アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ロサ(早露 Poca)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職狙撃レアリティ★★★★★★
職業身長174cm
精通社交、人事管理出身ウルサス
戦闘経験歴無し種族ウルサス
誕生日10月31日所属機関ウルサス帝国
イラストレーターSkadeCV上田 麗奈
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定。
客観的経歴
ロサはチェルノボーグ事変以前は城内の高校に通っており、生徒会長を務めていた。事変後はロドスに加入、後方勤務部門に所属し、勤務期間中の評判はすこぶる良かったが、本人の申請で狙撃オペレーターとして前線に転入することになった。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度2.4s
初期コスト22最大強化時コスト24
再配置時間70s
特性
重量が最も重い敵を優先して攻撃する。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期800492600
初期最大1067684800
昇進1最大13518561000
昇進2最大175510321220
信頼度最大110

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+34素質2効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
深入骨髓
(深入骨髓)
昇進1攻撃相手の重量が重い(重量3以上)場合、防御力の40%が無視される。
昇進2攻撃相手の重量が重い(重量3以上)場合、防御力の60%が無視される。
学生の模範
(学生楷模)
昇進2編成時、ウルサス学生自治団に所属するオペレーターの攻撃力+8%
昇進2 潜在5編成時、ウルサス学生自治団に所属するオペレーターの攻撃力+10%

スキル効果

スキル名スキル内容
攻撃力強化γ発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP15 必要SP30/30秒
効果攻撃力+100%
分裂射撃
(分裂射击)
発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP45 必要SP65/60秒
効果攻撃力+90%、敵2体に攻撃をする。
アバランチショット
(雪崩击)
発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP15 必要SP30/8秒
効果攻撃力+25%、重量4以上の敵に対して拘束槍を射出スキル発動中は全ての目標は凍結状態となり、毎秒1回攻撃を受ける。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
学生会会長初期制御中枢制御中枢配置時、制御中枢内のウルサス学生自治団のオペレーターは1時間ごとの体力消費-0.05
人望昇進2事務室事務室は一時、事務連絡速度+20%、1回事務連絡を行うごとに、ウルサス学生自治団の手がかりを入手する確率が上昇する(配置時間が長いと影響も増大する)。

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス強化/配置コスト増加/素質「深入骨髓」習得/スキル「分裂射撃」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級狙撃SoC初級糖源初級エステル
5030000583
昇進2強化内容ステータス強化/素質「深入骨髓」強化/素質「学生の模範」習得/基地スキル「人望」習得
必要素材/LvLv龍門貨上級狙撃SoCナノフレーク上級装置
80180000446

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】評判
【戦場機動】普通
【生理的耐性】普通
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

ロサの潜在能力を高めるために使用する。

カッターが一つ。彼女はあなたに丁重に任せはしたが、事情は分からない。

求人契約

ウルサス学生自治団のメンバーであるロサは新しい生活を迎える準備をしている。

彼女に時間を与えて下さい。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

ロサは源石に感染した形跡は無い。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.15u/L

ロサは、これまで源石にあまり触れてはこなかったが、チェルノボーグ事件にて源石の近い距離での接触した経験があると思われ、天災が到来した後の都市全体の環境もそうだったと考えるべきだ。感染症状は無いが、この数値は高くなっているため、今後も継続的に観察する必要はある。

信頼相関1

文章表示

由緒正しき血統の没落貴族のお嬢様。

ロドスアイランドの生活に急速に溶け込んでいったのは彼女にとってすれば身分はどうでも良いものであるためで、ほとんどのオペレーターからすれば礼儀正しい少女にしか見えない。

仕事でも社交的な場でも、年齢にそぐわない成熟っぷりを見せている。

信頼相関2

文章表示

かつての大貴族たちは血脈に頼ることで強固な繁栄を保つことが出来ていたが、近代になると、彼らの地位は新興の商業や政治のエリートたちの挑戦の対象になっていった。

ある国、例えばクルビアでは有名企業の地位は他の国の大家の血脈と同等の意味を持つ。小さな貴族達は当然クルビア企業の社長ほど裕福では無いにも関わらず、工業と商業は発展を続けていくため、多くの先見の明のある貴族たちは自分の土地と侍従を資本に転化しようとしている。

しかし、より古典的な国、例えばウルサスであれば、このような転換は遅く耐え難いものであり、少なくとも大反乱の前は大貴族が大部分の発言権を握っていた。もし、あの大反乱が起こらなければウルサスの政治情勢は過去と一切変わりなかったのかもしれない。

ロサの話によれば、彼女のいるロストフ家は大反乱後に台頭をした新貴族の一員であり、本来は誰かの伯爵の従者であった彼らは今では伯爵に属していた全てを手に入れたのだという。

チェルノボーグ市のボリス市長も新貴族の一人であり、両家はチェルノバーグでの表と裏の商売をしていたため、彼女の家系はチェルノボーグでは高い地位を誇っていた。

当然、この全てはチェルノバーグの滅亡と共に無に帰したが。

信頼相関3

文章表示

ロサはドクターとの信頼関係を築いた後、ある会話の中でチェルノボーグ事件での自分の経験をドクターに語った。彼女の説明によれば、チェルノボーグ事件が発生したばかりの時にメフィストは近くの区域のすべての学校の生徒を集め、レユニオンに支配されていた貴族の子供たちを移送していたことが分かった。

多くの学生が集まり、不安と恐怖が熟成された状況は一連の惨劇を引き起こし、ロサはその中で不名誉な地位を演じていた。そして学校を脱出した後、アーミヤが目標としていたロドスアイランドによる人道的救助の中で救出されるまで、半ば廃城となっていたチェルノボーグの中でかなりの間生存していたようだ。

これらの話は聞いていて本当に恐ろしいもので、最初は彼女の話の真実性を疑ってしまったが、彼女の説明にはいくつかのポイントがあった。

レユニオンがチェルノボーグをほぼ完全に支配した二日後にはピーターハイム学校に入ったということは、一般的に知られているチェルノボーグ事件でレユニオンが動き始めた時間と一致しているのだ。

メフィストは学校を支配している間、生徒たちの行動に全く干渉はしなかったが、生徒が学校を出ることを許しはしなかった。第三者から見るにメフィストの目的は明らかに学生たちの不安を増幅させたいということにある。このような悪質なやり方は私たちの彼に対する認識と一致する。

レユニオンが学校の統制を緩めた時間も、アーミヤがドクター救出中にメフィストに遭遇した時間と一致しており、メフィストが途中でロドスアイランドの情報を受けて去ったと考えられる。その後は惨劇は止められるものではなくなり、彼は自分が見たいものを見たため、学校の支配を緩めたというのは合点がいく。

彼女が口にしたピーターハイム学校はチェルノボーグの中に確かに存在しており、学校は救助された場所に近く、天災が直撃しなかった区域の中にあった。

いや待て。

様々な要因を総合すると、チェルノボーグ事件という惨劇と呼ぶに足る事件には、このような場面が含まれているとしか思えない。

自治団の他のメンバーの惨劇での経験については、ロサは自分が自治団に加入するのが遅いため、自分もよく知らないとは言っていたが、彼女が知っている部分についても彼女の口からは言わないとも明言していた。

自分からその経験を語るのはロドスアイランドやドクターへの信頼の表れである一方で、自治団の中では、おそらく彼女は“裏切り者”になるのに最適な人だと思っているからであり、彼女は彼女には出来ないことをドクターにしてもらいたいと思っているのだろう――彼女の仲間を助けるということだ。

 

信頼相関4

文章表示

ロードアイランドには様々な国や業界から多くのオペレーターが集まっている。ロサがウルサス学生自治団とともにロドスアイランドに加入したときはいくつかのエピソードがあった。

彼女は純然たる血統のウルサス貴族だからだ。

政治、経済、土地、科学技術、戦争など、これらが永遠の議題であるという現実を直視しなければならないが、これらの議題の中には、どうしても迂回できないものがある――貴族だ。

二番目の資料でも述べたように、移動都市の発展に伴い、古い貴族たちは政治の舞台からは姿を消したように見えるが、実際のところはウルサスの歴史の舞台から消えてはいない。当然、これは一般人には関係はない。純血な血統で、長い間エリート教育を受けてきたウルサス貴族がロードアイランドのような組織に加わることは絶対に無い。彼らは上から目線であり、富と都市を抱えていて、すべての苦難は彼らとは関係がないからだ。

ロサが正式に後方勤務部門で働き始めた後、彼女は確かに「貴族らしくないようにしようと努力している」ように見えた。彼女はまだ自分の腰を低くする方法に慣れていないことが分かるが、彼女は確かにこのような生活に適応しようと努力はしている。

感染者、非感染者問わず、ほとんどの人が貴族、特にウルサス貴族には好感を持ってはいない。

しかしロサは、自分がどこに属していたのか気にはしていなかった。真正面から来る避難にも、彼女は黙って耐え、たまには微笑みながら首を振りはするが、手の中の仕事を止めるということはなかった。

ロサの前に立ったイースチナは「人は自分の出身で裁かれるべきではありません」と、怒りをあらわにしていたとあるウルサスオペレーターに語った。

それに、このようなことはロドスアイランドでは起こるべきことでは無い。アーミヤにとっても、後にロサに謝罪をしたオペレーターにとってもそれは同じことだ。

ロサ、彼女の率直さ、彼女の自責、彼女の迷い…。ロサの加入はロドスアイランドにとって珍しいことでは無いのだから。

今日もこの大地に新しい一日が訪れる。

昇進2解放

文章表示

ロサが使う武器は、厳密には武器では無いし、少なくとも人が使うべき武器では無い。

実際、元々は小さな規格の攻城兵器であり、城と城との戦いで頻繁に使用されていたもので、より大型の規格は双方の距離を固定するためにも使用されていたものだ。

ロサによると、学校を出た後、チェルノバーグの中をさまよって生きる道を求めていた時に見つけたもので、当時はほぼ使えるような代物では無かったが脅迫的な自衛手段として使われていた。

攻城用の機械がどのようなことを経緯を経て、市内に流れ着いたのかは想像が付かないが、その物語を知ることができれば、当時のチェルノボーグ城の混乱の一角を垣間見ることができるかもしれない。

いずれにせよ、ロサの要求で今ではヴァルカンによるの改造を経て一新され、ロサの使用に適した遠隔攻撃兵器となっている。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクターの力になれて、光栄よ。
会話1昔は「欲しい物は何でも手に入る」なんて無邪気に考えていたの。大半は確かにその通りだけど、そうでもないものもあることを今なら知ってるわ。ええ、私一人の力では、どうしても手に入らないものなの。
会話2どのような仕事でも一度私に任せてみてくれるかしら。大丈夫よ、あの出来事を経験してから、いわゆる貴族の面子なんて私にとっては一番どうでもいいものになったもの。今の私なんてズィマーたちと同じように保護されている普通の学生に過ぎないわ。
会話3ドクター、チェルノボーグのことについて知りたいのなら、私からは少し違う視点を提供できるかもしれないわ。一介の学生に過ぎないけど、生徒会長ともなれば一足早く大人の世界に触れることが出来るの、ドクターも分かるでしょう。
昇進後会話1イースチナのように自らを麻痺させるような娯楽を排斥してまで知識を追求する人は私が通っていた貴族学校でも、ほとんどいなかったわ。もし彼女が私と同じ学校だったら……いえ、そんなことを今考えても何の意味もないわね。
昇進後会話2一度の悲劇で全てを恨むのも、一度の喜劇で全てを愛するのも、一面的な考え――そういうものかしら?ドクター、あなたはこれからの全てにどう向き合っていくかはもう決めているの?私はどうやって向き合えたらいいの?もうよく分からないの。
信頼上昇後会話1ドクター、不躾かもしれないけど、一つお願いがあるの。ズィマーたちの……心のケアをもっと気に掛けてもらえないかしら?今の生活に馴染んだように見えるけど、本当はそうじゃないって、私は知っているの。私ですら、時々あの日々を思い出すことがあるから。
信頼上昇後会話2ドクター、あなたには理解できるかしら。私は被害者と言える立場だけれど、ある時はその場に陶酔してしまっていて、またある時は無自覚に加害者側に立ってしまっていた。私は……自分のことを一生許せないわ。
信頼上昇後会話3ドクター、大人になれば簡単に忘れられるようになるのかしら?もし私が大人になったら、自分を許せるようになるのかしら?ドクターのように成熟した大人になったら、心の中にある嫌な感情を……うまく処理できるようになるのかしら?
放置ドクターが眠っている様子……どこか可愛げがあるわね。
入職会話こんにちは、ドクター。改めてロドスにお礼をさせてもらえるかしら、私と友人たちを受け入れてくれて、ありがとう。もう支援部でたっぷり休ませてもらえたし、そろそろズィマーたちの仕事に加わらせてちょうだい。
経験値上昇私も戦場に慣れないといけないわね。
昇進I生徒会での経験は大人の仕事でも役に立つようね、本当になによりだわ。
昇進2自分のやるべきこと、未来のこと、そして自分自身のこと、まだまだ分からないことが山ほどあって、考えれば考えるほど、それが増えていくの。でも、私はまだ若いもの、考える時間はあるわ、そうよね、ドクター?
編成時訓練の成果を確かめようかしら。
隊長任命最善を尽くすわね。
作戦準備各位、出発するわよ。
戦闘開始各位、作戦通りに行動するのよ。
選択1任せて。
選択2私の出番かしら?
配置1はあ、リラックス、リラックス。
配置2まずは戦闘マニュアルの暗唱から……
作戦中1狙いを定めて、発射!
作戦中2え、まさか故障?おぁ!
作戦中3ローサ、自分を信じなさい、あなたならできるわ!
作戦中4あなたたちに恨みはないけれど……
星4で戦闘終了ドクター、やったわ!……あぁ、んんと、ゴホン、本当に喜ばしい勝利ね。
星3で戦闘終了はー、ドクターの期待を裏切ってはいないわね。
星2以下で戦闘終了ドクター、ごめんなさい、私がもう少し努力していれば……
任務失敗戻ったら反省会をしないといけないわね……
基地配属サロンのような場所はあるのかしら。
タッチえっ?!
信頼タッチ今日も素晴らしい一日ね。
タイトルアークナイツ。
挨拶ドクター、会えて嬉しいわ。
タイトルとURLをコピーしました