アズールレーンの世界観について(その1)

[toc]
スポンサーリンク

ストーリー

下記リンク先を参照

アズールレーンとは/アズールレーンのストーリー
概要 アズールレーンとは日本では株式会社Yostarより2017年9月14日より配信が開始された艦船擬人化STGアプリゲームです。(通称「アズレン」「艦B」)。 ゲームシステム 本作は他の艦船をゲームタイトルとは違い、戦闘システム...

舞台

アズールレーンの舞台となっている星は地表が71%の水で覆われた星。地表の水という点からも地球をモデルにしていることが分かるものの、実際の地球と違う点は地理となっており、実際の地球の地理を左右反転したようなものとなっていることが家具の「世界地図」「鉄血世界地図」から分かる。

世界地図鉄血世界地図

また真珠湾攻撃をモチーフにした通常海域「1章 トラ!トラ!トラ!」の「1-4 東より来たる敵」でも赤城や加賀が東の大洋を跨いで現れたというテキストが存在しているので第1章の舞台となった島々の東側に大洋が広がっていることが明らかになっている。

ただ、下記画像を見ても分かるように五大陸に関しては反転しているものの、ハワイ諸島といった島々やガダルカナル島といったものに関しては実際の地理と同じかゲーム内舞台の地理を反転させ、現実と同じ地理にしている可能性がある(そこまで深く考えられていないのかもしれない)。

陣営と勢力

陣営

陣営は現段階ではアズールレーンとレッドアクシズ、そしてセイレーンが存在している。

アズールレーン

アズールレーンの世界に突如として現れた謎の勢力「セイレーン」の打倒及び脅威からの防衛を目的として設立された軍事同盟。現在は「ユニオン」「ロイヤル」「東煌」「北方」が加入していることが明らかとなっている。

表向きはアズールレーンは人類の自然進化によって得た力のみで「セイレーン」を打倒することを目標に掲げているため、現在はアズールレーンより離反した「鉄血」「東桜」にて結成された組織「レッドアクシズ」とは敵対関係を取っている。

ゲーム内ではプレイヤーは「アズールレーン」視点で物語が進行する。

レッドアクシズ

軍事同盟「アズールレーン」より離反した「鉄血」と「重桜」によって結成された同盟。「アズールレーン」とは異なり、人類の自然進化によって得られた力のみの利用ではなく、「セイレーン」の技術を利用しての世界革新を目的としている。

「セイレーン」の技術をどのようにして得たのかが不明な点や表向きは「アズールレーン」と同じく「セイレーン」殲滅を目標としているものの「セイレーン」との関わりを示唆するような内容も多く、現時点では明確に「アズールレーン」と敵対しているという点以外では不明な部分も多い。

セイレーン

アズールレーンの舞台である水の惑星に突如出現した異形の存在。艦船少女達が装備している武器の性能を遥かに凌駕している武器を装備しており、セイレーンが出現後、全人類の91%が死亡したとされている。軍事同盟「アズールレーン」はこの「セイレーン」の殲滅を目的とした同盟であり、一連のストーリーの発端。

現在は軍事同盟「アズールレーン」の活躍により、人類の生存圏から退けられてしまい「鏡面海域」と呼ばれる海域でのみ活動。「アズールレーン」と「レッドアクシズ」の対立を「面白い」と発言した上で静観している。

勢力

ユニオン

アメリカ合衆国をモデルにした勢力。白鷹、EAGLEUNIONとも呼ばれる。科学と自由を重んじた連邦制国家で航空技術に特化している。現在は「アズールレーン」に所属しており、「セイレーン」と「レッドアクシズ」に所属している「鉄血」「重桜」とは敵対関係となっている。

ロイヤル

イギリスをモデルにした勢力。皇家、ROYALE NAVYとも呼ばれる。アズールレーンの世界では最も造船の経験があるとされている王政国家で軍艦の性能はバランスが取れたものとされている。現在は「アズールレーン」に所属しており、「セイレーン」と「レッドアクシズ」に所属している「鉄血」「重桜」とは敵対関係となっている。

鉄血

ドイツをモデルにした勢力。METALBLOODとも呼ばれる。「セイレーン」の技術を解析したことによって得られた技術を自軍の勢力に用いた独裁軍事国家。

以前は「アズールレーン」に所属していたものの「アズールレーン」の考えである人類の自然進化によって得た力でのみ「セイレーン」を打倒するという考えに賛同せず「セイレーン」の力を利用しての世界革新も目論んでいる。現在は「アズールレーン」に所属している「ユニオン」「ロイヤル」「北方」「北煌」とは敵対関係にある。

重桜

日本をモデルにした勢力。SAKURA EMPIREとも呼ばれる。東方に存在している君主制国家で「ヤオヨロズノカミ」が信じられている。「他国との交流を数百年極力避けていた」ということもあり謎が多い。

以前は「アズールレーン」に所属していたものの「アズールレーン」の考えに賛同せず、離反し「鉄血」と新たな勢力「レッドアクシズ」を結成している(ゲーム内ストーリー開始直後はまだ「アズールレーン」に所属していた)。

「セイレーン」の技術利用の仕方は「鉄血」とは異なり、「鉄血」は艤装にセイレーンの技術によるものと思われる変化が見られるが、「重桜」は「セイレーン」の力を直接体内に宿しているため獣耳や尻尾、ツノといった人外要素が体より直接生えている。

ストーリーにおいて敵艦として登場する艦は「あのお方」と呼ばれている存在の意向に従って動いている節があり、現在は「赤城」と「加賀」がその意向の遂行の中心となっている様子。全ての重桜所属艦船少女がその意向に従っているというわけではなく「翔鶴」や「瑞鶴」等は別に動いている節もあるため一枚岩では無いと思われる。

東煌

中国をモデルにした勢力。「ドンファン」と読む。「鉄血」及び「重桜」が「アズールレーン」より離反した後に「アズールレーン」に加入した。「重桜」とは緊張状態にあるとされている。

北方連合

ロシア(旧ソ連)をモデルにした勢力。「鉄血」及び「重桜」が「アズールレーン」より離反した後に「アズールレーン」に加入した。「鉄血」とは緊張状態にあるとされている。

解説
スポンサーリンク
関連記事



蒼藍航海図をフォローする
蒼藍航海図 -アズールレーン(アズレン)攻略ブログ

コメント