アークナイツアークナイツ解説世界観解説

【アークナイツ】ロドスアイランドについて

このページではプレイヤーであるドクターの所属している勢力「ロドスアイランド」の解説とロドスアイランド所属の主要人物を解説したページとなっています。
スポンサーリンク

ロドスアイランドとは

表向きのロドスアイランド

天災やオリパシーといったオリジ二ウムの負の面の研究に特化している製薬会社でテラに数多ある企業の一つ。拠点は上記画像の後ろにある巨大な艦とも言える地上走行型の車両。主な企業としての活動内容は感染者の救護や治療の他にも、特に感染症や感染者による紛争や迫害を起因とした身寄りの無い子供等の保護も行っています。ロドスアイランドで治療を行ってもらう方法としてはロドスが生命の危険があると判断し、ロドスによって収容が行われた場合か、自身でロドスに治療を希望するかとなり、基本的にはロドスも企業ですので治療費や保護費用の徴収も行っています。ロドスアイランドの表向きのリーダーはアーミヤとなっており、基本的にはアーミヤの案が優先される傾向にあります。

裏向きのロドスアイランド

感染者を起因とした紛争に対しての武力介入等もいとわない武装組織。表向きには武装組織であることは知られていないものの、BSWやライン生命、龍門といった協力関係にある企業や国家はロドスが武装組織であることは理解しています。所属している人たちは全てオペレーターという訳ではなく、治療や調理等の後方勤務を主体とした人たちも在籍しており、全員が戦場に介入を行っている訳ではありません。感染者の治療や保護、感染者を起因とした紛争に対しての武力介入、感染者の雇用機会を生み出しによっての感染者の居場所の提供がロドスの基本的な活動内容と言えるでしょう。実質的にロドスの方針を左右させているのはドクターとケルシーの二人。特にケルシーは表立って大きくは動きませんが、ロドスの今後の方針の大筋を立てている人物といっても過言ではありません。ドクターとケルシーがアーミヤの補佐を行い、アーミヤでは対処しきれない又は専門性が必要となる問題等が差し迫った場合は戦術指揮は主にドクターが、大きな交渉事ではケルシーが事に当たるという形となっています。

ロドスアイランドの設立者

明確には言及はされていないものの、ケルシーが主となって設立され、クロージャが技術的な面を、ワルファリンが医療的な面の原型を作ったものと思われます。ドクターやアーミヤがいつ頃からロドスアイランドに所属し、ロドスの代表となっていったかは不明です。

ロドスのオペレーターになるためには

オペレーターになる方法としては3つ存在しており、一つは自らロドスの門を叩くこと、もう一つはロドスに患者として収容された場合や避難民として保護された後にオペレーターとなることを志願すること、そして最後に他企業から派遣されることとなります。自らロドスの門を叩いたオペレーターとしてはシージやインドラ等が該当し、ロドスに収容や保護されたオペレーターとしてはオーキッドやクオーラ等が該当、企業から派遣されたオペレーターとしてはジェシカやリスカム、エクシア等が該当します。企業から派遣されたオペレーター以外がオペレーターとなるには試験を受ける必要があるため、誰もがオペレーターになれる訳ではありません。患者や保護された人物たちがオペレーターとなり理由としては様々で、感染者となった以上はロドス以外ではまともな扱いをされないからという理由や、ロドスに恩を返したい、他の感染者達も救いたい、ロドスでの自身の居場所を確保したい等、様々な理由となっています。ごくまれに勝手に理由もなく(又は理由を言いもせず)居着こうとする人物も存在はしている様子。

ロドスアイランドの主要人物

アイコン名前説明
プレイヤー(Dr.○○○)アークナイツ世界でのプレイヤーの写し身。基本的には「ドクター」と呼ばれることが多い。大怪我が原因のためか記憶を喪失しており、自身の名前以外のことは一切覚えていない。アーミヤにとって最も大事な人物であり、アーミヤの行動原理の一つでもある。天災とオリパシーの研究においての第一人者だったが、現在は記憶喪失のため、それらに関する記憶は一切無い。一方で戦闘指揮に関しては記憶喪失前と何ら変わりないほどの実力を持つ。
アーミヤロドスの表向きのリーダーで感染者。種族はコータス/キメラで純粋なコータスでは無い。感染の度合いはかなり高く、ゲーム内で実装されているキャラクターの中では最も高い。高いアーツ能力を持っており、天才とも言えるほどの戦闘の素質を持っている。ただ、アーツが暴走した場合は一時的には強力なアーツを放つことが出来るものの、意識が混濁する等の負の面が出る。相手の感情を読み取ることが出来る能力もあるが、あまりにも強い感情だとアーミヤ側では制御出来ないこともある。理想を追い求めながらも、現実に打ちのめされてしまう場面も多い。
ケルシーロドスの実質的トップの内の1人。感染者。種族未公開。アーミヤの直接的な指導者となっているが雰囲気的には保護者に近い。ロドス医療部門の総責任者でオリパシーの研究においての第一人者でもある。ロドスの行動方針の大筋はケルシーによって決められていると言えるほどで交渉事などに関してもケルシーが受け持っている。ドクターが生死不明時は指揮も行っていた(日本版ではそういった描写は無くなっている)。ドクターにはあたりが強く、特にアーミヤに関連したことであればことさら強いものの、ドクターの実力に関してはきちんと認めている。他の人達が知らないようなことを知っているような雰囲気を醸し出してはいるものの、基本的には遠回しに言ったり、はぐらかしたり、そもそも答えなかったりすることも多い。劇中では交渉や主に救助指揮といった裏方に回っていることが多いためあまり出番は多くない。
クロージャ本名「アダ・クロージャ・チャーチ」。種族は血魔(ブラッドブルード)。ロドスの自称信頼性エンジニア。大陸版の紹介では更に「★42オペレーター、ロドスの偉大なスーパーバイザー、カズデル青少年トップ100、オープンソフトウェア提唱者」も自称しているが当然全てウソである。ロドスのエンジニア部門のトップと言える人物でロドス設立者の一人。ケルシーいわくクロージャがいなければロドスは実現していなかったとも。ケルシーにとっての一番の理解者の可能性がある。一方でトラブルメーカーでもあり、様々なイタズラをしてはオペレーター達を呆れさせていた様子。血魔は昼夜逆転が普通なので会議中はいつも寝ている。記憶喪失前のドクターとはお互いに顔は知っているものの、あまり面識は無かったと思われる。過去に上記の嘘の自称を載せた履歴書をケルシーに提出してオペレーターになろうとはしたものの、突っぱねられた。
 
この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました