【アークナイツ】シナリオ翻訳「火藍の心」OF-ST3「圧力の下」

セイロン
セイロン

…一緒に着いてきてくれませんか、ドクター。

プレイヤー
プレイヤー

・君のことが少し心配だ。

セイロン
セイロン

ドクター、ご存じでしたか。私が子供の頃はこのビーチにはこんなにも多くの人がいることはありませんでした。私は一人で砂の城を作っていたのです。

セイロン
セイロン

…この都市は父の治理のもと、毎年良くなっていっています。

セイロン
セイロン

私と私の父は何というか。話すことはあまりありません。

セイロン
セイロン

私はずっと思っていました。私とたくさん話しをするよりも彼にとっては都市とお金を稼ぐことが重要なのだろうと。

セイロン
セイロン

母は私が生まれた時に亡くなりました。そういうことからも彼は私のことを嫌っているのではないかと時々思うのです。

セイロン
セイロン

まるで私が彼を好きかどうかは気にしていないよう。彼はいつも家にはいません。父と娘というよりも同じ家に住んでいる他人のようです。

 

(セイロン回想)

セイロン
セイロン

シュヴァルツ、海の生態を観察しに行きましょう!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

だめです、お嬢様。旦那様からの言いつけで勝手に外に出てはいけません。

セイロン
セイロン

でももう家にある本は読み飽きたの!シュヴァルツもちっとも面白くないし。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

申し訳ありません、お嬢様。これもお嬢様の安全のためなのです。外は危険です。

セイロン
セイロン

あなたがいるじゃない。あなたがいるのに私は危険に晒されるのかしら?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…それは確かにそうですが。

セイロン
セイロン

それなら他に問題はある?行きましょう!

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…それでは私の目の届く範囲から絶対に離れないでくださいね。

セイロン
セイロン

シュヴァルツが私の側にいるということは、私にとっては最も当然なことで当たり前な生活の一つでした。

(セイロンの回想終了)

???
男性市民

急げ。この飾りは今晩のライブで使うんだから。

???
男性市民

間に合わないと大変だぞ!

セイロン
セイロン

あ、あの人は…。

セイロン
セイロン

記憶が正しければ第2メインストリートの”ロビンバードカフェ”店主のおじいさんの孫ですね。

セイロン
セイロン

あそこには以前よく行っていました。店主のおじいさんはとても優しくて。亡くなった妻の幻想的な花や盆栽が飾られていて彼らが昔好きだった音楽が流れていました。

セイロン
セイロン

そういえば、体が動かなくなったらお店をお孫さんに継ぎたいと行っていましたね。

セイロン
セイロン

時間が経つのは早いものです。

(セイロンの回想)

 

セイロン
セイロン

どうして?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

オリパシーに掛かっているからです。お嬢様。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

私があなたの側にいるとあなたの体によくありません。ですので必要な時だけ呼んでください。

セイロン
セイロン

それは何?痛いものなの?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

…痛みはありませんが死ぬかもしれません。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

この病気は治すことは出来ないのです、お嬢様。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

そして…。

セイロン
セイロン

私が何としてでもそれを治すわ!

セイロン
セイロン

ええ、待っていなさい!いつの日かそれを倒して、シュヴァルツをその手から絶対に奪い返してみせます!

(回想終了)

 

セイロン
セイロン

私はオリジ二ウムを研究したい。彼女が感染者だから。彼女を治療してあげたいのです。

セイロン
セイロン

それが私にとっての原動力なのです。この夢のために私はヴィクトリアに勉学をしに行きました。

セイロン
セイロン

難解なオリジ二ウム研究は最初は全く分かりませんでした。何度も諦めようと思いましたが、最後まで続けました。

セイロン
セイロン

ヴィクトリアはとても遠かったこともあり、最初は慣れることが出来ませんでしたわ。

セイロン
セイロン

その結果、今では私はシエスタ人というよりもヴィクトリア人なのでしょう。

セイロン
セイロン

ドクター、私が持っているものはもしかして全て嘘なのでしょうか?

(ドクターの回想)

 

シュヴァルツ
シュヴァルツ

ここを守るためなのであれば私は多くのものを支払うことが出来ます。

(回想終了)

 

プレイヤー
プレイヤー

・私には分からない。
・彼女にも苦衷はあるのかもしれない。

 

 

選択肢1選択時

セイロン
セイロン

…ですよね。そうよ、ドクターが分かるわけありませんよね。

セイロン
セイロン

ドクター、あなたが言うに私は諦めたほうが良いのでしょうか?

 

選択肢2選択時

セイロン
セイロン

苦衷とは何なのでしょうか。私にも教えて頂けませんか?

セイロン
セイロン

それに、どんな苦衷であろうと悪いことは悪い。それは避けられません。

セイロン
セイロン

ドクター、あなたが言うに私は諦めたほうが良いのでしょうか?

(選択肢分岐終了)

 

 

プレイヤー
プレイヤー

・答えるのが難しい問題だな…。

プレイヤー
プレイヤー

・だけど私が知っていることは君もオリジ二ウム研究者だということだ。

???
???

オリパシーを克服することが出来る?

???
???

オリパシー患者を救うことが出来るのか?

???
???

この災害に終わりがくる?

???
???

終わりは見えない。私には自信がない。答えも分からない。

???
???

諦めるのか?それもいいだろう。

???
???

だが私は諦めたくはない。

プレイヤー
プレイヤー

・この大地は良くはないかもしれない…。

プレイヤー
プレイヤー

・だが君がしたことは無駄ではない。

プレイヤー
プレイヤー

・自分がした選択を信じるんだ。

セイロン
セイロン

…ええ、そうね。ドクター。

セイロン
セイロン

流石先輩だけあって、この面ではまだまだ学ぶことはたくさんありますわ。

セイロン
セイロン

私がすべきことはここに座ってあれこれ考えるのではなく、証拠を掴むこと。

セイロン
セイロン

もし彼らが本当に市民を放棄し危機に陥れるつもりなのであれば、私は全力をもって彼らを阻止します!

セイロン
セイロン

それに自分が絶対に正しいと信じている以上は、たとえ一人になろうとも都市を救うために頑張ります!

へラグ
へラグ

それは良いことだ。

セイロン
セイロン

あ、へラグおじいさま。

へラグ
へラグ

見た限り、気持ちの整理が着いたようだな。

セイロン
セイロン

はい、へラガーおじいさま、ドクター。私の言うことを聞いては頂けませんか?

セイロン
セイロン

とにかく、私はシエスタの人たちを危険には晒したくは有りません。私にとってはこれが最優先事項です。

セイロン
セイロン

ギャリソン遊園地の隣には市内最大の電波塔があります。都市全ての放送システムはそこで運用しているのです。

へラグ
へラグ

電波塔?

セイロン
セイロン

ですが、そこはクロイナが管轄する地域でもあるのです。彼はいつも市内全てに向けた放送に顔を出しています。

セイロン
セイロン

ライブが始まるにつれ、人が集まってくればクロイナも当然対応は出来ないでしょう。

セイロン
セイロン

私達がそのタイミングでラジオをコントロール出来れば、街全体の人たちに火山の情報を伝えることが出来ます。

セイロン
セイロン

お願いしますす。どうかお力をお貸しください。

 

タイトルとURLをコピーしました