タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツアークナイツ解説オペレーター解説

【アークナイツ】星5特殊オペレーター「スノーズント」のステータスやスキルについて

スポンサーリンク

基本ステータス

ブロック数2攻撃速度遅い(1.8s)
初期コスト13最大強化時コスト15
再配置時間遅い(80s)
特性
強制移動スキルを所持
遠距離マスにも配置可能

基本ステータスは同じ星5の特殊オペレーターであるクリフハートとほぼ同じものとなっています。

配布オペレーターのため、初期の再配置時間は80秒と長くはなっていますが、スノーズントは用意に潜在突破をすることが可能となっているので、この点がデメリットになるということは無いでしょう。

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期7943201550
初期最大10734582280
昇進1最大13945963010
昇進2最大18357453550
信頼度最大+300+40

ステータスとしてはHPと防御は信頼度による上昇値を含めると引き寄せ型の特殊オペレーターの中では最も高い数値となっている一方で、攻撃力はクリフハートとロープの中間のような数値となっています。そのため、どちらかというとやや防御に寄ったステータスと言えます。

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲

攻撃範囲は他の引き寄せ型の特殊オペレーターと大きな違いはありません。スキル2の攻撃範囲は昇進1の攻撃範囲と全く同じものとなっていますが、効果範囲が上下左右に僅かに広いものにはなっているので後ほど、スキルの欄にて解説を行います。

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-10秒コスト-1素質効果強化コスト-1

潜在突破による効果はコスト減少、再配置時間短縮、素質効果強化の3つ。特に素質効果強化はスノーズントが感染生物を引き寄せた際に敵ユニットの特殊能力を無効化する時間を4秒から8秒に伸ばすというものになっているので、スノーズントを運用するのであれば、ほぼ必須の内容となっています。

素質

素質名解放段階効果
ムシ対策専門家昇進1感染生物】を引き寄せる時、対象の一部の特殊能力を4秒間無効化する
昇進2【感染生物】を引き寄せる時、力加減が1ランク上昇、対象の一部の特殊能力を4秒間(+4秒)無効化する
昇進2 潜在5【感染生物】を引き寄せる時、力加減が1ランク上昇、対象の一部の特殊能力を8秒間無効化する

ムシ対策専門家

素質「ムシ対策専門家」はスノーズントが感染生物を引き寄せた際に一定時間感染生物の特殊能力を無効化し、更に引き寄せる力を1段階強化するというもの。

感染生物とは「オリジムシ系、猟犬系、バクダンムシ系、ハガネガニ」の事を指しており、この中であれば特にバクダンムシ系となるバクダンムシやヒョウバクムシの爆発を無効化することが有用となるでしょう。

ただし、数秒間無効化する一方でバクダンムシを引き寄せてしまうというリスクがある点には十分注意が必要です。

スキル効果

スキル名スキル内容
フックキャッチ発動タイプ自動回復,自動発動
必要SP/持続時間消費SP7(5)
効果次の通常攻撃時、敵を普通の力(かなりの力)で引き寄せ、攻撃力の110(170)%の物理ダメージを与え、1.0(1.6)秒足止めする
ネットキャプチャー発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP10/必要SP27(17)
効果捕獲ネットを発射し、目標地点周囲一定範囲内の敵を普通の力(かなりの力)で引き寄せ、攻撃力の130(200)%の術ダメージを与え、2.1(3.5)秒足止めする

フックキャッチ

スキル1「フックキャッチ」はほぼ同じ引き寄せスキルを持つロープと比べると威力が僅かに増加し、足止めスキルが付与されています。一方でクリフハートと比べるとダメージの上昇率はスノーズントのほうが下となっており、更にあちらは術ダメージとなっているため、ダメージという面では劣ってしまっています。

そのため、このスキルを使う際にはダメージというよりかは素質の感染生物の特殊能力無効化と足止め効果に価値を見いだせるかどうかが重要となります。

ネットキャプチャー

捕獲ネットを発射し、対象となった敵ユニットと更にその周囲にいる敵ユニットを全て引き寄せることが出来るスキル。引き寄せる数には上限は無いため、密集しているオリジムシなどであれば大量に引き寄せることが可能となっています。

ネットキャプチャーが引き寄せるマスは中心となったマスとその周囲となっており、周囲8マスの敵を全て引き寄せることが出来るという訳ではなく、周囲8マスの端にいるような敵は引き寄せることが出来ません。画像で表すのであれば上記のような形が近いものになるかと思います。

そのため、例えばエンシェントフォージのAF-8のヒョウバクムシのような並びの場合は一網打尽にするということは出来なくなっているので注意が必要です。

 基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
天性の努力家・α初期貿易貿易所配置時、配置貿易所の受注効率が5%上昇につき、受注効率+5%、最大25%
昇進2貿易貿易所配置時、配置貿易所の受注効率が5%上昇につき、受注効率+5%、最大35%

天性の努力家

基地スキル天性の努力家は他オペレーターによって受注効率が上がっている場合に最大で35%の受注効率を付与するというもの。数値だけで言えばエクシアと並んでトップとなっています。

35%であれば他のオペレーター2人を受注効率が上昇するオペレーターにするだけで容易に到達することが出来る数値なっているため、基地スキル目的で昇進させるのも良いかもしれません。

まとめ

スノーズントはクリフハートと比べると攻撃力は落ちてしまいますが、厄介なバクダンムシなどの爆発を無効化してしまうという優秀な素質を所持しています。そのため、この素質をどう使うかがクリフハートとの差を付ける点にはおいては重要なポイントとなるかと思います。

他に引き寄せ型の特殊オペレーターの育成を既にしているという方であれば優先して育てるという必要はありませんが、今後もバクダンムシやヒョウバクムシは危機契約や高難易度ステージにおいて頻繁に登場する敵ユニットとなっているので、育てておく価値はあるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました