【アークナイツ】メイヤー(梅尔 MAYER)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

「ライン生命所属のラボ”ルトラ”、何でもご要望にお応えします。そうだよ、ラボって言っても他のメンバーはいないの。私一人でやってるんだ。すごいでしょ!」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職 サポーター レアリティ ☆☆☆☆☆
職業 電気工学エンジニア 身長 159cm
精通 建築,工業デザイン,機械制御 出身 コロンビア
戦闘経験歴 無し 種族 アナキン
誕生日 11月20日 所属機関 ライン生命医科学研究所
イラストレーター 幻象黑兔 CV 斎藤千和
オリパシー感染状況
医学検査報告書を参照したところ、非感染者であると確認されました。
客観的経歴
メイヤー、コロンビア出身でライン生命医科学研究所に所属している。ワイヤー制御ロボット「ミーボ」の開発者。能力は高く、科学研究能力も極めて優秀で、個人の工作室”ルトラ”を経営している。ロドスにも協力しており、建築や設計、開発の面で援助している。

基本ステータス

ブロック数 1 攻撃速度 やや遅い
初期コスト 9 最大強化時コスト 9
再配置時間 遅い

ステータス

HP 攻撃 防御 魔法防御
初期 480 199 56 15
初期最大 649 285 80 15
精英化1最大 843 380 107 20
精英化2最大 1068 443 130 20
信頼度最大 +200 +35

攻撃範囲

初期 精英化1 精英化2
攻撃範囲

潜能突破

2段階目 3段階目 4段階目 5段階目 6段階目
突破段階 配置コスト-1 再配置時間-4秒 魔法耐性+7 再配置時間-6秒 配置コスト-1

天賦

天賦名 解放段階 効果
ロボットカワウソ
(机械水獭)
初期 ロボットカワウソを3体召喚、ロボットカワウソが攻撃した敵の攻撃速度-10
ロボットカワウソ
(机械水獭)
精英化1 ロボットカワウソを4体召喚、ロボットカワウソが攻撃した敵の攻撃速度-25
ロボットカワウソ
(机械水獭)
精英化2 ロボットカワウソを5体召喚、ロボットカワウソが攻撃した敵の攻撃速度-25

スキル効果

スキル名 スキル内容
偽装装置
(迷惑装置)
発動タイプ パッシブ
必要SP/持続時間
効果 全てのロボットカワウソは35%の確率で攻撃を回避する
爆破回収
(爆破回收)
発動タイプ 自動回復 手動発動
必要SP/持続時間 必要SP30
効果 即座に全てのロボットカワウソを爆破。
周囲の敵に600%の魔法ダメージを与え、2秒間スタンさせる。
爆発したカワウソはリストに戻る。

 インフラスキル

スキル名 解放条件 発動施設 効果
ミーボ・加工型
(MIBO·加工型)
初期 加工 副産物の生成確率+65%
ミーボ・製造型
(MIBO·制造型)
精英化2 製造 生産力+30%

精英化強化内容/必要素材

精英化1 強化内容 パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「爆破回収」習得/天賦「ロボットカワウソ」強化/攻撃範囲拡大
必要素材/Lv Lv 龍門幣 辅助芯片 聚酸酯 装置
50 20000 4 5 2
精英化2 強化内容 パラメータ/天賦「ロボットカワウソ」強化
必要素材/Lv Lv 龍門貨 辅助双芯片 异铁块 RMA70-12
70 120000 3 6 11

精英化/衣装イラスト

精英化2

画像を表示する

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

メイヤーはオリジ二ウムに感染した形跡はありません。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.12u/L

メイヤーは長い期間オリジ二ウム製品に接触、加工をしていますが安全工程に従って厳しく操作しているので現状ではオリパシーに感染した兆候は見られません。

信頼相関1

文章表示

ライン生命本部で働いている時、メイヤーは時々サイレンスに会う。

なぜなら多くの分野にわたる大きなプロジェクトの中では彼女はサイレンスのために準備や備え付け、試運転を担当しているからだ。だが最終的にはサイレンスはいなくなってしまい、プロジェクトは止まってしまった。

この話をする時、メイヤーはいつも残念にしているが、もしこの計画の根幹を彼女に教えたら、きっと彼女もプロジェクトを中止にするだろう。

信頼相関2

文章表示

メイヤーは科学者の緻密な思考とエンジニアの着手能力が融合したものといえば適切だろう。何か問題があるとすればきっと彼女は時間が足りないと言うに違いない。信じられないのなら彼女の辞書をめくってみるといい。その辞書には「何もしない」という言葉は絶対にないのだから。

信頼相関3

文章表示

メイヤーの頭の中ではいつも色んなアイディアがぶつかっており、それらは萎んだり、爆発したりしている。なので彼女の手の中から何かが作り出されたとしても何ら不思議ではない。

あの奇妙な”傑作”の中で”ミーボ”は間違いなく彼女の一番のお気に入りだろう。メイヤーは各ミーボのためにネームプレートを丹精込めて作り、彼らが破損して出来た残骸はきちんと処理をする。彼女は本当にミーボに愛情を込めているのだ――例え、それが彼女によって作られたものだとしても、それらは彼女によって守られ、彼女の手によって操作されているワイヤーロボットだからだ。

信頼相関4

文章表示

ミーボのせいでメイヤーの工作室の空間はいつも圧迫されている。なのでメイヤーはなんとかして彼女の寮兼工房を拡大した。実際のところメイヤーの部屋は他の人達の部屋の倍の大きさになっているのだが、ミーボの生産量が増加しており、スペースはまだ足りない状況となっている。

これが意識されはじめた頃、公平性のために後方勤務の人がドクターに連絡を入れた。メイヤーが何を言おうともうスペースを与えてはいけないと。たまに心の優しいドクターはメイヤーのスペースを増やすことはあるが、寮の大きさを増やすのではなく、格納庫の中に”ミーボの安置室”を与えた。

精英化2解放

文章表示
今まで全部で80体のミーボがメイヤーによって作られた。その中の20体がメイヤーの軍団に属している。その他のミーボは様々な理由で引退した。使用できるパーツは全て現役の機種に使われている。20体のミーボの中には番号不明の”ミーボ”がいた。これはメイヤーの移動作業台であり、新技術のプロトタイプである。特殊な性質を持ち、直接作戦には参加しないのが通常となる。
タイトルとURLをコピーしました