タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】リード(苇草 Reed)の詳細(性能やスキル、プロファイル)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業先鋒レアリティ★★★★★
性別身長172cm
精通軍事理論,詩歌,槍術,オリジ二ウムアーツ(生命)出身ヴィクトリア
戦闘経験歴7年種族ドラク
誕生日10月16日所属機関ヴィクトリア
イラストレーターSTAR影法师CV 
オリパシー感染状況
体表に源石結晶の分布を確認。メディカルチェックの結果、感染者に認定。
客観的経歴
身元不明、経歴欠損。ヴィクトリア小丘郡の戦争跡で、鉱石病感染者として医療オペレーターに救出、保護された。
鉱石病以外の負傷から回復した後、テストにおいて卓越した戦闘スキルと強いアーツ能力を見せた。
現在はロドスに留まり経過観察中。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度(1.0s)
初期コスト10最大強化時コスト12
再配置時間遅い(70s)  
特性
敵を倒す度所持コスト+1

撤退時に初期配置時のコストを返却

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期8702401640
初期最大12093542290
昇進1最大15504722980
昇進2最大22155623640
信頼度最大 70  

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+25再配置時間-6秒コスト-1

素質

素質名解放段階効果
退魔の血昇進1術耐性+10
昇進2術耐性+20

スキル効果

スキル1

迅速攻撃γ自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
104535攻撃力+20%、攻撃速度+20
244攻撃力+22%、攻撃速度+20
343攻撃力+24%、攻撃速度+20
4542攻撃力+27%、攻撃速度+25
541攻撃力+29%、攻撃速度+25
640攻撃力+31%、攻撃速度+25
71039攻撃力+34%、攻撃速度+35
特化138攻撃力+37%、攻撃速度+35
特化237攻撃力+40%、攻撃速度+35
特化31535攻撃力+45%、攻撃速度+45

スキル2

マナスパーク 自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1104020攻撃力+30%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
21121攻撃力+35%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
31222攻撃力+40%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
4133923攻撃力+45%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
51424攻撃力+50%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
61525攻撃力+55%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
7163826攻撃力+60%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
特化1173727攻撃力+65%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
特化2183628攻撃力+70%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1
特化3203530攻撃力+80%、攻撃する度追加で攻撃力の15%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
一人きり初期宿舎宿舎休養時、自身の体力回復速度が1時間ごと+0.7
身代わり昇進2制御中枢
制御中枢配置時、制御中枢内のオペレーターの体力消費が1時間ごと-0.05

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容COST+2/スキルマナスパーク習得/素質退魔の血開放
必要素材/LvLv龍門幣初級先鋒SoC初級アケトン初級エステル
5020000443
昇進2強化内容ステータス上限解放/素質退魔の血強化
必要素材/LvLv龍門幣上級先鋒SoC上級源岩マンガン
701200003912

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】標準
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】優秀
【アーツ適正】卓越

関連アイテム

潜在上昇の印

リードの潜在能力を高めるために使用する。

日記に書かれた短い詩。筆跡は細く美しいものだが、内容は痛々しい。

求人契約

ロドスに収容された患者であるリードは、信頼できる人のために個人としても援助をしたいと願っている。

だが、彼女を運用するというのは彼女を保護するよりも危険なことだ。

 

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】9%
体表に少量の源石結晶の痕跡が見られる。

【血液中源石密度】0.27u/L
……本当にひどいんだ、リードさんの感染状況は!
鉱石病はものすごいスピードで彼女の身体を侵食していて、外皮系の結晶化速度も正常値を大きく超えている!ど、どうすれば……
-医療オペレーターススーロ

第一資料

文章表示

【アーツ概要】
貴方、これを火と呼びますの?いいですか、他の理論術師か火を扱う術師、あのイフリータにでも聞いてごらんなさい…

「こんなものも火と呼ぶべきか?」って。
もう一度申し上げますわ。燃焼は単なる反応で、わたくし達は直接にアーツで燃焼を制御しているのです。

貴方が持ってきたこれは、違います、全然違うのですわ。よくご覧なさい、この分解図……燃焼現象は単なる副作用に過ぎませんわ!

実際、この生体組織は、自身の強烈な活性に耐えられず自然発火を起こしたものですから。火そのものとは全く関係ありませんわ。

簡単に申しますと、最初の段階で、彼女が触れた生体組織はすべて急速に活性化します。第二段階では、生体組織の代謝はかなりのスピードで加速します。そして第三段階では、巨大なエネルギーが放出されます。

彼女のすべてのアーツ展開に火が伴っていると仰るなら、いいでしょう。もう三ヶ月ちょうだい。そのメカニズムを解明できるかもしれませんわ。でも、わたくしからはっきりと申し上げられるのは……

彼女のアーツは火ではなく、生命現象そのものにありますのよ。
――術師オペレータースカイフレアの実験室録音より

第ニ資料

文章表示

【注意事項】
……
4.
スカジやレッドなどと違い、リードはチームワークを得意としており、戦場指揮官として不足はない。

しかし、彼女のコミュニケーションへの拒否は自発かつ主観的であるため、日常生活では、彼女と接触するにあたり、申請書を提出し、承認を得る必要がある。
……

6.
指定のオペレーターが同伴しない限り、バグパイプとリードの単独接触は禁止とする。

7.
リードのアーツに関する研究を一旦中止とし、可能な限り医療部門の要望に答える。鉱石病を人為的に加速させる操作の可能性を見直し、その源を辿ねばならない。
……

第三資料

文章表示

【権限記録】
ひとつだけ方法がある。彼女の存在を誰にも漏らすな。
――ケルシー

第四資料

文章表示

【抜粋された記録】

「……次は、資料の六ページ目を開いてください。 緒言について昨夜皆さんに予習していただいたはず。

ライオンたちは同じく王と自称し、ドラコとアスランはそれぞれ平等な機会を得ました。このいにしえの条約が結ばれた後、彼らは等しくヴィクトリアの 唯一の君主になる資格を手に入れました。ドラコは武力と欲望を象徴し、アスランは権力と秩序を象徴します。長い歴史の中、ヴィクトリアはこの両者を含む三つの力によって支配されていると考えられてきました。

王位継承でどれほどの血が流れ、どれほどの争いが起こるかについてはさておき……周知の通り、過去も今も、ヴィクトリアは閉鎖かつ友好的な独立国家ではありません。アスランはサルゴン、リターニア 、そして天災で消滅した国々から生まれた種族です。日に日にその勢力を強めているドラコたちがヴィクトリアと無関係の種族を黙って受け入れる理由はありません。ましてや彼らに国の支配権を渡すはずもないでしょう。

アスランとドラコ間の条約は、平和で神聖な環境で結ばれるはずありませんでした。史実の残酷な部分は、伝説の序章としてあやふやにされ、流浪歌手や吟遊詩人の口々で伝わってきた逸話は公式記録より遥かに真実に近いです。しかし伝説と歴史は常にどこか近い存在です。現代国家のヴィクトリアではありますが、その古き 伝統によって維持されています。

今から二十年以上も前に、ドラコの血筋は既に絶たれたと考えられていました。ヴィクトリアに対するアスランの確固たる支配を脅かす者はもはや存在しません――。その後のことについて、皆さんは既に先月二回目の授業で習ったはずです。

しかし、今日の授業のテーマはヴィクトリアの現状ではありません。皆さんに考えていただきたいのは、「ドラコとアスランの条約は王冠よりも目立つ場所に刻まれているというのなら、一人でもドラコの末裔が生き残っていたら、反アスラン勢力は何をするのか?」 分解された国、同化された民族、征服された文明……すべてが新しい旗を待っています。

ただ、指導者の性質によって、これらの勢力の最終的な理念と規模は大きく異なってきます。
さて、皆さんに気をつけてほしいことが一つあります――歴史というものは現在進行形です。事態の変化の行先は必ずしも指導者の出身によって決められるとは限りません。

なぜなら……。
あれ、もうこんな時間……今日はここまでにしましょう。来週の授業について、十四ページをご覧ください。あるドラコゲル王の生涯を読み解いて、その歴史で記載されたイメージと伝説で伝わってきたものがどれほど違うのか見てみましょう。その後は原因についても議論しようと思います。

イースチナさん?どうぞ。
ああ、もちろんです。歴史は今現在各事件が起きた原因です。私個人的に気になることにつきましては……

レユニオンが一部の政治団体にその存在を示す時、ほとんどの権力者は感染者が力を示そうとしている事実に注目します。しかし、ほんの一部の人にとって、レユニオンのリーダーが顔を出しただけで、彼らがすぐに行動を取らなければなりません。加えて最近ロドスが秘密裏に引き取った患者のことを考えれば、ライオンたちがある時から姿をくらまし、滅亡したと思われるドラコの末裔は急に二人も出てきた後、ヴィクトリアがまたどんな厄介事に晒されるのか、実に見ものですね。

ああ、もし証言が本物なら……三人になりますね。」

――ロドスの講義録音より、四十三、帝国実体史、 担当講師ヒュパティア

昇進2解放

文章表示

「ん?彼女のことは知らない。彼女も私のことを知らないだろう?
貴様は私達の間に共通点を見出そうとしているな?やめておけ。
ダグダはどこかで見たことあると言っている?ならばダグダに聞くんだな。
ああ、すまない。そのうち私の知っているすべてを貴様に教えるつもりだが、今はまだその時ではない。
それに、彼女については本当に何も知らないのだ。いや、失礼には当たらない。私の意見を聞いただけだろう?特に不快はない。

……
少し待て、ドクター!
考えてみたが、彼女がこれ以上の事情を明かしたくない理由は、当初の私とあまり変わらないのかもしれん。
まず、貴様を信用するべきかどうか、どこまで信用できるかはわからない。
ロドスに来たばかりの私が見知らぬ人を警戒していたのと同じだ。
もう一つの理由も、単純なことだと思う。
今この秘密を教えたら、貴様は本当に殺されかねないな。
くれぐれも気を付けろ。」

――シージとの会話記録より

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクター、これが今回の資料。私の書類仕事が珍しい?本当は、戦闘よりも文字を書く方が…好きなんだけど……
会話1ドクター、窓の外を見て、夜……静かな夜。今まではどの夜を切り取っても、それは、炎に照らされた焦臭いものだった。だけど、こんな夜なら、心も落ち着く……
会話2赤い髪のヴィーヴルの子が、ずっと私を睨んでくる……私の正体を疑っている?でも、彼女は何の証拠も持っていない……ふん、見つけさせたりしないわ
会話3定期健診の時間?わ……わかった。でも私は、医者は信用できない。検査が必要なら……君に、診て欲しい。
昇進後会話1君たちからの質問がたくさん、でも私は、どれにも答えられない。それは君のため、そして、君たちへの忠告でもある……しっかり弁えていてほしい。
昇進後会話2私は強い。自分の力の恐ろしさをよく知ってるの、でも私は……それが嬉しいことだとは思わない。君が望むなら、戦うけど……
信頼上昇後会話1この槍……私はあまり使いこなせていない。それでも多くの命を奪ってきた。罪悪感?それはない……私たちの命はみんな同じ、価値のないものだから。
信頼上昇後会話2鉱石病は……気にしていない。鉱石病がなければ、ここで暮らすことも無かったから。……命を奪われる?それも気にしていない。この大地に、命を奪うものは数え切れないほどある、どうして、どうしてその中の一つだけに固執するの?
信頼上昇後会話3私は影、それはいいの。影だからこそ、名も正体も隠してここにいられる……だけど、だけどもし、私と同じ姿、同じ顔の人が君に会いに来たら、その人とは戦わないで。死んで、しまうから。君に、死んで欲しくない……
放置私が君の夜を守る……だから安心して眠って……おやすみなさい。
入職会話私を助けたのは……君たち?私の名前?……リードでいい、水辺の藁のような、どうなってもいい存在……
経験値上昇君たちの戦いは、とても過酷……でも、これで多くの人が生きていける。
昇進1進め、ダブリンの戦士たちよ!……いつもそんなことを言わされていた、でも本当は、嫌だったんだ……
昇進2私の心に平穏を与えるという君の夢、私も……それを叶えるための力になりたい。私がダブリンの火を煽動すれば、それは、君のために、闇を切り開く炎の道になるよ。
編成時戦火が荒野を焼き尽くす……
隊長任命君の言うことだから、もう他人の命を軽んじたりはしない……
作戦準備では私たちは命を刈り取りに……
戦闘開始君たちは藁みたいにすぐ熱くなる……
配置2私の炎は熱いよ……
選択2私がここにいること、誰にも見られてないよね……?
配置2ああ……
配置2ただ灰燼に帰すのみ……
作戦中1活けし火炎がお前たちの穢れた身の内を浄化する。
作戦中2私がダブリンだ。
作戦中3私がダブリンだ!
作戦中4姉さん……
星3で戦闘終了果てなき戦い、燻り続ける火種……君の本当の望みはそれじゃないはず、そう……だよね?
星3で戦闘終了私たちの願いのためなら、どんな戦いでも我慢するよ。
星2以下で戦闘終了戦場からは何も得られない。帰ろう、さあ、早く帰ろう……
任務失敗ダメ。誰であろうと、君を傷つけさせるわけには……絶対に。
基地配属一人部屋をお願いしてもいい?狭くても大丈夫だから……
タッチひっ……
信頼タッチドクター……私の体温で、火傷してしまわない?
タイトルアークナイツ
挨拶ドクター…ああ、別に。

オペレーター紹介文

リードはロドスに受け入れられた一般の源石病患者ということ以外、素性は不明となっている。

解説動画

タイトルとURLをコピーしました