アークナイツ 世界観

【アークナイツ】龍門近衛局にて

【記録】
私は行動の自由をしばらくの間失ってしまい、近衛局のロビーにてぶらぶらするしかすることが無くなってしまった。

一人の若い女性がベンチに座っている。彼女は黒髪で長い耳、小麦色の肌をしていた。頭の上にあった蛇の形の金具が忘れられない。

私がそばに行った時、彼女は何も言わずに静かに席を立った。そこにはメモだけが残されていた。この数字は…。

タイトルとURLをコピーしました