アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ビーンストーク(豆苗 Beanstalk)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス先鋒レアリティ★★★★
性別身長155cm
精通飼育、飼料の配合、筆記(計画)出身クルビア
戦闘経験歴無し種族レプロバ
誕生日3月10日所属機関ロドスアイランド
イラストレーター一千CV伊藤 彩沙
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴

ハガネガニ飼育員ビーンストークは、クルビア農場主の家の生まれである。
各大手会社やプラットフォームに起業企画書を送るも結果はふるわず、最終的には仲介を通じてロドスに就職することとなった。
現在は専門試験をクリアし、正式のオペレーターとしてロドスで後方勤務及び特殊偵察作戦で活躍している。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度1.0s
初期コスト11最大強化時コスト13
再配置時間70s  
特性
攻撃範囲内で戦術召集点を指定し援軍を召喚できる。
援軍がブロック中の敵を自身が攻撃時、攻撃力が150%まで上昇

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期702171430
初期最大1003252730
昇進1最大12863321050
昇進2最大15694051250
信頼度最大 +50  

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃速度+8再配置時間-6秒コスト-1

素質

素質名解放段階効果
プロブリーダー初期戦術召集点にハガネガニを援軍として召喚可能
援軍が倒された時、20秒後に再召喚される
昇進1戦術召集点にハガネガニを援軍として召喚可能
援軍が倒された時、17秒後に再召喚される
昇進2戦術召集点にハガネガニを援軍として召喚可能
援軍が倒された時、15秒後に再召喚される

スキル効果

スキル1

スキル名自動回復
手動発動
攻撃範囲
SLv初期SP必要SP持続効果
1940所持コスト+8、援軍を再召喚する
(援軍がすでに配置中の場合、援軍のHPを全回復する)
239
338
41037
536
635
71134
特化11233
特化21332
特化31530

スキル2

スキル名自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1125015戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+20%
249戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+25%
348戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+30%
41347戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+35%
546戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+40%
645戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+45%
71444戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+50%
特化11643戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+55%
特化21842戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+60%
特化32040戦術召集点の隣接4マスにハガネガニを召喚する(戦術召集点のマスは含まない)。効果時間内所持コストが徐々に増加(合計12)、ハガネガニの防御力+70%

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
ビーちゃん初期製造所製造所配置時、製造効率+15%
トレイちゃん昇進1製造所製造所配置時、保管上限+8、1時間ごとの体力消費量-0.25

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/COST+2/スキル全員集合!習得/素質プロブリーダー強化/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級先鋒SoC初級異鉄初級糖原
4515000311
昇進2強化内容ステータス上限解放/素質プロブリーダー強化
必要素材/LvLv龍門幣中級先鋒SoC人工ゲルマンガン
606000051310

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】普通
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】普通
【アーツ適正】普通

関連アイテム

潜在上昇の印

ビーンズトークの潜在能力を高めるために使用する。

ペットハガネガニの赤ちゃん引き換え券。飼育者の承諾と捺印がある。この券でビーンズトーク育成会社が設立された後、ハガネガニの赤ちゃんを引き取ることが出来る。

求人契約

最も専門的なハガネガニ飼育員のビーンズトークは、彼女のハガネガニ小隊を指揮して前線を守る。

彼女が提出した経費申請はよく調べてみても、契約書には小さな落とし穴がまだ潜んでいる。

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
源石病の兆候は見られない。

【血液中源石密度】0.12u/L
源石との接触は極めて少ない。ビーンストークも、彼女が飼育するハガネガニも健康そのものである。

健康安全検査、オールクリア。続いて合格バッジの配布を行います。名前を呼ばれたハガネガニは一歩前へ……
──フィリオプシス

第一資料

文章表示

ロドス入職初日、ビーンストークの登場はその場にいた多くのオペレーターに色濃い印象を与えた。

あれは晴れ渡り、強烈な日差しが大地を照らす日だった。大型輸送車の運転席から一人のレプロパの女の子が軽やかに飛び降りた。彼女はそのまま車の後部に回って荷台のドアを開き、口笛をひと吹きすると──ハサミが生えた子たちが、ぞろぞろと飛び降りてきたのだった。

彼女のこうした振る舞いや提出した証明書から、ビーンストークが自らを指してプロの飼育員だというのは、正しい事実であると伺える。

第ニ資料

文章表示

ビーンストークが連れてきたハガネガニにはそれぞれ名前がついている。完全に彼らを識別できているのは、今のところ飼育者本人だけなのだが、後方支援システムでのハガネガニたちの活動範囲の拡大につれて、多くのオペレーターが積極的に彼らを見分けようとするようになった。

ビーンストークは彼女の大切な「子たち」一匹一匹に愛情を注いでいる。トレイ、ツイスタ、ストロング、ハンマーにアイス……そしてハガネガニたちの中で最も幼く、いつもビーンストークがカゴに入れて連れ歩いている「ピーケーキ」ことぴーちゃん。

飼育者はそんな彼らをはっきりと識別でき、それぞれの性格や好みもばっちり把握している。彼女は毎日多くの時間を飼育コーナーで過ごし、手ずからに栄養満点の餌を調合し、ハガネガニたちに新しい芸を覚えさせようと楽しく訓練している。

長期間にわたる飼育の結果、ハガネガニたちの性格はより大人しく、より機敏になり、野生のまま暮らしている同類たちとは明らかな違いを見せている。

第三資料

文章表示

ビーンストーク本人によれば、ロドスに就職するまで、全体的に後方支援寄りの飼育方針をとっていたという。

理由はハガネガニの生物的特徴にあった。ハガネガニは外殻が硬く、パワーもあり、対荷重の面でも優れている。その一方で、体の構成密度は低く、見た目よりはるかに軽い場合も多く、命令の遂行速度が非常に速い。

こうした特徴から、ビーンストークはハガネガニが採掘や運送、そして一部の特殊救援探索といった領域で活躍できるだろうと判断していた。事実、彼女の予想通り、ハガネガニたちに特別なテストを行ったロドスが出した報告書では、この生き物たちは彼女の判断した領域の他に、偵察や先鋒戦闘などの場面においても十分な潜在能力を有していることが指摘された。

有能な飼育員は、この報告書が届くやいなや、すぐさま動き出した。わずか一週間後には、ハガネガニたちの将来計画を見直した新企画書ができあがり、ドクター執務室の机に置かれた。この企画書で、ハガネガニたちの飼育員はこれまで持っていたせせこましいこだわりをかなぐり捨てて、ただ一つだけ絶対に譲歩しないという条件を明らかにした──ハガネガニたちはビーンストークの指揮のもと彼女と共に先鋒任務に当たり、状況が危うくなったと判断した時には彼女がハガネガニを即座撤退させる権限を持つものである。

この条件と比べれば、経費や給料など本来なら重要な問題も、彼女にとっては些事でしかなくなったのである。

第四資料

文章表示

クルビアの農場育ちの少女の明るく、外交的でありながら押し付けがましくない性格は、すぐに彼女に多くの新しい友人を引き寄せた。中にはバニラのように彼女の腕を見込んで飼育法の教えを請う者も少なからずいた。

こうした同好の士の存在はビーンストークに喜びだけでなく、自らの事業への自信をも与えて、新たなビジネスアイディアのヒントとなった。噂によれば、彼女は近頃「ビーンストーク高級ペット飼料」なるものを開発、登録販売しようと計画しているらしい……彼女の健闘を祈ろう。

実を言うと、農場主である彼女の父親は娘の「企業計画」にあまりいい顔をしていない。もっと言えば娘がハガネガニなどという彼の世代からすればヘンテコな、価値を生み出しもしなさそうな生物を飼育することに対して、いい顔をしていないのだ。父の態度はビーンストークを大いに悩ませた。彼女は家族が嫌いなわけではなく、農場を継ぐことも視野に入れていた。ただ同時に、ハガネガニの飼育にひあ意義も価値もあるという主張を貫いているのだ。

彼女が主張を維持するのは、単にかつて荒野で偶然野生のハガネガニの群れに助けられたからだけではなく、この小さな生き物たちの中に、底知れない潜在能力を見出したからでもある。ビーンストークは心の底から、今の自分の努力が将来人々に認められると信じているのだ。家族と衝突した後、彼女はそんな理想を抱いて、外の世界に挑むことを選んだ。いつの日か成功して家族に認めてもらうために。

一人故郷を離れて起業することは決して容易ではない。様々な困難にぶつかりながらも、ビーンストークの情熱は衰えることを知らず、逆境の中で一層燃え上がり、やる気に満ち溢れているのである。

昇進2解放

文章表示

感染者との接触は、ビーンストークにとって拒否反応が出るようなものではない。彼女は紹介を受けてロドスに到着してすぐに、さして戸惑いもなくロドスに感染者が多数在籍しているという現状を受け入れ、雇用契約にサインした。

テラの大地で最も若い国として、急速な発展を遂げているクルビアは活気に満ち溢れ、かつ野望にも溢れている。毎年、多くの若者が夢を抱いてクルビアの都市に訪れ、富と地位を求める。同時に、多くの感染者もこの地の公平を謳うスローガンのもとに集まり、開拓を通じて、生存するための居場所と、人々の偏見のない対応と、果てはちょっぴり前提条件付きの尊重を得ることを夢見ている。

ビーンストークはそんな無数のクルビアに機会を求める若者の一人である。感染者という存在は彼女にとってそれほど遠い存在でもなく、ロドスという多くの人が二の足を踏むであろう仕事環境に対しても、さほど気にしてはいない。

夢を追い求める道は決して容易ではなく、クルビアになだれ込む情熱を抱いた夢追い人と同じ数だけ、敗北者たちが尻尾を巻いて逃げ出していくことも、ビーンストークはよく知っていた。ハガネガニの飼育者は、自らが十分な実力を持ち、惜しみなく努力しているからきっと成功するであろうと信じていた。それでも立て続けての失敗で、彼女は認めざるを得なかった。いかなる成功にもほんの少しだけ「運」が必要であると。

ロドスがもたらしてくれた機会を前にして、この若者は思い至ったのだ。もしかしたら、これこそが自分に振り向いた「運」なのかもしれないと

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命あたしに手伝って欲しいの?うーん、うちの子たちに高級飼料を三日分プレゼントとしてくれれば、考えてあげてもいいかな!どう、おいしい話でしょー……って、ちょっと、行かないでよ、冗談だってば!
会話1どいたどいた、ビーンストーク飼育センターのお散歩タイムだよ、うちの子たちを踏んじゃわないように、足元には気を付けてね~
会話2ちょっとドクター!あのカシャさんがロドスにいるなんて聞いてないんだけど!あの人のアウトドア動画、あたし大好きなの!しかも、ピーちゃんをかわいいって褒めてくれたんだよ、今度の撮影にも連れてってくれるみたい!
会話3最近は採鉱に来たいって鼻息を荒くして、荒野をそこら中掘り返すって人がいっぱいいるけど、みんなのおうちまでめちゃくちゃにするなんて!次に好き放題するおバカたちは捕まえたら、今度こそクロスボウでお尻に穴を開けてやるんだから!
昇進後会話1ドクター、今回の飼育計画書が出来たよ、チェックよろしくう!え?経費が多く計上されてる?……チッ、バレたか。いやあ、ごめんね、多分計算ミスだと思う!直してくるね~
昇進後会話2ロドスに来る前にも、色んな会社に応募したんだけど、全部落ちちゃったんだよね。でもほら、うちの子たちは戦場でも活躍するし、後方支援なら運搬なんか得意だし、あたしを落とすなんて、あのお偉いさんたちは本当見る目ないよ、大損だって分かんないのかな!
信頼上昇後会話1ピーちゃんはね、あたしが連れてきたハガネカニの中では、一番ちっちゃいけど、その分一番賢い子なんだよ。将来きっとすーごい子になると思う。他の子たちも、普通のハガネカニと違って、みんな賢いから、そう簡単に操られたりなんかしないよ!
信頼上昇後会話2いち、に、いち、に、全体整列!防御態勢、ブロック!……よし、みんなよく出来たね、ご褒美だよ、たくさん食べて~。よし、じゃあ次は攻撃態勢……ああっ、ドクター、いつの間に来てたの、足音なんて全然聞こえなかったよ!
信頼上昇後会話3うちの父ちゃんは、この子たちを飼うことにあんまり賛成してくれなかったんだ。「役に立たないから、儲かる駄獣でも飼え」ってね。ふんだ、あたしは絶対この子たちと一緒に名を揚げて、父ちゃんも黙らせてやるんだから!ね、ドクター、あたしに投資なんてどうかな。儲けは保証するよ~
放置はい、集中集中!ドクター、仕事中はぼうっとしちゃだめだよ、ピーちゃんみたい良い子にしないとね。
入職会話はじめまして、ドクター、あたしはビーンストーク、今日からここで……えっ、このケースの中身?ああ、この子はピーケーキっていうんだ。ほら、ピーちゃん、ドクターに挨拶して。
経験値上昇あはーかっこいいね!ピーちゃん、今の見た?ちゃんと覚えるんだよ!
昇進1えへー、やっぱりこの間の作戦で大活躍したから、昇進させてくれたんだね!
昇進2ドクター、あたしとこの子たちに、自分の価値を証明するチャンスをくれてありがとう!ご挨拶はこの辺にしといて、これからもピーちゃんたちは、もっともっとすごくなって、ドクターを驚かせてあげるよ!
編成時あたしたちの見せ場だ
隊長任命よし!皆、あたしの言うことを聞いて貰うよ!
作戦準備ビーンストーク小隊、出発!
戦闘開始あれ、あの人たちは今回の敵?
選択1来た来た。
選択2準備万端だよ~
配置1行け、あたしたちの実力を見せてあげよう!
配置2行くよ!
作戦中1へへー、当たらないよ~
作戦中2あいつらを止めて!
作戦中3ここは通さないよ!
作戦中4このおバカ、うちの子たちを苛めないで!
星4で戦闘終了ふふん、あんなのあたしたちの敵じゃないよ~
星3で戦闘終了任務完了~どう、うちの子たちもよくやったでしょう!
星2以下で戦闘終了あー、逃げた奴がいる!待っててドクター、今追いかけるから!
任務失敗うー、泣かないでみんな、今度は絶対あのおバカたちをぶん殴ってあげるから!
基地配属あたしの寝るとこはどこでもいいけど、飼育室は?飼育室はどこ?
タッチ何すんの、リボンを引っ張らないでよ!
信頼タッチうん?どうしたの、もしかしてピーちゃんに触りたい?
タイトルアークナイツ。
挨拶やほー、ドクター、何してるの?

オペレーター紹介文

クルビアの農場家庭出身でハガネガニを専門に飼育していたビーンズトークは、波のように都市へと流れ込み、クルビアの生き生きとした野心の中でチャンスを求めている若者の一人だ。

伝統的な畜産業の観点から見るに、ハガネガニを飼育するという事は生物の中でも手間の掛かる事であり、利回りも低く、一部の若者の奇想天外な行動とされる。

ビーンズトークのように暇つぶしで飼育しているのでは無く、精力的に育てて、ハガネガニのために奔走をし、チャンスを求めるということは実に奇妙なことなのだ。

この若者はいつか頭をぶつけて、自分の愚かさを認識し、現実へと頭を戻すだろうと断言している人も多い。

そんな事を他人が議論している間にハガネガニの飼育人は既に元気を取り戻し、創業計画書を持って、今回の新たな目標であるロドスアイランドを見つけたのだった。

解説動画

タイトルとURLをコピーしました