アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】トミミ(特米米 Tomimi)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職術師レアリティ★★★★★
性別身長142cm
精通バーベキュー、発掘、管理出身サルゴン
戦闘経験歴無し種族アダクリス
誕生日2月2日所属機関サルゴン
イラストレーターChuzenjiCV高橋 美佳子
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定。
客観的経歴
トミミはサルゴンのアカフトラ地区のアダクリス人、ガヴィルの仲間であり支持者でもある。以前に急進的な方法でガヴィルがロドスに戻ろうとしたことを止めたようとはしたが、成果は出ず、その後に一緒にロドスに訪れた。
術師オペレーターとしての役割を担ってはいるものの、忘れがち。
だが、戦場での彼女の活躍を鑑みて、彼女のオペレーターの位置を変えるということは無い。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度1.6s
初期コスト20最大強化時コスト22
再配置時間80
特性
攻撃は術ダメージとなる

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期8372714510
初期最大11973837610
昇進1最大155550410615
昇進2最大192060011920
信頼度最大20035

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル1攻撃範囲スキル2攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-10秒コスト-1素質効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
荒野の法術
(荒野法术)
初期スキル発動時、攻撃範囲が縮小、攻撃が物理攻撃となる(攻撃は地上ユニットに対してのみとなる)。
攻撃力+50%
昇進1スキル発動時、攻撃範囲が縮小、攻撃が物理攻撃となる(攻撃は地上ユニットに対してのみとなる)。
攻撃力+75%
昇進2スキル発動時、攻撃範囲が縮小、攻撃が物理攻撃となる(攻撃は地上ユニットに対してのみとなる)。
攻撃力+100%
昇進2 潜在5スキル発動時、攻撃範囲が縮小、攻撃が物理攻撃となる(攻撃は地上ユニットに対してのみとなる)。
攻撃力+120%

スキル効果

スキル名スキル内容

部族のアーツ
(部族技艺)

発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP0(10),必要SP40(30)/30秒
効果攻撃速度+30(90)

ガヴィル保護計画
(嘉维尔保护方案)

発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP11(20),必要SP40(30)/30秒
効果攻撃毎に50(100)%の確率で次の効果のいずれかがランダムに発動:対象を0.6(1.6)秒スタン、今回の攻撃力が170(220)%に上昇、今回の攻撃が範囲ダメージになる

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
焼き肉大師初期宿舎配置宿舎内、自身以外のオペレーター1人の体力回復速度が1時間ごと+0.55
(同種の効果は高いほうのみ適応)
対象がガヴィルの場合、さらに+0.45
一知半解昇進2訓練室訓練室で協力者として配置時、術師の訓練速度+30%
訓練対象が特化1の場合さらに+45%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/コスト+2/スキル「ガヴィル保護計画」習得/素質「荒野の法術」強化
必要素材/LvLv龍門幣初級術師SoC初級糖源初級エステル
5020000443
昇進2強化内容ステータス強化/「荒野の法術」強化
必要素材/LvLv龍門貨上級術師SoCRMA70-24中級源岩
701200003814

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】普通
【生理的耐性】標準
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

トミミの潜在能力を高めるために使用する。

オペレーターが作ったドリームキャッチャー。安定した眠りをしてこそ、仕事にも力が入るというのが、トミミの唯一の秘訣。

求人契約

術師オペレーターのトミミはロドスで特訓をしている。

特訓の内容は立派な術師になるということだ。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
「こいつは昔と同じで白くて柔らかいんだ」


【血液中源石密度】0.11u/L
「本当に私の話を聞いて体を鍛えたんだな?良いね」

「トミミの事はこれ以上によく知ってるんだよな――検査は初めてだけど」

――ガヴィル

「診断は順調に進んでいるんだが、心拍数がずっと早いままでデータが正確じゃねえんだよな」

――ガヴィル

信頼相関1

文章表示

「小手先」が見破られてしまい、ガヴィルに「お仕置き」された後、いきなり、トミミはガヴィルに着いていき、ロド島を訪れてオペレーターになることを決めた。

集落の外はいったいどんな様子なのか、トミミはよくは知らない。彼女は外部のイメージに関しては完全にイナームとの会話と購入を依頼して入手した書籍に頼ったものとなっている。

初めてロドスに来た彼女は他の二人のオペレーターと同く、テストと試験の過程でいくつかの常識的な誤りはあったものの、彼女は自身の持つ適応能力によって急速に。まるで脱皮したように成長、小さな集落のトップは個性的な術師オペレーターへと変貌をした。

オペレーターの申請手続きをする時、一部の試験担当のオペレーターは当初、トミミを術師オペレーターにすることを認めていなかった。

現代のオリジ二ウムアーツ理論の教育を受けた術師たちから見れば、トミミはオリジ二ウムアーツの運用には全く流れというものが無く、かつ粗雑であり、その肉弾戦欲も完全に術師オペレーターのニーズに逆行していたからだ。

「彼女のこれはガヴィルのあれと何の違いがあるんだ?」

「ガヴィルはマジで人を振り回すってことはしないぞ。」

「それは彼女が忙しくてそんな事している場合じゃないからだろ」

しかし、彼らは最終的にトミミを術師オペレーターにすることを決めた。

そしてトミミの訓練方針にも現代の術師に近づくようにするといった事も求めず、逆に自分の戦い方を徹底させることにした。

観察してみると、トミミの戦い方には学ぶべきところがないというわけではなく、自分のアーツを杖に「注入」し、その杖に殺傷力をもたらしているようだ。

術師オペレーター達は探求の精神に満ちた人達であり、トミミの戦い方を認めた後、術師オペレーター達の間では「術師も体を强くしなければならない」というフィットネス思考が巻き起こった。

彼らはトミミの成長を通じて新たなオリジ二ウムアーツの流派を創造することを期待し始めた――ただ、これが本当に成功するとしてもまだまだこれからのことだろうが。

信頼相関2

文章表示

トミミと話をすると、いつも遠回しながらもこの話題がある。ガヴィルのことだ。

彼女の前でこの名前を言うと、元々は口数の少なかったトミミが、いきなり饒舌となってしまう。その熱狂ぶりはセイレーンレコード本社の玄関前に立ちはだかり、アイドルの顔を見に来たファンと良い戦いかもしれない。

実際に、トミミがこうなってしまったのは避けられないことだったのかもしれないとは思う。

自分の身になって考えて欲しい。もし外には美少女がいて、その子が大人でも処理する事が出来ない子供の王だったとしら、無数の子供たちはその彼女と友達になりたがるだろう。

そして、毎日あなたの家に来て、食事をし、遊びに来て、自分の親切っぷりと格好良さを全部見せてつけてくるのだ。

さらに言えば、そのような優秀な女の子が、トミミを守るために、洞窟の中で源石に刺されて、鉱石病に感染した。

そのような話、クルビアのベストセラー作家でさえ、書く勇気が出ないようなものだが、実際のこのような出来事が起こってしまい、トミミの心はガヴィルのしっぽにしっかりと結ばれてしまった。

その後、トミミはガヴィルの世話を熱心にしていたが、ガヴィルにはそれが「排斥」だと間違えられた。

祭りで挑戦者全員を乱暴に殴った後、ガヴィルはその場を去ったが、その後の状況は、ガヴィルがサルゴンの実家から帰ってきた後の関係者の報告を参照してほしい。

報告書によれば、トミミはドクターの飛行機をロケット砲で撃ち落とそうと思ったのは、久しぶりにガヴィルと会えると思ったせいかもしれない。

ガヴィルと共にロドスに来てからは、トミミは特に何か変わった事をしたということは無いが。

「トミミの過去禄から本を出さなくても良いのか?映画でもいい。絶対売れるぞ。」

「ガヴィルハンマーを受けたいなら率直に言えよ。」

「大丈夫だ。当事者はみんな鈍感だからさ」

「…」

「じゃ、忘年会のシナリオ頼むわ」

「もっと直してください。じゃないと殴られるぞ!」

「良いぜ、任せとけよ」

信頼相関3

文章表示

ロドスに帰った後、ドクターはトミミが一体どうやってあの一連の考えを思いついたのかと尋ねたことがある。長い間彼女が言い逃れしていたものの、トミミはとある本を持ち出した。本の上部にある本の名前は下記のものだった。

「自信まであと一歩」、「あなたは必ず成功する」、そして「100日で教える、企業管理を習得するには」

続いて、彼女は1枚のリストを取り出した。そこには本屋のベストセラーのランキング上位にある書籍の名称がいっぱい書かれており、大部分はファッション、成功学、管理学のもので、その中のいくつかの内容は間違いなくトミミに外の事を誤認識させてしまうもので、これらのせいで方向を間違えたのだろう。

例えば……彼女は本当に企業管理の内容を「ガヴィルマインド」の部族のメンバーに用いており、彼らの服装を統一、スローガンを叫び、ループスのように必死に頑張ってくださいと要求をした(ちなみにループスが何なのかはロドスに入る前は知らなかった)。

トミミの実力を前に部族のメンバーたちは文句を言うことは無かったが、トミミが去った後はみんな、昔のゆるい部族生活に戻った。そう考えると、トミミがドクターにロケット砲にぶっ放したのも、本の中の一冊が影響となっているだろう。

幸い、トミミは中学の頃から実用的な生活技術を身に付けはしている。彼女は限られた空間に品物を収納する能力に慣れており。これは宿舎を担当するオペレーターにも賞賛されていることだ。

また、探検道具を使いこなすことができ、誰の助けも無い状況で単独で野外探検出来るため、洞窟に迷い込んで遭難するということも無い。

ただ、ロドスの寮はアカフラの部族の故郷と違って、空間が無限にあるということは無いため、ガヴィルの勧めでトミミは自分の宝物を選別し、その中でも特に貴重なものはリュックに入れて身につけていた。

そういうところを見る限り、トミミは頭が悪いというよりかは、彼女は力を入れるところを間違っているのだろう。

信頼相関4

文章表示

トミーのしっぽはまた大きくなった

それ自体は悪いことではない。アダクリス人の多くは巨大な尾を持っていることを誇りに思っているからだ。

しかし、トミミの尻尾は横に伸びているだけでなく、縦にも伸びている。

尻尾がどのように育てば良いのかということについて、アダクリス人の間でも定まっておらず、「太い尾派」と「細い尾派」の争いは今も決着は付いていない。

トミミはどの派にも属していません。尻尾はいくら長くても良い。ガヴィルも気にしていない。

でも、しっぽが少し重く、普段は少し不便なところがあるようだ。医者の勧めで、アダクリスの尾専用の器具を使うことにした

「子供のころは尻尾はガヴィルさんと同じぐらいの太さだったのに、どうしてここまで大きくなっちゃったんだろう」

そのままにしておくか、それとも歯を食いしばってでも尻尾を細くするか、トミミは決めかねている。

なお、太いしっぽが人気で、戦場では思わぬ効果を発揮する。ガヴィルからも掴みやすいと好評だ。

一方、太いしっぽは他の人に迷惑をかけることもあるし、綺麗な服は尻尾のサイズの問題で買えないこともある。

だからこそ、尻尾の問題で、トミミは長い間悩んでいました。

彼女には彼女の決定を手伝い、そして彼女のすることを手伝ってくれる人が必要だ。

それは一体誰になるのだろうか?

昇進2解放

文章表示

トミミが自分で作ったリュックサックの整理リスト(一部):

葉で包んだ琥珀
「初めて探検した時に見つけたいいもの。今も手に持っていると嬉しい」

焼いた陶土の団子、少し変形している。「初めてガヴィルさんとやいた陶土。彼女は力で団子をゆがめまていました。」

大人になった時に入れ替わった牙
「お母さんはこれは幸運の歯だと言っています。だから私はずっとカバンに入れているんです」

子供の頃の探検用の編み袋
「しっかりしていて、まだまだ使えます!」

いろいろなところから切り取った(黒塗り)ガヴィルのサイン。
「…もっと欲しいなあ」

博士のメダル
「博士が直接送ったもの。持っていると賢くなります」

一束のドリームキャッチャー
「よく眠れない人に会ったら一つあげるんです」

太陽賛歌
「面白い本ですよね。今晩ももう少し後ろをめくりましょう」

探検セット
「中にはいろいろなものがあります。探検に行く時に使います」

野外医療箱
「まだ勉強中、勉強で成果が出ればいつでもガヴィルさんの手伝いが出来るようになります」

黒(黒塗り)石(黒塗り)

(深く黒塗り)はガヴィルさんの
(大量の黒塗り)

……

(以下略)

 

ボイス一覧

動画

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命こういう仕事は、ガヴィルさんはやりたがりませんし、部族の他の人はそんなことを考えもしないんです。ですので、時間がある時は、私がやっていました。
会話1医療部の看護師実習生が足りないようなら、私がやってみましょうか?基礎看護の知識は、多少なりとも心得ていますから。
会話2ドクター、サインペンのインクがなくなっちゃったみたいです。あっ、待って、捨てないで!もし良ければ、あの、私にいただけませんか?
会話3ロドスは床を掘ってはいけないんですか?地下に財宝は埋まってたりしないんでしょうか?貴重品は全て部屋の中で厳重に保管されている?残念です……
昇進後会話1尻尾が、また伸びちゃいました。このまま伸びていったら、本当に皆さんに嫌われちゃいそうです。うう……どうしよう?
昇進後会話2尻尾の大きさは生まれ付き、強さの格好良さも生まれ付き、頭の良さも生まれ付き。生まれを選べないなら、自分の個性と共に生きていくしかないでしょう。うん、もちろんドクターがたまに手を貸してくれたら、一番ですが。
信頼上昇後会話1ガヴィルさんが仕事をサボるのは分かりますが、食事に来ないなんてありえません。何か困ったことになって、どこかに隠れているのでしょうか?他の人たちには気付いていないようなので、助けてあげられるのは私だけです!あっ、ドクターもいらっしゃったんですね、手を貸していただけますか?
信頼上昇後会話2本当に見たいんですか、鞄の中は物だらけですよ?分かりました、自分でもしばらく整理してませんし、じゃあ見てみましょうか。葉っぱに包まれた琥珀と……歯?血の付いた黒い結晶に……サインの束?!ドクター、もうこれ以上見ないでください!ここまで!
信頼上昇後会話3それは人の目を引き、灼熱の炎で目が干からびようとも、瞼を閉じる気にはならないだろう。ガヴィルさんは、きっとそんな風に輝く人なんだと思います、あっ、今のは本
放置ドリームキャッチャーはここに掛けておきましょう、清らかで気持ちの良い夢が見られますように
入職会話こんにちは、ドクター。あっ、邪魔しに来たわけではありませんよ、私は……えっと、勉強に、はい、勉強に来ました。カヴィルさんはもうこちらに来ていますから、私も独りで故郷に残るわけにはいかないでしょう。
経験値上昇や、やっぱり、戦場で実践してみたほうがいいですよね。
昇進1こんなに綺麗なバッジをくださってありがとうございます、ドクター。えっ?これ、昇進のメダル?あっ、あの、うう……ほ、本当に、私にこれを受け取る資格があるんですか?
昇進2いつか、この旗に恥じないようになってみせます、いつかきっと。
編成時ドクターの技を勉強させてください、本当に身に付けばいいんですが。
隊長任命私に任せる、本気ですか?
作戦準備行くぞ、奴らを、ぶ、打ちのめすぞ。
戦闘開始待ってください、まだ準備が出来ていません!
選択1ドクターは私に気付いていない、気付いていない……
選択2やってみますか?
配置2い、行くぞ!
配置2殴られたい奴は、前に出ろ!
作戦中1しっかりして!
作戦中2もう少し、もう少し頑張ろう!
作戦中3はあっ!
作戦中4後はどいつだ!
星4で戦闘終了前にドクターは、こうやって私を殴りつけたんですよ。
星3で戦闘終了勝ちましたね。
星2以下で戦闘終了ふぅ、背中が疲れました、休憩しましょう。
任務失敗私…ご、ごめんなさい…
基地配属ああ、それはまだ捨てないで、私にください、片付けますから。
タッチし、尻尾…
信頼タッチサルゴン式のバーベキューを味わってみませんか、私が焼きますから、ドクターは食べるだけでいいですよ。
タイトルアークナイツ
挨拶うぅ、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました