【アークナイツ】イースチナ(真理 Истина)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

「イースチナです。まだ学生ですがアーツが使えるので術師オペレーターとして招集されました…。ええ、学生なのにこんなところに来るなんておかしいですよね?」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職 サポーター レアリティ ☆☆☆☆☆
職業 学生 身長 156cm
精通 文学研究、社会工学 出身 ウルサス
戦闘経験歴 無し 種族 ウルサス
誕生日 9月22日 所属機関 ウルサス
イラストレーター Skade CV 悠木碧
オリパシー感染状況
医学検査報告書を参照したところ、非感染者であると確認されました。
客観的経歴
イースチナ、チェルノベルク事変前はチェルシーの中学校で勉強していた。在学中に何度もオリジ二ウムアーツ関連の雑誌にこうしており、知識ある分野は名家の著作、推理文学、社会学のジャーナル。

多くのテストにて優れたオリジ二ウムアーツの制御技術を見せており、実習として補助オペレーターとして戦闘に参加することが許可され、ロドスにて情報や情報整理などの作業を行っている。

基本ステータス

ブロック数 1 攻撃速度 遅い
初期コスト 13 最大強化時コスト 13
再配置時間 遅い

ステータス

HP 攻撃 防御 魔法防御
初期 581 218 46 0
初期最大 797 321 67 10
精英化1最大 1024 429 87 15
精英化2最大 1280 518 104 20
信頼度最大 +65

攻撃範囲

初期 精英化1 精英化2
攻撃範囲

潜能突破

2段階目 3段階目 4段階目 5段階目 6段階目
突破段階 配置コスト-1 再配置時間-4秒 攻撃力+23 天賦効果強化(攻撃速度+3) 配置コスト-1

天賦

天賦名 解放段階 効果
探知者
(探知者)
精英化2 防御力-35%、攻撃速度+18

スキル効果

スキル名 スキル内容
一心不乱
(专心致志)
発動タイプ 自動回復 手動発動
必要SP/持続時間 初期SP20 必要SP40/30秒
効果 攻撃間隔がとても大幅に短縮
文学の嵐
(文学风暴)
発動タイプ 自動回復 手動発動
必要SP/持続時間 初期SP30 必要SP50/25秒
効果 攻撃力+75%、攻撃範囲拡大、2体の目標に追加攻撃を行う。

 インフラスキル

スキル名 解放条件 発動施設 効果
補助専門・α
(辅助专精·α)
初期 訓練室 サポーターの訓練速度+30%
参謀
(参谋)
精英化2 応接 手がかり捜索速度+10%
ウルサス学生自治団の手がかりが手に入りやすくなる

精英化強化内容/必要素材

精英化1 強化内容 パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「文学の嵐」習得
必要素材/Lv Lv 龍門幣 辅助芯片 聚酸酯 酮凝集
50 20000 4 5 2
精英化2 強化内容 パラメータ強化/天賦「探知者」習得
必要素材/Lv Lv 龍門貨 辅助双芯片 改量装置 RMA70-12
70 120000 3 5 9

精英化/衣装イラスト

精英化2

画像を表示する

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

イースチナはオリジ二ウムに感染した形跡はありません。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.1u/L
イースチナはオリジ二ウムに触れることはほとんどありません。

信頼相関1

文章表示

イースチナは冷静かつ頭がいいが、少し内向的で彼女はいつも好きなものに入り浸っている。もっと高度なオリジ二ウムアーツの技を磨き、最新の社会理論を研究し、様々な人々の複雑な関係を観察し、綺麗な服装の組み合わせに入り浸っている。

ウルサス学生自治団のメンバーと複数回接触を行う過程で、イースチナはコミュニケーションによる効果に対して肯定的な態度を示し、部分的な問いに対して十分かつ明確で効果的な回答を出している。現在、イースチナはロドスに対して積極的な態度を示しており、ウルサスの学生達とコミュニケーションを取る上で重要な要素となっていることが確認されている。

信頼相関2

文章表示

”ウルサス学生自治団”はイースチナによって提案された団体だ。社会団体の設立はウルサスの学生達にとって最初の鼓舞と相互信頼の段階となっている。

カウンセリングの中でズィマーはいくつかの質問をしたが、これらはイースチナには感づかれてしまい、指摘されてしまっている。オペレーターのズィマーは横暴だが、自治団の仲間たちを大切にするリーダーであり、行動に自分が考え出したものが参考となれば更に完璧になるだろうとイースチナは考えている。

ドクターがズィマーへの率直な感想を口にした時、イースチナは否定的な判断を下した。ズィマーはロドスの不安定要因にはならないとイースチナは考えている。だが彼女の志がロドスでだけのものだと思えるだろうか?

信頼相関3

文章表示

イースチナはウルサス帝国のチェルノベルク市で生まれた。両親は地元の役所に務めている。学生のクラブ活動の波が耐えない中で、イースチナはそれらに関与することは無く静かに読書することを選んだ。

騒々しい音楽やアルコールに興味が無かった彼女はレタニアやヴィクトリアから流れた書籍に触れ始め、これらの書物の助けを借りてイースチナはようやく本当のことが分かった。自分の知っていること、それらを再認識すること、そして自分が知るべきことを。

信頼相関4

文章表示

だが、チェルノベルク事変中の行方についてイースチナは謙虚かつ簡潔な理由で示すことを拒否している。ロドスの現行の方針と守秘原則に基づいて、ウルサス学生自治団に対する調査は当面中止することにした。

ウルサス学生自治団の背景調査に基づくと、基本的に彼らは疑われるような背景を持っていないことが確認されている。そのため、ウルサスの学生達とは心理的なコミュニケーションを主な手段として提案する。学生団のメンバーの適応と自主選択によって将来の協力方式を提案したほうが良いだろう。

備考:イースチナはドクターの執務室の蔵書を極度に求めているため、一定の読書権限を与えることを帝産します。

精英化2解放

文章表示
タイトルとURLをコピーしました