経験歴5年種族エイギル
誕生日3月17日所属機関ロドスアイランド
イラストレーター幻象黑兔CV石川界人
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴
剣術と薬剤制作に精通しているロドスの前線作戦オペレーター。イベリアの奥地の出身であり、地元の宗教情勢が大きく変わってしまったため、故郷を離れ、イベリアを離れた後にロドスに招かれた。
なお、イベリア国内の状況についての部分はソーンズの供述のみとなっているため、完全には検証されているものではない。

基本ステータス

ブロック数2攻撃速度1.3
初期コスト18最大強化時コスト20
再配置時間70s
特性
80%の攻撃力で遠距離攻撃も行える

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期10962961915
初期最大15674422635
昇進1最大206357533310
昇進2最大261271140210
信頼度最大3070

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲スキル3攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1素質2効果強化攻撃力+26素質1効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
神経腐食
(神经腐蚀
昇進1攻撃した目標を中毒状態にする
3秒間毎秒65の術ダメージを与える
(遠距離攻撃ができる目標であればダメージは倍となる)
昇進2攻撃した目標を中毒状態にする
3秒間毎秒125の術ダメージを与える
(遠距離攻撃ができる目標であればダメージは倍となる)
昇進2 潜在5攻撃した目標を中毒状態にする
3秒間毎秒140の術ダメージを与える
(遠距離攻撃ができる目標であればダメージは倍となる)
故郷の汐声
(故土潮声)
昇進22秒間攻撃をしない状態が続いた場合、毎秒HPが3.5%ずつ回復する。
昇進2 潜在32秒間攻撃をしない状態が続いた場合、毎秒HPが4%ずつ回復する。

スキル効果

スキル名スキル内容
攻撃力強化γ発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP0(15),必要SP40(30)/30秒
効果攻撃力+30(100)%
保身の棘
(护身尖刺)
発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP10,必要SP35(25)/30(40)秒
効果攻撃しなくなる。攻撃力+30(60)%、防御力+40(110)%
敵から通常攻撃を受けた際に棘を発射、最大で前方の敵4人に対して1回の長距離攻撃を行います(0.8(0.6)秒ごとに最大1回発動する)
デストレッツァ
(至高之术)
発動タイプ攻撃回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP0,必要SP15/必要SP30
効果攻撃範囲拡大、攻撃力+26(60)%,攻撃速度+12(25)
攻撃は近距離攻撃と見なす
スキル発動が2回目なのであれば強化される数値は2倍となり、持続時間が無制限となる。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
錬金術初期加工所加工所で任意の素材を加工時、副産物の入手確率+50%
爆破芸術昇進2加工所加工所で任意の素材を加工時、副産物が続けて2回デなかった場合、自身の体力を加工1回分回復させる
(回復量は使用したレシピの体力消費量と同じものとなる)

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限開放/コスト+2/スキル「保身の棘」習得/素質「神経腐食」開放/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC初級異鉄初級アケトン
5030000583
昇進2強化内容ステータス強化/スキル「デストレッツァ」習得/素質「故郷の汐声」習得/素質「神経腐蝕」強化
必要素材/LvLv龍門貨上級前衛SoC融合剤上級異鉄
80180000445

スキル強化必要素材

a

総合診察測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術計画】標準
【戦闘技術】優秀
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

ソーンズの潜在能力を高めるために使用する。

薬の入った小さな瓶。初心者の記念作、危険、慎重に扱うべき。

求人契約

ロドスオペレーターのソーンズは力を無駄に使うことはない。攻撃は常に精密に計算されているからだ。

彼は自分の指揮をよく理解し、協力してくれる。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定

【源石融合率】0%
ソーンズが源石に感染した形跡は見られなかった。

【血液中源石密度】0.14u/L
ソーンズは時々源石の含んだ試薬にふれるため、感染のリスクがある。

心配する必要はありません、彼は自身を守る術というものを心得ていますから。この数値はかなり安定しているものであり、そう簡単には事故は起きないでしょう。

自分の体の状態を管理する。これは実験室によく出入りする人には必要な素養だと思いますよ。

――アンセル

信頼相関1

文章表示

オペレーターのソーンズがロドスアイランドに加入したとき、最初は戦場での動きから、冷血で奇妙で残忍で非情な印象を多くの人に与えた。

時間が経つにつれて、このイベリアの剣士は確かに冷たく、話も上手くは無いようだが、率直に言えば素直で自由人で垢抜けた人物だ。

あまりにも率直過ぎて誤解を招きやすい言動はあるが、この剣士は無知という訳ではない。ソーンズにとって自分が他人からはどう見えているかということはどうでもいい些細なことであり、外からの評価では彼に影響を与えることは出来はしない。

ソーンズはしばしば薬剤の調合や抽出改良に集中しすぎるため、他のもの、例えば自分の外的イメージを無視することがある。白衣を脱ぐことを忘れていたり、ズボンの裾が捲れているのを忘れたり、服が敗れていたり、穴が開いていたり、前後ろ反対に着たりするのは日常茶飯事だ。

廊下でこのような姿のソーンズに遭遇しても、それは意外な事と思う必要は無い。

正確さと効率を追求する剣士にとって、外見を維持するのに力を入れすぎるのは割に合わないことだ。

たまには実験の事故で髪の毛がチリチリになっていたとしても、ソーンズは無視するし、好奇の目があったとしても、彼は気にせずに自分のしたいとをする。

信頼相関2

文章表示

ソーンズは非常に強力な剣術のスタイルを持っている。本人によれば、この一つ一つの動作は精密に計算された剣術であり、イベリア人からは「デストレッツァ」と呼ばれているようだ。

イベリア地方は昔から刀や剣を主流とした様々な流派があったが、「Destrezza」と呼ばれる技術は誰もが学べるものという訳ではない。このような剣術を使うには、身体的な素質だけではなく、使用者の頭脳に対しても高いものが要求される。そういった厳しい条件によって、この剣術を習得するのは難しいものとなっている。

同時に、伝統的なイベリア剣術師たちは「Destrezza」は特定の形を成す規範武器の剣術でしか形容できないと考えられている。そのため、ソーンズを含め、多くのリーベリ人では無い人物が用いている剣術は、下手な模倣であり冒涜にすぎないと思われているようだ。

彼らの剣術はより現実的な意味を持ち、その上で「Destrezza」を名乗る者が問題になることは無い。言い換えれば、言葉にこだわる人物は剣で戦う時には死人になることが多いという訳でもある。ましてや剣士と真っ向から向き合うことすら出来ないだろう。

しかし、このような裏切り者の剣士でさえ、イベリアの剣術は海のように広大で危険なものであると認めている。誰一人生きている間に、それを絶つことは出来ないからだ。まして、剣士の命は一般的に見ても短いのだから。

いずれにしても、会得した精密な剣術を用いて自作の毒素を合わせたソーンズは、戦場で常に迅速に割り当てられた任務を遂行し、自身の損失を最小にするとともに、最大の成果を得ることが出来る。

このような行動方針は効率面から見れば非難出来るものではないが、多くの場合、ソーンズ本人に対しての批判を招きかねないものとなっている。

ソーンズの剣術と薬剤精製、そして抽出の技術は地元の教師によって伝授された。彼は他の子供たちと一绪に教師に従って勉强をし、子供時代と青少年時代を過ごした。その後、教師が宗教不安に巻き込まれたため、彼と何人かの学生はこれまでにも様々な道を歩んできた。

ソーンズは剣術に優れた素質を持っているし、薬剤を作る分野でも優れた才能を持ち、薬の抽出と精製も優れているため、医療部のオペレーターからも好意的に思われている。

それ以外にもソーンズは他の薬剤の製錬においてはより大胆な考えを持っている――それは確かにたまには良い結果を得られるものではあるが、大半は爆発で終わる。

それでも、ソーンズは相変わらず楽しんでいるようだ。

信頼相関3

文章表示

人事部のオペレーターは資料を作る時には様々な方向から調査を行う。オペレーター本人に問い合わせ、故郷の実地考証、船内での活動の軌跡を観察、他オペレーターからの印象取材など。これらの手に入れることが出来る情報を統合して初めて1人のオペレーター資料の作成が完了するという場合が多い。

これらの調査を行っているうちに、ロドスに来たオペレーターたちの性格は複雑であり、多面的であり、簡素な特質で要約するのは難しいということに気付いた。

ソーンズと接触したことのある多くの人は、「付き合いにくい」という評価をしている。それはマイナスの評価に見えるが、さらに調査してみると多くのマイナスの評価をしているオペレーターは、それでもなおソーンズと友好的な交流を維持している。

「付き合いにくい」と文句を言いながらも一緒にいたいという、オペレーターの間の人間関係という問題について、私たちは最終的にはソーンズに注視しておく必要はないという結論を出した。

【記録者補完】

長期的に観察してこそオペレーターのことがよく分かる。それには同意する。

しかし、正直に言うと最初は冷たい青年だと思っていたのに数ヶ月後には彼といくつかのことで頭がいっぱいになった。

ああ…、少し…、ええっと、行き過ぎたのかもしれない。つまり、元気なオペレーターが一緒に変なトレーニングの映像を作るとかいうおかしくて馬鹿げている話をしていたんだ。話をした後にそれを実行していたし、出来てもいないうちに爆発していたけど!

これを誰が耐えられると?

どうしてまだ誰も来ていない?あの何人かを甲板にでも吊るされているのか?

 

【記載人員補完の補足】

もう甲板に掛けられていた。何の役にも立たないのに。

調査期間は今日まで。この資料に書きたいという評価はあるにはあるが、上司が主観的過ぎるから許可しないと言った。最後に、彼らが今日作った薬の薬液砲はとても面白かった。

信頼相関4

文章表示

私たちの認識ではイベリアから来たオペレーターたちは自分の故郷についてあまり話をすることは無い。このことは秘密では無いのにも関わらず。少しでも気をつければすぐに分かることでもある。

たまに故郷の話をする時、たとえどんなに表現が下手なイベリア人でも、多かれ少なかれ複雑な内容が顔を覗き、人々は様々な細かな点から彼らの態度をうかがい知ることが出来る。

ソーンズは私たちの中でも珍しい損座でイベリアという土地を包み隠さず評価するオペレーターの一人だ。他のオペレーターの話やあいまいな言葉に比べて、ソーンズの態度はとても平然としていて、彼は私達に多くの参考になる情報を提供してくれた。その中の一部は伝統的な認識と似ているものがある。

この海に隣接する国は過去には情熱、活力、豪奢、海岸に降り注ぐ太陽の光と結びついており、黄金の国という美名が伝えられている。ラテラーノとは宗教上の歴史的な繋がりから、しばしば議論の的にはされてはいるが、ここ数年は、この豊かな土地は静かになり、人々の視野からもそれらは薄れてきていた。

【アクセス履歴】

現在のイベリアの現状については、私たちはあまり知りはしない。ソーンズによると、過去数十年間、エーギル人はイベリア国内での待遇が落ち目となっており、かつて栄えた都市の上空に黒い雲が集まり、重苦しい雰囲気が包み込んでいるという。

現地の管理者は現地の住民の退去を阻止してはいないようだが、入国には厳しい制限があり、ロドスに所属する調査員はこの地域に長く滞在をし、入念な調査を行うという方法はまだ見つかっていない。

調査部門は関連する評価を出した。入念に調査しなければならない理由はあるが、それに対応する準備をする前に、軽率にこの地域に入ることを勧めはしないとのことだ。

昇進2解放

文章表示

もし全ての指示が忠実に実行された場合、結果は精密さが欠けるのでは無いだろうか?

実際、この問題はあなたがどれだけ彼を知っているかによって決まるだろう。

十分な暗黙の了解がなければ、戦闘時にはすべての条件を厳格に計算して結果だけを追求するイベリア人の問題解決の方法では、往々にして人が望む場所に到達することは無いだろう。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命仕事の前にこれを飲むといい。よし、これで薬効時間中はドクターもサボることはないだろう。
会話1抽出液の分離と解析はほとんど済んだ。次は純化作業だが、実際の効果についてはまだ実験が必要だ……なんだ?ドクター、俺の髪がどうかしたか?髪が……爆発しているだと?気にするな、実験の失敗は一度や二度のことじゃない。
会話2俺が持ち歩いているこの薬剤か?致命性はないが、迂闊に触らないほうがいい。
会話3常に頭は動かし続けろ。思考を放棄してしまえば、自身の急所を相手に委ねるようなものだ。俺はかつてそのように教わった、たまたま今も記憶に残っているだけだけどな。
昇進後会話1俺の種族は、本来今とはまったく異なる容姿をしていたんだ。俺たちの皮膚は甲羅のように硬く、髪は流水のように滑らかだった。しかし灼熱の日光と乾燥した空気に当てられ、最後には今の通りに変化したというわけだ。信じたか?悪いな、今のは冗談さ。
昇進後会話2ラテラーノ宗教の信徒でないなら、イベリアへは行かないほうがいい。彼らの言う「最も純粋な信仰」は、あの土地に根付くものだ、現地の人々の敬虔さには、もしかしたらラテラーノ人ですら引け目を感じるほどだ。俺?俺はこの話とは関係ないさ。
信頼上昇後会話1ドクター、イベリア懲罰軍の歴史を知っているか?少しでも噂を耳にしたことがあるなら知っているだろう、あの土地に住む者たちには、その冷たく厳かな灰白の建造物からは想像も出来ないほどの狂気を孕んでいることを。
信頼上昇後会話2攻撃の角度、回避の軌道、防御の姿勢、全ての動作は計算尽くで、無駄は一つもない、これこそがデストレッツァというものだ。お前の指揮スタイルと似ていると思わないか、ドクター?
信頼上昇後会話3休憩中はリラックスして、何も考えずに風や日に当たってみろ……だと?いいだろう、たまに試してみるのも悪くないかもしれない。さあ、こっちに上がってきて。ここに吹く風は故郷を思い出させてくれるな……
放置すー……すー……。んん?……まさかな、俺もつられて寝てしまったのか。
入職会話お前がドクターか、自己紹介をしよう、コードネームはソーンズ、本日よりロド……うん?ズボンの裾が捲れている?気にするな、いつものことだ。
経験値上昇ああ……この資料、確かに役に立つところもある。
昇進I昇進?そんなことはお前が勝手に決めればいい。もう戻ってもいいか?
昇進2素早く効率的に敵の行動力を削ぎ、最小の被害で勝利をもぎ取る。お前の指揮については完全に理解しているつもりだ。だから攻撃に合わせて、この麻痺性の神経毒を使っているんだが、何か問題でも?
編成時ロドスの戦いとやらを見せてもらおう。
隊長任命隊長?期待はしないほがいい、指揮は得意じゃないのでな。
作戦準備速戦即決しよう、俺の貴重な時間を無駄にしないためにもな。
戦闘開始油断しないように気を付けろ。
選択1分かった。
選択2命令を。
配置2時間をかけるつもりはない。
配置2全員の行動力を奪う、それでいいだろう?
作戦中1動き回るな、そうすればお互い手間が省けるだろう。
作戦中2お前の攻撃は想定の通りだ!
作戦中3無駄だ!
作戦中4目を凝らせ、これこそがイベリアのデストレッツァ!
星4で戦闘終了完璧な結果だ。まさかこれもお前の計算の内か?
星3で戦闘終了任務完了。正確かつ効率のいい指揮だったな、ドクター。
星2以下で戦闘終了お前の指揮ミスを、俺の不手際で更に大きくしてしまったようだ。戻ってから共に反省会だな。
任務失敗チームの消耗を考慮すれば、即時撤退以外に選択の余地はない。
基地配属ここの防護装置はどうなっている?
タッチまずい、薬剤が漏れてきた。
信頼タッチ髪?ああ……整えたばかりのはずなのに、また乱れているとは。
タイトルアークナイツ。
挨拶疲れが溜まっているようだな、俺が目を覚ましてやろうか、ドクター?
タイトルとURLをコピーしました