アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】イースチナ(真理 Истина)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「イースチナです。まだ学生ですがアーツが使えるので術師オペレーターとして招集されました…。ええ、学生なのにこんなところに来るなんておかしいですよね?」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職サポーターレアリティ☆☆☆☆☆
職業学生身長156cm
精通文学研究、社会工学出身ウルサス
戦闘経験歴無し種族ウルサス
誕生日9月22日所属機関ウルサス
イラストレーターSkadeCV悠木碧
オリパシー感染状況
医学検査報告書を参照したところ、非感染者であると確認されました。
客観的経歴
イースチナはチェルノボーグ事変以前は城内の高校に通っており、その頃はよくアーツに関する雑誌への投稿をしていた。
得意分野:文学作品、推理小説、社会学雑誌。
様々なテストの中で秀でたコントロール類のアーツ能力を見せたため、補助オペレーター実習生として戦闘に参加することが決まった。そしてロドスへ情報提供や資料整理も行っている。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度遅い(1.5s)
初期コスト13最大強化時コスト13
再配置時間遅い(70s)
特性
敵に術ダメージを与える
攻撃時、敵を一瞬足止め

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期581218460
初期最大7973216710
昇進I最大10244298715
昇進2最大128051810420
信頼度最大+65

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+23素質効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
探求者昇進2防御力-35%、攻撃速度+18

スキル効果

スキル名スキル内容
一心不乱発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP20 必要SP40/30秒
効果攻撃間隔を格段に縮める
嵐より生まれしもの発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP30 必要SP50/25秒
効果攻撃力+75%、攻撃範囲拡大、敵3体を同時に攻撃

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
補助エキスパートα初期訓練室訓練室で協力者として配置時、補助の訓練速度+30%
参謀昇進2応接捜索速度+10%、
ウルサス学生自治団の情報が入手しやすくなる

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「嵐より生まれしもの」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級補助SoC初級エステル初級アケトン
5020000452
昇進2強化内容パラメータ強化/素質「探求者」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級補助SoC上級装置RMA70-12
70120000359

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】普通
【戦場機動】普通
【生理的耐性】普通
【戦術計画】良好
【戦闘技術】良好
【オリジ二ウムアーツ適正】良好

関連アイテム

潜在上昇信物

イースチナの潜在能力を高めるために使用する。

ウルサスの戦争史が書かれた一冊。作者はレタニアに亡命しているとのこと。

求人契約

ウルサス学生自治団のメンバーであるイースチナは本の中から適切なオリジ二ウムを選んで敵に痛撃を与える。

本の中には玉があり、それは顔のように見える。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】 0%
鉱石病の兆候は見られない。

【血液中源石密度】 0.1u/L
源石との接触は極めて少ない。

資料1

文章表示

冷静で聡明なイースチナは、少々内気。アーツ研究、最新の社会理論の読解、人と人との複雑な関係の観察、かわいいコーディネートなど自分の趣味によく没頭している。

ウルサス学生自治団のメンバーと数回接触したところ、彼女は珍しくうまくコミュニケーションをとって肯定的な態度を示し、一部の問いには明確な回答をした。

現在確定できるのは、彼女にはロドスへ積極的に交流を図る傾向があり、ウルサスの学生たちとの架け橋になるにふさわしいということだ。

資料2

文章表示

「ウルサス学生自治団」はイースチナの提言によって立ち上げられたものである。そのおかげで、学生たちは最初の孤立や不信感を一緒に乗り越えることができた。

ズィマーについての諮問に対し、イースチナは「ズィマーは態度が少し横暴であるが、自治団の仲間をとても大切に思い、いいリーダーとは言える。ただアドバイスを加えるのであれば、より一層完璧に近づく」というものだ。

ドクターのズィマーに対する率直な言論について、イースチナはズィマーはロドスの不安定要素にはならないと考えたため、否定的な判断をした。

ズィマーの思い描く未来はロドスに限られていると思っているなら、彼女を見くびることになるだろう。

資料3

文章表示

イースチナはウルサス帝国のチェルノボーグ市の生まれで、両親とも政府機関に勤めている。学生自治団という風潮が流行っている中、彼女は参加せずに読書に没頭していた。

だがその間、騒がしい音楽やアルコールに興味のない彼女が、リターニアやヴィクトリアから輸入された本を読み始めた。

その本たちのおかげで、彼女は自分が知っている世界とこれから知る世界をどのように理解し直すかということに気づいた。

資料4

文章表示

チェルノボーグ事変の時の行方に関する説明を、彼女は謙虚かつ手短に断ったが、その過程で何度も激しい感情の起伏が見られた。

ロドスの現在の方針や守秘義務に基づき、ウルサス学生自治団への調査はいったん中止となった。

ウルサス学生自治団への背景調査により、この組織の背後に疑わしい繋がりは何もない事が判明した。よって、学生たちとの主なコミュニケーション手段として
カウンセリングを行い、自治団メンバーの適応や自主的な選択により、これから先選べる協力方法を提供することを進言する。

注:イースチナはドクターの執務室の蔵書の閲読を渇望しているため、ある程度の閲覧権限を与えてはどうか。

昇進2解放

文章表示

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命こんにちは、これから私がこちらの当番になります……複雑な表情ですね。そんなに私が頼りないですか?
会話1戦場に身を置くのは不本意です。が、生き残りたいという気持ちは誰にも負けません。これをご理解頂ければ、十分です。
会話2ズィマーと私、ほかの皆さんの学校は違いますが、ジマーの噂は学校に届いていました、冬将軍という通りなどともに。カッコよくありませんか?冬将軍、ふむ……。
会話3チェルノボーグからどうやって逃げできたのか、ですか?ふむ……やめましょう。その答えを知れば、ドクターも聞かなければよかったと思うはずです。
昇進後会話1はい、ミステリー小説を読んでいます……あの事件から逃げ延びるとき、この本で学んだことが役に立ちました。
昇進後会話2ほかに好きな本ですか?政治、経済もの、唯物弁証法に関するもの、といったところでしょうか……ほかにも、お菓子作りの雑誌とかも読みます。
信頼上昇後会話1家?故郷の家ですか……もう帰れないし、何も残ってない。ご存じでしょう?たとえチェルノボーグが再建されたとしても、私は……。
信頼上昇後会話2ロドスは安全ですしドクターの執務室にはたくさんの本があります……できれば、離れたくないですね……。
信頼上昇後会話3先のこと?いえ、わかりません。どの本にも書いてありませんから。いつかどなたかに教えて頂けるといいのですが……。
放置なるほど、『列車の乗客全員が犯人』とは一本取られました。
入職会話イースチナです。まだ学生ですが、アーツが使えるので、術師オペレーターとして召集されました……ええ、学生なのにこんなところに来るなんて、おかしいですよね?
経験値上昇私に強くなってほしいのですか?
昇進I私のことを少しは理解したと?残念ですが、まだまだですよ。
昇進2仕方ありません。この執務室を木っ端微塵にする力を見せてあげましょう……冗談ですよ、この部屋には大切な本がたくさんありますから、そんなことはできません。
編成時わかりました。
隊長任命皆さん……ふむ。想像していたのとは少し違いますね。
作戦準備決意と情熱、そしてさらに百二十パーセントの情熱を上乗せして、頑張りましょう。
戦闘開始勝利の星は、必ずや我々を照らしてくれるでしょう。
配置2ドクター、何か?
選択2どうぞ。
配置2戦場は好きではありません。
配置2戦うしかないようです。
作戦中1来なさい。
作戦中2急かさないでください。
作戦中3ゆっくり行きましょう。
作戦中4目にもの見せます。
星3で戦闘終了どうして、彼らは命を捨ててまで戦いを……それでいったい、何が得られるというのでしょうか?
星3で戦闘終了私たちを褒めるなら、今しかありませんよ、さあ……。
星2以下で戦闘終了逃げた敵、戻って来なければいいのですか……。
任務失敗やはり、我々だけでは無理だったんでしょうか……。
基地配属この部屋、面白いことが起きそうな密室ですね。
タッチうっ……。
信頼タッチここは騒がしいのでドクターの執務室で本を読んでいたいです。
タイトルアークナイツ
挨拶こんにちは、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました