アークナイツ キャラクター紹介

【アークナイツ】マッターホルン(角峰 Matterhorn)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2珊瑚海岸:沙滩护卫 GT.001

「我が主の盟友よ、あなたにヒーラの祝福を。俺はシルバーアッシュ様をお守りする盾、マッターホルンと申します」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職ディフェンダーレアリティ☆☆☆☆
職業護衛身長182cm
精通料理,格闘出身イェラグ
戦闘経験歴6年種族フォルテ
誕生日5月19日所属機関イェラグ
イラストレーター龙崎一CV武内駿輔
オリパシー感染状況
臨床診断分析の結果、非感染者ということが確認されました。
客観的経歴
イェラグ出身のカランド貿易会社のメンバー。カランド貿易とロドスの提携協定の一環として、派遣員という形でロドスの任務に参加している。

基本ステータス

ブロック数3攻撃速度普通(1.2s)
初期コスト17最大強化時コスト19
再配置時間遅い(70s)
特性
敵ユニットを3体ブロックする。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期12731982415
初期最大16982543615
昇進I最大22643184895
昇進2最大32353756705
信頼度最大+385

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒HP上限+250再配置時間-6秒配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
雪原の衛士
(雪原卫士)
昇進I魔法耐性+7
雪原の衛士
(雪原卫士)
昇進2魔法耐性+15

スキル効果

スキル名スキル内容
体力強化
(体能强化)
発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間必要SP35 初期SP10/30秒
効果HP上限+70%、HPを毎秒40回復
耐寒体質
(抗寒体质)
発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間必要SP32 初期SP10/30秒
効果HP上限+50%、防御力+30%、魔法耐性+100%

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
カランド貿易・α
(喀兰贸易·α)
初期貿易受注処理効率+15%
オーダー上限+1
重装専門・β
(重装专精·β)
昇進I訓練室重装の訓練速度+50%

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容パラメータ強化/配置コスト+2/スキル「耐寒体質」習得/素質「雪原の衛士」
必要素材/LvLv龍門幣初級重装SoC装置初級異鉄
4515000311
昇進2強化内容
必要素材/LvLv龍門貨中級重装SoCマンガン中級装置
60600005147

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】良好
【戦場機動】普通
【生理的耐性】良好
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】欠陥

関連アイテム

潜在上昇信物

マッターホルンの潜在能力を高めるために使用する。

少しざらざらした木彫りの人物像。うつむいた眉を持つ姿はとても落ち着きがある。

求人契約

カランド貿易の衛士であるマッターホルンは重装オペレーターとして任務を行う。

堅実なイェラグ の盾。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

マッターホルンはオリジ二ウムに感染した形跡はありません。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.12u/L

マッターホルンはあまりオリジ二ウムに接していません。

資料1

文章表示

マッターホルンは小さい頃からシルバーアッシュ家の侍衛として訓練をしていた。彼の父や祖父はシルバーアッシュ家の誉れ高い近衛だった。彼は当然のことながら父や祖父を目標しているが、彼の父の当時のような全てが軍事訓練だったということは無く、他のことを学ぶ機会もあり、マッターホルンは意識せずとも料理を選んでいるようだ。

資料2

文章表示

物資が豊富な海外と違い、イェラグの食用動物は両手で数えられるものほどしか存在しない。シルバーアッシュのような裕福な家庭であろうと普段は質素な食事だ。だがマッターホルンが料理を始めると全ては変わる。

料理における彼の造詣は呆気にとられるほどのもので、イェラグのわずかな食材を使い、地元の人たちが食べたことすら無いような素晴らしい料理を作ることが出来る。イェラグ の政治家達は以前は議事堂で懐疑をしていたが、今はシルバーアッシュ家の客室に行きたがるほどだ。美味しいものの力というものは本当に恐ろしい。

資料3

文章表示

ロドスに来てからというものマッターホルンの戦闘頻度とその難易度はかなり上がっている。防具、特に縦に関しては時々修理が必要なほどだ。

マッターホルンは戦中の簡易的な修理方法は理解しているものの、完全に修復をする場合には専門の職人が代行する必要があり、マッターホルンは他者からの勧めでヴァルカンを紹介してもらった。

互いに相手の技術に驚き、二人はすぐに長期的な協力関係を結ぶことが出来た。一方は装備を維持し、一方は報酬を用意し、暇な時はメニューを交換しあい、たまにちょっとしたごちそうを食べる。

理解し合った友人というのはそういうものなのかもしれない。

 

資料4

文章表示

マッターホルンの祖先はイェラグ北部の出身で環境は悪く人々は自然と戦っていた。他者をより生存させる方法として全ての北イェラグ人は一旦戦いに出たのであれば自身を死者として見なす。この信念こそが彼ら、そしてマッターホルンのような子孫を戦場で最も勇敢な戦士に作り上げた。

昇進2解放

文章表示

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命お荷物でしたら、そちらに運んでおきました。大したことではありませんのでお気になさらないでください。
会話1この盾こそ皆を守る砦なのです。
会話2俺は若君……いえ、我が主を幼少の頃からずっとお守りしてまいりました。
会話3不躾な話ですが、エンヤ様の御身に起きたことは……実にお気の毒でした。あの方にはもっと明るい未来があったはずなのに。
昇進後会話1万が一、この盾が壊れるようなことがあれば、その際はヴァルカンという方に修理を頼めばいいと伺っております。間違いございませんか?
昇進後会話2意外、実に意外でした。あの鍛冶屋の腕は本物です。きちんとお礼をしないといけませんね。
信頼上昇後会話1ロドスでの生活は刺激に満ちていますね。それに比べるとヒーラの生活はずいぶん穏やかなものでした。
信頼上昇後会話2我が主からは、エンシア様の警護を命じられていますが、正直、大人しく守られるような方とは思えませんね。
信頼上昇後会話3我が主、シルバーアッシュ様が、あなたのことを評価している理由が俺にも少し理解できたような気がします。
放置時々、ヒーラでの生活が恋しくなりますね。
入職会話我が主の盟友よ、あなたにヒーラの祝福を。俺はシルバーアッシュ様をお守りする盾、マッターホルンと申します。
経験値上昇感謝します。
昇進Iこれほどのご期待を寄せていただけるとは大変恐縮です。
昇進2たとえこの盾が、今まさに砕け散ろうとしていても俺は一歩たりとも引きません。忠誠心のためではなく、俺自身の信念を貫くために。
編成時拝命します。
隊長任命恐れ入ります。
作戦準備全員、俺が守ってみせる。
戦闘開始準備は整っています。
配置2俺が先駆けとなりましょう。
選択2この盾、いつでも行きます。
配置2ふん。
配置2はっ!
作戦中1因果応報だ。
作戦中2力押しだけと思うな。
作戦中3信念を貫くためならば、鬼神にでもなってやる!
作戦中4覚悟が足りん!
星3で戦闘終了まだ全力ではありません!これからです。
星3で戦闘終了痛くも痒くない攻撃でしたね。
星2以下で戦闘終了次こそ完璧な勝利を捧げます。
任務失敗油断の代償が、このざまか……!
基地配属いい部屋ですね。インテリアにこだわりを感じます。雰囲気も穏やかで、とても居心地がいいです。
タッチはい。
信頼タッチ俺の得意料理です。いかがでしょうか。
タイトルアークナイツ
挨拶こんにちは、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました