アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】フィリオプシス(白面鸮 Ptilopsis)の詳細(性能やスキル、プロファイル)

通常昇進2

「ライン生命医科学研究所の元データアナリスト、フィリオプシスです。ご迷惑でなければコマンドラインでの命令を希望します」

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラスメディックレアリティ☆☆☆☆☆
職業データアナリスト身長164cm
精通生命科学、基礎医学出身クルビア
戦闘経験歴無し種族リーベリ
誕生日10月6日所属機関ライン生命医科学研究所
イラストレーター龙崎一CV金本寿子
オリパシー感染状況
体内の臓器にはオリジ二ウムの結晶の影が見られ、感染者と確認できます。
客観的経歴
….
20593の検索結果の中から、比較的正確と思われる回答を選択します。
フィリオプシス、元ライン生命データアナリスト、医療の分野で多くの成果をあげ、医療データの維持や通常時の医療方法の応用、多項目的医療校などの関連分野で豊富な経験を持ちます。現在はロドスで医療オペレーターを務めており、医療部門に配属しています。とある臨床実験のリーダーでもあります。また、ロドスにいくつかの研究項目に関する補助業務も行っています。
….

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度遅い(2.85s)
初期コスト15最大強化時コスト15
再配置時間遅い(70s)  
特性
味方3人のHPを同時に回復

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期640117620
初期最大1016198950
昇進1最大12712681240
昇進2最大16103351500
信頼度最大 +55  

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲  
  

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+21再配置時間-6秒配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
スキルブースト昇進1配置中味方全員のSP回復速度をやや上昇(+0.15/s)
昇進2配置中味方全員のSP回復速度を上昇(+0.3/s)

スキル効果

スキル名スキル内容
回復力強化γ発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP20 必要SP30/30秒
効果攻撃力+90%
エンケファリン発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP85 必要SP100/40秒
効果攻撃範囲拡大 攻撃間隔短縮(-2.1)

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
ラインテクα初期製造製造所配置時、製造効率+15%
ラインテクβ昇進2製造製造所配置時、製造効率+25%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「エンケファリン」習得/素質「スキルブースト」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級医療SoC初級源岩
5020000482
昇進2強化内容パラメータ強化/素質「スキルブースト」強化/基地スキル「ラインテクβ」
必要素材/LvLv龍門幣上級医療SoC上級源岩砥石
701200003910

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】普通
【戦場機動】普通
【生理的耐性】普通
【戦術計画】標準
【戦闘技術】良好
【アーツ適正】良好

関連アイテム

潜在上昇の印

フィリオプシスの潜在能力を高めるために使用する。

オリジ二ウムアーツがどのように識別され実行されているかのツールブック。ほとんどのオペレーターには読むことが出来ない

求人契約

ライン生命データのメンテナンスはフィリオプシスが完了させました。コマンドラインを入力して下さい。

101010101111101000

プロファイル

健康診断

文章表示

…..

関連項目となる医療検査報告書を検索しました。

【項目名称】

オペレーター、フィリオプシス

【検査結果報告】

造影検査の結果、このフィリオプシスの体内の臓器の輪郭はぼやけており、異常な影が見られます。また循環器系内源石粒子検査からも異常を検出しており、オリパシーの感染の兆候もあるため、現段階ではオリパシーの感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】8%

フィリオプシスのオリパシーの病巣は体のいたるところに見られます。感染程度は軽度です。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.43u/L

フィリオプシスの体内のオリジ二ウム拡散状況は緩やか。症状プロセスに関してのコントロールは現在は良好です。

第一資料

文章表示

…..

こんにちは。申し訳ありませんがどのようなご用件でしょうか?

…あなたの質問に対してフィリオプシスの回答としては正解です。今あなたと会話しているインターフェイスはまさにフィリオプシス当の本人と言えます。

ロドスの一部で公開されたデータの維持協力者としてフィリオプシスは完全閲覧権限と自由な評論権限、及び一部制限された改定権限を所持しています。

それと同時にデータレコードの専従者として、会話記録作業も一連の流れとしてあります。あなたが作成した全ての定義と明らかな検索行為については完全に記録されます。

…..

受信した情報について担当のフィリオプシスは明らかにした。現在、ロドスでは医療オペレーター(ベテラン)として位置づけられており、サイレンス医師と同じようにライン生命プロジェクト部門の元メンバーでもある。

現在は現代医療技術と関連オリジ二ウム技術の研究を導入しており、これらをロドスの主導的な医療プロジェクトにすることは、長期の見立てであり目的となっている。

また、いくつかのオリパシー治療案の作成と提案は医師のサイレンスが担当。データの記録や抽出と分析の作業においてフィリオプシスはポジションは重要なものとなっている。

また、オリパシー患者であるイフリータの日常監護にも協力してくれている。

第ニ資料

文章表示

……

情報交流インターフェイスを起動します。フィリオプシスによろしくお伝え下さい。

フィリオプシスの症状に関する情報を調べますか?

かしこまりました、少々お待ちください。

調査したキーワードに基づいて、正確な検索結果は以下のとおりとなります。

フィリオプシス。感染者と確認。

症状:眠気

臨床症状:兆候がなく

….

兆候なしに異常睡眠が発生する。

….はい、目が冷めましたら、今回の会話記録を見直すことで睡眠に入る前の私の会話が判明します。

このような病気に対して、サイレンス先生が私のために提案してくれた治療案は、今は生活の一部となっています。

では、前の話題に戻りましょう。

オリパシーがフィリオプシスに与える影響は、その種族の特性に対するものを侵し、睡眠情報命令をジャックし、生体の基礎神経情報伝達を深刻に妨害することにあります。妨害を防がなければ日常の作業の効率が大幅に低下します。これがフィリオプシスに対するオリパシーの最大の症状です。

ですが、オリパシーには一定の意味があります。はい、私達は完全に主観的な態度で客観的に存在自体を批判してはいけません。

自身を見つめ直し、他人を見て、そしてこの大地を見て…頭上には空があります。

毎日思考しています。オリパシーの微粒子が血液と一緒に流れる際にどのように解析を行い情報を計算すれば良いのか?私はどうやって有機資源を消費しながらも、意義のあるものとどう交換を行えば良いのか。

フィリオプシスにとって、これらはこれからの人生の中で最も考えるべき問題です。

……

第三資料

文章表示

…..

あなたの訪問申請は既にフィリオプシスは受け取ってはいますが、フィリオプシスはあなたに閲覧権限を与えることは拒否しています。

内部システムにて”炎魔事件”の申請について調べてみましたが、フィリオプシスは認めることは出来ません。

はい、ライン生命に関する全ての非公開資料にアクセス権限は与えられません。

関連オペレーターであるイフリータに関する内部資料、サイレンスとサリアの内部資料、および関係者全員の内部資料は暗号化されたファイルとなっています。

私の個人的な感情からも、このことには触れないことを提案させて頂きます。

申し訳ありません。

…..

私ですか?

フィリオプシスはこの事件での立ち位置はどこにあるか知りたいと?

簡単な質問です。すぐにお答えします。

フィリオプシスはいついかなる時でも中立的因子として存在しています。

データの基本的なバランスを維持し、情緒による不確定性の影響を根絶、計算、行動の過程で致命的なエラーが発生することを回避します。

そのため、フィリオプシスが判断する際にライン生命のことについてでフィリオプシスの選択行動をジャックした場合は、このコマンドを明確に拒否させて頂きます。

ですが、ライン生命の研究はこの世界の未来を積極的に前に推し進める可能性があります。

この点については暗い点があるからといって、否決すべきではありません。

これが現在のところのフィリオプシスの立場に関する説明です。

第四資料

文章表示

昇進2解放

文章表示

モジュール

RIN-X

モジュール効果を表示

RIN-X医療環境分析装置
STAGE強化内容特性/素質
1HP+60
攻撃力+30
特性追加
味方3人のHPを同時に回復
攻撃範囲拡大
2HP+80
攻撃力+40
素質「スキルブースト」更新
配置中、味方全員のSPの自動回復速度+0.3/秒、攻撃範囲内の味方全員のSPの自動回復+0.33sp/秒(同種の効果は高いほうのみ適用)
3HP+100
攻撃力+47
素質「スキルブースト」更新
配置中、味方全員のSPの自動回復速度+0.3/秒、攻撃範囲内の味方全員のSPの自動回復+0.35/秒(同種の効果は高いほうのみ適用)
モジュール解放任務サポート以外のフィリオプシスでエンケファリンを累計8回使用する。
メインテーマ4-9を★3でクリア。
その際、必ずサポート以外のフィリオプシスを編成、配置しなければならない。
また、他の医療と重装オペレーターは編成不可とする。
解除条件及び必要素材解除条件STAGE1必要素材
昇進2Lv50
信頼度100
モジュールデータ x2
上級合成コール x3
龍門幣 x40000
STAGE2必要素材STAGE3必要素材
  
基本情報
「もし源石に本当に情報を蓄積する機構が備わっており、さらに我々がそれをデコードし言語化できるようになれば、クルビアの科学技術は飛躍的な発展を遂げることだろう!」
「大きな壁に突き当たった。現状の電子計算設備では、源石が宿す膨大で乱雑な情報をさばききれない。より適した計算媒体がなければ……」
「人間に計算させるだと!?確かに大胆な考えだが、現実的か否か……検討させてくれ。」
「人間を計算媒体とするデコーダーのプロトタイプが完成した。あとは人選だ。頭脳明晰かつ機敏に反応できる者を実験対象としたい。その中でもコンピューターやデータの扱いに長けた者が適任だ。」
「人選が決まった。コードネーム:フィリオプシス。」
「ライン生命を見渡しても、彼女以上の適任はいないだろう。実験に伴うリスクを彼女に伝える必要はない、と上からは言われているが、彼女にはその全てをありのままに伝えた。クルビア人として、一人の人間としての最低限のモラルだ。」
「彼女の同意が得られた!彼女なら受けてくれると思っていた!見込み違いではなかったのだ!」
「実験前期の注意点と操作マニュアルの把握が完了した。さすがの物覚えの良さだ。さて、いよいよ明日、実験開始だ。クルビアの未来をこの手に掴むときが来たのだ!」
「実験は順調だ。全数値共に安定して制御範囲内にあり、このペースで少しずつ、少しずつ……なっ!なんだこれは!早く切断――」
「セーフティ機能がすぐに作動したが、彼女はすでに……損傷を受けて、脳が……」
「それだけではない。源石感染まで……」
「(途切れ途切れに響くすすり泣き)」
「上が寄越した人員が応急措置を行っている。だが、これでは……」
「私のせいだ、全て私のせいだ……」
「彼女が事故発生までに受け取った情報を元に、人体埋め込み式のチップを制作した。これが彼女の脳の一部機能を肩代わりしてくれるはずだ。」
「部門責任者たちはこの提案を大いに称えた。奴らが何を考えているかなど丸わかりだ。」
「チップ埋め込みの手術は成功した。しかし彼女は一切の反応示さない。」
「彼女が目覚めた!だが言語中枢に……問題が生じているようだ。」
「脳内に声が――既知の言語からは逸脱した声が響き、精神に大きな負担を掛けている。」
「そして、機械的な言語ロジックを用いることでしか、その苦痛を軽減できないと彼女は語った。」
「彼女はクルビア初の、チップを埋め込まれて生き延びた人間だ。これは偉業とさえ言えるだろう。」
「だが、彼女の目に映るこの大地は、どうやら前とは全く異なるものとなったらしい。」
「私も脳にチップを埋め込むことにした。傷口はまだ痛むが、それでも知りたいのだ。源石が宿す情報が、いったい彼女にどのような変化をもたらしたのかを。」
「そして、彼女が聞いた声の正体を。」
「私は必ず、実験を再現してみせる。」
――ライン生命、*未知*プロジェクト責任者生前の録音より

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命こんにちは、ドクター。ご用件は何でしょう?
会話1……ディープスリープモード継続中……Zzzzz……電源管理の設定を更新しています……Zzzzz……
会話2種族の特性とウイルス感染の影響により、会話の途中で寝てしまうことがあります。どうかお気になさらないでください。
会話3

サイレンスさんは、ライン生命にいたころからの知り合いです。とあるプロジェクトで彼女のためにビッグデータの分析とリスクアセスメントを行ってしました。

昇進後会話1警告!これよりロドスのデータベースを初期化します……冗談です。そんなに慌てないでください。
昇進後会話2最適化でのパフォーマンス上昇が見込めない場合、リファクタリングお勧めいたします。データ通信の効率が上昇し、フィリオプシスは……Zzzz……
信頼上昇後会話1このしゃべり方ですか?これはオリジニウムの影響です。決して面白がっているということはございません。
信頼上昇後会話2警告、システムは重篤なエラーから回復しました、前回正常起動時の構成を適用中。どうかお気になさらず。
信頼上昇後会話3実を言うと、このしゃべり方はかなり負担がかかります。ですがシステム中枢があの声に飲み込まれないようにするためのものなのです。ドクター、フィリオプシスが暴走してしまっても、どうか正しい道に導いてくること切に願います。
放置……システム、スリープモードに入ります。
入職会話ライン生命医科学研究所の元データアナリスト、フィリオプシスです。ご迷惑でなければコマンドラインでの命令を希望します
経験値上昇パッケージを読み込み中……適用完了しました。
昇進1アップデートのインストール完了。フィリオプシスのシステム権限は更新されました。
昇進2警告、これよりロドスのデータベースを二年前のバックアップから復元します……冗談です、ご安心ください。システムのアップデートが完了しました。
編成時新たなデータをパッケージにビルドしました。
隊長任命部隊管理者のアクセス権限を入手しました。
作戦準備マップと敵座標のDMA設定を適用しています。少々お待ちください。
戦闘開始戦術支援システム、オンライン。
配置2プログラム、起動します。
選択2初期化、完了しました。
配置2

アーツユニット、チャージ中。

配置2ターゲット、ロックオン。
作戦中1医療プロセス、開始します。
作戦中2ロード、完了しました。
作戦中3治療モード、適用します。
作戦中4アーツユニット、起動します。
星3で戦闘終了高難易度のマップも攻略できるドクターであれば、いつか非決定性多項式時間の問題も解明できると予想されます。
星3で戦闘終了予測通りの戦いでした、完璧です。
星2以下で戦闘終了若干のエラーを確認しました、ご注意ください。
任務失敗作戦行動中に問題が発生しました、システムを再起動してください。
基地配属この場所は、ディスクアレイのようなものですか?
タッチエラー発生。
信頼タッチフィリオプシス、ドクターへの好感度の上昇を感知しました。次の選択肢までスキップしますか?
タイトルアークナイツ
挨拶新たな一日、ドクターがオンラインになりました。フィリオプシスの感情の高まりを検知。

 

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました