アークナイツアークナイツ解説世界観解説

【アークナイツ】企業「BSW」の概要や所属している人物

 

スポンサーリンク

企業「BSW」とは

BSWの正式名称は「ブラックスチール・ワールドワイド」。一般的な護衛対象の警護だけでなく、暴動の鎮圧や天災後の物流の確保や支援、救援と様々な分野を幅広くカバーしているクルビアに拠点がある国際的な大手警備会社の一つで、現時点では国家を除けばトップクラスに戦力としての規模が大きい企業でもあります。当初はオリパシー等に対しての専門の部隊は有してなかったものの、昨今の感染者による暴動などの多さから「生体防護処置班員(BRPS)」が設立され、感染者等に対しての対応も行っています。ですが、専門の部隊を設置したと言っても、感染者を中心とした組織であるロドスアイランドと比べると感染者への対応では一歩遅れてしまっている状況です。また、ここ最近は企業としては順風満帆とは言えず、上記の対応にかなりの苦労をしてしまっているとのこと。そういったことから、ロドスアイランドとは現在は協力関係にあり、ロドスアイランドにはBSWから派遣、留学、研修に来たオペレーターも在籍しています。

BSWからの研修生と留学生と派遣オペレーター

BSW所属のオペレーターは現時点ではリスカム、フランカ、ジェシカ、バニラがロドスアイランドに在籍しており、リスカムとフランカはBSWから派遣されたベテランオペレーターという扱いになっており、ジェシカはBSWから研修に来た一般オペレーター、バニラはBSWからロドスに留学に来た研修オペレーターとなっています。そのため、立場としてはリスカム、フランカ>ジェシカ>バニラという形。ジェシカは実力もあり、BSWでもロドスでも評価されているにも関わらず、極度とも言えるほどに自分に対して自信が無いため、研修としてロドスアイランドを訪れているものと思われます。

ベテランオペレーター「リスカム」と「フランカ」

リスカムとフランカはどちらもBSWから派遣されたオペレーターという形にはなっていますが、フランカが感染者ということから分かるように、実際はBSWから派遣されたというよりもオリパシーの治療のため、BSWがロドスアイランドにフランカが出向けるように手配をしたという形が正しい表現でしょう。 BSWとロドスアイランドの関係はその時から始まったとも言えるようなものとなっており、ロドスアイランドとしてもフランカというロドスでは不足しているベテランオペレーターを手に入れられるという点でメリットがあったため協力関係になったとされています。一方リスカムのほうはBSWからの正式な派遣オペレーターと言えるような形でロドスに協力をしており、フランカのパートナーとしてロドスアイランドに派遣をされています。ロドスとの協力が派遣の名目となっていますが、実際はフランカの自身の身を考えない危険な戦闘を抑えるストッパーとしての役割が多いと思われます(実際、リスカムはフランカの戦闘時の立ち回りについて常に愚痴を言っている様子)。一方でリスカムも一気に力を解放してしまうと一定時間動けなくなってしまうため、フランカがカバーをしてくれなければ能力を最大限出すことが出来ません。そのため、総合的な判断としてリスカムはロドスに派遣されているようです。性格に関してもリスカム自身は相性は悪いと言っているものの、基本は行きあたりばったりなフランカと生真面目に物事を考えすぎるリスカムとなっているので実際のところは性格的な相性も良いのかもしれません。

BSWの主要メンバー

アイコン名前説明
フランカロドスに派遣されているBSWのオペレーター。感染者。ヴァルポ族。名目上はBSWとの協力関係による派遣となっているものの、感染者なので実際はロドスで治療を行うためにBSWによって手配されたという形が近い。戦闘スタイルは歪とも言えるようなもので、戦場の最前線に出るにも関わらず、わざと軽装で出向き、相手を油断させるといった撹乱めいた動きをし、アーツによって高熱を放つレイピアで相手を焼き切る。この戦闘スタイルにはリスカムは度々苦言を呈したり、制止はしているものの、フランカ自体はあまり聞く耳は持っていない様子。
リスカムロドスに派遣されているBSWのオペレーター。非感染者。リスカム本人の希望と上司の計らいによってリスカムがロドスに派遣されたのと同時にロドスに派遣されている。防御面に特化した戦力を持ち、閉所では強い一方で力を発揮した後はしばらくの間動けないため、フランカとコンビを組むことが多い。頭は良いものの機転が利かなかったり、生真面目すぎる部分があるため、フランカにおちょくられることが多い。またフランカの戦闘スタイルにも不満はあるようだが、それでもなお、きちんとサポートをしている。
ジェシカロドスに派遣されているBSWのオペレーター。非常に気弱で自分にとことん自信がない。ジェシカによればドクターが記憶喪失で帰ってくるまではドーベルマンの教習を一人で受けていた様子。あくまでも自分に対して自信が無いだけで、戦力としても特筆すべきほどでは無いものの、ある程度のレベルの強さはあり、なおかつ周囲からも一定の評価はされている。自分に対して極度に自信がない理由の一つとしては、ジェシカの周りの人物があまりにも優秀過ぎるということがある。リスカムとフランカは憧れの先輩。特にリスカムからは同じハンドガンを武器としているため、扱い方を教えてもらっていることが多い。
バニラロドスに留学で来ているBSWの新人オペレーター。非感染者。ヴィーヴル族。リスカムやフランカよりも身長が10cm以上高いため、小さいリスカムとフランカの横で大きいバニラがおずおずとしているという不思議な光景がロドスではよく見られる。新人オペレーターとしては破格の待遇となる留学をしているため、新人としてはかなりの能力を持っている様子。
 
この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました