【明日方舟】白雪(白雪 ShiraYuki)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

「我が名は白雪。姫の命によりチェン殿の補佐に参上した。御身の指示にも従おう」

基本プロフィール

役職 スナイパー レアリティ ☆☆☆☆
職業 諜報員 身長 154cm
精通 暗殺,偵察 出身
戦闘経験歴 3年 種族 アナキン
誕生日 7月20日 所属機関 龍門
イラストレーター 阿鬼 CV 春樹菜々
オリパシー感染状況
医学検査報告書を参照したところ、非感染者であると確認されました。
客観的経歴
龍門総督であるウェイ・イェンウーの妻――文月夫人の護衛で、近衛局とロドスが協力関係を結んだ後、ロドスに派遣されてドクターの護衛となった。大きな手裏剣を武器に、隠密行動や情報収集に長けており、陰からドクターの身を守っている。

基本ステータス

ブロック数 1 攻撃速度 遅い
初期コスト 23 最大強化時コスト 25
再配置時間 遅い

ステータス

HP 攻撃 防御 魔法防御
初期 834 347 51 0
初期最大 1043 496 66 0
精英化1最大 1304 621 84 0
精英化2最大 1630 797 100 0
信頼度最大 +70

攻撃範囲

初期 精英化1 精英化2
攻撃範囲

潜能突破

2段階目 3段階目 4段階目 5段階目 6段階目
突破段階 配置コスト-1 再配置時間-4秒 攻撃力+30 再配置時間-6秒 配置コスト-1

天賦

天賦名 解放段階 効果
重型手裏剣
(重型手里剑)
精英化2 攻撃間隔が僅かに増加、攻撃+20%

スキル効果

スキル名 スキル内容
旋風
(敌飙)
発動タイプ 自動回復 手動発動
必要SP/持続時間 初期SP10 必要SP15/25秒
効果 攻撃範囲+2マス
凝武
(凝武)
発動タイプ 自動回復 手動発動
必要SP/持続時間 必要SP25/25秒
効果 攻撃方法が特大手裏剣に変化、短時間の間、目標の移動速度が-35%、攻撃力の80%に相当する魔法ダメージを毎秒受ける。

 インフラスキル

スキル名 解放条件 発動施設 効果
手がかり収集
(线索搜集·β)
初期 会議室 手がかり捜索速度+20%
作戦指導映像
(作战指导录像)
精英化1 製造 生産力+30%

精英化強化内容/必要素材

精英化1 強化内容 パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「凝武」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/Lv Lv 龍門幣 芯片 酮凝集 固源岩
45 15000 3 1 1
精英化2 強化内容 パラメータ強化/配置コスト+2/天賦「重型手裏剣」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/Lv Lv 龍門貨 芯片 酮凝集组 异铁组
60 60000 5 15 9

精英化/衣装イラスト

精英化2

画像を表示する

旧イラスト

画像を表示する

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

白雪はオリジ二ウムに感染した形跡はありません。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.12u/L
白雪はオリジ二ウムに触れることはほとんどありません。

信頼相関1

文章表示

無口な忍者で、字を惜しむこと金の如しのように一つの言葉で表現できるのであれば、それ以上のことは決して言わない。

普段は神出鬼没なのだがドクターが必要とすればいつでも現れる。

趣味は岬で雪を見ることのようだが海が好きなのか、雪が好きなのか、それとも岬で雪を見ることが好きなのかはよく分からない。

信頼相関2

文章表示

白雪が武器として使うのは大きな手裏剣だ。

この武器は様々な大きさのものがあるが、どれも飛び道具としての補助が足りないため、使用者に対して高い能力が要求される。

当然のことながら白雪はこの武器の名手であり、常人であれば使いこなすことが難しい大型手裏剣であろうと、白雪は非常に高い命中率と殺傷力を発揮することが出来る。

信頼相関3

文章表示

東国から現れた忍者たちはその国の象徴の一つとして見られることがよくある。

こういった神秘的な暗殺者は軒を飛び回り、壁を歩くことができ、天を飛び地から逃げ、不可能と言えるような隅から相手の首を落とす。それら以外に彼らが最も称賛されていることはその忠誠だ。

忍者はとある人物に忠誠を誓うと、忍者はその者に対して命を賭すことも問わなくなる。この点についてケルシー医師は問題としている――それは白雪が忠誠を尽くしているのはロドスのドクターではなく文月夫人だからだ。

信頼相関4

文章表示

ご安心を、姫君はおっしゃりました、愚忠を取ることはない、あなた達は良い、私は好感を抱いていると。

――白雪

精英化2解放

文章表示

もちろん、白雪が派遣された目的は最初からドクターを保護する訳ではないことは明らかになっている。ロドスはこのことを知っている上で白雪を受け入れた。

しかし、この点に関してはいくつかの疑問点がある。

表面上は協力関係であっても龍門とロドスの大きさは以前として客観的に見ても差がある。この前提の下で総督夫人は自身の護衛の一人をドクターの護衛として派遣してきた。この行動の目的は監視やデモンストレーション、見せしめ等が考えられるがどれも無鉄砲なことであり、それに…必要もないだろう。

文月夫人は龍門の政治に干渉したことはないと言われており、それはウェイ・イェンウーを愛しているからとされている。だが彼女の行動に深い理由が無いとは考えることは出来ない。

それでは、白雪は他に一体どのような任務があるのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました