アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ウィーディー(Weedy 温蒂)の詳細(性能やスキル、信頼相関)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職特殊レアリティ★★★★★★
職業身長155cm
精通バイオニック工学、機械工学、大掃除出身イベリア
戦闘経験歴3年種族エイギル
誕生日1月23日所属機関ロドスアイランド
イラストレーター下野宏铭CV長縄まりあ
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴
バイオニック工学の専門家、イベリアの科学研究家出身でありロドスの設立当初から参加していた研究者。
本人の長期的な調整とテストを経て、最終的に自分のためのカスタマイズした武器を完成させ、自らの意思でオペレーターとなった。現在は戦場で同僚を遠隔支援している。

基本ステータス

ブロック数2攻撃速度1.2s
初期コスト19最大強化時コスト21
再配置時間70s
特性
ブロック中の敵全員を同時に攻撃。遠距離マスにも配置可能

ステータス

HP攻撃防御魔法防御
初期9842951530
初期最大13134112480
昇進1最大16635483270
昇進2最大21336773940
信頼度最大4545

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
ウォータージェット強化スキル3攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃速度+8HP上限+140コスト-1

素質

素質名解放段階効果
エンジニアウォーターキャノン
(工程蓄水炮)
昇進115秒間ウォーターキャノンを使用することが出来る。ウォーターキャノンの攻撃は単体攻撃で僅かな力で突き飛ばす。
昇進220秒間ウォーターキャノンを使用することが出来る。ウォーターキャノンの攻撃は単体攻撃で僅かな力で突き飛ばす。
ウォーターキャノン強化
(蓄水炮强化)
昇進2ウォーターキャノンの押し出しが1段階強化される。
ウィディの周囲4マスにいるオペレーターは一定時間ごとにSPを獲得する。

スキル効果

スキル名スキル内容
砲缶打ち
(炮管敲击)
発動タイプ自動回復 自動発動
必要SP/持続時間必要SP5
効果次の攻撃時、目標を攻撃方向にかなりの力で押し出し、攻撃力の150%の物理ダメージを与え、スタンを1.2秒付与する
ウォーターキャノン形態
(水炮模式)
発動タイプ自動回復 自動発動
必要SP/持続時間必要SP70
効果攻撃間隔が増大(+220%)、攻撃力120%上昇、
通常攻撃が+2マスされ、目標を相当な力で押し出す。
(持続時間無制限)
液体窒素砲
(液氮大炮)
発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP20 必要SP33
効果発動後、即座に1回の圧縮液体窒素砲を発射。
範囲内の敵ユニットに術ダメージを与え、敵を極めて強いの力で押し出す。
目標は被弾後、8秒間は移動距離に比例したトゥルーダメージを受ける。
周囲4マス以内にウォーターキャノンが存在しているのであれば同時に発射される。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
自動化α
(自动化·α)
昇進0製造所製造所配置時、他オペレーターの製造効率が0%となる。
その後、発電所1箇所につき製造効率+15%
バイオニックシードラゴン
(仿生海龙)
昇進2製造所製造所配置時、他オペレーターの製造効率が0%となる。
その後、発電所1箇所につき製造効率+15%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/配置コスト増加/素質「エンジニアウォーターキャノン」習得/スキル「ウォーターキャノン形態」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級特殊SoC初級装置初級糖源
5030000564
昇進2強化内容ステータス強化/素質「エンジニアウォーターキャノン」強化/スキル「液体窒素砲」習得/基地スキル「バイオニックシードラゴン」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級特殊SoCD32鋼上級マンガン
80180000446

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】標準
【戦場機動】標準
【生理的耐性】普通
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

ウィーディーの潜在能力を高めるために使用する。

重なったバイオニックシードラゴンの設計図。本人のコメントが多く寄せられており、「猿でもこの通りにすれば新しいものが作れる」と書かれている。

求人契約

ロドスバイオニック工学研究院のウィーディーは研究の傍ら戦場に立つ。

彼女の前では見なしなみに気をつけろ!

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
ウィーディーはオリジ二ウムに感染した形跡は無い。

【血液中源石密度】0.21u/L
ウィーディーはオリジ二ウムと接触をする中で十分な防護措置をしている。

ウィーディーほどの防護措置をして感染するのであれば、テラの人は生きていけないだろうな

――ガヴィル

信頼相関1

文章表示

かなりの潔癖症の科学者。

普段、公の場で彼女を見ることは無い。人と話をする時に相手に不潔な部分があることに気付くと、丁寧に指摘をし、素直に自身の外見を整えてもらおうとする。そうしなければ会話は終わる。

そのため、彼女の直属の上司であり、小さな事にはこだわらないクロージャは彼女に直面すると、彼女にしては珍しく頭が上がらないようだ。

信頼相関2

文章表示

バイオニック工学というものは近代になって初めて生まれた学科だ。工学の経験とバイオニック理論を結びつけることで、生物学や薬学などにおいての分野で起きていた様々な問題が素早く解決することが発見され、それは休息に医学と密接な関係のある学科となった。

特にロドスのようなオリパシーを抑制し、治療する薬を研究しようとしている会社にとっては、バイオテクノロジー研究室は必須とも言える。

ロドスの給与待遇というものは業界の中でも手厚いものではあるが、ロドスは対外宣伝の中でオリジ二ウム研究やオリパシーの治療を専攻している製薬会社であり、オリジ二ウムとオリパシーという2つの単語は大部分の人に尻込みをさせてしまうことになっている。

それを抜きにしてもロドス自体が至る所に移動しなければいけないという性質と、ライン生命という明らかにロドスよりも良い土壌を持っている科学技術会社が存在しているため、ロドスの人材競争という面ではかなり弱いものとなっている。

ましてはロドスは純粋な医薬会社では無いということ、ロドスが実際に行っていることを知った後にそこから離れるという選択をした人も少なくはない。

要するに様々な要員が絡み合った結果、クロージャのエンジニア部門は多くの人材が集まったことは確かだし、かなりの成果を上げているのだが、実際のところはまだまだ不十分なところがある。

クロージャもこのこのについては会議でよく文句を言っているが、彼女もこのことについては仕方の無いことだと分かっているようだ。

そんな中でもウィーディーを始めとするバイオテクノロジー研究室はクロージャの口からもほとんど心配されていない部分となっている。

信頼相関3

文章表示

ロドスにはテラの各地から人が集まってくるが、イベリア出身のバイオニック工学の専門家がロドスに在任しているというのは少し驚くべき事でもある。

既知の通り、現在イベリアは対外封鎖が行われているからだ。

一方でイベリアを知らない人からすると、イベリアは風穴の空いているように時代遅れで閉鎖的な土地だと思われていることが多い。

実際はその逆でラテラーノやエイギルとの複雑な関係を除けば、イベリアには風情があり、科学研究に対して非常に友好的な土地である――この友好には条件あるが。

これは科学の世界においても公然の秘密だ。イベリアでは大部分の分野において完全かつ自由に研究をすることが可能となっている。しかし、一方でいくつかの分野の研究は完全に禁止さrている。或いはイベリアではこの方向での研究が存在しない。

この点については、ここで話を展開してしまうと辞書のような分厚い近代史が書けるかもしれない。

ただ、イベリアにもバイオニック工学というものは存在している。そうでなければウィーディーがこの年齢でこの分野の専門家になれるはずがない。この点は家学を継承した結果だ。

上記の内容からウィーディーがロドスに加入した理由はイベリアから離れたからったからだとされているが――ウィーディー本人によれば、イベリアを離れる道中はそれほど妨害されることは無かったが、再びイベリアに戻ることは難しいとしている。ただ彼女はそれに対して特別感情を抱いているということは無いようだ。

――それとライン生命からのオファーを受け取る前にロドスからオファーを受け取っただけだとも。

ウィーディーはロドスよりもライン生命のほうが彼女には似合うということについて避けられる話では無いが、それでもこの話題になると彼女は「でも、ロドスも良いと思うわ」という。

そうだ、そうしないと彼女は戦場に立つことは出来ないのだから。

信頼相関4

文章表示

オリジ二ウム研究に身を投じた研究者達、特にオリパシー治療を専攻した科学者達が最も一部の同業者達で理解出来ない点は、同じ科学者の精神を持っているのに、感染者に対して深い反発を持っているように見えることにある。

過去には感染者で実験をするということは不道徳なことだとは考えられていなかった。感染者を専門的に研究をし、感染者が生まれつき劣っている人物であるということを様々な方法で証明しようともしていた。

ロドスにおいても感染者への恐怖を克服しただけであって、友好的な付き合いすらも出来ないでいる研究者はかなりいる。

観念的には最もその時代をリードしているはずの科学者ですらそうなのだから、普通の人はおろか、現実にすら落胆することはある。

しかし、その中でもウィーディーのような存在もいる。

彼女の能力であれば間違いなく彼女はよい良い環境を手に入れられるにも関わらず、彼女はロドスに残っている。彼女は交流相手には清潔さだけを求めるのだ。相手が感染しているかどうかなんてものは関係が無い。

彼女はあまり人と交流はしないが、自分の技術を用いて他の人のために出来るだけのことをする。例えばおもちゃや小物とか。

彼女が戦場に行く理由でさえ簡素かつ感動させられるものだった。

「彼らのために何かしてあげられることは無い?」

昇進2解放

文章表示

エーギル人としてのウィーディーの身体能力は私達のエーギル人に持っているイメージとは反したものとなっている。

実際、他のテストは無事に合格した彼女は体力テストに合格するためには最終的には3ヶ月もの期間を要した。

一方で体力や耐久力という問題を除けば、身体指標は正常であり、むしろ衛生に対して高い要求がある彼女はほとんどのオペレーターよりも健康的だ。

だから、彼女のことを心配するよりも、彼女のことを勉強したほうが良い。今日から。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクターの部屋って意外ときれいだね、いいんじゃない?
会話1水は生活の中心、クロージャとも浄水システムの改善について話したけど、私の研究が役に立てばいいなと思ってる……。そうすれば私も水道水の汚れを心配しないて済むから。
会話2このシードラゴンのリーフ、一族に代々伝わるモチーフを原型に作ったの。戦闘のサポート以外に普段の手伝いもよくしてくれる。水を注いたり、重いものを持ってもらったりとか。
会話3そろそろグラウコスと約束した自動化エンジニアリングの実験の時間だけど、ドクターも興味あれば来る?
昇進後会話1この蓄水砲は元々工事の為に作られたもので、高圧放水以外に高温スチームも放射できる。だからむやみに触らないで、クロージャの支援ロボットとは違うから。
昇進後会話2この高等作戦資料は作戦状況に基づいてまとめたもの。今後の為にも、ちゃんと目を通しておいて。それから、完善させたい作戦実験もいくつかあるからそれも付き合って。ドクターなら断ったりしないでしょう。
信頼上昇後会話1たまには息抜きにパフューマーさんの庭に行くこともあるよ。あそこの香りは人を心の底からリラックスさせるし、研究の疲れを和らげるには最適だから。今度ドクターも一緒に行く?
信頼上昇後会話2一人でシードラゴンと喋ってなんかいないから!名前付けてるのは、他の子と区別する為ってだけだし!
信頼上昇後会話3こうやってお世話になっているうちにドクターのいる生活にも慣れてきた。グラウコスや研究所仲間の他にこんな人ほどんどんいないよ。
放置やはり静かな環境が一番。
入職会話初めまして、私はロドスのエンジニア部門所属のウィーディ。ドクターのことは前からよく聞いてるの、これからよろしくね。あっ、握手なら手袋をしてるこの右手でお願い。
経験値上昇うん、こんなのが役に立つとは思わなかった。
昇進I昇進したら私の部屋も、もう一回グレードアップしてもらえる?
昇進2体が弱い私でも、こうやって認めてくれてありがとう、ドクター。これからもロドスの為に頑張るよ。
編成時私も一緒に行くの?
隊長任命みんな、私の指示を聞いて。
作戦準備出撃!
戦闘開始全て予想通り、作戦開始!
選択1ここにいるよ。
選択2機材の準備は万全。
配置2任せて。
配置2リーフ、がんばろうね。
作戦中1発射!
作戦中2敵へロックオン、攻撃!
作戦中3皆あっち行って!
作戦中4はあ!
星4で戦闘終了戦術さえ正しければ、こんなの何てことない。
星3で戦闘終了工学の力を甘く見ないで!
星2以下で戦闘終了戻ったらちょっと機材の設定を見直す、次は繰り返さない。
任務失敗リーフ、ここを離脱するから援護して!
基地配属ここ、掃除してあるんでしょうね?
タッチま、待ってよ!
信頼タッチドクター、私にも何かお手伝いさせて頂戴。
タイトルアークナイツ。
挨拶あぁ、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました