アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】アーミヤ(阿米娅 Amiya)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進I昇進2忒斯特收藏:报童

「ドクター、また会えて…嬉しいです。私達の行く道はまだ長く険しいものですが、とにかくこれからも、よろしくお願いいたします!」

スポンサーリンク

アーミヤ(阿米娅 Amiya)

役職キャスター(术师)レアリティ☆☆☆☆☆
職業ロドスアイランド指揮官身長142cm
精通ヴァイオリン出身レムビリトン
戦闘経験歴3年種族カーターズ/キメラ
誕生日12月23日所属機関ロドスアイランド
イラストレーター唯@WCV黒沢ともよ
オリパシー感染状況
体表に源石結晶の分布を確認。
メディカルチェックの結果、感染者に認定。
客観的経歴
ロドスの公表リーダー。ロドス内での最高執行権を有する。外見はまだ未熟な少女に見えるが、実際は皆の深い信頼を得ている立派なリーダーである。現在アーミヤが率いるロドスは、感染者の未来のために、この大地から鉱石病という暗雲を払うために、たゆまず努力している。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度やや遅い(1.6s)
初期コスト18最大強化時コスト18
再配置時間遅い(70s)
特性
敵に術ダメージを与える

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期6992764848
初期最大9583908181
昇進I最大119881110110
昇進2最大1480612121121
信頼度最大+200+70

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階最大体力+200必要コスト-1攻撃+30必要コスト-1素質効果強化+?%

素質

素質名段階効果
???初期解放???
アブソープション昇進2敵を攻撃する度SPが2回復、敵を倒すと更に8回復
昇進2 潜在6敵を攻撃する度SPが3回復、敵を倒すと更に9回復

スキル効果

スキル名スキル内容

戦術詠唱γ

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP0(15)、必要SP40(30)/30秒
効果攻撃速度+30(90)


ソウルブースト

発動タイプ自動回復 自動発動
必要SP/持続時間SP100/25秒
効果通常攻撃が攻撃力の33(60)%での6(8)回連続攻撃になり、
ランダムで範囲内の敵を攻撃する
効果時間終了後10秒間スタンする

キメラ

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間SP120/30秒
効果攻撃力+100(230)%、最大HP+25(100)%、攻撃範囲が拡大し、
防御力と術耐性を無視して攻撃する
効果時間終了後強制退場

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
共同作業初期解放制御中枢制御中枢配置時、全貿易所の受注効率+7%
(同種の効果は高いほうのみ適応)
バイオリン独奏昇進2宿舎配置宿舎内、全員の体力回復速度が1時間ごと+0.15
(同種の効果は高いほうのみ適応)

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容コスト+2/スキル「ソウルブースト」解放/ステータス向上/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級術師SoC装置初級異鉄
5020000344
昇進2強化内容素質「アブソープション」習得、ステータス強化、スキル「キメラ」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級術師SoC上級源岩合成コール
7012000031010

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】■■

関連アイテム

潜在上昇信物

アーミヤの潜在能力を高めるために使用する。

いつか私の選択が分かるはずです…今はごめんなさい。

求人契約

ロドスの公の指導者であるアーミヤはあなたと共に戦うつもりだ。

頑張りましょう、ドクター。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭はぼやけており、異常な影が見られます。また循環器系内源石粒子検査からも異常を検出しており、オリパシーの感染の兆候もあるため、現段階ではオリパシーの感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】19%

█ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.27u/L

█ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █ █

資料1

文章表示

歴史上、サルカズ王のサーベルは長さ約0.9~1.2の間、幅は約5cm、材質は不明、全身が黒く染まっており、サルカズの伝統的文字で「争いはここで止まる」と刻まれている。

クイロンが後継者となり、カズデルを整理したのは、西洋がサルカズを苦しめていたことを感じていたためで、サルカズの部族の一部を率いて東へと移動した後は行方不明となった。

クイロンには敵と戦わずして敵を退けさせる威があると言われている。クイロンの敵はクイロンと戦った時、武器の重さの数倍の重圧を受けたとのことで、物理的にも意志的にもクイロンに殴られたとのこと。

クイロンの攻撃で幸いにも死ななかったとしても、不自由な身になるとも記述されている。

だが、クイロンは仁愛君主と呼ぶ人物もおり、その剣で切られたとしても血は流れず、退きさえすれば命は助かるようだ。

しかし、一部の古典にはクイロンの後継者よりも以前に戦争で破壊され、クイロンが所持していた武器は彼がアーツで作りあげた脆弱なものでしかないとされている。

これはクイロンがその後に遭遇したサルカズ紛争に関する表現とは一致しておらず、また、何故クイロンが愛した剣の再鋳造をしなかったのかを説明出来る人も少ない。

私が推測するに確かにクイロンにはアーツで武器を形どる力があるのだろうし、その理論的基点は王位にも同じく根付いているものだと思われるが、クイロンは以前の侠客としての身分が妨げとなり、そのようなアーツをあまり使わないのだろう。

文献によればクイロンが即位すると、その剣は常に青く幽玄な光をまるで炎のように放っていた。クイロンは性格が激しいため、その剣は後に「青き怒り」とも呼ばれている。

サルカズの多くの伝説はカズデルが次々に破壊したため失われており、歴史的考察に大きな困難をもたらしている。サルカズの歴史の再生を訴える学者も相次いでいるものの、研究ではサルカズの崇高さを強調するために、研究材料に尾ひれを付ける行為が行われているのだ。まさに汚染と言える。

――Logos

資料2

資料3

資料4

昇進2解放

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクター、お仕事お疲れさまです。
会話1ケルシー先生が言っていました。仕事をするときには集中しなければいけないと…うん、集中しなきゃ
会話2ロドスは全艦通常航行モードです。ドクター、航行スケジュールをチェックしませんか?
会話3ロドスのリーダーとして私はまだまだ未熟で。ですからこれからの進むべき道をもっと教えて下さいね。
昇進後会話1これは私の身勝手な考えかもしれません。でも、ロドスのみなさんにとってここが第ニの故郷になってくれれば嬉しいな。
昇進後会話2たくさんのものを失いながらようやくここまでたどり着きました。でも、時々不安になってしまいます。本当にこれで良かったのかなと。
信頼上昇後会話1時々、故郷のことを思い出します。とても寒くて、街の空気からも錆臭い臭いが漂う場所でした。それに比べてロドスはこんなにも暖かい。だから私はもっともっと頑張ってしっかりこの場所を守っていかなければならないと思っています。
信頼上昇後会話2ふふ、実は私、またヴァイオリンの練習をし始めたんです。今度のパーティで皆さんにサプライズを――だからドクター、皆さんには内緒ですよ。
信頼上昇後会話3ドクター、私達の歩む道は終わりなき旅路なのかもしれません…。でも、それをドクターと共に歩むことが出来て私はとても幸せです。
放置ドクター、終わってない仕事がたくさんありますから、まだ休んじゃ駄目ですよ。
入職会話ドクター、また会えて…嬉しいです。私達の行く道はまだ長く険しいものですが、とにかくこれからも、よろしくお願いいたします!」
経験値上昇なるほど…本当に役に立つ知識ばかりです!ドクター、ご指導頂きありがとうございます!
昇進Iドクター、またあなたと一緒に戦えて本当に嬉しいです!
昇進2あの日の目に焼き付いた光景、叫びたくても声を出せないほどの絶望感…、全部記憶の奥底に閉じ込められたら良いのに…。
編成時はい、分かりました。
隊長任命みなさんの期待に応えてみせます。
作戦準備行動開始します!
戦闘開始敵が来ます!みなさん、戦闘の準備をしてください!
配置2はい!
選択2ドクター、私はここに。
配置2分かりました。
配置2了解しました。
作戦中1あなたの考えはお見通しですよ。
作戦中2みなさんが私のことを信じてくれていますから!
作戦中3私が怖いですか?
作戦中4この声は…泣いている?
星3で戦闘終了どんなに困難な任務でもドクターさえいればきっと大丈夫だと信じています!
星3で戦闘終了みなさん、完璧な勝利でも警戒態勢が完全に解かれるまでは気を抜かないでくださいね!
星2以下で戦闘終了ドクター、お疲れ様でした!無理をせず、少し休んでくださいね。
任務失敗私は大丈夫です…。みなさん、しっかりしてください!
基地配属何か飲みませんか?ドクター?
タッチきゃっ!ドクター?
信頼タッチえへへ…
タイトルアークナイツ
挨拶おかえり、ドクター!
タイトルとURLをコピーしました