アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】チェストナッツ(褐果 Chestnut)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス医療/放浪医レアリティ★★★★
性別身長132cm
精通鉱物採取、地質調査出身未公開
戦闘経験歴無し種族ドゥリン
誕生日3月15日所属機関ロドスアイランド
イラストレーター树豚CV千葉翔也
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴
チェストナッツ、ドゥリン族の族中では地質調査を担当していた。物静かな性格で、地上に来て医者になる事を選び、鉱物を用いた特殊なヒーリングアーツを習得している。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度2.85s
初期コスト12最大強化時コスト14
再配置時間70s  
特性
味方のHPを回復し、同時に対象に蓄積された元素ダメージを
自身の攻撃力の50%の値分回復する
(HP最大の味方も元素ダメージの治療対象となる)

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期6231364410
初期最大8202236410
昇進1最大9773118010
昇進2最大113738910110
信頼度最大+100+35  

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+15素質強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
実着昇進1地上の味方を治療時、元素ダメージの回復量が10%(+3%)上昇
昇進2地上の味方を治療時、元素ダメージの回復量が20%(+3%)上昇

スキル効果

スキル1

塵も積もれば山となる自動回復
自動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1020治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が150%上昇。
1回チャージ可能
219治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が160%上昇。
1回チャージ可能
318治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が170%上昇。
1回チャージ可能
4417治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が200%上昇。
1回チャージ可能
516治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が210%上昇。
1回チャージ可能
615治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が220%上昇。
1回チャージ可能
7614治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が250%上昇。
2回チャージ可能
特化113治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が270%上昇。
2回チャージ可能
特化212治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が280%上昇。
2回チャージ可能
特化3810治療行動を行い、治療対象の元素ダメージ回復量が300%上昇。
2回チャージ可能

スキル2

厚土飛散自動回復
手動発動
SLv初期SP必要SP持続効果
1209025攻撃範囲縮小、攻撃速度+80、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が105%に上昇。
22188攻撃範囲縮小、攻撃速度+80、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が110%に上昇。
32286攻撃範囲縮小、攻撃速度+80、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が115%に上昇。
4258230攻撃範囲縮小、攻撃速度+90、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が120%に上昇。
52680攻撃範囲縮小、攻撃速度+90、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が120%に上昇。
62778攻撃範囲縮小、攻撃速度+90、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が130%に上昇。
7307435攻撃範囲縮小、攻撃速度+100、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が135%に上昇。
特化13472攻撃範囲縮小、攻撃速度+110、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が140%に上昇。
特化236攻撃範囲縮小、攻撃速度+110、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が145%に上昇。
特化34070攻撃範囲縮小、攻撃速度+130、同じ対象を連続で回復時、HP回復量と元素ダメージ回復量が150%に上昇。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
標準化α初期製造所製造所配置時、製造効率+15%
地質学α昇進1製造所製造所配置時、源石製造の製造効率+30%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/コスト+2/素質「実着」習得/スキル「厚土飛散」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級医療SoC初級エステル初級装置
4515000311
昇進2強化内容ステータス上限解放/素質「実着」強化
必要素材/LvLv龍門幣中級医療SoC合成コール熾合金
60600005208

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術計画】標準
【戦闘技術】普通
【アーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

チェストナッツの潜在能力を高めるために使用する。

栽培が容易では無い小さな地底蛍光キノコの群れ。だが、それは故郷を代表するものでもある。

求人契約

小柄な医者は手に持っている水晶を丹精込めて吹いている。

「なんてキレイなんだろう」。彼は頭を上げて君にそう言った。

 

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
ここに来るドゥリン人は少なすぎ!次はもっと捕まえて測ってみないと!

 

【血液中源石密度】0.12u/L
とても健康!

第一資料

文章表示

小柄なドゥリン族の男性で本人曰く大人との事だが他のドゥリン族と同じく――外見からはそうは見えない。

チェストナッツが言うドゥリン族は通常、照明に様々な種類の結晶鉱石のランプを使い、彼は子供の頃から様々な色の光を放つこの結晶に興味があり、この美しい石を自分で採掘できたらと願っていた。

夢は常に最高のモチベーションだ。元来、活発で奔放な性格が多いドゥリンの中でも、チェストナッツはこの小さな子供の頃の願いを叶えるために、一族の大人たちから鉱石について丹念に学んでいたのだ。

初めて自分の手で泥をかき分けて、埋もれていた結晶を輝かせた時、興奮しながらその鉱石で小さなランプを作った。

この小さなランプは精巧という訳ではなく、特別な色という訳でもないが、それでもチェストナッツにとって最も愛着のある持ち物の一つとなった。

ずっと地下で暮らしてきたドゥリンにとって、地下都市の拡張は大きな出来事だ。

新たな居住地となるには事前に対象地の地質を調査する必要がある。 チェストナッツに地質学を教えた大人たちはチェストナッツの師となった。職業がはっきりとしていない地底の世界では知識と愛情が親密な関係を築き上げる。

街を拡張する必要がある時、チェストナッツと師達はこの家で学んだことを還元するために、自分たちの知識と能力を最大限に発揮する。

師や友人達は、彼がなぜそこまでして地上にこだわるのかは理解できなかったが、普段は静かに趣味の勉強をすることを好むこの青年を応援することにした。

結局の所、生き方には様々な道があり、他人に影響を与えずに幸せに生きているのであれば、誰が正しいとか間違っているとかは無いのだ。

彼が送ってくれた時、それはドゥリン族特有の小さな鉱石だと言っていた。本当に可愛らしい事だ。

――書留

第ニ資料

文章表示

なぜ、鉱物の勉強をせずに医者になったのかと尋ねるとチェストナッツは自分の過去を語ってくれた。

ドゥリン族は他の地域に住む人々と定期的に経済的な取引をしており、その関係は友好的であり大規模な流血もほとんど無かった事から、チェストナッツの目には「戦争」というものは遠い存在に映っていた。

時折発生する天災によって、チェストナッツの住む場所の上にある地上は破壊され、大規模な陥没を発生、地下都市の多くの部分が破壊された。

地上の状況は不明だが地下の地質構造は変化しており、チェストナッツは自分の家が自分の力を今必要としていることを理解していた。

彼は自然災害によって生じた亀裂の中を歩き、サンプルを採取、鉱物を集め、自分の家に影響を与える可能性のあるあらゆるデータを記録していったのだ。

彼がすべての作業を終えたのはそれから半年以上経った頃であった。

全てが順調に進んだ後にチェストナッツはようやく「地上はどうなっているのだろう?」という、最初に抱いた疑問を探る余裕が出てきた。

子供の頃のチェストナッツは地上に出たことのある大人たちが地上の開けた風景について語るのを聞くのが大好きで、地下のユニークな光景が好きだった以上に、その魅力に取り憑かれていた。

毎日毎日、チェストナッツは地上に上がるための計画を立てた。現実は頭の中で想像していたものと大きく違っていたが、そのことを意に介することはなかった。

地質調査で遭遇した地下から地上と続く亀裂や一本の青空の線も無視してチェストナッツは足元の地面に集中していたのだ。

今回のシミュレーションではこの機会を借りてチェストナッツは様々な場所を歩く事にした。

復元されたリフトに乗り、チェストナッツは暗いながらも変化に富んだ地層の中を通り、初めて地上に出た。

進めば進むほど調査中に無視をした青い一本の線とは別に、底なしの巨大な渓谷、鏡のように穏やかな広大な湖、風化した千の奇妙な岩など、地上から帰還した者でも見たことのない風景がたくさん見えてきた。

しかし、その美しい風景とは裏腹に、現地では人同士の血みどろの争いを初めて目の当たりにすることになった。

全てが終わった後にチェストナッツは彼らに争いの理由を聞くと、彼らによれば盗賊団が農民の収穫したての穂を奪おうとして放浪しており、農民がそれに立ち向かったというのだ。

地下で平和なやり取りの中で育った彼は、なぜこのようなことが起こるのか理解できなかった。しかし、チェストナッツは何かをしなければならないと感じ、ロッドを掲げてこの人たちに救いの手を差し伸べたのだ。

一族の復興後、故郷の環境は住み続けられるものにはなっていたが、チェストナッツは地上に留まることにした。 彼は幼いころからの夢を追い続けることを決意したのだ。

もちろん、ここには彼の助けを必要としている人がさらに多くいることは言うまでもない。

第三資料

文章表示

ロドスに加入したチェストナッツは次から次へと外勤を任されるようになり、有意義なのか無意味なのか何度も意味の衝突の中で自分の責任を担うようになっていった。

多くのオペレーターはこの落ち着いた医者が好きで、チェストナッツもその信頼を大切にし、より頻繁に、より真剣に患者を救うことに専念するようになった。

しかし、オペレーターとチェストナッツ自身は多忙の中で見落としていた事がった。仕事だけでなく、自分の内面のフィードバックに適時注意を払うべきだという事だ。

チェストナッツは医師であれば誰もが経験する「自分が医師であることに意味を見いだせない」という問題に直面した。

ある日、現場チームが退却の準備を万端整え、人数を数えたところ、チェストナッツが湿原にポツンと一人で立っている姿を発見した。

オペレーターの呼ぶ声にも応じず、オリジニウムアーツを無闇に空中に解放したりしていたため、オペレーター達も問題に気付いた。

艦に戻ったチェストナッツは医療部のオペレーター達に疑問をぶつけた。病気による怪我ならば前に進み続ければ、難題もいつかは克服できると信じていた。

しかし、現地に着いてみると、そこには互いに争って負傷した人々がたくさんいる。しかも、その負傷の原因は病気ではなく、より複雑なものでありと理解してしまった。

チェストナッツはそれを癒すことが出来るが、複雑な原因が再び表面化しないようにする事は出来ない。

特にロドスでの仕事では醜い争いを目にする事が、以前よりも遥かに多くなっていた。

チェストナッツは少し幻滅を感じ始めずにはいられなかった。この美しくも見慣れない土地を見て、彼は少し故郷が恋しくなった。

ロドスは彼の休暇申請を承認した。

第四資料

文章表示

チェストナッツは見慣れたようで見慣れない地下に戻り、好奇心旺盛な一族の子供たちに、地上で見た風物を語った。

彼は自分が子供の頃に戻ったような気がした――同じ光景ではあるし、帰ってきた大人が自分になっただけではあるが、今の自分にはあの子供たちの羨望の眼差しに値するとは思えなかった。

休みの日にチェストナッツは再び地下で昔の仕事をし、地質調査や水晶を採掘したり、暇を見つけては子供の頃に行った石の滝の所に向かい、光るキノコと身長を比べたりもした。

そんなスローペースな生活の中で「そもそも自分がやりたいことは何だったのか」と考える時間が増えた。

自分は今、何に悩んでいるのだろうか。 自分が悩んでいることは自分の努力で解決できることなのだろうか?

以前にやっていたことが同胞の地質調査の手伝いの時のように、故郷に天災が襲ったことは悲しかったが、自分が天災を無くすことは出来ないと自覚していたのだ。

医師として人を救うことも同じであり、人と人との争いを止めることはできないと知り、それを受け入れる必要がある。

チェストナッツはそれを考え抜くのに1ヵ月以上かかった。これが自己満足の「偽りの楽観主義」なのかどうかは分からないが、今のところこれ以上の方法は見当たらない。

しかし、出来もしないことを悲しんだり落ち込んだりするのはやめ、もう一度仕事に戻ることで、自分に合った対処法が見つかるはずだという考えはあった。

再びロドスに戻ったチェストナッツは明らかに決意が固くなっていた。

心理的な溝は短期間では取り除けはしなかったが、彼が再びこの一歩を踏み出したことにはロドスの誰もが喜んだ。

昇進2解放

文章表示

正直なところ、チェストナッツが最初にここに来た理由を語ったときは、本当に悲劇的で可笑しい事だった……。

地上に現れるドゥリン族はあまり多くは無いのだが、彼らの多くは地上が楽しいからという理由で上がってきているだけであり、私たちのように家族を養うために仕事を探してお金を稼ごうとは考えない。

チェストナッツは自分は専門的見聞があると言っていたし、地上の事も知っている。

だが、私達のように病院に仕事を探しに行こうとした時はみんな子供だと思っていた。

ドゥリン族を知っている場所に向かっても、患者に関する問題を考慮すれば彼を拒否するしかない。 ただ、仕方の無いことではある。

具合が悪い時に病院に向かった所、医者がこんなに小さいと、当然この病院はおかしいんじゃないかと思ってしまうはず!!

本当に難しい事ではある。彼は此処に2人のドゥリン人がいると知った時は泣きそうになったと言っていたな。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命 
会話1 
会話2 
会話3 
昇進後会話1 
昇進後会話2 
信頼上昇後会話1 
信頼上昇後会話2 
信頼上昇後会話3 
放置 
入職会話 
経験値上昇 
昇進1 
昇進2 
編成時 
隊長任命 
作戦準備 
戦闘開始 
選択1 
選択2 
配置1 
配置2 
作戦中1 
作戦中2 
作戦中3 
作戦中4 
星4で戦闘終了 
星3で戦闘終了 
星2以下で戦闘終了 
任務失敗 
基地配属 
タッチ 
信頼タッチ 
タイトル 
挨拶 

オペレーター紹介文

 

タイトルとURLをコピーしました