アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】リード(苇草 Reed)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職ヴァンガードレアリティ★★★★★
職業身長172cm
精通軍事理論,詩歌,槍術,オリジ二ウムアーツ(生命)出身ヴィクトリア
戦闘経験歴7年種族ドラク
誕生日10月16日所属機関ヴィクトリア
イラストレーターSTAR影法师CV
オリパシー感染状況
体表のオリジ二ウム結晶や医学報告書から感染者であることが明らかになっています。
客観的経歴
リード、身分不明、経歴無し。リードはオリパシー患者として、ヴィクトリア小丘郡の戦場跡の廃墟から医療オペレーターによって救出、収容された。オリパシー由来ではない傷が回復した後、テストにて高い戦闘テクニックと強力なオリジ二ウムアーツを見せた。現在は艦に留まり確認を行っている。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度(1.0s)
初期コスト10最大強化時コスト12
再配置時間遅い(70s)
特性
敵を倒す度所持コスト+1
撤退時に初期配置時のコストを返却

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期8702401640
初期最大12093542290
昇進I最大15504722980
昇進2最大22155623640
信頼度最大70

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+25再配置時間-6秒コスト-1

素質

素質名解放段階効果
退魔の血昇進I術耐性+10
昇進2術耐性+20

スキル効果

スキル名スキル内容
迅速攻撃γ発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP15,必要SP35/35秒
効果攻撃力+45%,攻撃速度+45
マナスパーク発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP20,必要SP35/30秒
効果攻撃力+80%、
攻撃する度追加で攻撃力の35%の術ダメージを敵に与える。敵を倒す度所持コスト+1

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
一人きり初期宿舎宿舎休養時、自身の体力回復速度が1時間ごと+0.7
身代わり昇進2制御中枢
制御中枢配置時、制御中枢内のオペレーターの体力消費が1時間ごと-0.05

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容ステータス強化/配置コスト+2/スキル「マナスパーク」習得/素質「退魔の血」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級先鋒SoC初級アケトン初級エステル
5020000443
昇進2強化内容ステータス強化/素質「退魔の血」強化/基地スキル「変わり身」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級先鋒SoC上級源岩マンガン
701200003912

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】良好
【戦場機動】良好
【生理的耐性】標準
【戦術計画】良好
【戦闘技術】良好
【オリジ二ウムアーツ適正】卓越

関連アイテム

潜在上昇信物

リードの潜在能力を高めるために使用する。

日記に書かれた短い詩。筆跡は細く美しいものだが、内容は痛々しい。

求人契約

ロドスに収容された患者であるリードは、信頼できる人のために個人としても援助をしたいと願っている。

だが、彼女を運用するというのは彼女を保護するよりも危険なことだ。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭はぼやけており、異常な影が見られます。また循環器系内源石粒子検査からも異常を検出しており、オリパシーの感染の兆候もあるため、現段階ではオリパシーの感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】9%

リードの体表には僅かにオリジ二ウムの結晶の後が見られる。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.27u/L

…あまりにもひどい。リードさんの感染状況は決して楽観視出来るものではありません。オリパシーは彼女の体を急速に蝕んでいます。皮膚系の結晶化速度も通常値を大幅に上回っており、ど、どうすれば良いのか…。

――医療オペレーター”ススーロ”

資料1

文章表示

【オリジ二ウムアーツ一覧】

これは火と言うべきなのでしょうか?他の理論的な術師や火を扱う術師に聞いてみても良いかもしれませんわ。例え、あのちびのイフリータであっても…イフリータにも聞いてみて下さい。これは本当に火というものかしら?

もう一度言いますわよ、燃焼というのはただの反応、端的に言うととオリジ二ウムスキルで燃焼自身を制御していますの。あなたが持ってきたこれは、そういうものではありませんわ。

これを見てから、分析図を見て下さい。注意深く…。燃焼現象は副作用というだけですのよ!実際、この生体組織は自身の強い活性に耐えられず燃えています。炎そのものとは関係が無いのですわ。

簡単に言えば第一段階で彼女が触れた生体組織は全て急速に活性化し、第二段階で生体組織の新陳代謝を早めて、第三段階で大きなエネルギーで爆発をさせる。

彼女の全てのアーツ行動で火が着いているというのであれば。

いいですわ。私に後3ヶ月時間を下さい。そうすればどういう原理なのか分かります…。

彼女のアーツは火では無く、生命現象そのものであるということが。

――術師オペレーター”スカイフレア”の実験室での録音

資料2

文章表示

【注意事項】

….

4,スカジやレッドといったオペレーターとは異なり、リードはチームでの協力が得意で、十分に戦地指揮官を担当出来る。しかし、交流に対する反発は物理的かつ、自発的なものも主観的のため、日常生活の中でのリードとの交流は申請を提出し承認を得る必要がある。

6,オペレーター「風笛」と「リード」は指定されたオペレーターが同行しない場合には単独で接触することは出来ない。

7,しばらくはリードのオリジ二ウムアーツの技術研究は中止、できるだけ医療部門での需要を満足させる。オリパシーの急性触媒における操作性を見直す必要あり。操っている元を探し出す。

資料3

文章表示

【アクセス履歴】

方法は一つしかない。彼女は誰にも見つからないようにしておけ。

――ケルシー

資料4

文章表示

【選定済み記録】

「…では、講義の6ページを御覧ください。序論は昨日の夜に予習していただいたはずです。

ライオンたちは自身は王であると主張し、ドラクとアスランにそれぞれ平等な機会を与えました。この古い条約が結ばれた後に、彼らはヴィクトリアの唯一の君主に慣れる資格があります。

ドラクは武力と渇望を象徴し、アスランは権力と秩序を象徴しています。無数の世代の中でヴィクトリアはこの2つを含めた3つの力によって左右されていると信じられているのです。

王位継承はともかくとして、どれほどの生臭い風雨が引き起こされたのか?ヴィクリアは昔から友好的な独立王国では無いことが知られています。

アスランはサルゴンやレタニアに起源があり、天災によって滅ぼされた国でもあります。

中天的な勢力を持つドラク達にはヴィクトリアとは無関係の種族を平和的に受け入れる理由はありませんでした。

アスランとドラクの条約は平穏と神聖な環境にあるものとは言えるはずが無いですが、史実においては残酷な部分は、伝説の序章としてあっさりと書かれているだけのものです。これは流れ歌手や歌人の口コミによる記述から公式資料よりもずっと鮮明に分かっています。

しかし、伝説と歴史には似通っている部分もあります。

近代国家であるヴィクトリアはその古い統治の伝統によって守られており、二重数年前にドラクの血は途絶えたとされていて、アスランによるヴィクトリアの支配を脅かすものは誰もいませんでした――。

その後のことは皆さんは先月の二時間目に中学校で学んだはずです。

ヴィクトリアの現状というものはこの授業においての重要なポイントではありません。

皆さんには考えてもらいたいところなのですが、ドラクとアスランの条約というものは王冠を手に入れるということよりも目立つところに記載がされています。

ドラクがもし生きているとすれば、アスランに反対をする実体としては何を意味するか?バラバラになった国家、同化された民族、制服された文明…全てが新たなフラッグとなるでしょうね。

ですが、指導者の性質によっては、これらの勢力が最終的に形勢する理念と実力の規模にはかなりの差があることでしょう。

ですが、私はこれまでと変わりなく、皆さんには注意をしておきたい。歴史というものは私達の身近で起きていることなんです。事態の変化と行方は必ずしも決定者の出身によって決められるものではありません。なにしろ…

ん?もうこんな時間ですか…。今日の授業はここまでにしましょう。来週の授業は14ページのとあるドラクゲール王の身の上を知ることとし、彼の歴史の中においての姿と伝説の違いを見ることにしましょう。そしてその後の成り行きについても考えましょう。

イースチナさん?どうぞ。

ええ、当然です。歴史は現在の様々な事件の原因でもあります。個人的なところとしては…。

レユニオンが部分的に政治的実体で自分の存在を宣言した時、多くの政策立案者は感染者が力を見せようとすることに反応を示します。そのような場合でも一部の人はレユニオンに指導者が現れたというだけで、すぐに行動しろと迫ってくるでしょう。

最近では、ロドスに秘密裏に接収した患者に加え、ライオン達はある時から顔を出さなくなりました。もう世継ぎが耐えてしまっているドラク族も突然、2体の活動的な赤い竜が現れたとも。

ヴィクトリアではまた何か厄介なことが起こるのかもしれません。

まあ、証言が事実なのであれば…3つの何かがあるかもしれませんね。

――ロドスでの授業を録音したもの、43、帝国実体史、講師”ヘタリア”

昇進2解放

文章表示

「何?彼女は知らないな。彼女も私を知らないだろう?

私達になにか共通点があるかだと?可能性はあるかもしれないが。

ダグダは彼女に見覚えがあると行ったのか?ならばダクダ達を探したほうが良いだろう。

すまない。時が来たら私が知っている全てを教えるが、今ではない。いや、お前は私を怒らせてはいない。私に意見を聞くということに関して反感は持っていない。

….

すまない、ドクター!足を止めてくれ。

少し考えてはみたが、このお嬢さんは多くの情報を漏らしたくは無いのだろう。私の初めて感じた気持ちとそれほど違いは無いかもしれない。

一つは彼女はあなたを信頼すべきなのかどうかを知らない。何処まで信頼すべきなのかも。丁度、ロドスに入った当時の私のように誰も知らない人を信じることは出来ないように。

もう一つの理由は簡単なものだと思う。

今、お前にこれらの秘密を教えるということは本当にお前に災いをもたらすかもしれないということだ。気をつけてくれ」

――オペレーター”シージ”との会話記録

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクター、これが今回の資料。私の書類仕事が珍しい?本当は、戦闘よりも文字を書く方が…好きなんだけど……
会話1ドクター、窓の外を見て、夜……静かな夜。今まではどの夜を切り取っても、それは、炎に照らされた焦臭いものだった。だけど、こんな夜なら、心も落ち着く……
会話2赤い髪のヴィーヴルの子が、ずっと私を睨んでくる……私の正体を疑っている?でも、彼女は何の証拠も持っていない……ふん、見つけさせたりしないわ
会話3定期健診の時間?わ……わかった。でも私は、医者は信用できない。検査が必要なら……君に、診て欲しい。
昇進後会話1君たちからの質問がたくさん、でも私は、どれにも答えられない。それは君のため、そして、君たちへの忠告でもある……しっかり弁えていてほしい。
昇進後会話2私は強い。自分の力の恐ろしさをよく知ってるの、でも私は……それが嬉しいことだとは思わない。君が望むなら、戦うけど……
信頼上昇後会話1この槍……私はあまり使いこなせていない。それでも多くの命を奪ってきた。罪悪感?それはない……私たちの命はみんな同じ、価値のないものだから。
信頼上昇後会話2鉱石病は……気にしていない。鉱石病がなければ、ここで暮らすことも無かったから。……命を奪われる?それも気にしていない。この大地に、命を奪うものは数え切れないほどある、どうして、どうしてその中の一つだけに固執するの?
信頼上昇後会話3私は影、それはいいの。影だからこそ、名も正体も隠してここにいられる……だけど、だけどもし、私と同じ姿、同じ顔の人が君に会いに来たら、その人とは戦わないで。死んで、しまうから。君に、死んで欲しくない……
放置私が君の夜を守る……だから安心して眠って……おやすみなさい。
入職会話私を助けたのは……君たち?私の名前?……リードでいい、水辺の藁のような、どうなってもいい存在……
経験値上昇君たちの戦いは、とても過酷……でも、これで多くの人が生きていける。
昇進I進め、ダブリンの戦士たちよ!……いつもそんなことを言わされていた、でも本当は、嫌だったんだ……
昇進2私の心に平穏を与えるという君の夢、私も……それを叶えるための力になりたい。私がダブリンの火を煽動すれば、それは、君のために、闇を切り開く炎の道になるよ。
編成時戦火が荒野を焼き尽くす……
隊長任命君の言うことだから、もう他人の命を軽んじたりはしない……
作戦準備では私たちは命を刈り取りに……
戦闘開始君たちは藁みたいにすぐ熱くなる……
配置2私の炎は熱いよ……
選択2私がここにいること、誰にも見られてないよね……?
配置2ああ……
配置2ただ灰燼に帰すのみ……
作戦中1活けし火炎がお前たちの穢れた身の内を浄化する。
作戦中2私がダブリンだ。
作戦中3私がダブリンだ!
作戦中4姉さん……
星3で戦闘終了果てなき戦い、燻り続ける火種……君の本当の望みはそれじゃないはず、そう……だよね?
星3で戦闘終了私たちの願いのためなら、どんな戦いでも我慢するよ。
星2以下で戦闘終了戦場からは何も得られない。帰ろう、さあ、早く帰ろう……
任務失敗ダメ。誰であろうと、君を傷つけさせるわけには……絶対に。
基地配属一人部屋をお願いしてもいい?狭くても大丈夫だから……
タッチひっ……
信頼タッチドクター……私の体温で、火傷してしまわない?
タイトルアークナイツ
挨拶ドクター…ああ、別に。

 

タイトルとURLをコピーしました