アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】シェーシャ(慑砂 Sesa)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職スナイパーレアリティ★★★★★
職業身長189cm
精通工業デザイン、銃器改造、射撃出身サルゴン
戦闘経験歴無し種族ヴィーヴル
誕生日4月22日所属機関ロドスアイランド
イラストレーター竜崎いちCV小野友樹
オリパシー感染状況
臨床検査結果分析により、非感染者に認定。
客観的経歴
ロドスオペレーターのシェーシャはサルゴン出身であり、現地の非合法の武器取引所で武器の調整を行っていた。本人が提供した経歴は明瞭ではなく、参考にすることは難しい。仕事中にロドスに接触をし、ロドスの存在を確認、ロドスに収束をした。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度遅い(2.8s)
初期コスト24最大強化時コスト26
再配置時間遅い(70s)
特性
敵に範囲物理ダメージを与える

ステータス

HP攻撃防御魔法防御
初期847363630
初期最大1059519820
昇進1最大13246491040
昇進2最大16558331230
信頼度最大+85

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+33素質効果強化配置コスト-1

素質

素質名解放段階効果
弱点解析
(弱点拆解)
昇進1フィールドに配置中、ブロックされている敵ユニットの受けるダメージが7%増加する
昇進2フィールドに配置中、ブロックされている敵ユニットの受けるダメージが14%増加する
昇進2 洗剤5フィールドに配置中、ブロックされている敵ユニットの受けるダメージが16%増加する

スキル効果

スキル名スキル内容

攻撃力強化γ
発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP15,必要SP30/30秒
効果攻撃力+100%

振動延長パーツ
(延时震荡零件)
発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP20,必要SP40/30秒
効果攻撃は遅れて爆発する榴弾を発射するものとなる。
爆発後240%に相当する物理ダメージを与え、目標の攻撃速度が3秒間-20

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
簡素実用的
极简实用主义)
初期加工所昇進素材生産時、体力消費が4の加工が全て2となる。
工業デザイン
(工业设计)
昇進2加工所昇進素材生産時、副産物生産確率75%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/素質「弱点解析」習得/スキル「振動延長パーツ」習得/配置コスト増加
必要素材/LvLv龍門幣初級狙撃SoCアケトン試剤初級糖原
5020000442
昇進2強化内容ステータス強化/素質「弱点解析」強化/配置コスト増加/基地スキル「工業デザイン」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級狙撃SoC上級砥石中級源岩
701200003818

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】標準
【戦場機動】普通
【生理的耐性】標準
【戦術計画】普通
【戦闘技術】優秀
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

シェーシャの潜在能力を高めるために使用する。

お札の文字が刻まれたペンダントには派手な装飾の下に、過去への執念が込められている。

求人契約

地下武器調整師のシェーシャは榴弾で全てを掃除する。

そして彼が意図している美的センスは本当に爆発的なものだ。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%
シェーシャにはオリジ二ウムに感染している気配はない。

 

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.19u/L
長期に渡って不法組織のためにオリジ二ウム機器を調整し、また保護措置も不足していたため、シェーシャはオリパシーに感染する恐れがある。定期的に検査の必要あり。

信頼相関1

文章表示

シェーシャは自称「ソウルサブリメイション」という榴弾発射銃を用いている。

エンジニア部門のオペレーターが密かに調査をしたところ、この銃器は精密な改造を経て、オリジ二ウム機関の強度が増強されており、オリジ二ウムアーツが比較的凡庸な人であろうと大きな威力を発揮させることが出来るようだ。

シェーシャのオリジ二ウム工学の才能はもちろんのこと、彼はなぜいつも珍妙な言い方で自分の仕事を表現しているのか、私達はしばらくの間保留しておく必要があるだろう。

信頼相関2

文章表示

シェーシャはサルゴンの裕福な伝統家庭の出身であり、標準的な優等生で、順調に現地の有名な理工大学に入学をした。

意外なことにかつてのシェーシャは勉強に熱中をし過ぎて、彼の人に対しての対処方法はとりわけ下手にも見えた。いつも本の虫と見られて、成績が良いということ以外は全てダメという評価だったようだ。

しかし彼は周囲の目を気にすることなく、ただ自分の優秀な兄だけを求めて絶えず前に進み続けた。兄は聡明で、理知的で、饒舌であり、若くして多くの特許を発明した神童だった。

シェーシャが一生懸命勉強をし、兄と同じ名門校に合格したのもいつかは兄と一緒に仕事をするためだ。

シェーシャの兄は7歳年上であり、卒業後はクルビアの軍事大手に就職をし、同社最大のラボラトリーを務めた。卒業前の半年間、彼はついに念願の軍工ラボラトリーに務めた。

ところがある実験事故で爆発が起き、兄弟は天と地に引き剥がされた。兄の突然の死はまだ勉強中だったシェーシャの人生の目標を一瞬にして失わせた。

成績優秀だった彼は今後も勉強をするはずだったにも関わらず、すぐにラボラトリーの残って欲しいという誘いを断り、学院を後にした。

卒業後、シェーシャは長い間引きこもっていた。そしてある日、彼は父に手紙を残して出掛けていった。

信頼相関3

文章表示

シェーシャがロドスに接触した時、彼はある地下兵器取引所で他の人の武器調整をしていた。当然基本的にやっていたことは違法な改造だ。

そして、言及しなければいけないことはオリジ二ウム銃器の改造というのは極めて危険な行為であるが、オリジ二ウム武器を上手く使うことが出来ない人も同様の武器を手にすることが出来るようにとシェーシャは多くの通常の技術では考えられない壁を打ち破っていたことだ。

シェーシャの名前は次第に取引所で有名になっていった。

ところ、以外なことにシェーシャ自身のオリジ二ウムアーツの素質はオリジ二ウム機器を容易に理解するほどのものではないのだ。

事実、シェーシャはほとんどの基本的なオリジ二ウム兵器を操るのには苦戦している。

少し有名な武器調整師という割には少し不思議な感じがする、彼の持っている榴弾発射銃は明らかに改造の跡が見られる。

私達はあの実験室の事故を調査しているが、シェーシャの亡き兄、軍工ラボラトリーのリーダーであり、オリジ二ウム機器を掌握していたシェーシャの兄はシェーシャ本人よりもずっと上手だ。

これはシェーシャが手を尽くした結果なのかもしれない。

才能を遥かに超えるものを用い、想像力とも言える手段を使って、自身で榴弾を使用し、銃を撃つ原因となっている。

信頼相関4

文章表示

シェーシャの兄を調べているうちに、わずかな手がかりを見つけることが出来た、クルビアで最も有名な軍工ラボラトリーの一つにこのような事件が事件があったとは思えない。

この疑問を抱えて私達は事件全体の最大の疑問点を見つけた。

実際、シェーシャの兄が務める兵器大手の営業していたものは少人数の人にしか用いることが出来ず、汎用性、殺傷力全てにおいて伝統的なクロスボウタイプのオリジ二ウム銃に及ばないのだ。

本当の肝心な所はクルビア軍と政府しか分からないのだろうが、いくつかの人脈を用いて辿ったところ、私達はシェーシャとその兄が担当していた計画には抑止が働く十分な理由があった。

それはシェーシャの得意な「オリジ二ウム銃器を工業技術を用いてどうやって使っていくか」という難題によるものだ。

そして、なぜこのような重大な実験事故が発生した後に企業側は政府と民間からもいかなる非難も受けていないのか。その責任者はそのためか出世をすることになり、これはロドスが捜査を続けることが出来ない障壁の一つとなっている。

シェーシャの技術は専門外の闇市の世界を驚かすことは出来るものの、彼が出来るのは改良だけだ。

シェーシャが作ったものは圧倒的に大部分の人にとっては良いのかもしれないが「全ての人にオリジ二ウムアーツで駆動する武器を持たせる」というのは本質的に不可能なものだ。

この方向性を表において堅持し、政治の実体においてもそのまま扱おうとする人がいたら、これから直面することになる戦争はより残酷なものとなるだろう。

「俺の力は真実に近い力であり、危険であることが目につく…だから技術的な秘密は絶対に必要なんだ!」本人はこう説明をしていた。

もしそうなのであれば、あの事故を起こし、兄を葬ったのはシェーシャ本人なのではないだろうか?

確認をしようとはしたは、本人がずっと避けているのでロドスには聞く権利がない。

昇進2解放

文章表示

「シェーシャはそこまで妄想患者ではない。彼が真剣に調整をしているところを見たことはあるが、それはまさに実用主義の集大成だった。彼は私達が想像していた以上に天才的だよ」

「何?彼はいつも…」

「冗談を言っていても、彼の冗談は本気なのだとさえ思ってしまうよ」

「何で彼はスピリットだの力だのを口にしているのだろうか。しかも最初に顔をこわばらせてまでして。正直に自分の技術がすごいと認めたらいいんじゃないかな?」

「装っているんだよ」

「どうして?」

「分からない。でも彼はとても上手に装っているんだ」

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命
会話1
会話2
会話3
昇進後会話1
昇進後会話2
信頼上昇後会話1
信頼上昇後会話2
信頼上昇後会話3
放置
入職会話
経験値上昇
昇進I
昇進2
編成時
隊長任命
作戦準備
戦闘開始
選択1
選択2
配置2
配置2
作戦中1
作戦中2
作戦中3
作戦中4
星4で戦闘終了
星3で戦闘終了
星2以下で戦闘終了
任務失敗
基地配属
タッチ
信頼タッチ
タイトル
挨拶
タイトルとURLをコピーしました