アークナイツアークナイツ解説世界観解説

【アークナイツ】ロドスの信頼性エンジニア「クロージャ」の現時点で分かっていること

スポンサーリンク

信頼性エンジニア「クロージャ」とは

クロージャは主にロドスのインフラ面の整備を行っているエンジニアの一人で本名は「エイダ・クロージャ・チャーチ」。アークナイツの世界では珍しく本名が明らかになっているキャラクターであり、自身の本名をコードネームにしているキャラクターでもあります。

ロドスアイランドの設立者の一人

ケルシーとはかなり長い付き合いのようで、クロージャの協力が無ければロドスを設立することは出来なかったという発言がケルシーから出ているため、ロドス設立メンバーの一人かと思われます。

クロージャの種族

クロージャの種族はワルファリンと同じくサルカズのブラッドブルードと呼ばれる種族で現実で言えば吸血鬼に該当する種族となっています。

ブラッドブルードは夜行性ということから基本的には昼には弱いようで会議等には出席はしているものの、基本は寝ていることが多い様子。なお、ワルファリンのように血を好むのかは不明です。

ロドスのトラブルメーカーかつ信頼出来るエンジニア

クロージャはブラッドブルードの性なのか非常にイタズラが好きで夜中に爆音でラジオを館内放送し始めたり、空調設備を弄り倒して室内の真夏の暑さまで上げるといった様々なイタズラをしているようです。

これらのイタズラについてケルシーは苦言を呈しており、クロージャも謝りはするものの、気持ちを改めるつもりはない様子。

一方で非常に信頼が出来るエンジニアでもあり、実質的にロドスのエンジニア部門トップの人物でもあります。ただ、エンジニアとしての腕前は一流なものの、出不精なところもあるため基本的には他のエンジニアスタッフに仕事を任せてしまう一面も。

オペレーターになろうとし突っぱねられた過去も

クロージャはオペレーターになって前線に出ようとした過去があるらしく、詐称した履歴書をケルシーに提出をした結果、突っぱねられたという過去があります。その時の説明文が以下のとおり

コードネーム「クロージャ」、本名「アダ・クロージャ・チャーチ」。ロドスの仕入れやインフラ、工事関連を担当している、

数々のデザイン賞を受賞。熱狂的なゲーマー。サウンドカードと炭酸水とイブニングコーヒーが大好き。

毎朝4時間寝ておけば問題無いんじゃない?

自称「★42オペレーター、ロドス艦船信頼性エンジニア、ロドス号スーパーバイザーかつ偉大なシステムエンジニア、カズデルボーイズトップ100、オープンソフトウェア提唱者」。どれも彼女がでっちあげたものだ。彼女は前線に行きたいと思っていたが、ケルシーに追い出されてしまい帰っていった。

彼女が自分で作ったスキル

  • 工業の魅力を享受し、3つのAを瞬間敵にスーパーAに合成する。退廃は神秘、富は危険の中で求めろ
  • 周囲の他ユニットを特定の空間の中に突っ込み、一時間無酸素運動を行わせる。ケルシー先生の勧めにより、彼らは炭水化物を減らすこととなる。

クロージャの名前の元ネタ

「クロージャ」の名前の元ネタの最有力とされているのはアークナイツのプロデューサーである海猫络合物氏が「CLOSURE」というIDを使用していたということ。また、プログラミング言語における関数オブジェクトの一種である関数閉包から取られているとされています。

では残る「エイダ」と「チャーチ」はというと「エイダ」は世界で初めてのプログラマーである「エイダ・ラブレス」から、「チャーチ」はラムダ計算の創案者である「アロンゾ・チャーチ」から取っているとされています。

タイトルとURLをコピーしました