【明日方舟】シナリオ翻訳 ストーリー4章3話「人工冷却」

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

ケルシー
ケルシー

分かった。

ケルシー
ケルシー

ああ、連絡を取り合おう。臭いがしたらすぐにでも教えてくれ。

ケルシー
ケルシー

三番目のボタンを押せばいい。ああ。

ケルシー
ケルシー

――ん?Dr.○○○?

ケルシー
ケルシー

アーミヤは?

プレイヤー
プレイヤー

・アーミヤは貧民区に行った。

ケルシー
ケルシー

――彼女を一人で行かせたのか。

ケルシー
ケルシー

….まあいい。彼女には少ないながらも護衛がいるからな。

ケルシー
ケルシー

君が付いていったとしても、足手まといになりそうだしな。今回は君には非はない。

ケルシー
ケルシー

君も一人で帰ってきたのか?

ケルシー
ケルシー

ああ、ペンギン急便か。

ケルシー
ケルシー

君ももっと自分の身の安全にも注意したらどうだ。私達は毎回信頼できる現地ガイドを雇えるという訳ではないんだ。

ケルシー
ケルシー

Dr.○○○――。

ケルシー
ケルシー

アーミヤは龍門に長く滞在することは無い。後の仕事はまだあるしな。

ケルシー
ケルシー

君は再び向き合う必要がある。

ケルシー
ケルシー

――私であれば、その時にこれまで話さなかったことを話すだろうな。

 

アーミヤ
アーミヤ

あれ、ドクター?

アーミヤ
アーミヤ

ずっと待っていたのですか…。

アーミヤ
アーミヤ

ごめんなさい、お待たせしました。

アーミヤ
アーミヤ

え?私の表情が去ったときとは違っている?

アーミヤ
アーミヤ

アーミヤ
アーミヤ

色々あったんですよ。

アーミヤ
アーミヤ

私は思ったんです…。

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官も自分の考えを持っているのかもしれません。

アーミヤ
アーミヤ

例え彼女の口が悪かったとしても、彼女が私にとって許しがたいことをしたとしても…。

アーミヤ
アーミヤ

ですが恐らく…私達との溝はそれほど大きくはありません。

アーミヤ
アーミヤ

彼女には彼女の責任があります。

アーミヤ
アーミヤ

…あ…そういえばそうでしたね。

アーミヤ
アーミヤ

彼女もたくさんのことを引き受けているのでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

多分私も…。

プレイヤー
プレイヤー

・アーミヤ、君もたくさんのことを引き受けてきた

・….。

アーミヤ
アーミヤ

それは…。

アーミヤ
アーミヤ

私は…ただ他の選択肢が無いだけです。

プレイヤー
プレイヤー

・少なくともアーミヤは自分の選択を堅持した。

・….。

アーミヤ
アーミヤ

…もしそれがあの結果を招いたのであれば、やはり固執したからでしょうね。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターはしなくても良いんですよ…私を慰めることなんて。

アーミヤ
アーミヤ

実は分かったんです。

アーミヤ
アーミヤ

私は知らなかった…。

アーミヤ
アーミヤ

私達はいつまで歩けば、この大地が変わってくるのかは分かりませんでした…。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、分かったんです。

アーミヤ
アーミヤ

私は諦めません。

アーミヤ
アーミヤ

どんな結果にも責任は伴います。これは…私が自分で選んだのですから。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター…

アーミヤ
アーミヤ

あなたは…私の側にいてくれますか?

アーミヤ
アーミヤ

それでも…この罪悪感はいつまでもあるでしょうが。

アーミヤ
アーミヤ

皆さんの後悔を掴むことは出来ませんでした。友人を助けることが出来なかったのも後悔が残ります…。

アーミヤ
アーミヤ

ですが私は平然とそれに直面しなければならない。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスのみなさんと一緒に――。

アーミヤ
アーミヤ

ん?ケルシー先生からの通信です…。

アーミヤ
アーミヤ

ケルシー先生?どうしましたか?

ケルシー
ケルシー

アーミヤ、いくつかの偵察チームから通信が送られてきた。

ケルシー
ケルシー

事態は一刻も争うものとなっている。

アーミヤ
アーミヤ

分かりました。すぐに向かいます。

 

(戦闘)

 

レユニオン構成員
レユニオン構成員

動きが速いぞ!…。

ジェシカ
ジェシカ

どうして…。

フロストリーフ
フロストリーフ

(声を出すな!)

ジェシカ
ジェシカ

(むぐ――)

フロストリーフ
フロストリーフ

(奴らはまだそこにいるか?)

メテオリーテ
メテオリーテ

(まだよ…!)

メテオリーテ
メテオリーテ

(何かを探しているようだわ――)

メテオリーテ
メテオリーテ

(――レユニオンがこっちを向いてるわ!隠れるわよ!)

レユニオン構成員
レユニオン構成員

――――。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

俺の錯覚か?

フロストリーフ
フロストリーフ

(あいつらを狙撃できるか?)

メテオリーテ
メテオリーテ

(私達と敵との距離が遠すぎるわ…)

メテオリーテ
メテオリーテ

(やつらが現れてからというもの、爆発音も止まっている…)

メテオリーテ
メテオリーテ

(やつらの立ち位置が3つに分散してるし、私には一度に3つも落とすことなんて出来ないわよ)

メテオリーテ
メテオリーテ

(それに、あのレユニオンの動きは普通の暴徒とは明らかに違っている)

ジェシカ
ジェシカ

(他のレユニオンほど重装備では無いようです)

メテオリーテ
メテオリーテ

(そうなのよ。一度でも軽率な行動をして一人でも生き延びてしまったら、もっと多くの暴徒を招き入れてしまうから危険なのよ)

メテオリーテ
メテオリーテ

(それに加えて一人は術師の格好をしている。何かテストでもしているのかしら)

メテオリーテ
メテオリーテ

もしやつらも同じような索敵タイプのアーツがあるのであれば…)

メテオリーテ
メテオリーテ

(私達の位置から弾薬を発射すれば、やつらは完全に把握することが出来るわ)

フロストリーフ
フロストリーフ

(つまりは不可能ってことか。3対3なのにまるで囲まれているようだな)

メテオリーテ
メテオリーテ

(ちょっとまずいわね。この感じ嫌いだわ)

メテオリーテ
メテオリーテ

(ハンターはより大きな獣に追い立てられ、隠れざる負えないって感じ)

メテオリーテ
メテオリーテ

(待って、やつら通信しているみたいよ――)

フロストリーフ
フロストリーフ

(ここでは埒が明かない。行かせてくれ)

メテオリーテ
メテオリーテ

(ダメよ。今移動するのは危険だわ)

メテオリーテ
メテオリーテ

(静かすぎるのよ。敵がどのような感染者なのかも分からないし…)

メテオリーテ
メテオリーテ

(聴力強化のようなものがあれば、もっとひどい目にあうわよ)

メテオリーテ
メテオリーテ

(――やつら何を持っているのかしら)

メテオリーテ
メテオリーテ

(何だか――変な感じがするわね。)

メテオリーテ
メテオリーテ

(あれは――)

メテオリーテ
メテオリーテ

(ジェシカ、あなたは…)

ジェシカ
ジェシカ

(私…私はその…)

ジェシカ
ジェシカ

(気温が再び下がってきているようです…)

ジェシカ
ジェシカ

(私…とても寒くて…)

メテオリーテ
メテオリーテ

(まさか奴らは…!)

メテオリーテ
メテオリーテ

(――!ジェシカ、あなたどうして自分の指を噛んで――)

フロストリーフ
フロストリーフ

(歯をガチガチする際の音を出さないようにしているのだろう)

フロストリーフ
フロストリーフ

(それが必要かはさておき、こういった素質は本当に素晴らしい子だな)

メテオリーテ
メテオリーテ

(私から見ればあなたも子供よ)

フロストリーフ
フロストリーフ

(――ふん)

フロストリーフ
フロストリーフ

(ダメだな)

メテオリーテ
メテオリーテ

(…気温が戻ってきたわ。レユニオンの3人も離れていった)

メテオリーテ
メテオリーテ

何のテストをしていたのかしら――。

メテオリーテ
メテオリーテ

――音も立てずに寒さをもたらし、温度を黙って持ち去り、ただ被害者だけを残し闇に震える。

メテオリーテ
メテオリーテ

くそ、まるでやつらが本当の伝説の雪怪のようね。

フロストリーフ
フロストリーフ

それが正しいのかもしれないな。

フロストリーフ
フロストリーフ

やつらはきっと雪怪なのだろう。

メテオリーテ
メテオリーテ

…見つけたわ。

メテオリーテ
メテオリーテ

氷結した壁よ。でも、見てみて――

メテオリーテ
メテオリーテ

黒色のオリジ二ウムが隅に埋まっている?

メテオリーテ
メテオリーテ

案の定、寒波はここから外に放出されているわね。

フロストリーフ
フロストリーフ

壁には鮮やかな模様が見えるな。

フロストリーフ
フロストリーフ

このオリジ二ウムが地域の温度を下げる中心のようだ。

フロストリーフ
フロストリーフ

――私が傭兵をしていた時、バラックにはこんな伝説があった。

フロストリーフ
フロストリーフ

ウルサスの北西部には感染者のゲリラがいて、そいつらはウルサスを相手取っている。

フロストリーフ
フロストリーフ

そいつらの中にはまるで鉄塔のような怪物がいる。

フロストリーフ
フロストリーフ

そいつを止めるものは何も無いと言われている。

フロストリーフ
フロストリーフ

盾は破られ、武器は破壊されてしまう。

フロストリーフ
フロストリーフ

その化物が去った後に残るのは平地だけで、その平地には生気が無い。

フロストリーフ
フロストリーフ

そのゲリラの中には小さなチームが存在し――。

フロストリーフ
フロストリーフ

やつらはまるで寒い冬のようだと。

フロストリーフ
フロストリーフ

そいつらが歩いたところは全て凍ってしまう。

フロストリーフ
フロストリーフ

建物は轟然と倒れ、粉々になり、四方に荒廃した戦場が散らばる。

フロストリーフ
フロストリーフ

塹壕の中には凍ってしまったウルサスの兵士が横たわっていた。

メテオリーテ
メテオリーテ

あなたはどう感じたの…。

フロストリーフ
フロストリーフ

ああ、そうだ。やつらはその伝説だと思った。

フロストリーフ
フロストリーフ

――”雪怪小隊”。

フロストリーフ
フロストリーフ

進もう。もうすぐすればレユニオンの拠点を見つけられるはずだ。

ジェシカ
ジェシカ

あ…。

メテオリーテ
メテオリーテ

どうしたの?

ジェシカ
ジェシカ

何か臭いがしませんか…

ジェシカ
ジェシカ

焦げたような?

タイトルとURLをコピーしました