アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【アークナイツ】ブローカ(布洛卡 Broca)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「キアーベがここに入るって決めたからには俺に文句なんて無いさ。俺のことはブローカと呼べばいい。お前の指示には従うが、それ以上のことは期待しないでくれ。お前たちのような大きい組織には良い印象なんて一つも無いからな」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職ガードレアリティ★★★★★
職業身長189cm
精通木工、電気工、交渉(恐喝)出身シラクーザ
戦闘経験歴5年種族フェリーン
誕生日2月4日所属機関ロドスアイランド
イラストレーターInfukunCV鳥海浩輔
オリパシー感染状況
体表に分布しているオリジ二ウムの結晶と医学報告書を参照したところ、感染者であることが明らかになっています。
客観的経歴
シラクーザのとあるファミリーの元構成員、後にキアーベ一味のメンバーに。
ある事件後、頭領のキアーベと共にロドスに加入。現在は特攻隊員として、戦線で活躍している。

基本ステータス

ブロック数2→3攻撃速度普通(1.2s)
初期コスト19最大強化時コスト23
再配置時間遅い(70s)
特性
ブロック中の敵全員を同時に攻撃

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期10643081550
初期最大13654282220
昇進I最大17515793000
昇進2最大23357623660
信頼度最大+80

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+28素質効果強化配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
ドリル強化昇進I敵を2体以上ブロック時、攻撃力、防御力+6%
昇進2敵を2体以上ブロック時、攻撃力、防御力+12%
昇進2 潜在5敵を2体以上ブロック時、攻撃力、防御力+14%

スキル効果

スキル名スキル内容
ターンオン発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP20,必要SP50/30秒
効果攻撃力+80%、通常攻撃が術攻撃になる
ハイボルテージ発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP20,必要SP35/25秒
効果通常攻撃の間隔が延長(+65%)。攻撃範囲拡大、攻撃力+190%、通常攻撃が術攻撃になり、攻撃対象を1秒足止めする。
効果時間終了後5秒間スタンする

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
前衛エキスパートα初期訓練室訓練室で協力者として配置時、前衛の訓練速度+30%
前衛エキスパートβ昇進2訓練室訓練室で協力者として配置時、前衛の訓練速度+50%

昇進強化内容/必要素材

昇進I強化内容ステータス強化/配置コスト+2/スキル「ハイボルテージ」習得/素質「ドリル強化」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC装置初級異鉄
5020000444
昇進2強化内容ステータス強化/配置コスト+2/素質「ドリル強化」強化/基地スキル「前衛エキスパートβ」強化
必要素材/LvLv龍門貨上級前衛SoC上級糖原砥石
701200003713

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】良好
【戦場機動】普通
【生理的耐性】標準
【戦術計画】普通
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇信物

ブローカの潜在能力を高めるために使用する。

とある精巧なシラクーザの白の縮小景観モデル。あなたのオフィスにそっと置かれており、翌日出勤した際に発見した。

求人契約

ロドス近衛オペレーターのブローカは前線から他のオペレーターを守る。

彼はただ怖そうに見えるだけだ。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、このオペレーターの体内の臓器の輪郭はぼやけており、異常な影が見られます。また循環器系内源石粒子検査からも異常を検出しており、オリパシーの感染の兆候もあるため、現段階ではオリパシーの感染者であることが認められます。

【体細胞オリジ二ウム融合率】7%
体表にはオリジ二ウムの結晶が表れているものの、程度は重くなく、コントロールは効果的なものとなっている。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.26u/L

状況は安定しているものの、治療が遅れているため症状は悪化する可能性がある。

資料1

文章表示

無口で寡黙なフェリーンの男性。

いつも険しい表情をしており、近寄りがたい雰囲気があるが、交流を深めることでかなり温厚な人物であることが分かる。

険しい表情をしていた理由は、かつてのファミリーで討ち手だった時にリーダーにそうしろと要求されていたかららしい。

資料2

文章表示

ロドスに加入した後も、オペレーターのブローカはロドスに対する反感を隠そうとはしなかった。これは他のオペレーター達の不満を引き起こしたが、これには理由が無くそうしているという訳ではない。

正確に言えば、彼の反感はロドスに対してではなく、全ての大きな組織だ。オペレーターのアオスタが提供したグループの過去の経歴によると、彼がキアーベのグループに加入したのは元々所属していたファミリーが彼を裏切ったためで、その後にキアーベとアオスタに救われた。

このようなことから、彼はキアーベとアオスタを重要視し、大規模な組織に対して反感していることは理解出来ないものではない。

ロドスは従業員を捨てて、利益を得るような組織では無いが、彼にこういう点を理解させるには時間が必要かもしれない。

資料3

文章表示

戦場では凄まじい一面を見せるが、それ以上に驚くのは工作の腕だ。

裁縫が得意なアオスタとは異なり、彼が得意なのは軽工業的な制作で、素材さえあれば、彼は要求通りに様々な機材や道具を作ることが出来る。

こういったポイントが他のオペレーターに見つかり、伝播された結果、オペレーターのブローカが一躍オペレーターの中で注目の人物となった。いくつかのイベントの日や重要な場所での装飾も彼の手によるものだ。

更に重要なこととして、彼は一連のイベントを通じて、ロドスでの立ち位置を次第に見つけていった。そして後方勤務部からも武器を置き、作成に専任してほしいという声も聞こえている。

つまるところ、管理層は彼のために工作台と付属の設備を購入したのだ。

資料4

文章表示

昇進2解放

文章表示

ブローカ本人が言った「命令されること自体は別に良いが、理由も知らないまま戦わされるのは気に入らないな」と。

これにはロドスに警戒心を置きながらも帰属感を持つという彼のロドスに対する態度がはっきりと感じることが出来る。

ロドスの敵は彼の敵であり、ロドスの仲間は彼の仲間であり、ドクターに対する厳しい不信感は監督となっており、他のオペレーターに対する彼の信頼度も表しているが、彼は自身をロドスの一員としては見ている。

ロドスに入るオペレーターはロドスの理念を認めてはいるものの、今私達の元にいるオペレーターのほとんどはこの2年で吸収した新しい血とも言えるオペレーターがほとんどで、本当の意味で私達の元にいるオペレーターというのはまだ少数だ。

原則としてロドスはロドスの利益を損なわない範囲であれば、私達はどんなことがあろうとオペレーター達の踏み台にはなる。しかし、真にロドスを愛している戦士達が次々と戦火の中で倒れていくのであれば、ロドスは新たな力を養う必要があるだろう。

当然、これにはロドスの一貫した原則を維持し、更に良くしていかなければならないという意味が含まれている。

そうしてこそ、ブローカのような人材が安心してここで暮らすことができ、私達は足元がでこぼこな道でも遠くまで歩くことが出来るのだ。

 

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命護衛?…チッ、分かったよ。
会話1あのアーミヤって小娘がここのリーダーの一人だと?とんだブラック企業なんだな、ロドスって。
会話2タダ飯は性に合わない。力仕事があればいつでも声を掛けてくれ。
会話3命令されること自体は別に良いが、理由も知らないまま戦わされるのは気に入らないな
昇進後会話1俺の趣味?教える義理は無いな。…ったく、その目やめろ。言えば良いんだろ、言えば。色んなもんを改造するのが好きなんだ。
昇進後会話2あの日、もしキアーべとアオスタがいなかったら、俺は間違いなくあの路地裏で野垂れ死んでた。だからこの命はもうあの二人のものなんだ。あいつらが何をする時も俺は力を貸すだけだ。
信頼上昇後会話1お前のことは嫌いじゃない…だが、心から信頼するのはまだ難しい。
信頼上昇後会話2ちゃんと働いて、ちゃんと稼いで、ちゃんと生きていく。昔はそれだけで良いって思ってた…。でも、そうだな、アオスタの言葉を借りると、シラクーザって国じゃあ、そんな願いですら夢になっちまうんだ。
信頼上昇後会話3お前のリーダーとしての資質は認めよう。だが、組織の腐敗はほんの些細な怠慢から始まるってアオスタが言ってた。そうならないように俺が見張ってやるとしよう。
放置寝てる?ったく、呑気なやつ。チッ、毛布はどこにやったっけ…。
入職会話キアーベがここに入るって決めたからには俺に文句なんて無いさ。俺のことはブローカと呼べばいい。お前の指示には従うが、それ以上のことは期待しないでくれ。お前たちのような大きい組織には良い印象なんて一つも無いからな
経験値上昇…どうも。
昇進I昇給…?…別に必要ない。
昇進2アオスタが言ってた通り、ロドスは信用できるかもしれない。だとすれば俺は….。
編成時ああ。
隊長任命…人の指揮を取るのは苦手だが。
作戦準備いくぞ。
戦闘開始さて、喧嘩の時間だ。
配置2指図するな。
選択2ちっ、分かったよ。
配置2あれが敵か。
配置2俺が何とかする。
作戦中1痛みは抑えている。
作戦中2さっさと終わらせるぞ。
作戦中3くたばれ。
作戦中4だまれ。
星3で戦闘終了…お前、意外とすごいんだな、
星3で戦闘終了全部片付けた。
星2以下で戦闘終了俺が追おうか?
任務失敗努力したんなら今更慌ててもしょうがない。アオスタだってミスすることはある。
基地配属適当に回ってくる。
タッチおい…!
信頼タッチお前、しつこいぞ。
タイトルアークナイツ
挨拶おはよ。

 

タイトルとURLをコピーしました