ロイヤル艦隊の編成について

スポンサーリンク

ロイヤル艦隊とは

「アズールレーン」内にある陣営の1つ”ロイヤル”に所属している艦を中心に構成する編成。
戦艦である「クイーン・エリザベス」のスキル「女王号令」のロイヤル艦の火力、雷撃、航空、対空、装填、回避を上昇させるという効果を最大限に活かしたものとなっている。

主力艦隊

クイーン・エリザベス


ロイヤル艦隊の軸となる戦艦「クイーン・エリザベス」。
スキル「女王号令」はロイヤル艦の火力、雷撃、航空、対空、装填、回避を上昇させるという非常に強力なものとなっており、素の性能自体も他の戦艦に劣っているということは無い。

ただスキルがその「女王号令」のみとなっているため、あくまでもロイヤル艦の強化を念頭に置いたものとなっている。

フッド


ロイヤル艦隊の主力としては編成に必ず入ってくる巡洋戦艦「フッド」。
クイーン・エリザベスの「女王号令」によって強化された装填値がフッドのスキル「グロリー・オブ・ロイヤル」発動時には更に強化されることになり、主力艦隊の火力が格段に跳ね上がることになる。

また耐久も高いため落とされづらく他の巡洋戦艦とは違い、旗艦に向いた性能となっている。

ウォースパイト


「クイーン・エリザベス」「フッド」と主力編成3枠の内2枠が決まっている状況で最も優先されることが多い戦艦「ウォースパイト」
火力値は元々火力値が高い戦艦類の中でもトップの397を誇り、耐久値に関しても実装されている感の中では4位に位置しており、高水準でまとまった性能を持つ。

スキル「絶対命中のオールドレディ」は最大スキルレベルで15秒ごとに、ランダムの敵一体へ確定クリティカルの砲撃を行うという非常に凶悪なもの。
演習では動かない相手に対しては必中のため、次から次へと敵主力艦隊を倒していく非常に頼もしい存在となる。
ただウォースパイトを入れるということは空母が主力艦隊に入らないということなので、敵の航空機を防ぎづらくなる。

イラストリアスorユニコーン

空母の中でも戦闘機2攻撃機1ということや自身の耐久値も相まって非常に固い空母「イラストリアス」。火力に関しては他の編成と比べると一歩劣ってしまうものの、前衛を守ることに秀でた性能のため、前衛の耐久力に不安がある場合に大きな補強となる

それに対して軽空母「ユニコーン」はユニコーンが航空攻撃を行った際に前衛の耐久値を最大で8%回復するスキル「支援空母」や前衛の装填値を最大で15%上昇させるスキル「装填指揮・前衛」と耐久面の底上げも火力面での底上げも出来るバランスの良い性能となっている。

エンタープライズ


ロイヤル陣営では無いものの、一考の余地があるほどに空母としては飛び抜けた性能を持っている攻撃型空母「エンタープライズ」。スキル「LuckyE」は戦闘中1度だけ自身の航空攻撃の攻撃力を2倍にし、エンタープライズ自身は相手の攻撃を8秒間一切受け付けないという非常に強力なもの。

「クイーン・エリザベス」の「女王号令」の効果は適用されないものの、「フッド」の「グロリー・オブ・ロイヤル」は適用されるので、ウォースパイトを入れた編成に続き凄まじい火力を持つようになる。

前衛艦隊

フォーチュンorシグニット

「シグニット」は改造することで戦闘開始時とそれ以降20秒毎に最大で30%の確率で煙幕を撒き、煙幕の中にいる艦は5秒間の間、最大で回避率を40%上げるスキル「煙幕散布」を、「フォーチュン」は改造することで「フォーチュン」が戦闘可能である限り主力艦隊が受けるダメージを最大で15%軽減させるスキル「側面援護」を所持している。

煙幕による一時的な回避率アップを取るか持続的な耐久力上昇を取るかは人それぞれ。

ベルファスト


自身の装備が榴弾の場合、榴弾の威力を最大で25%常に上昇させるスキル「榴弾強化」と開始10秒後とそれ以降20秒毎に最大で20%の確率で煙幕を撒き、煙幕の中にいる艦は10秒間の間、最大で回避率を35%上げるスキル「煙幕散布・軽巡」を持っているため攻守共に高水準の軽巡。

素の状態でも高いステータスをもっている所に「女王号令」によって更にステータスが強化されるためロイヤル艦隊ではほぼ必須。

エディンバラorエイジャックス


軽巡「エディンバラ」は自身の装備が徹甲弾だった場合、徹甲弾の威力を最大で25%常に上昇させるスキル「徹甲弾専門」を、軽巡「エイジャックス」は20秒毎に最大で60%の確率で自身の火力を最大40%アップさせるスキル「火力全開」を所持している。

エイジャックスは常にスキルが発動し続けているエディンバラには持続ダメージでは劣るものの、改造することで火力と雷装は軽巡トップに、そして「女王号令」と重巡限定ながらダメージを上げる「大物刈り」によって軽巡とは思えない圧倒的な火力を引き出すことが出来る。

ただ、バランスの取れたエディンバラに比べてエイジャックスは火力全振りとも言える低耐久のため他艦でフォローする必要がある。

エクセターorドーセットシャー


重巡「エクセター」は20秒毎に最大で60%の確率で自身の火力を最大40%アップさせるスキル「火力全開」と20秒毎に最大で25%の確率で8秒間全艦の受けるダメージを15%軽減するスキル「防御指令」を持つ。そのため攻守に優れており、自身も中装甲のため一定の耐久力を持っている。

一方、ドーセットシャーは火力面には優れていないものの、耐久力と対空性能があるためゲームバランスの問題で対空値が重要となる大陸版「アズールレーン」では壁として利用されることがある。
今後日本版でも大陸版「アズールレーン」のようなゲームバランスになった場合は重宝される可能性があるだろう。

リアンダー


軽巡と重巡の火力値を最大で15%アップさせる「砲術指揮・巡洋艦」と改造することで開始10秒後とそれ以降20秒毎に最大で20%の確率で煙幕を撒き、煙幕の中にいる艦は10秒間の間、最大で回避率を35%上げるスキル「煙幕散布・軽巡」を所持している軽巡。

改造で得られる「煙幕散布・軽巡」はベルファストの「煙幕散布・軽巡」と被っているためシグニットと比べると常に煙幕を散布しているというような状況は作り出せないものの、ベルファストのスキルが発動しなかった場合にリアンダーのスキルが発動するといったピンポイントでの補強が可能となる。
また「砲術指揮・巡洋艦」によってベルファストやエディンバラ、エイジャックスといった火力の高い巡洋艦の火力を更に高めることも出来る。
解説
スポンサーリンク
関連記事



蒼藍航海図をフォローする
蒼藍航海図 -アズールレーン(アズレン)攻略ブログ