アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】セイロン(锡兰 Ceylon)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「ごきげんよう、私はセイロン。ヴィクトリア国立大学出身で専攻はオリジ二ウム。ケルシー先生の紹介で本日よりこちらで実習させて頂きます。よろしくお願いいたします、ドクター」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職メディックレアリティ☆☆☆☆☆
職業身長162cm
精通オリジ二ウム理論(化学)、
オリジ二ウムアーツ(水文)、看護学
出身シエスタ(独立都市国家)
戦闘経験歴無し種族リーベリ
誕生日9月25日所属機関シエスタ
イラストレーターSkadeCV荒川美穂
オリパシー感染状況
医学報告書を参照したところ、非感染者であることが確認されました。
客観的経歴
ヴィクトリア国立大学源石研究学科の卒業生で、現在はケルシー医師の研究室で補助研究員を務めている。
水系アーツに造詣が深く、戦場では頼もしい医療支援を行う。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度遅い
初期コスト20最大強化時コスト19
再配置時間遅い
特性
回復範囲が広いが、対象が遠い場合は回復量が70%になる

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期798154555
初期最大1050254805
昇進I最大12513531005
昇進2最大14554421265
信頼度最大+200+40

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-10秒コスト-1素質効果狂化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
湖畔の散策者昇進1攻撃力+3%、フィールドに水地系が存在する場合攻撃力+9%
昇進2攻撃力+5%、フィールドに水地系が存在する場合攻撃力+18%
昇進2 潜在5攻撃力+6%、フィールドに水地系が存在する場合攻撃力+24%

スキル効果

スキル名スキル内容
ハイドロセラピー発動タイプ自動回復,自動発動
必要SP/持続時間8
効果次に味方を回復する時、味方のHPを自身の攻撃力の200%回復(特性による回復量減少効果を受けない)
3回チャージ可能
水霊の加護発動タイプ自動回復,自動発動
必要SP/持続時間初期SP40 必要SP80/40秒
効果攻撃力+60%、回復対象+1、効果時間中攻撃範囲内の味方は【レジスト】を得る

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
学者初期加工加工所で昇進素材を加工時、副産物の入手確率+80%
源石研究精英2製造製造所配置時、源石製造の製造効率+35%

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容ステータス強化/配置コスト+2/スキル「水霊の加護」獲得/素質「湖畔の散策者」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級医療SoC初級異鉄初級アケトン
5020000444
昇進2強化内容ステータス強化/配置コスト+2/素質「湖畔を歩く者」強化
必要素材/LvLv龍門貨芯片

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】普通
【戦場機動】普通
【生理的耐性】普通
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】良好

関連アイテム

潜在上昇信物

セイロンの潜在能力を高めるために使用する。

もうノートに書く場所は無い。ここにはこれまでのオリジ二ウム研究に関するあらゆる知識が記載されている。内容は詳しく再フォーマットし本を出すことも出来るだろう。

「オリジ二ウム研究、入門から精通まで」

求人契約

ロドス研究員のセイロンは研究の合間にオリジ二ウムに関する知識と技術サポートを行う。

彼女は戦場にいることを忘れているかもしれない。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭ははっきりとしており、異常な影も見られません。循環器系内源石粒子検査にも異常は無く、オリパシーの感染兆候も無いため、現時点ではオリパシーの非感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

職業上の理由でオリジ二ウムに長期に渡り接触する必要がありますが、オペレーター本人は十分に予防措置を行っており、全くと言って良いほど感染はしていません

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.21u/L

数値は通常の数値と比べると高いものとなっていますが、オリジ二ウム研究者としては驚くような数値ではありません。

資料1

文章表示

少しだけ無遠慮なところもあるお嬢様。

”お嬢様”ではなく”研究者”としてまとめても彼女の”お嬢様”としてのイメージが強いため、ほとんどのオペレーターは彼女の仕事の内容を知っていようが「ああ、あのお嬢様の」となる。

お嬢様と揶揄する人はいるが、当然のことながらこのお嬢様のことを本当に嫌いな人はいない。ほとんどの場合において彼女はいつも正しいのだが、もし間違えたとしても彼女は彼女はためらうこと無く「すみません」と謝ることが出来る。

資料2

文章表示

セイロンの故郷であるシエスタ市はかなり珍しい独立都市だ。移動都市ではないことも珍しいが独立都市として今なお急速に発展もしている。実際のところテラにおいてもいくつかの歴史の長い国は存在しているが、国というものは最も普遍的な概念というわけではなく、独立した国家も存在している。

現代語の中で国家という概念が指している社会的集団は過去においては独立都市のことを指していた。これはいくつかの国の前身が独立国家だったということを指す。

今日においてもいくつかの名義上にある国は移動都市には属しているものの、これらは国ではなく本来の都市に属するという習慣のみを保っている。だが頑固な老人は認めたくはないだろうが、どうしても認めなければいけないことは、独立都市の概念というものはもう時代遅れになったということ。国家という概念があまりにも強くなりすぎたためだ。

現在ではテラには相当数の独立都市が存在しているが、それらの指導者は既に単独の都市では国家には対抗することは出来ないと認識している。そのため近年は多くの独立都市が積極的に近隣の国に投降しているのだ。

だが、シエスタ市が頭角を表すということは、彼らのために新たな方向へと連れて行くことになるのかもしれない。

資料3

文章表示

理解してもらうため、セイロンは自分を紹介する際は自身の正確な学科について言及することはない。実際の所、オリジ二ウム研究という学科は現在では実用方面や理論方面問わず、数多くのサブクラスが存在している。

近代学術が具体的な学科を完成させる以前は、多くのオリジ二ウムに関する貴重な研究資料を保管することはあまりなかった。事実、過去に残されていた史料のヒントを集め、オリジ二ウムの各学派の発展経路を導き出すことは近代的なオリジ二ウム研究の中でも重大な構成部分となっている。

科学技術が発達した今では史料に対する研究は発見理論から検証理論に変わりつつある。もちろん歴史そのものを記録することは文明という意義に対して言うまでもないことだ。

セイロンは大学を卒業したばかりなものの、彼女の知識量とオリジ二ウム研究に対する情熱には関心させられる。彼女が学校でどのような努力をしてきたのかよく分かるほどだ。

このような優秀な人材が加わってくれることはロドスにとっても予想外の喜びだと言わざる負えないだろう。

資料4

文章表示

セイロンの資料の中でシュヴァルツのことについてあまり言及しなかったのは、シュヴァルツの資料の中でもセイロンのことをあまり言及していなかったからだ。

この理由はとても単純。彼女たちの愛情の深さは文字で表現することは無粋だからだ。

だが、記録に値するものはあるかもしれない。セイロンもシュヴァルツも彼女たちは確かにお互いを大切にしている。

だが彼女たちの世界は決して二人だけという訳ではない。セイロンは他の研究員と食事をしたり、一緒に研究をしたり、理論を夜中まで議論したりする。シュヴァルツも一人で傭兵出身のオペレーターと酒を酌み交わしたり、演習で彼らと一緒に”殺し合い”をしたりする。彼女たちにも自分の生活は存在しているのだ。

ロドスに入ったことで彼女たちの世界は更に広くなるだろう。だが、彼女たちはこのような生活に慣れていったとしても、依然として相手のことを自分にとって大切な存在だと認識している。これこそが”深い愛情”の深いという二文字が使われるべき形なのだろう。

昇進2解放

文章表示

 

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクター、隣でレポート書いているから何かあればいつでも声を掛けて頂戴。
会話1努力は必ず報われる、そう信じてきましたし、実際そうやって生きてきましたわ。
会話2……待って、オリパシーにこんな特性がありましたの⁉早く実験で確かめないと……ドクター、ちょっと失礼するわ……。ええっと、ロドスにいい観察対象はいないかしら……。
会話3紅茶のない日常は日常とは呼べないわ。ドクターも一杯いかがかしら?ヴィトリア1の茶葉で淹れたものよ。
昇進後会話1シュヴァルツとは、幼い頃からずっと一緒だったから、彼女のことなら何でも知ってますの。ええ、私のボディーガードになる前のこともね。あっ、でもドクターに教えるにはまだ早いわ。
昇進後会話2シュヴァルツを治す方法が見つかれば、他の感染者も治せるってことでしょう?もちろん、シュヴァルツさえ治せればいいなんて勝手なことは持っていないから安心なさい。でもドクター、シュヴァルツは私にとって何より大事なのよ、それだけはわかって頂戴。
信頼上昇後会話1ドクター、オリジニウムの研究には色んなアプローチがあるの。だけど、私にとってシュヴァルツを治すことが最優先事項。だから、ロドスのことを聞いてからずっと、ここに来られればって思ってましたの。
信頼上昇後会話2ドクター、私はね、感染者だからってシュヴァルツを差別するような人が大嫌いなの。でも、ロドスにそんな人はいません。それに、医学の知識も沢山学べる……ここに来て本当によかったですわ。
信頼上昇後会話3どんなに立派な指導者でも目先の利益に捕らわれて判断を誤ることはありますの、ドクターもお気をつけて。でもまあ、そんなに心配しなくても私がいればドクターが道を踏み外した時、直ぐに正してあげられますわね。
放置ドクター、座ったまま寝るのはさすがにお行儀が……まあ、いいでしょう、毛布ぐらいは、掛けてあげますわ。
入職会話ご機嫌よう、私はセイロン、ビクトリア国立大学出身で、専攻はオリジニウム。ケルシー先生の紹介で、今日よりこちらで実習させていただきます。よろしお願いします、ドクター。
経験値上昇さすがはロドス、アーツの運用が素晴らしいわ。
昇進Iこれで私もロドスの一員として認められたと言うことかしら?ありがとうドクター、これからはもっと努力しますわ。
昇進2ロドスのオリパシー研究、さすがですわ。ここで勉強を続ければ、いつかきっと、シュヴァルツをも治せるようになるに違いありません。ドクターも当然、協力してくれますわよね!
編成時

任務の時間?丁度いいわ、新しいアーツを試してみたいところだったから。

隊長任命安心して、指揮を執るのは得意な方よ。
作戦準備どこかにレアな素材が落ちてたりしないかしら。
戦闘開始慌てず冷静に対処しなさい。
配置2負傷者はどこかしら?
選択2うん?
配置2サポートは私に任せなさい。
配置2怪我人は大人しくしていなさい。
作戦中1皆様、安心して戦うのですわ。
作戦中2目の前の敵に集中しなさいな!
作戦中3

今の状況にはこれが良いかしら。

作戦中4
星3で戦闘終了ふぅ……うふふ、なんだか難しい実験をおいた気分ね。疲れたけど充実した時間を過ごせたわ。
星3で戦闘終了敵はもういないかしら?では少し、この辺りを散歩してきますわ。
星2以下で戦闘終了シュヴァルツみたいに戦えれば、一人も逃さなかったはずですわ。
任務失敗ドクター、ぼーっとしてないで、負傷者の搬送を手伝えなさい!
基地配属ここにいる他の医者達とも話をしてみようかしら。
タッチちょっと、髪が乱れるじゃない!
信頼タッチ

ドクター、また椅子で眠ったりしてないでしょうね。

タイトルアークナイツ
挨拶ご機嫌よう、ドクター、一緒に紅茶でもいかが?

 

 

タイトルとURLをコピーしました