アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】フリント(燧石 Flint)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職前衛レアリティ★★★★★
性別身長144cm
精通拳闘、除草、室内装飾出身サルゴン
殴り合い経験歴15年(自称)種族リーベリ
誕生日9月17日所属機関サルゴン
イラストレーターaZling4CV山村響
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴
サルゴン部族の戦士のフリントの戦闘経験は腕力が伴い初めた時から蓄積されたもので正確で素早い拳闘術を得意とする。
名前が伏せられたエリートオペレーターの勧めで、前衛オペレーターとしてロドスに加入した。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度0.78s
初期コスト8最大強化時コスト10
再配置時間70s
特性
敵1体をブロックする。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期10382121440
初期最大14033122070
昇進1最大17994172800
昇進2最大21955153340
信頼度最大75

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+24素質効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
身軽無痕
(身轻无痕)
昇進1自身がブロックしていない敵に対してのダメージが20%上昇
昇進2自身がブロックしていない敵に対してのダメージが40%上昇
昇進2 潜在5自身がブロックしていない敵に対してのダメージが45%上昇

スキル効果

スキル名スキル内容

無休
(不息)

発動タイプ攻撃回復,自動発動
必要SP/持続時間初期SP0,必要SP4
効果次の攻撃時、攻撃力+130(230)%、
標的を攻撃方向に普通の力で突き飛ばし、1秒足止めする。

才走
(锋芒毕露)

発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP20(25),必要SP35/20秒
効果ブロック数が0に変化、攻撃力+10(55)%、攻撃速度+10(55)、攻撃する度に対象を0.3秒足止めする

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
前衛エキスパートα初期訓練室訓練室で協力者として配置時、前衛の訓練速度+30%
苦行昇進2訓練室訓練室で協力者として配置時、前衛の訓練速度+30%、
訓練対象が特化2の場合、さらに+45%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/コスト+2/スキル「才走」習得/素質「身軽無痕」習得
必要素材/LvLv龍門幣初期前衛SoC初級エステル初級異鉄
5020000453
昇進2強化内容ステータス強化/素質「身軽無痕」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級前衛SoC上級源岩砥石
701200003815

スキル強化必要素材

a

総合診察測定

【物理强度】標準
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】普通
【戦術計画】普通
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】普通

関連アイテム

潜在上昇の印

フリントの潜在能力を高めるために使用する。

鋭い石製の短剣。フリントによって作られたものであり、元の持ち主はそれを用いて焼き肉を切ったり、様々な野外ので劣悪な環境に適用してきた。自分を傷つけないように注意!

求人契約

部族拳闘士のフリントは強くて純粋な戦士だ。

交流の第一歩は共通語の勉強から始まる。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
鉱石病の兆候は見られない。


【血液中源石密度】0.05u/L
フリントはあまり源石に触れない。もしかすると彼女は源石が何なのかを知らないのかもしれない。

調べるところなんてあるか?あいつは至って健康だ!

――ガヴィル

信頼相関1

文章表示

ブレイズと一緒に帰ってきたあいつは今日も訓練場で別のオペレーターを探して喧嘩をしていた。

ロドスには多くの性格の異なるオペレーターが集まってはいるが、変人という点では足りないという事が無く、意見の相違で廊下で殴り合いをしているということがはこれまでにも何度かあった。このような殴り合いの出来事を処理するのは面倒な事ではあるが、あまり驚くようなことじゃない。

それに比べて、フリントの状況は少し異なっている。

多くのフリントと拳を交えての「切磋琢磨」をしたオペレーターは、双方の対戦は合意のもとで行われていると語っている。彼らの間には何か不愉快なことがあった訳でもないし、ぶつかり合いがあったから手を出したという訳でも無い。

あの小柄な女の子はまっすぐに人を見て、こちらに歩いてきて、口を開けばいくつかの風変わりな音節を発し、双方はそれぞれ相手の目つきの中からある種類の暗黙の了解を見抜く。

「彼女の話がよく分からない。でも、あの目つきは悪くないな」

オペレーターのブローカはそう言った。

信頼相関2

文章表示

フリントはロドスに来る前はよく使われている言葉というものを全く使いはしなかった。

フリントにとって、そのような言語というものはまるで、サルゴン地方の先住民の方言が無監督地区で勝手気ままに進化したものと同じレベルで全く意味が分からない。

ただ、ロドスに加入してからは日常的にコミュニケーションが取れるようになるために、常用語を勉強することを予定の一つに入れておかなければならないほどに重要なものとなっている。

一般的な言語自体は学習の難しさはそこまで高いものでは無い。フリントを説得して、毎日の言語課程を自発的に受けさせることに、ガヴィルのとある一言が重要な役割を果たした。

「ブレイズと直接に話したくは無いのか?」

そう言うと、他の人が何を言うよりもフリントは真面目に勉強し始めた。

 

【音声記録】

「彼女が身につける前はどうすればいいんだ?彼女のような原住民の方言を知っている人はいないぞ。身振り手振りで交流するのか?」

「ああ、その問題なら心配する必要はない。」

心配しなくても良いとは!?任務はどうするんだ?戦場で命令を出すにもボディーランゲージをするってことか?」

「大丈夫、大丈夫。編成する際にはその点も考慮に入れているから。ほら、ドクターはもうあのサラゴンの方言を聞き取れるだろ!」

信頼相関3

文章表示

フリントは熱帯雨林の中で生活しているリーベリ人であり、この一族のリーベリは生まれつき小柄で、体の素質は他のリーベリ人よりかはやや弱いものとなっている。

そういった理由がフリントの部族がこれまで熱帯雨林の中で生活してきたという事象を招いており、そのような厳しい状況はフリントが動き回ることが出来る年齢まで成長し、彼女が自身達よりずっと強いアダクリス人の二人をひっくり返して勝利を勝ち取るまで続いていた。

フリントの拳は素早く、狡猾で、体の強度が生まれつき足りない状況の下でも、人種の持ち得る速度の優位性を活用し、力の面での不足を補った。

彼女の拳法はいかなる系統の理論的背景がある拳法とは異なり、単に相手を倒すためだけの拳であり、熱帯雨林特有のつかみどころの無い自由と危険を持ち併せている。

一族の中で最も背が高く強い戦士であるフリントは、外部の族に触れる前は自分の体型に自信を持ち、誇りを持っていた。

彼女はその事をはっきりと認識してからは外の大多数の人が彼女より背が高いことを知り、フリントは過去の無知から生まれた誇りをさっさと捨て、新しい挑戦を求め始めた。

背丈だけでは彼女を見くびってはいけない。サルゴンの戦士は挑戦を恐れないからだ。

 

【記録者の追記】

彼女は背の高いオペレーターとの関係はどうだろうか?私は評価はしない。しかし、彼女は私たちのドゥリン族のオペレーターと仲良くしているということに間違いは無い。

信頼相関4

文章表示

武力を尊ぶティアカ人は衝動的で乱暴的だと考える人もいるかもしれないが、これらの戦士たちは往々にして情熱的で率直で勇猛ですぐに戦いを始めるということは否めない、フリントはその中の典型的な人物だろう。

フリントの認識では拳では解決できないことは無い。フリントの実家の道端ではほんの少し前は取っ組み合っていたティアカ人が、次の瞬間には寝返りを打って既に握手して仲直りをしていたという場面がよくある。

握手をした後は肩を組んで一緒に食事をしに行く姿も見られるが、大体は食事をする直前にまた別の事で争いを始め、喧嘩をするようだ

また、フリントが所属しているリーベリ人には花に対してもある種の異常な執着を持っている。

彼女たちは特に色の鮮やかな花を好み、これらの花を使って居所を飾るのが好きなようだ。フリントには花はどこにでもあり、自由に摘むことが出来るものという観念があるようだ。ロドスを訪れ、このような巨大な鉄筋の鉄皮の中で生活していてもその考えはまだ続いている。

パフューマーが管理している温室ではいつも多くの園芸愛好者を魅了していたが大きな難題を迎えていた。

暖かい室内に植えられた花がよく無断で摘まれていたのだ。日に日に増えている被害植物の育成をしている者達は同盟を組んで終止符を打つために花を摘む犯人に深い教訓を与えることで一致した。

だが、彼らが行動する前にオペレーターのエンカクが丹精込めて育てていた小さな盆栽が一夜にして根こそぎ略奪される事件が発生、それが重要な突破口となり、その時には双方で激しい争いが起こってしまった。

最終的には医療部のガヴィル医師の厳しい配慮の元、無理に握手をして仲直りはしたが。

少なくとも今のフリントは、豊かな熱帯雨林に植えられている植物とは異なり、ロドスで見られる花は勝手に摘まないほうがいいということを理解している。

温室管理者は特別にフリントが室内の小さい花壇を使うことを承認、ティアカの烏人はたまに花壇の側にしゃがみ込んで殴り合いに慣れたその手で恐る恐る雑草を駆除し、草花の成長を夢見ている。

昇進2解放

文章表示

フリントから見れば、多くの人は考えすぎであり、自分を追い詰めすぎている、そのためロドス内でいつも自分を支えるために仕事をしている人達の事を彼女は見ていられない。
「疲れたら、休みに行くんだぞ!」

彼女はきっとそう言うだろう。そして、そう言ったときにはこの戦士は休むあなたのためにすべての危険を防ぐ準備をしている。

ただ、熱帯雨林の戦士は、大地がどれだけ広いのかをまだ完全に理解は出来ていない。

この大地で彼女の拳で解決できることがどれくらいあり、私たちにはどうすることも出来ないものがどれくらいあるのかを知る時間が必要だ。

 

ボイス一覧

動画

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ファイルの処理?分かった、どうやるか教えろ。ああ、まずは分類だな、こうか?後は並び替え、時間順に、あぁ、紙が破れた…す、すまない、わざとじゃない。
会話1ここにいる何人かの話だが、背が高すぎると思わないか?…いや、違う、気にはしていない。背の高さと実力は関係無いだろうし、みな倒してしまえば良い。
会話2私が去ってから部族はどうしたかだと?くだらない質問だ。腕っぷしの強さで新たな族長を選び、同じようにやっていけば良いだろう。
会話3ガヴィルの話はたくさん聞いている。腹筋で石を割れるとか、片手で凶暴な獣を引き裂けるとか。本当にそこまで強いのか?ブレイズのお頭以上なのか?ワルファリンはガヴィルに治療してもらえば身を持って体感出来ると言ってたが…なんだ?ドクター、どうして止めるんだ?
昇進後会話1私は強くなるためにここに来た、その目的は今でも変わっていない。ブレイズのお頭とガヴィルだけでなく、ここにはまだまだ挑戦に値する奴が…何?私が嬉しそうだと?確かにその通りだな、ここにいるのは嫌いでは無い。
昇進後会話2ロドスの者はみな考えすぎではないか?ドクターもそうだ、毎日あれこれ考えていては疲れるだろう。そうでもない?考えざるおえない?…それもそうか、お前にしか出来ないことは多いし、仕方ないか。ああ、では頑張ってくれ、何かあればいつでも呼べ。
信頼上昇後会話1ドクター、手を借してくれ、上だ、上にある花かごを取ってもらえるか。なに、お前も届かないのか?困ったな…そうだ、私がお前を持ち上げて届くか、やってみるのはどうだ?
信頼上昇後会話2ズーママが私と同じ任務に参加するのか?安心しろ、急に殴りかかったりはしない。奴と決着を付ける機会ならいくらでもある。それに、私達が衝突すれば、お前も頭を抱えるだろう?ああ、あまりお前を困らせたくないのでな。
信頼上昇後会話3この花、綺麗だろ。私が育てたものだ。おい、何をそんなに驚いているんだ、私は強くなる事しか頭に無い戦闘狂ではない。多少の趣味があっても変じゃないだろう。なに?お前も好きなのか、では、これはお前に贈ろう。ああ、悪くない、似合っている。
放置ドクター、花を摘んできた…ああ、何だ、居眠りか?まったく、呑気な奴だ。ではこの花は…頭に乗せておこう。ふっ…悪くないな。
入職会話また会ったな、私は我が部族で最も屈強な戦士、フリントだ。ここには強い奴がたくさんいるのだろう?悪くない、片っ端から挑戦させてもらう。そうだ、ブレイズのお頭は何処にいるか知っているか?
経験値上昇悪くない、この技悪くないぞ!ドクター、こいつに挑戦させてくれ!何処に行けばこの戦士に会えるのだ?
昇進1昇進?分かった、お前の好きなようにすればいい。とにかく、私はこれまで通りに戦えばいいのだろう?
昇進2ドクター、お前はな、あれこれ考えすぎなんだ。敵がいれば拳で打ちのめせば良いだろう!ほら、休む時くらいそんな固くなるな。リラックスしてみたらどうだ、こっちで一緒に横になるか。
編成時分かった、出発の時は声をかけてくれ。
隊長任命問題ない、任せろ。
作戦準備出発だ、各自カバーし合うように、痕跡は残すな。
戦闘開始獲物が来るぞ。
選択1行くぞ。
選択2分かった。
配置1一勝負行こう。
配置2お前達、一人ずつ来るか、それともまとめて掛かるか?
作戦中1ふん、丁度いい!
作戦中2この拳はどうだ!
作戦中3お前たちの目付き、虫が好かん。
作戦中4私を見下ろすな!
星4で戦闘終了拳を振るわなくても勝てる?ふん、それがお前の戦い方か…
星3で戦闘終了よくやった。まさかお前がこれほど出来るとはなぁ。
星2以下で戦闘終了ちっ、あんな小物、逃げるなら逃しておけば良い、追う必要はない。
任務失敗自分を責めるな。私が弱かったんだ。
基地配属なあ、部屋にサンドバッグを付けても良いか?
タッチおっと!
信頼タッチん?お前こんなところでしゃがみこんで何をしているんだ、頭を撫でてほしいのか?
タイトルアークナイツ
挨拶シャキッとしろ、今日は何か手伝いが必要か?
タイトルとURLをコピーしました