【アークナイツ】シナリオ翻訳「戦地の秘話 破局者」

レユニオン術士
レユニオン術士

W、トラブルが発生しました。

W
W

ふふ…このチャンネルで連絡する価値はあるのかしら…それで?何か面白いことでも見つけた?

レユニオン術士
レユニオン術士

あまり面白いものではありません、W。サルカズの傭兵を雇う時にとあるチームが裏切ったようです。

レユニオン術士
レユニオン術士

戦場の掃除を担当する後方勤務チームのようですが。直接追跡を開始しています。

レユニオン術士
レユニオン術士

予想はしていたものの、奴らは散り散りになり、都市外に撤退し始めているようです。

W
W

喜ばしいことね。

レユニオン術士
レユニオン術士

ですが、予想外の事として…追撃チームを派遣はしたものの、連絡を失ってしまっています。

レユニオン術士
レユニオン術士

傭兵の新たなリーダーとして合理的な説明を希望します。

レユニオン術士
レユニオン術士

私達のチームは何故蒸発したのでしょう?

01:13 P.M. 天気/晴れ
チェルノベルク郊外、荒野

 

 

W
W

そんな説明じゃ分かりづらいわよ?

レユニオン術士
レユニオン術士

それが事実です。共同チームは待ち伏せや罠を発見はしておらず、敵はサルカズ人だけということを知っています。

W
W

当然サルカズよ、私の傭兵に他の種族がいるのかしら?でも、面白いわ。

レユニオン術士
レユニオン術士

最初に接触した際に目標は制圧されました。慎重を期すため追撃部隊も残しています。相手は強敵でもありません。

レユニオン術士
レユニオン術士

ところがあるタイミングで通信が途絶えてしまった。

W
W

…ふぅん、まああなた達よりも本当の獣のほうが爪や牙を隠すことが得意ということよ。あなた達の油断もあるけど。

レユニオン術士
レユニオン術士

私達は何をすべきでしょうか?

W
W

そのサルカズ人にはどんな特徴があるのかしら?

レユニオン術士
レユニオン術士

…よく分かりません。目撃者の多くは連絡を失ってしまいましたので。遠くから見たには身を潜めているのは一人とのことですが。

W
W

彼らと真正面から接触はしないことね。あの人を捕まえてから私達も行きましょう。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

どうしました?

W
W

何でも無いわ。未熟なチームが餌に当たっただけよ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

支援しに行きますか?

W
W

みんな自分の仕事があるのよ。どうして自分で自分の仕事をこなせないのかしらね?

W
W

んー…今回のことはあまり詳しくはないのよね。前のリーダーが奇妙なサルカズ人を連れていたというのは気になるけど。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

了解です。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

チーム全体に通知、臨戦態勢を整え、郊外に移動しろ。

レユニオン術士
レユニオン術士

げほ、くそ、こいつまた動きが速くなったぞ!まだ実力を隠しているっていうのか?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

…弱すぎる、レユニオンとはこの程度なのか?

レユニオン術士
レユニオン術士

こいつ!俺たちを馬鹿にし――

W
W

あら…。

W
W

昔からの知り合いが何人か来るだろうとは思ってたけど、まさかあなただったとは思わなかったわ。

レユニオン術士
レユニオン術士

W、私達は――。

W
W

チームに戻りなさい、あなたが死にたくないのであればね。仕返ししたという表情をまだ見せるんじゃないわ、彼はまだ全力を出していない。まあ、あなたが死にたいのであれば私は止めはしないけど?

レユニオン術士
レユニオン術士

…撤収だ。

W
W

久しぶりね、傭兵の刀術士。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

お前は――

W
W

今はWよ。

W
W

あなたは?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

フレイムブリンガー。互いの名前の意味を知る必要がありそうだな。

W
W

あら、怖いわね。あなたはその刀で相手を手に掛ける時、名前を言い合ったことなんてあるのかしら?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

依頼と殺し合いは違うのでな。

W
W

あの戦争を経験したサルカズ人の彼が忽然と消えるなんて、とても心配だったのよ。

W
W

傭兵というのはリーダーが変わっただけで逃げなければならないの。そりゃ慌てるわよね?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

そんなことどうでもいい。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

だがまさか、お前の部下が俺の名前を名乗るほどの価値も無いとは思いもしなかった。

W
W

それは光栄なことね…。まあ彼らは私の部下になってからあまり時間は経っていないから。あっ、あなたは私を誘い出して私を殺すつもりなのかしら?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

いいや、お前の外力に依存した戦い方なぞ興味はない。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

だが認めよう、戦術もテクニックの一つだと。お前の戦術が以前よりも詳しいものになっているのなら、ご教授願いたいものだ。

W
W

..おかしいわね、あなたは以前は『目標を殺せるのであれば何でも良い』という人じゃなかったかしら?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

W、チームを指定ポイントで分散させ、敵の退路を完全に遮断しました。やつらはもう逃げられません。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

俺だってお前がこいつらのリーダーになるとは思わなかったがな。人は変わるもんだ。

W
W

こいつら?ああ…レユニオンのことを話しているの?

W
W

それとも…サルカズのこと?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

くっ――!

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

ふん。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

俺は敵を軽んじることはないぞ、サルカズ人。長い間お前のことを注視していた。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

残念だが、お前にチャンスはない。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

なるほど、お前も…。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

面白いじゃないか。砥石程度に使ってやっても良いぞ?俺の刀が少し鈍くなっているのでな。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

挑発か?調子に乗るのもそこまでだぞ!

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

ふん、来るが良い。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ああ!くそ!お前――。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ぐっ――!

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

まだ話す余裕はあるか?

W
W

…彼がここまで強くなっているとは予想もしなかったわ。

レユニオン術士
レユニオン術士

W!私達は何故ここで立って見ているだけなのですか!?あなたが命令さえしてくれれば、やつをすぐにでも灰にすることは出来るのに!

W
W

なんなら今、あなたは命じられたはずよ?

レユニオン術士
レユニオン術士

こんな時にそんな言いがかりを!

W
W

私はあなた達の指揮官では無いわ。

W
W

提案をするわ、手を引っ込めなさい、彼を怒らせないで。自分で面倒を見るなら時を変えたほうが良いわ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…くそ。

W
W

違うのかしら?あなたは一人で戦って彼を解決するつもりなのでは?笑わせないでよ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

くっ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

次は誰だ?

W
W

こんなにも急いで誰かと会う約束でもあるの?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

包囲を突破するのは何もこれが初めてじゃない。

W
W

へえ、うん、なるほど。私が思うにあなた、内戦の時のことを言っているのかしらね?少し興味があるわ。話してもらえない?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

良いだろう。人に待ち伏せされ、全ての人が死に、俺だけが生き残った。簡単なことだ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

それで?まだ続けるのか?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

俺からすれば、まだ戦い足りないんだが。

W
W

いいえ…私が思うに、あなたは私達に参加すべきじゃないかと思うの。

レユニオン術士
レユニオン術士

W!?この反逆者はこれほどの多くのレユニオンを殺し――。

W
W

私の傭兵たちが彼を使うと決めたの。レユニオンも彼は必要だわ。それに意見ある?

レユニオン術士
レユニオン術士

お前!

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

…。

W
W

どう考えても、そのほうが面白いわよ?戦争、流血、そしてたくさんのサルカズの同胞がいる…。

W
W

あなたが求めているものがここに全て大特価であるわ。

W
W

まあ、このお遊びは私の個人的な好奇心からも来ているけど。きっと共通の話題もたくさんあるわ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

俺はそうは思わないがな。

W
W

あなたも感染者なのでしょう?レユニオンに参加することの何が不都合なの?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

無秩序な破壊、目的を持った暴行、こんな組織から何を得られるのか分からない。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

戦争だと?今のお前たちは単に迸る火種に過ぎない。本当の戦争というものがどんなものなのかお前は知っているはずだ。

W
W

そんなこと言わないでよ。私達も一生懸命働いてるのよ。それにレユニオンの間でも違いはあるわ。

W
W

前の上司のほうがもっと純粋なものだったけど、それでも私は何でも楽しめるわ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

どうしてもと言うなら…そうだな、タルラの剣術を教えてもらいたいところだ。

W
W

あの龍女なの?彼女を褒めたくはないけど、あなたにはほとんど勝ち目は無いわよ。

W
W

それに彼女に剣術を教わる?彼女に近づく前に消し炭になるわよ?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

分かっている。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

もちろん分かっているさ。お前の要求を拒否すれば包囲を突破出来る機会が同じくらい低いこともな。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

それでどうなると思う?窒息しそうな圧迫と束縛の中から抜け出してこそ、俺はようやく一歩をすすめるのかもしれない。

W
W

あなた…一体いつからそんな情緒的になったのかしら?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

俺はただ自分の生きがいを求めているだけだ。

W
W

そう、もうどうでもいいわ。あの龍女のことは構わないで単純に傭兵隊に入ったらどう?

W
W

古い仕事なら、あなたもきっと上手くいくわよ。それにあなたが好きじゃない上司ももう死んだわ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

お前は信用できない。お前と俺は互いに多くのことを隠している。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

…ああ、良いところがあるんだ。そこはレユニオンよりも俺の刃を研ぐことに適している。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

俺は見たんだ。少し前にな。お前が外のサルカズ人と取引する場面を。だが、それ以上にあいつらの戦いが俺の胸の鼓動を高鳴らせた。

W
W

そんなことあったかしらねえ?!

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

あいつが最後にお前に消されたとしても事実に変わりはない。依然としてな。隠しても無駄だ。

W
W

ふん。

W
W

あなたには負けたわ!良いわ、私は確かに彼と口頭で約束し、彼に私の上司をやらせた。私が仕事をするのにそれが便利だったから。

W
W

みんな古くからの知り合いなんだから、面子の一つぐらい売ってやるわよ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

だがやつらを見逃すことは出来なかった。

W
W

少なくとも私は彼が守りたいという人は見逃したわ。

W
W

彼に約束したの。ロドスの救援隊に助けを提供してやるって――でも、これは私が彼を殺すことと何か関係があるのかしら?

W
W

それに、私にも自分の計画がある。釣り糸は長く持つべきだわ。だけど手にある獲物を逃がすわけにはいかない。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

そうだったとしても、彼はお前でもなかなか手に入らない精鋭の戦士を退治した。

W
W

もういいわ!この件について思うと腹が立つわね!

W
W

せっかく会った旧知の仲で仲良く出来ると思っていたのに結局は食うか食われるかなので。私は悲しいわ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

…W。そろそろ手を付けなければ。長引くと規定の計画に影響します。

W
W

そうね、みんな時間が迫っているわ…本当にあなたは考えを変えるつもりはないの?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

当然だ。

W
W

最後の質問、今のあなたの雇い主は誰?あ、ごめんなさいね、どうせあなたは言わないんでしょう。

W
W

だけど大体は予測できるわ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

そうか。やつらはそれほど有名ではないと思っていたんだがな。

W
W

私の旧知の仲の人はそこに多くいるの。私の旧知の仲の人は至るところにいて、それはあなたも同じ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

話の辻褄があっていないな。

W
W

私が言いたいのは、私はあなたの昔の傭兵部隊が消された理由を知っているかもしれないということ。

W
W

親愛なる刀術士の隊長が、そのような陰謀を企て、あなたを今のようにして人があなたの行くところにいるかもしれないわよ?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

そうか?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

そうなのか…。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

面白い。

W
W

あはは!あなた知らなかったの!当然よね、私もさっき知ったばかりだし。

W
W

すぐに分かるわ。事情はあなたが考えているほどに簡単では無いということを。

W
W

あなたがどうするか楽しみにしているわ。あは、あなたはいつも何かするから。

レユニオン術士
レユニオン術士

W!いつまで待てばよいのですか?!

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

…。

W
W

事実、私のサルカズは手を出さないわよ?仕事をするのであれば自分たちでやりなさい。

W
W

刀術士――いえ、フレイムブリンガー、この後の戦いであなたは死ぬかもしれないわ。

 

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

久しぶりの死線だ。とても興奮する。

W
W

久しぶり?そういえば傭兵隊の全滅はあなたを冷酷にはさせなかったのね。逆にあなたを楽しくさせたのかしら?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

俺はお前と似ている場所はない、W。快楽は求めるべき目標ではない。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

『前回は』多くのものを失ったが、俺の目の前にある道は明るく澄んでいる。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

今回は、俺を失望させてくれないでくれよ。

W
W

あなた、笑っているのね。

W
W

今回は命は助けてやると言ったらあなたは信じるかしら?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

俺もそれをお前に聞きたかったところだ。

ドーベルマン
ドーベルマン

契約内容には――正式に艦に乗る前にレユニオンと正面衝突しろとは要求していないが。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

それは俺の個人的な理由だ。

ドーベルマン
ドーベルマン

私は感染者と感染者の問題を解決しようとする様々な人材を歓迎はするが、規則や規約に違反する人は絶対に入れることはない。

ドーベルマン
ドーベルマン

私達は当時の具体的な状況を知らないので、このことは試験の内容に組み入れることはしなかったが。

ドーベルマン
ドーベルマン

次はないぞ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

必要があればお前たちの方法で対処するがいい。

ドーベルマン
ドーベルマン

既に処理済だ。お前の動機と個人的は要求は考慮はしない――というよりも、

ドーベルマン
ドーベルマン

お前がロドスで受け入れられないと判断したのであれば、もしお前が高尚で正直だったとしても私達はフェンスを開くことはない。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

良いだろう、俺の個人的な要求に過ぎないのだから。

ドーベルマン
ドーベルマン

ああ、良いだろう。ではロドスにようこそ。

ドーベルマン
ドーベルマン

言っておくが、お前の行動は一つ一つが周囲のオペレーターに影響を与えることに鳴る。周りのオペレーターもお前の行動に対して行動をする。

ドーベルマン
ドーベルマン

だが規則を守るのであれば、ロドスはお前に寛容に対応をする。お前の過去がどんなものであってもだ。

ドーベルマン
ドーベルマン

だが反対に、オペレーター『フレイムブリンガー』、お前が少しでもおかしなことをしたら…。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

ああ。

ドーベルマン
ドーベルマン

これから、医療部門に連れて行く。お前に会いたい人がいるようだ。

プレイヤー
プレイヤー

・――君は?

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

…。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

お前は…。

プレイヤー
プレイヤー

・ごめんなさい、通して下さい…。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

…ふん。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

本当だったようだ。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

W、お前は正直者だな…。

フレイムブリンガー
フレイムブリンガー

長く生きていると良いことがあるものだ。

タイトルとURLをコピーしました