アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ア(阿 Aak)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「あんたがドクターだよな?会えて嬉しいぜ。俺はアってんだ、そう、アーのアだ。事務所がロドスに用があるんって言うんで来たのさ。一応確認しとくけど、医療事故って聞いてピリピリするほうか?」

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職特殊レアリティ★★★★★★
職業身長161cm
精通オリジ二ウムアーツ(医療)、オリジ二ウムアーツ(毒薬)、対人関係(交友・悪)出身龍門
戦闘経験歴戦闘経験無し種族フェリーン
誕生日3月25日所属機関龍門
イラストレーター黑田CV三瓶由布子
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴
龍門のリー氏探偵事務所の所長であるリーの紹介で来た医療スタッフ・龍門のアングラの地で活躍もしていた黒い医者でもある。加入後は驚くべき医術理論の知識や臨床試験を披露したが、懸念もされるような医療スタイルも見せている。だがケルシー先生の総合評価により、医療装備科と技術開発チームに臨時的に推薦される形となっている。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度やや遅い(1.3s)
初期コスト13最大強化時コスト11
再配置時間遅い(70s)
特性
自身のHPが常に減少し続ける’毎秒3%ずつHPが減少する)

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期8652475810
初期最大12364139010
昇進1最大162758312110
昇進2最大203470315210
信頼度最大+300

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒HP上限+150素質2効果強化配置コスト-1

固有

固有名解放段階効果
混合薬物射撃
(混合药物射击)
初期攻撃する度にランダムで下記の効果のうちどれか一つが発動する
・自身のHPを13%回復
・攻撃力が130%にアップ
・目標を1秒間停止させる
・目標を0.6秒間スタンさせる
混合薬物射撃
(混合药物射击)
昇進1攻撃する度にランダムで下記の効果のうちどれか一つが発動する
・自身のHPを14%回復
・攻撃力が140%にアップ
・目標を1.2秒間停止させる
・目標を0.8秒間スタンさせる
混合薬物射出
(混合药物射击)
昇進2攻撃する度にランダムで下記の効果のうちどれか一つが発動する
・自身のHPを15%回復
・攻撃力が150%にアップ
・目標を1.4秒間停止させる
・目標を1秒間スタンさせる
薬剤拡散
(药剂扩散)
昇進2自身が受ける回復量+20%
薬剤拡散
(药剂扩散)
昇進2 潜在5自身が受ける回復量+25%

スキル効果

スキル名スキル内容
拘束射撃
(快速射击)
発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP20,必要SP30/30秒
効果攻撃速度+100
爆発剤・γ型
(爆发剂·γ型)
発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP25,必要SP30/30秒
効果自陣の前方(真正面を優先)にいる味方ユニットに攻撃力500の攻撃を15回行う。
その後、スキル発動中は自身と目標の防御力とHP上限を+80%する

爆発剤・ドリアン味
(爆发剂·榴莲味)
発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP30,必要SP35/20秒
効果自陣の前方(真正面を優先)にいる味方ユニットに攻撃力500の攻撃を15回行う。
その後、スキル発動中は自身と目標の攻撃力を+50%、攻撃速度を+50する

 インフラスキル

スキル名解放条件発動施設効果
神経質
(神经质)
初期制御中枢制御中枢に配置することで応接室のオペレーターが手がかりを入手しやすくなる。
制御中枢内の全てのオペレーターの体力の消費が大幅に増加する。
正確な手術
(精准手术)
昇進2訓練医療オペレーターのスキル訓練速度+60%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/素質「混合薬物射撃」強化/スキル「爆発剤・γ型」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級特殊SoC初級異鉄
5030000585
昇進2強化内容ステータス強化/素質「混合薬物射撃」強化/素質「薬剤拡散」習得/「爆発剤・ドリアン味」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級特殊SoCD32鋼聚合凝胶
80180000447

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】普通
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇信物

アの潜在能力を高めるために使用する。
一つの薬瓶の中には6つの異なる色を持つ錠剤が入っている。だが、説明書はくれなかった。

求人契約

ロドス特殊オペレーターのアは後方で他オペレーターの支援を行う。

あなたには彼の支援範囲内で行動をしないという権利もある。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

オペレーターのアの体内には様々な薬の成分が残っているが、彼は鉱石病には感染していない

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.11u/L

信じられないほどに健康だ。

んー、お前たちロドスは他のものもそうだが、鉱石病の予防措置と鉱石病に対する研究は確かに手腕があるようだな。これはよく勉強させてもらわないと。

――ア

資料1

文章表示

いつもニコニコしている特殊オペレーター。性格は悪くどうしようもない。たまに医療関係の仕事に参加したり、治療のときには相手を怪我させるというような冗談も言ったりはするが、医療技術はロドスの中でもトップクラスなことは確か。

いつもは一人で自分の特注の小さな実験室で縮こまっており、中はいつも奇怪な匂いと怪しげな笑い声が聞こえてくるので、人はあまり近づきたがらない。

資料2

文章表示

他のオペレーターとの付き合いはあまり楽しくはないようだが、それには例外が3つある。

一つはウン。多くの人はアの下劣さに対して受け入れがたいと評しているが、ウンだけは明らかに彼にとってのキラーとなっている。

彼の行動に本当に耐えられないのであれば、ウンに一言話せば全て解決する。

私達はアがウンを怖がっているとは言えないが、ウンがアのことを弟のように見ているのだろうとは言える。

アも普段は無作法だが、ウンに対して彼も心の底から兄として見ているのかもしれない。

2つ目はワイフーである。真面目なワイフーとやんちゃなアは犬猿の仲っぽそうだが、同じ探偵事務所出身のメンバーということで意外と仲は良い。

ワイフーもアの本性は悪いものでは無いと思っているようで、付き合いきれないということは無いようだ。

ちなみに、もしアが何か事を起こしたら、ウンではなく、ワイフーを探しに行くと良い。かなり面白い展開になる。

そして3つ目はワルファリンだ。彼はワルファリンが「ブラッド先生」であることを知ってからというもの、医学を忌み嫌っているアと言えども、腕を抑えることが我慢出来ておらず、常にワルファリンに相談をしたり、切磋琢磨している。

長い命のため、他のオペレーターとは価値観が根本的に違うと認めざる負えないワルファリンにとって、同じ変人のアはむしろ良い仲間と言えるだろう。

しかし、この二人が意気投合し、呼吸が合ってからというもの、ワルファリンやアの実験室から爆発音や二人の歓声や不気味な笑い声が一層人々に染み渡ってしまっている。

資料3

文章表示

あまり良くない方向ではあるが、アの医学上の専門知識の高さには驚かされる。

いくつかの普通の病気では彼の無責任な態度が状況を悪化させてしまう可能性があるが、変わった病気であれば彼はしばしば独自かつ正確な解決法を持っている。

今更言う必要は無いだろうが、彼は時々理解出来ない薬の研究を行っており、例えばおならのにおいがスイカの香りになったり、ある色の認識が出来なくなったり等、泣くに泣けず、笑うに笑えないものばかりだ。

彼の父親が誰なのかを知ればこの問題はもう問題ですらなくなる。彼はの父は龍門中央病院の有名な主治医で、龍門の医学界では知られている人物である・

だが、一度の医療事故で彼は迫害され、事業は頭打ちになり、大衆の前から姿を消した。

再び現れたときには彼は既に龍門の裏の部分の中でも目を引くほどに悪辣な医者となっており、例え凶悪なマフィアのボスだったとしても彼の前ではまるでネズミのように臆病になってしまう。

その人物は数年前にマフィアの抗争に巻き込まれ亡くなったが、それは龍門の裏全体を安心させるほどだった。

アは明らかに父の衣鉢を継いでいる。いい面も悪い面も、十代の年齢にも関わらず、マフィアの中でも有名な彼は、もし誰も躾けることが出来なければ彼はきっと将来は父親のようになってしまうだろう。

しかし、彼はウンに出会い、リー探偵事務所の一員となった。これは彼の人生の最大の転換点だ。

資料4

文章表示

アはとっくに落ちて堕落した父を超えている。実際、アは若いものの、医学に対する見聞は既に圧倒的多数を超えて医学の道に浸りきっている医者である。

理由は単純で彼は医学という枠を出て、純粋な医者として物事を見ていないことにある。

純粋な医者というものは医学の範囲内で問題を考えることができ、彼らはどのようにすればより多くの人をうまく救うことが出来るかを考えており、新しい薬を研究するために寝食を忘れる事が出来る。ロドスの医師の多くはそういった存在だ。

しかし、彼は医学の限界を見て、医学の存在自体が傷害と由来していることを発見した。もちろん、このような傷害自体整然的なものが大きな比重を占めている。しかし、裏の場所で成長をした彼はより多くの人と人の間での相互傷害を見てきている。

だからこそ彼は純粋な医学に対して鼻でせせら笑うことを始め、自分の同業を嫌悪し始めた。彼らは人を救うことしか知らず、彼らは闘争を起こした後にそこに駆けつけるだけであり、彼らの特効薬には何ら事件を阻止する力は無い。

医者という職業を自慢する人ほど彼は嫌いになった。

彼の日常的な行動は彼の稚拙さを表してはいるが、彼の考えの一部には生々しい現実が由来している。

そして彼の言ったように、ロドスは夢を追いかけても、現実から目を逸らしてはいけないのだ。

彼のことをよく知ってからというもの、ロドスの主要な医療オペレーター達は彼には嫌悪感を残しながらも、保護者であるウンが望んでいるように。この世界の良いところ見せて、彼には最高の条件をあげることにした。

全ての人は分かっている。アは天才だ。今はまだその時ではないが、彼はきっとテラを沸き立たせる医者になるだろう。

昇進2解放

文章表示

アの二度目の昇進に現れた彼の態度は――恐縮をしているものだった。よく考えてみると決して理解出来ないものではない。

彼は全ての医学をけなしてはいるものの、その中では自身の最低の存在として置いている――医学が役に立たない以上、俺は無駄なものなんだと。

彼は医学に精通すればするほど、自分を排斥するが、医学から離れてしまうと、自分は何が出来るのか分からなくなるという悪循環に陥ってしまっている。

誰も彼に彼のしたことは正しいとは教えてはくれなかった。誰も彼にそうしてもいいとは教えてはくれなかった。彼が欲しがっていたところには彼を認めてくれる人はいなかった。

リー氏探偵事務所の方たちの付添いというものは彼の道徳面という意味では遠すぎる存在ではあるし、心理的問題についても彼をうまく解決することは出来なかったが――当然、これはリー氏の探偵事務所の方たちを責めているわけでは無い。

こうした心理的な問題というものは専門家によって発見させることが多い、そしてこうした性格には対応した環境が必要だ。

ロドスでは彼の全てが認められていて、全ての人が彼に正しいことを教えている。

彼の最も良い点は彼が医学に対して最も憤慨していることも、ロドスはもう対処している――私達は製薬だけで全ての問題を解決するつもりはない。

彼はロドスが彼にとってお似合いの場所であるということを見つけたのかもしれない。私達の彼の理想の姿になれるよう頑張らなければいけないだろう。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命そういえば旦那、俺を呼ぶときは後ろをちょっと延ばして、「アー」って呼んでくれよ。でないと、呼ばれてるって気付かないかもしれないからな。
会話1おいおい待ってくれよ、あのブラッドブルードの姉ちゃん、まさか『ブラッドさん』か?!うあ、この間の医術対決にはまだ勝負は着いてねぇ、今がチャンスじゃないか?後で実験用の備品をもう一回用意しないとなぁ、ふひはははっ。
会話2ウンのやつ、また俺のこと見張ってろとかぬかしたんだろ?見張るじゃなくて面倒を見る?ああ、あいつならそう言いそうだな。ふん、旦那さ、俺は分かってるよ。あんただって俺と同じ、気ままに生きたい人種だろ。くだらねえ話はほっといてさ、あんたさえその気なら俺らで楽しいことはいくらでも出来るぜ?
会話3試薬、薬物、手術、細菌の培養、まあ、好きだけど、ただの趣味かな。先生?そんな風に呼ばれる道理はねぇよ、別に人救ったりとかは出来ねぇから。救うってのは、そいつに命の意味を分からせることなんだよ、俺にできるのは、せいぜい死なせないことくらいだ。
昇進後会話1医療部の奴が呼んでる?やめとくよ。ああいういかにもお医者様って感じの、あんまり好きじゃねえんだ。医者が崇高な仕事だと信じ込んで、人を救って満足してる…信念ってもんは一回崩れたら終わりだ。そういう奴らを何度も見てきたから、正直、ちょっとつれえんだ。
昇進後会話2ロドスは嫌いじゃない、いや、むしろ流石だなって思ってる。世の中じゃこうしてる間にも人は死んでる、どっかで隠れて治療したり、薬を作ってるだけじゃ、何の役にも立てずに、テラが滅ぶ日を向かえちまう。それに気づく奴はあんまいないけど、あんたらはよく分かってる、うん、いいじゃねぇか!
信頼上昇後会話1皮肉に嫌味?はっ、そうじゃねえよ旦那。ただ、誰も彼も悲惨な運命を背負ってるなって思ってな。痛みは怖いが、それを生み出す奴らがいる限り、医学に何の意味があるっていうんだ?その医学で殺されようとしてる奴は救えんのか?テラに必要なのは医者じゃねえんだ、旦那。
信頼上昇後会話2親父はな、一応すごい医者だったよ。人命救助が口癖でさ、でもあざけられて、のけものにされて、そんでハメられて、急転直下で極悪の道にまっしぐらだったよ。ま、それほど珍しいことだとは思わないけどさ、ほんとに。でもそれが、俺の人生を変えたってのは認めるぜ。
信頼上昇後会話3ワイフー姉とウンが出てたか?もういない?よし、執務室、ちょっと借りるなあ。本当はさぁ、世界を良くできるのは、ああいうやつらなんだろうなぁ。あんたはなぁ……どうかな、どっちかといえば、俺側の人間なんじゃねぇか?
放置ええ、疲れてんの?新しい調合薬を試してみるか?タダでいいって。
入職会話あんたがドクターだよな?会えて嬉しいぜ。俺はアってんだ、そう、アーのアだ。事務所がロドスに用があるんって言うんで来たのさ。一応確認しとくけど、医療事故って聞いてピリピリするほうか?
経験値上昇うーん、もしかして、こういう戦いに俺が出るのもありって言いたいの?ないよな?
昇進I昇進?まさかこんないい話があるなんてな、やっぱ俺、事務所に搾取されてんじゃねぇ?なあ。
昇進2正直、俺は自分が役に立つ人間かどうかもわかんね。俺の認識では、そういう奴はいい人じゃないとダメなんだけど、自分がどんな奴かくらい自分でも知ってる。でもな、あんたが病気になった時は頼ってくれよ。
編成時任務か?いいよ、行くか。
隊長任命

んじゃみんな、後で新薬の感想を聞かせろよ。

作戦準備俺がオペを始まったら、もう誰にも止めらねぇぜ。
戦闘開始

安心しとけぇ、俺がいるからには、死にたくても死ねねぇから。

選択1俺の処方は軽くないぜ。
選択2

戦場は俺に合わねえけど、治療は楽しいからな。

配置2

新薬の臨床試験と行こうじゃねえか。

配置2不摂生してると、いざという時に痛い目見るぜ。
作戦中1命に貴賤なしさ、ああ、お前は例外みたいだな。
作戦中2使って見ればこの薬の凄さがわかるぜ。
作戦中3この薬、悪い奴を更生させる効果がありそうだぜ。
作戦中4医学は開けたら二度と閉じらんねぇ、呪いの箱みたいなものなのさ。
星4で戦闘終了俺の腕じゃ、この世を良くはできないかもしれねぇ、でもあんたと一緒なら、これ以上悪くならないようにはできる。
星3で戦闘終了人に見られなきゃ、敵を捕まえて実験台にしても公約違反には当たらねぇ、心配いらないって。
星2以下で戦闘終了あんたってお人よしだな、あのまま見逃すなんてさ。
任務失敗大丈夫だ旦那、生きてさえいれば、俺が全部治してやるよ。
基地配属どーれどれ、俺の新しいラボはどの部屋だ?
タッチああん?
信頼タッチおーい旦那、新しい実験サンプルは見つけてくれたか?
タイトルアークナイツ。
挨拶旦那、今日の具合は?
タイトルとURLをコピーしました