アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】チェン(陈 Ch’en)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「龍門近衛局特別督察隊のチェンだ。訳あってしばらくここに滞在させてもらう。以前の共闘でお互いのことはよく分かっているはずだ。今すぐ現場に連れて行ってもらおうか」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職ガードレアリティ☆☆☆☆☆☆
職業近衛局特別督察隊隊長、警司身長168cm
精通刑事捜査、剣術、運転、逮捕術出身龍門
戦闘経験歴4年種族
誕生日7月7日所属機関龍門
イラストレーター唯@WCV石上静香
オリパシー感染状況
未公開
客観的経歴
チェン、龍門高級警司、龍門近衛局特別督察隊の隊長。ヴィクトリア王室近衛学校卒業、成績は優秀。

龍門近衛局で勤務している間は、龍門境内の不法活動をり締り、暴力犯罪と組織犯罪に対抗、武装脱走犯や国際的重犯罪者の追跡と逮捕などの多くの重大な功績を収めた。

特別要員としてロドスに協力し、戦場にて先述式支援を行っている。

基本ステータス

ブロック数2攻撃速度やや遅い(1.3s)
初期コスト19最大強化時コスト21
再配置時間遅い(70s)
特性
通常攻撃は連続2回攻撃となる。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期12292491540
初期最大16843612210
昇進I最大21884692880
昇進2最大28806103520
信頼度最大+50+50

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲
スキル1スキル2スキル3
スキル範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+23素質効果強化+1%,+1%,+3%配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
叱責昇進I配置されている間5秒ごとに味方全員の攻撃回復系/被撃回復系スキルのSPが回復するスキルを持つオペレーターのSPを1回復
昇進2配置されている間4秒ごとにステージの味方ユニットで被撃/攻撃でSPが回復するスキルを持つオペレーターのSPを1回復
帯刀格闘術昇進2攻撃力+5%,防御力+5%,物理回避+10%
昇進2 潜在5攻撃力+5%,防御力+5%,物理回避+13%

スキル効果

スキル名/攻撃ますスキル内容
鞘打ち発動タイプ攻撃回復,自動発動
必要SP/持続時間必要SP4
効果次の通常攻撃時、敵に攻撃力の320%の物理ダメージを与え、1.5秒間スタンさせる
赤霄・抜刀発動タイプ攻撃回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP20 必要SP20
効果前方一定範囲内び敵7体に攻撃力の500%の物理ダメージと攻撃力の500%に相当する術ダメージを与える。
赤霄·绝影発動タイプ攻撃回復 手動発動
必要SP/持続時間必要SP30 初期SP20
効果周囲一定範囲内で攻撃対象を探し、モッチも近い敵に対して攻撃力の320%の物理ダメージを10回与え、最後の一撃で4秒間スタンさせる。

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
人徳才能兼備初期コントロールセンターコントロールセンターに配置されてている龍門勢力のスタミナ回復-0.05
警司昇進2会議手がかり探索速度+25%

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「赤霄・抜刀」習得/素質「叱責」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC初級源岩鉱鉱装置
80300005123
昇進2強化内容パラメータ強化/配置コスト+2/素質「赤霄・絶影」習得/素質「叱責」強化/素質「持刀格闘術」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級前衛SoC融合剤上級合成コール
80180000446

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】良好
【戦場機動】標準
【生理的耐性】良好
【戦術計画】良好
【戦闘技術】卓越
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇信物

チェンの潜在能力を高めるために使用する。

長い時間の中で長期間封印されていたもの。彼女は忘れたのではなく、錆びた角をもう一回触りたくないだけだ。いつか過去にあった熱が再び湧き出るのかもしれない。

求人契約

龍門近衛局特別査察チームリーダーのチェンは契約に基づいてロドスの任務に協力をする。

怒ると怖い。普段も彼女を怒らせないほうが良いが。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

【龍門近衛局の要求に応じて開示しません】

彼女は健康診断に来たものの、診断書は持って行ってしまいました。ここには残っていません。え?龍門側の要求ですよ。

――医療関係者R.T

資料1

文章表示

【オリジ二ウムアーツ概要】

チェンはこれまで人の前でオリジ二ウムアーツを使った姿を見せていないので、多くの人たちはチェンがオリジ二ウムアーツ関連はあまり上手くはないと思っています。

実際、確かに彼女はオリジ二ウムアーツの制御能力はあまり高くはありません。法杖が突然損傷するだけでなく、防護壁が粉砕される、気波が全ての紙のファイルを吹き飛ばす等の実験外対象に対する不必要な損害が発生しています。

オリジ二ウムアーツを放った際は体力を一度に大量に使うためか、チェン長官本人は疲労状態に陥ります。

術師オペレーター達は討論した結果、少なくともチェンは良い触媒によってオリジ二ウムアーツをコントロールすることができ、それらの装備が足りない場合には彼女は自身のオリジ二ウムアーツの形を形成することが出来ません。

私達がテスト結果を見た所、法杖の方たちは薄く鋭いほど彼女は適応出来るようです。新しい筐体を作成するよりも、触媒杖の中にあるオリジ二ウムそのものを扱うほうが得意なのでしょう。

無益なことです!剣の形をした法杖であれば彼女に合うのかもしれません。ですがそんなものを使う人がいるでしょうか?

怖気づきますよ…剣は人を斬るものでは無いんですから!本当に余計なことをしてしまいました。

――術師オペレーターD

資料2

文章表示

全科目Aクラスと全ての教師に推薦された優秀な成績で卒業した後は、チェンは龍門に帰った後すぐに龍門近衛局に入った。王室近衛学校に入学する前の経歴を知る者はいない。彼女の能力を疑う人はいない。謹んで職務を全うし、彼女は悪を憎む。

チェンの行動に対して近衛局に仕事で協力した警察官はかつて不満を上げていた――厳しくて、ひどいものだと。ほとんどの人はチェンは権力闘争できっと姿を消すだろう、彼女の勢いはすぐに尽きることのないものに研磨され丸くなるだろうと思っていた。

だが予想外にも犯罪率と死傷率は2年連続で前年を下回り、若い世代の警察官としてのポストはますます勢いづいていき、現実のものとなっていった。チェンの歩調はますます大きくなっていき、近衛局で最も重要なチームの一つ、特別督察チームに参加することとなった。

特別督察チームのメンバーの任期は通常2年を越えることはない。警察官の命を守るため、あるいは彼らのストレスを減らしミスを減らすためだ。この職場自体長く持たせるべきではないのだ。仕事の中では壮烈な犠牲を伴うというのがこれまでほぼ全ての督察メンバーが一貫して味わった結果だ。

だがチェンは尻込みをすることは無い。彼女は一度も尻込みをしたことはないし、尻込みをすることもないし、尻込みをする理由も分からない。

彼女は龍門警史の中でもっと早く昇進した警察官であり、また最も若い龍門近衛局督察チームの隊長でもある。

嘲笑したり、陰で陰険なことを言う人はいるが、彼女の気迫と剛毅さに屈服しないものはいない。将来の計画があるということに変わりはないが毎日計画し実行していることとは別の話だ。

彼女は何故ここまで真面目なのか?なぜ自分の命をここまでつぎ込むことが出来るのか?誰にも分からない。

チェンの紙くずかごの中にはよく千切ったり、丸められている残骸があり、何かに怒りがこみ上げているようだ。

資料3

文章表示

当然のことながらチェンはワーカーホリックでもないし警察の機械でもない。

彼女を知っている警察官とオペレーターたちは、彼女は完璧な人のようだと感じている。合理的に全ての時間を割り振り、飲食や個人の趣味も決して欠かさず、有意義な1日の1分1秒を過ごす。

だがこれはかえって彼女が心配になる。休暇の突然のキャンセルはもちろん、休暇が完全になくなってしまうことや深夜まで残業をし、山積みの書類を翌日にはこなす、新しい映画を鑑賞中に突然緊急会議に出ることも当たり前だ。

チェンは自分に対してのやり方は効率的なもので、まるで止まらない機械のようだ。

”大丈夫なのですか?”

”大丈夫だ”

これ以外の回答は得られていない。質問した人が満場一致で得られた回答だ。

チェンは来る日も来る日も自身の生活を繰り返し、龍門内の問題を絶えず解決している。それと同時に彼女の身振りは毅然としていて、思考もより鋭くなっている。彼女はより良い人になろうとしている。まだ限界に到達しそうにもない。

彼女は一体何を求めているのだろうか?

彼女の親友でさえ、チェンのことを理解しているとは言えないだろう。彼女は自分の心にだけ留めていることが多すぎる。

資料4

文章表示

【アクセス履歴】

お前の父とお前の縁は切れた。彼も同じで私とは関係ないことだ。気にもしないし、彼もしない”

ここを離れたいのか?

そうだな、その前に君に話をしよう。

――実のところあの老人が誰なのか知っている。

だが、私は忘れっぽいので、多くのことを忘れてしまう。例えば、その日の夜、お前と友達の小さな冒険があったみたいだな。こういったことを忘れるのでさえ朝飯前だ。

それは確かに私の間違いだ、私は許されない過ちを犯してしまった。

だが忘れるとしよう。

もしお前が離れたいのであれば、私はお前を安全な都市に送り込むとしよう。豊かで穏やかな場所だ。お前はそこで穏やかに一生を過ごすことが出来れば幸せになるだろう。

お前はここの全てに別れを告げることになる。お前の嫌いな家や嫌いな街、嫌いな人。

だが、そうすればお前はいかなる真相をも知る機会を失うことになる。これらの事実は秘密かつ危険なもので、関係のない人を巻き込むことは出来ない。

腹が立つのか?怒っているのか?私が嫌いなのか?

ああ、それでももちろんいいだろう。私としてもそういった無能なやつは嫌いだ。

もう一つの選択肢を聞くと良い。

お前が残ることを選択したときのことだ。

これからお前を鍛えることになる。私を嫌ってくれても構わない。私を恨み、攻撃し、何なら刺殺してみても良いだろう。

何がいけない?当然のことだろう、出来るならするがいい。出来るのであれば当然することだろう。

お前の身体は自身のものだ。お前の考えも同じだ。正しいかどうかは教えはするが、とにかく、これからは自分で考えてみるといい。

忘れたくないのであればやるといい。

正しい行動というものは一生努力する価値がある。誤りを正すということは命を賭けるだけの価値がある。

この都市の前では何が待っているのかさえ分かることはない。ここはチャンスに満ちた都市で、何でも起こり得る。

聞き取れなくても大丈夫だ。分かるだろう。

このことを覚えている内に。お前達が最後に言ったことを覚えている内に。

諦めるのか、それとも続けるのか?

選ぶと良い。

….シミュレーション終了…

…メインインターフェイスに戻ります…。

昇進2解放

文章表示

彼女は必ず戻ってくるだろう。

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクター、これより君の護衛を担当させてもらう。
会話1ロドスの動向についてはずっと不審に感じているところがある。もちろん今でもだ。
会話2なぜこちらをじっと見ている。仕事はどうしたんだ?
会話3ふん。
昇進後会話1龍門の町中、至る所に足を運んだ。港、町中の看板や坂道……心に刻まれたこの町の風景を私はいつまでも忘れることはないだろう。
昇進後会話2最近は周辺地域の情勢が急変してる。こちらは常に警戒態勢を敷いているが、くれぐれも油断しないでくれ。
信頼上昇後会話1いつかはあの人に認めてもらえるかもしれない。その時までは……。
信頼上昇後会話2アーミヤは君のことをとても信頼しているようだな。君たち二人を見てると、私にもそんな人が居れば、などとつい考えてしまう……。
信頼上昇後会話3私は……これまで誰にも背中を預けたことはない。あの人にさえ……。
放置ドクター?眠っているのか?ふん、緊張感のない奴だ。
入職会話龍門近衛局特別督察隊のチェンだ。訳あってしばらくここに滞在させてもらう。以前の共闘でお互いのことはよく分かっているはずだ。今すぐ現場に連れて行ってもらおうか
経験値上昇すべてはより周到な任務遂行のために。
昇進I昇進?私にとっては特に珍しいことではないな。
昇進2了解。普通のオペレーターの手に追えない任務は、すべて私に任せてくれ。
編成時無問題。
隊長任命総員、互いに連携を取り、効率よく動いてくれ。
作戦準備総員、戦闘準備!
戦闘開始準備はいいか?では作戦通りに。
配置2こちらチェン。
選択2いつでも行ける。
配置2行くぞ!
配置2すぐに片付ける。
作戦中1斬!
作戦中2閃!
作戦中3武器を下ろせ!
作戦中4なめるなよ!
星3で戦闘終了悪事は決して許さない。どんな手を使ってでも阻止してみせる。
星3で戦闘終了私と対峙しようというその自信は、どこから湧いて出たのだ?
星2以下で戦闘終了負傷者は待機して医療隊の救援を待て。その他のオペレーターは周囲の警戒を怠るな。
任務失敗焦らず順次撤退するんだ。決して隊列を崩すな!
基地配属ここがロドスの内部施設か。意外と広いな。
タッチおい!何をする!
信頼タッチドクター、機嫌がいいのは最近作戦が順調なおかげか?奇遇だな、私もだ。
タイトルアークナイツ
挨拶お、ドクターか。
タイトルとURLをコピーしました