アークナイツ アークナイツ解説 オペレーター解説

【アークナイツ】★6術師オペレーター「エイヤフィヤトラ」の性能について

スポンサーリンク

エイヤフィヤトラの詳細

【アークナイツ】エイヤフィヤトラ(艾雅法拉 Eyjafjalla)の詳細(性能やスキル、信頼相関)
アークナイツ(明日方舟)に登場するオペレーター「エイジャフィヤラ(艾雅法拉 Eyjafjalla)」の性能やスキルを掲載したページとなります。

エイヤフィヤトラの概要

エイヤフィヤトラは単体攻撃型の術師でありながらスキルによっては範囲攻撃型の術師になることが特徴のオペレーター。現状では大陸版を含めて唯一の★6単体攻撃型の術師でもあります。

特徴はスキル・素質ともに火力の特化した構成となっており、攻撃力に関しても単体術師としてはトップの高さのため殲滅力は術師の中でもトップクラスと言えるような性能となっています。

エイヤフィヤトラの性能

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度やや遅い(1.6s)
初期コスト19最大強化時コスト21
再配置時間遅い(70s)
特性
敵に術ダメージを与える

基本ステータスは他の単体攻撃型のオペレーターと大きな違いはなく、全オペレーターの中ではやや高めな配置コストとなっていますが、スキルのことを考えるとむしろ配置コストとしては低めと考えても良いくらい。

それ以外の数値についても至って平均的なものとなっていますが、これらも言ってしまえば他の単体術師と比べて劣っている点が無いという意味になるので相対的に優れていると言っても過言ではありません。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期7322924610
初期最大10464067910
昇進I最大135953510915
昇進2最大174364512220
信頼度最大+90

最大HPは全術師どころから全遠距離オペレーターの中では現状ではトップの数値。遠距離オペレーターの中では術耐性の高さも相まって物理攻撃・術攻撃に対して共にかなり打たれ強い部類に入るオペレーターと言えるでしょう。

攻撃力も単体術師の中では1位、防御力は3位に入るほどには高い数値となっていることから、基礎ステータスの時点で非常に高い性能を持っていることが伺えます。ステータス面で見てもエイヤフィヤトラに欠点は無いと言えるかもしれません。

攻撃範囲

初期昇進I昇進2
攻撃範囲
スキル3攻撃範囲

通常攻撃時の攻撃範囲は一般的な単体攻撃型の術師オペレーターと同じものとなっていますが、特筆すべきはスキル3の圧倒的な攻撃範囲。現状では同じ攻撃範囲のオペレーターはいくつかいるものの、これ以上に広い攻撃範囲を持つオペレーターはおらず、おおよそのマップで3分の1から半分程度の範囲をカバー出来る広さとなっています。

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1素質2効果強化攻撃力+27配置コスト-1素質1効果強化

潜在突破の効果は配置コスト減少、素質1強化、素質2強化、攻撃力強化の4つ。素質効果の強化は強力なものとなっているものの、★6を潜在突破させること自体が困難を極めるのであくまでも余裕があるのであれば程度で問題無いかと思います。

素質

素質名解放段階効果
ファイアブレス昇進I配置中、味方【術師】ユニットの攻撃力+7%
昇進2配置中、味方【術師】ユニットの攻撃力+14%
昇進2 潜在5配置中、味方【術師】ユニットの攻撃力+16%
カオスフレイム昇進2配置後SPが一定の範囲内でランダム回復(7~16)
昇進2 潜在5配置後SPが一定の範囲内でランダム回復(10~20)

素質1「ファイアブレス」はエイヤフィヤトラを配置している間、味方術師の攻撃力を上げるという効果。上昇率も高めに設定されており、なおかつ「ファイアブレス」の効果はエイヤフィヤトラ自身にも適用されるため腐ることがありません。

素質2「カオスフレイム」はエイヤフィヤトラを配置時にエイヤフィヤトラ自身のSPを一定の範囲内のランダムな数値で回復するというもの。数値は運に左右されてしまいますが、最低でもSP7=7秒の短縮が保証されているという時点で強力な素質と言えるでしょう。

スキル効果

スキル名スキル内容
二重詠唱発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP25 必要SP35/25秒
効果攻撃速度+60
2回目以降スキル使用時、更に攻撃力+60%
イグニッション発動タイプ自動回復 自動発動
必要SP/持続時間SP5
効果次の通常攻撃時、敵に攻撃力の370%の術ダメージを与え、攻撃対象の周囲の敵に半分のダメージを与える、更に6秒間術耐性-25%
3回チャージ可能
イラプション発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP55 必要SP80/15秒
効果攻撃力+130%、攻撃範囲拡大、通常攻撃の間隔が大幅に短縮、ランダムで攻撃範囲内の敵最大6体を攻撃

スキル1「二重詠唱」

1回目のスキル発動時は攻撃速度のみが上昇し、2回目以降は攻撃速度上昇に加えて攻撃力も強化されるスキル。スキルレベルを最大まで上げていても二重詠唱の本領を発揮させるにはサポート無しでは最短で70秒ほど掛かるというスキルの中ではかなりスロースターターな部類となっています。

エイヤフィヤトラの欠点の一つとも言えるスキルとなっており、後述するスキル2「イグニッション」、スキル3「イラプション」と比較すると、時間対効果としては釣り合っていないようなスキルのため、基本的には昇進1をするまでの繋ぎ的なスキルと言えます。

スキル2「イグニッション」

SPが貯まっている状態でエイヤフィヤトラの攻撃範囲に敵が入ってきた時点で自動で発動するスキル。エイヤフィヤトラの攻撃が攻撃対象と周囲8マスの敵に対して範囲攻撃を行うものに変化し、更に攻撃対象には一定時間術耐性減少の効果を付与します。

威力と攻撃範囲と比較して必要SPがかなり低めに設定されており、更には自動回復のためスキルレベル最大であればサポート無しでも5秒に1回イグニッションを放つことが出来るという速い速度でスキルがループします。そのため、ステージの内容が分からずエイヤフィヤトラを使用する際にはとりあえずこのスキルをセットしておくという鉄板のようなスキルと言えるでしょう。

術耐性減少の効果についても術耐性減少の効果は被弾前から発生しているので例え術師がエイヤフィヤトラ単騎のみで攻撃範囲ギリギリでスキルが発動しても腐らないのでそういう点においても欠点を見つけるほうが難しいスキル。

スキル3「イラプション」

攻撃範囲が上下左右3マスのひし形にまで拡大する現状では最大の攻撃範囲を持つエイヤフィヤトラ最大の攻撃スキル。スキル発動中は更に攻撃力上昇、攻撃速度大幅短縮、更にはランダムで攻撃範囲内の敵最大6体を攻撃するという、まさに噴火する火山から飛び散る噴石をイメージしたようなスキルとなっています。

敵ユニットの体力がボスレベルでも無い限りはイラプション発動中に攻撃範囲内にいる敵ユニットは全て倒しきれると言っても過言では無いほどの火力を持っており、まさしく決戦用スキルに相応しい性能。

ただ発動に必要なSPがかなり高く、スキルレベル10で初回発動はサポート無しで25秒となっているものの、それ以降は80秒ごとと何らかのサポートが無ければかなり厳しい欠点として重く伸し掛かってしまっています。基本的には1~2回程度発動出来れば良いスキルという認識で良いのかもしれません。

まとめ

公開求人にて入手出来ない、ピックアップ回数も多くない、日本版では交換枠に登場するのは大陸版と同じ速度であれば早くても今年の9月以降ということからも入手難易度がかなり高くなっていますが、それに見合った性能を持つ術師オペレーターであるエイヤフィヤトラ。

高いステータス持ち、スキル2はザコにもボスに使用できるスキル、スキル3は決戦用スキルとして優秀な能力と最終的な性能においては欠点らしき欠点が見当たらない性能となっています。強いて言えば昇進1を行う前ではスキルが貧弱なので、早熟型のオペレーターでは無いというところでしょうか。

入手した際には最優先で育成したい術師オペレーターで育成した暁には間違いなく常に第一線で活躍してくれるオペレーターと言えます。問題点があるとすれば、エイヤフィヤトラが強力な性能を持っているが故にほぼ全てのステージの難易度が手に入れていない時と比べると簡単になってしまうというところでしょうか…。

DPS計算

スキル1

エイヤフィヤトラ
スキル攻撃力1279
スキル周期35.2s+25s
スキル合計ダメージ31792
スキルDPS1279
通常攻撃DPS524
平均DPS837

※ステータスは昇進2 Lv.90、潜在1、スキルレベル10のものを参照。

スキル2

エイヤフィヤトラ
スキル攻撃力3100
スキル周期4.8s+1.6s
スキル合計ダメージ3100
スキルDPS0
通常攻撃DPS524
平均DPS877

※ステータスは昇進2 Lv.90、潜在1、スキルレベル10、攻撃対象は1体のものを参照。

スキル3

エイヤフィヤトラ
スキル攻撃力1793
スキル周期80s+15s
スキル合計ダメージ161406
スキルDPS10760
通常攻撃DPS524
平均DPS2140

※ステータスは昇進2 Lv.90、潜在1、スキルレベル10、攻撃対象は3体のものを参照。

タイトルとURLをコピーしました