アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】レッド(红 Projekt Red)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「レッド、ウルフハンター。ここも狼の臭いがする」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職スペシャリストレアリティ☆☆☆☆☆
職業暗殺者身長162cm
精通暗殺、潜入、サバイバル、追跡出身不明
戦闘経験歴9年種族ループス
誕生日8月25日所属機関ロドスアイランド
イラストレーター音符CV小清水亜美
オリパシー感染状況
医学検査報告書を参照したところ、感染者では無いことが確認されました。
客観的経歴
レッド、身元不明、経歴欠如、ケルシー医師によって受け入れられ、保護観察されている。起動戦闘において特殊作戦や秘密作戦にて極めて優れた素質を発揮しており、成績は非常に著しいもの。ケルシー医師のもと、特殊オペレーターとしてロドスに従事している。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度速い(0.93s)
初期コスト7最大強化時コスト7
再配置時間とても早い(18s)

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期7032041350
初期最大9383011940
昇進I最大11734132530
昇進2最大15055303020
信頼度最大+75

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1攻撃力+20再配置時間-2秒素質効果強化+3%配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
刺骨
(刺骨)
昇進I全ての攻撃で最低でも20%のダメージを与える
刺骨
(刺骨)
昇進2全ての攻撃で最低でも30%のダメージを与える

スキル効果

スキル名スキル内容
処刑形態
(处决模式)
発動タイプパッシブ
必要SP/持続時間10秒
効果配置時、攻撃力+80%、物理回避50%を獲得
群狼
(狼群)
発動タイプパッシブ
必要SP/持続時間
効果配置時、週の敵に250%のダメージ、3秒間スタンさせる。

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
S.W.E.E.P初期コントロールセンターコントロールセンターにいる他メンバーの消費スタミナ -0.05/時
追跡者
(追踪者)
昇進2執務室捜索速度+25%

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「群狼」習得/素質「刺骨」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級特殊SoC初級源岩鉱鉱装置
5020000472
昇進2強化内容パラメータ強化/素質「刺骨」強化
必要素材/LvLv龍門貨上級特殊SoC上級マンガン中級異鉄
701200003714

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】標準
【戦場機動】卓越
【生理的耐性】標準
【戦術計画】普通
【戦闘技術】卓越
【オリジ二ウムアーツ適正】普通

関連アイテム

潜在上昇信物

レッドの潜在能力を高めるために使用する。

尖った乳歯。彼女があなたのことを手伝ってくれると良いが。

求人契約

ロドススペシャリストオペレーターであるウルフハンターのレッドはウルフハントに参加する。

鋭利な刃は鋭い歯でもある。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

オペレーター「レッド」はオリジ二ウムに感染した形跡はありません。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.13u/L

オペレーター「レッド」は任務中に何度もオリジ二ウムに接触しており、オリジ二ウムによる感染の危険性に警戒する必要があります。

レッドの健康診断による数値は全て正常なレベルとなっている。健康診断の一連の流れが終わったら、担当者による関連の調査と資料のファイルは私に引き継がせてもらおう。

――ケルシー

資料1

文章表示

レッドの戦場での行動は常識では理解出来るものではない。通常のオペレーターの戦い方よりも、レッドのものは正確だが…野蛮なものだからだ。

日常生活においてレッドの行方は分からず、滅多に一般のオペレーター達の前に現れることはない。そして、レッドが備えている教育の程度と社交辞令は多くのオペレーターに出身についての疑いの目を向けられている。

さらにはレッドは一部のオペレーターには「赤いフードを被った死神」とも呼ばれているようだ。

しかし、時間が経つにつれ、レッドは幼く無邪気な一面も見せている。彼女はいくらかのオペレーターとの関係も強化されており、熱も増しているようだ。

いつかはオペレーター達も彼女を本当に理解し受け入れてくれるかもしれない。そうなれば、レッドもロドスに溶け込むことが出来るだろう。

資料2

文章表示

レッドは自分もループス族も俗語や略称という意味ではなく”狼”と呼んでいた。

最初は医療オペレーターはこれはレッドの単なる認識に関する教育の問題として処理をしていたが、いくつかの実験事例にてレッドは説明出来ない判別能力を示しており、いくら対照のグループを変えても、目標はめちゃくちゃになり、レッドは自分のやり方で実験項目を分類していた。

一部の医療オペレーターは、これは典型的な色弱障害に似ていると考えているようだ。神経系の欠陥や変異が原因で、一般的なループス族ではあまり気付かないような細かな点がレッドには見つけることが出来るとされる。

そして一部の医療オペレーターはレッドは独特なオリジ二ウムアーツの素質を持っていると考えている。これによって彼女の認知方式が一般人と異なってしまっているのだろう。

関連した研究が医療部門に呼ばれた後は、レッドの認知方式は多くのロドスオペレーターに受け入れられており、単なる個性だと受け取られているようだ。

資料3

文章表示

【アクセス履歴変更】

1.レッドがループス族に与える刺激については言及するな。公開ファイルから関連項目を削除。

2.関連医学検査と実験記録は医療部門の権限記録となる。

3.関連記録の閲覧と再整理は一切禁止とする。

4.実験データを廃棄

以上の作業は文書に署名されてから2営業日以内に完了させなければいけない。

担当者:■■・■■■ ■■■■

審査人:ケルシー ■■■■ アーミヤ

資料4

文章表示

【権限記録】”おばあさん”と深く接触すべきだろうか?これはかなり危険な行為だと思われる。

深く接触するとレッドにどんな影響がある?レッドはまだ”おばあさん”にどれだけの影響を受けているのか?”おばあさん”はどのような個人あるいは群体で、またどのような方法を通じてレッドに影響を与えた?

はっきりしていることは、この”おばあさん”がレッドの今の姿を作り出したということだ。レッドの”狼”に関する知識と、ループス族がレッドに対する独特の知覚、あるいは非常に無視出来ない秘密も…”おばあさん”が何を企んでいようが、それはレッドの将来に深く根付いているようだ。

私はいくつかの可能な対策を列挙してみたが、最終的には関連する研究資料とデータは廃棄した。

決して軽率に行動することは出来ない。

リスクアセスメントと理論的研究は無関係だ。

例え受け身になれないとしても、命は同様に無謀な試みを許すことはない。

限られた時間の中で一刻を争う必要がある。自分の存在の行方を知ることを推奨する。

彼女は自分で選ぶ権利がある。

――ケルシー

昇進2解放

文章表示

私達には秘密裏で効率的なチームが必要だ。アーミヤも同意している。

このチームの最初のオペレーターとしてレッドの価値は言うまでもないだろう。

私も見たが、レッドには問題がある。だが、私とは何も関係はない。

彼女の牙とナイフを磨くだけだ。

ロドスは必ずこういった手段を持ち、あのようなことの再発は阻止しなければならない。

私達はドクターにもこの事実を受け入れさせるべきだ。

――■■■■

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ここは……危険な匂いが、する。
会話1レッドは、全部、自分でやる。
会話2名前、報酬、殺す。どれも簡単。ケルシーとの約束。
会話3狼には牙、レットにはナイフ。狼は休まない、だからレッドも休まない。
昇進後会話1聞こえる……『おばあさん』が呼んでる。
昇進後会話2……荒野の風、土に埋もれた残骸、星空に震わせる遠吠え……匂いだ、狼の匂い。レッド、ハンティング開始。
信頼上昇後会話1家族?レッドに家族はない。最初から一人。ドクターは……家族が欲しいのか?
信頼上昇後会話2みんな、レッドを避ける……レッドはただ、みんなの尻尾、触ってみたかっただけ。プロヴァンス、テキサス……彼女たち、レッドの好きな匂い、する。
信頼上昇後会話3ドクター、教えて……もし、ウルフハンターじゃなければ、レッドは、違う人生を過ごせたか?答えは自分の中にある?そうか。
放置ドクター。はっ、いや、なんでもない、寝てると思った。今はまだ、寝てはダメ。
入職会話レッド、ウルフハンター、ここも狼の匂いがする。
経験値上昇ハンティングに役立つなら。
昇進I別に、いい。
昇進2肩書きも?迷彩代わりになるから、もらう。
編成時潜入、成功。
隊長任命レッドは、何をすればいい?
作戦準備ハンティング、始める。
戦闘開始匂いが、強い。
配置2速く。
選択2簡単だ。
配置2速さで、行く。
配置2技で、行く。
作戦中1影から……!
作戦中2かき乱す。
作戦中3もう逃げ場、ない。
作戦中4この目に――お前の死を映す。
星3で戦闘終了全部、狩った。
星3で戦闘終了獲物の末路、いつも同じ。
星2以下で戦闘終了獲物が……足りない。
任務失敗……このナイフ……まだ鋭さ、足りなかった……。
基地配属レッド、部屋の中は慣れていない。でも、嫌ではない。
タッチレッドに触ると、手、怪我する。気を付けて
信頼タッチはあ……ふう……はあ……ふう……にゃむ……。
タイトルアークナイツ
挨拶ドクター、疲れた?
タイトルとURLをコピーしました