アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】コンビクション(断罪者 Conviction)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

「私が断罪師コンビクシオン様である。この信念あふれる名を、貴様の言うコードネームにしてやるぞ。この私の才能だと?致命的な程美しいと言われる断罪芸術、私がその唯一の理解者なのだ。これで十分であろう!

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職前衛レアリティ★★★★
職業身長145cm
精通出身ミノス
戦闘経験歴未知種族恐らくリーベリ
誕生日未知所属機関ロドスアイランド
イラストレーターTOMATOCV山岡 ゆり
オリパシー感染状況
医学検査報告書を参照したところ、感染者であることが確認されました。
客観的経歴
コンビクションは断罪師、芸術拳法家とも言われており、古国のアガメム(フェン剤はミノス1045~1080/1091からは制御地区)の童話や歴史物語、伝説の人物である。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度1.5s
初期コスト14最大強化時コスト16
再配置時間70s
特性
敵1体をブロック

ステータス

HP攻撃防御魔法防御
初期1386375740
初期最大18495601070
昇進1最大24667181390
昇進2最大33338661660
信頼度最大2222222

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階

素質

素質名解放段階効果
無事着陸
(稳妥降落)
初期配置コスト-2 再配置時間-8秒、配置後10秒間スタン
昇進2配置コスト-4 再配置時間-15秒、配置後10秒間スタン

スキル効果

スキル名スキル内容

断罪
発動タイプ自動回復 自動発動
必要SP/持続時間必要SP4
効果次の攻撃の攻撃力が200%上昇する
(5%の確率で800%上昇する)

創世記
発動タイプ自動回復 自動発動
必要SP/持続時間必要SP12
効果スキル使用後、範囲内の全ての敵に350%の術ダメージを与え、特殊能力を5秒間無効化する。
(50%の確率で失敗する。その場合、範囲内の全ての味方が5秒間スタンする)

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
天啓初期宿舎宿舎配置時、自身以外のオペレーターの体力回復を毎事+0.7する
拳術指導記録昇進1製造所製造所配置時、作戦記録の生産力+35%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/配置コスト増加/スキル「創世記」取得/基地スキル「拳術指導映像」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC初級糖源初級エステル
451500311
昇進2強化内容ステータス強化/素質「無事着陸」強化
必要素材/LvLv龍門貨中級前衛SoC中級装置凝胶
60600005119

スキル強化必要素材

a

総合診察測定

【物理强度】標準
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

「観察対象はどのテストにおいても正確に平均になるように制御することが出来る」

関連アイテム

潜在上昇の印

の潜在能力を高めるために使用する。

求人契約

コンビクション様は感謝の気持ちを込めて参加しようとしている!

有罪なら断ずる!

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】5%

体表には結晶は無し

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.26u/L
感染はしているが感染形式は不明。

信頼相関1

文章表示

【伝説】
コンビクションには決まったイメージは存在しない。歴史的記録から見られるように、断罪者と呼ばれる人物に関する記録は多くはないが、この呼称は特定の人物を指すものでは無いことが明らかになっている。

歴史書においても断罪者はどの種族の人間なのかについての記述も異なっており、その中での最初の記録はミノス人の特徴があるとされている。

しかし、様々な記録の中での断罪者は例外なく、外見は美しく、踊りが上手く、正義感が強く、特殊な拳法に長け、芸術に精通していると形容されている。

一般的な拳法とは異なり、その拳法は特殊なアーツが混じっており、記録にはしばしば断罪拳法と呼ばれているが、その歩調はまるで一種のステップのようだ。

壁画によると、これは暗殺用の拳法であり。意表を突く攻撃する拳法ではあるが、この拳法のいくつかの技が発動する際には、他者から見ればダンスのようにも見えて、目標では無い人も攻撃することもあるとのこと。

『芸術経・紛争外典』記載:

紀元元年に、芸術家によって作られた古代王国「アガメム」というものがある。

「アガメム」の芸術家の一部は支配者となり、民間財産の収奪のため、全国でレベルの高い芸術作品の創作を禁止すると発表、全国でトマトだけを主食とするよう求めた。

芸術家は劣悪な芸術作品を販売して生計を立てるほかなく、毎日トマトを食べ、生活も苦しかった。

卑劣な支配者を裁くために、ある芸術家が立ち上がった。4月の初日、彼は巧みな拳法で7人の犯罪を犯した統治者を断罪した。そしてアガメムは太平の世となり、芸術家の天国になった。

「アガメム?超芸術家大戦?トマトを主食にする?だめだめ、どうして断罪者の誕生に焦点を当てないのだ?

この本を書いた人は断罪者のかけがえのない力を認めなたくないのか?ペンが私の手にあれば、断罪者と芸術以外の内容の本は全く書けないぞ。

急いで本を書いている人を捕まえてくるのだ。そいつを断罪する!」

信頼相関2

文章表示

【列車問題】
多くの文献の中では、断罪者の歴史の中の「列車問題」についての詳しい記述があり、これは人々に長年の考える対象となっている。

しかし、最大の疑問点はアガメム古国が存在していた時代には列車などの軌道交通関連の科学技術はなかったということだが、記載には列車の存在が明らかにされているのだ。

列車の難問が生まれた時代の真実をというもの疑わせるものとなっている。

列車の難問を電車難問という表記もあるが、電車の出現年代はもっと遅い。

『正義の断罪者』:
アガメムの断罪者よ――芸術の発展を阻止した7人の罪人芸術家を捕まえろ。

奴らを処罰するために、彼はその中の六人をドゥリンの列車の軌道に縛った――。

そして最後の一人に難題を出しました。彼は無限の選択の中で永遠に生き延びることは出来ない。そして毎日トマトしか食べられない。

この芸術家を記念して、アガメン国民は断罪者と呼ばれ、この難問を「列車問題」と呼んだ。

後世を戒めるために、人々は自分の芸術修養を常に鍛錬しなければならないと警告している。また、食べ物を偏食してはいけないとも。そうでなければ、列車問題で処罰される。

『哲学考点300練』:
断罪者は7人の有罪芸術家を分岐点のあるレールに連れて行った。彼は5人の有罪芸術家を分岐点のレールに縛り付けた。

この時、ドゥリン人の電車は分岐点に向かって走ってきました。もうすぐ5人の有罪芸術家を縛っているあのレールに入ることになる。

最後の1人の有罪芸術家は残り、レールには縛られていなかったが、彼の隣には操縦棒があった。この時に彼がレバーを引けば電車は軌道を変えられるだろう。そして5人の有罪芸術家を縛っているあのレールに突っ込むこともない。

以上の状況で、もしあなたが最後の有罪芸術家なのであれば、あなたはは操縦棒を動かすべきだろうか?(本題50点)

「毎日トマトばかり食べているがそれがどうした。お前たちは嫌なのか?

あー、それは修行が足りないということを表している。断罪者としてはおろか、普通の芸術家としても失格だ。本当に罪なのだ。

そうだ、貴様らにピッタリな悟り方を思い出したのだ。絶対に試してみる価値がある――どうして聞こうとしないのだ。早く線路で横になれ!」

「そうだ、汽車はドゥリン人が運転をする。何だって?これに何の違いがあるかって。これは芸術、芸術なのだ。分かるか?

どんな人が運転をし、どんなブランドの車両なのか、線路の材質が何なのか、どんな縄で人を縛るかは、それぞれの線路に何人を縛っておくのか、これら全てにはこだわりというものがあるのだ。細かい所にも列車問題の決まりはあるが、どう思う?遠慮無く受け取るが良い、2度断罪だ!」

信頼相関3

文章表示

【断罪者の正義挑戦状】
記録によると、優れた芸術が生き続けることを保証するために、正義が発揚され、断罪者は悪の分子、罪深い人、または芸術の発展に不利な人に対して断罪制裁を加えて正義を維持することが出来る。

この断罪拳法の数から断罪拳法で裁かれる人数を数えられる。

『舞略史』:
アガメム断罪拳法は絶えることなく伝えられる。

『断罪伝説~Conviction Saga』:
多くの物語の中で、断罪者は直接断罪をするのではなく、相手が無実の可能性があるため、断罪者はまず列車を通じて相手を試すということをする。

列車問題を断罪することが出来るのであれば、断罪者はあなたを認め、芸術の才能が高いことを認めてくれる。

芸術創作を堅持して、経典になるまで頑張るがいい。

初期の断罪はイデオロギーの違いから主流の意見で断罪されることも少なくなかったようだが、才能を発揮し、一躍有名になり、そして落ちぶれた芸術家は断罪者と関連がある。

これらの芸術家たちはトマトを長期間食べているので、栄養が偏っているという医学報告もある。

「誰が私の断罪拳法をダンスに分類したのだ?それに、これもだ。栄養が偏っているとはどういうことなのだ?はっ、ふっ!この拳法を見ろ、力の加減を見ろ、普通のオペレーターならすぐに飛んでいってしまうぞ。

ぐぬぬ、どうして話を逸したのだ?私の出した問題に答えられないのであれば率直に言うと良い。恥ずかしがることは無いのだ」

「そうだぞ、恥ずかしがることは無いのだ。すぐに私が断罪をしてやろう。1回で足りないのであれば2回、2回で足りないのであれば続けてやる。貴様が納得出来るまでな。

私は見てみたい。貴様の愚根が強いのか、それとも私のこの天地開闢の断罪スキルが強いのか」

「断・罪!創・世・記!」

信頼相関4

文章表示

【出典】
ミノス人文博物館データベース[リンク失効] 新文化週刊1090年第3812号「ドゥーリンの科学技術」が隠しているのは巨大帝国か?それともフィクションのとてつもない詐欺?」[リンク失効]

「調べましたが、博物館にはそんな資料ありません。外部ネットから内部ネット、学者のコアな倉庫まで。ミノス博物システムにある資料を調べました。

そこで、彼女たちの奇妙な資料については責任を持ってお教え出来ることがあります。

一・文・字も・信・じ・ら・れ・ま・せ・ん」

「新文化週刊は千年の時を経て絶版したのでは?」

昇進2解放

文章表示

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命このコンビクシオン様を呼んだのは、私の美しい踊りが見たいからでやろ?え、荷物を運べ?私は力仕事の為に来てはないぞ!
会話1リーダーのくせに、弱っちい体をしているのはどういうことなのだ?アーミヤが悲しむから許してやるが、そうでなかったら、ここで貴様を断罪して所であるぞ!
会話2断罪のことも知らんのか?不届き千万である。良いか?断罪と言うのは、初代である断罪大師考案の伝統的な踊りと古代の格闘術を融合させたモダンでアラモードな暗殺拳法なのである。そしてこのコンビクシオン様がその三代目継承者なのだ!
会話3断罪はそこら辺の野蛮な格闘技とは違うのである。両の拳に魂と美しき哀愁を載せて、その拳で語り合う芸術なのであーるー。分かったか?
昇進後会話1芸術とは皆知恵と努力の結晶なのであるぞ。断罪するものが生まれたのも人々が神聖な芸術の進化を理解せず、それをないがしろにしていたからなのである。
昇進後会話2私から溢れてる名画のようにデモニッシュなオーラを感じないのか?貴様、そんなことでは、我が救済者の集えに顔を出す資格もないのである。んーんー、断罪!
信頼上昇後会話1このコンビクシオン様が鉱石病の感染者だと?しかも、不治の病だと?おのれ、やはりこれも宿命なのか?断罪の拳を振るう者の宿命なのか?って、貴様、目を逸らすでない、私は今悲しい話をしているのだぞ。
信頼上昇後会話2断罪師になりたいだと?ならば、貴様はこの問題の答えを考えてみるのだ。貴様は今、路線分岐器の前にいる、そこへ満員のドゥリン人が乗った列車がやって来る、二本のレールの片側には、数人のイケてない芸術家が縛られていて……
信頼上昇後会話3最も簡単な断罪問題すら答えられないとはなー、貴様は芸術を何一つ理解していない。喰らえ、断罪二式!
放置はっ!はっ!ふぅ、違うな。こうではない、もう一回!
入職会話私が断罪師コンビクシオン様である。この信念あふれる名を、貴様の言うコードネームにしてやるぞ。この私の才能だと?致命的な程美しいと言われる断罪芸術、私がその唯一の理解者なのだ。これで十分であろう!
経験値上昇強くなれるなら、何でも持ってくるのだ!
昇進Iふっふっふ、昇進か?コンビクシオン様の秘めたる力が解き放たれる日も近いのである!
昇進2この感じ……私の芸術の造詣が一層深まった気がするのだ。私の中で、何かが生まれる!
編成時私ほどの断罪師にもなると、うっかり僚友を断罪してしまうこともある。皆の為にも、私は一人で行動させたほうが良いのだぞ。
隊長任命とりあえず、断罪を始めるのである。
作戦準備ジャッジメントタイム!
戦闘開始さぁ、貴様らの罪を数えてみろ!
選択1今行くのだ!
選択2いいぞ!
配置2よいっしょ。
配置2貴様に私の相手が務まるのか?
作戦中1断罪!
作戦中2カツ!
作戦中3ハッ!
作戦中4下がれー!
星4で戦闘終了勝てば官軍負ければ賊軍、これぞ断罪の教義なのである!
星3で戦闘終了どうだ、この私の凛とした勇姿。なぬ、もう撤収なのか?待つのである!
星2以下で戦闘終了まあまあ、普通に勝利するというのも悪くないのである。
任務失敗ぬぅ……華麗なる断罪師に、こんな失態は許されないのである。
基地配属この部屋を断罪するのは難しいのである。
タッチん?
信頼タッチわあ、貴様今度は何なのだ!もう好き勝手にはさせないのである!
タイトルアークナイツ。
挨拶おお、ドクターではないか。
タイトルとURLをコピーしました