アークナイツ アークナイツ解説 オペレーター解説

【アークナイツ】星4前衛オペレーター「ウタゲ」の性能(ステータスやスキル)について

スポンサーリンク

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度遅い(1.2s)
初期コスト20最大強化時コスト24
再配置時間70s
特性
味方の治療対象にならない
敵を攻撃する度自身のHPを30/50/70回復
(昇進毎に回復量UP)

特性はヘラグと同じく、味方からの回復対象とならない代わりに敵を攻撃する度に自身の体力を回復するもの。そのため、他オペレーターからのサポートが無くても単騎で運用することが出来る自己完結型前衛となっています。

レアリティが4ということからそれに応じて配置コストも低くなっているため、前衛オペレーターの中では高めの部類ではあるものの、ヘラグと比べると配置のしやすいオペレーターと言えます。

ステータス

HP攻撃防御魔法防御
初期14133091500
初期最大19634422060
昇進1最大25835752650
昇進2最大34446933120
信頼度最大+30+40

ステータスはヘラグの下位互換というようなものとなっており、自己完結型前衛としてはある意味で順当な性能となっていると言えます。

防御力は信頼度による上昇を含めればヘラグよりかは18ほど高くはなっていますが、それに対してヘラグは信頼度による上昇でHPが400上昇しています。そのため、耐久力という点では素質による回復を受けられないという事も合わさり、難はあるという点には注意が必要でしょう。

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲

攻撃範囲は一般的な前衛と同じく自身のいるマスと前方1マスのみとなっており、特筆すべき点はありません。

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階配置コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+23再配置時間-6秒配置コスト-1

潜在突破による効果は配置コスト減少、再配置時間減少、攻撃力狂化の3つ。

ウタゲはスキル次第では配置と撤退を頻繁に繰り返したほうが良いオペレーターとなっているので運用するのであれば5段階目までは突破させておきたいところ。星4オペレーターということもあり、比較的突破はしやすいので狙ってみるのも良いかもしれません。

素質

素質名解放段階効果
マジモード初期HPの減少量に応じて攻撃速度が上昇
(上昇最大値:HPが50%減少時、攻撃速度+50)
昇進1HPの減少量に応じて攻撃速度が上昇
(上昇最大値:HPが60%減少時、攻撃速度+75)
昇進2HPの減少量に応じて攻撃速度が上昇
(上昇最大値:HPが70%減少時、攻撃速度+100)

マジモード

素質「マジモード」はHPの減少量に応じてウタゲの攻撃速度を上昇させるというもので、内容としてはヘラグの素質「月満ち星隠る」と同じものとなっています。

ただ、上記でも述べたとおり、ウタゲはヘラグと比べるとHPが低く、耐久力はあまり高くは無いので、ヘラグのように最高効率を常に叩き出し続けるというのは厳しいところがあるでしょう。

スキル効果

スキル名スキル内容
サボり発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP10 必要SP15/8秒
効果攻撃を中止し、ブロック数0になり、防御力+100(200)%しHPが1秒ごとに最大値の6(10)%回復

落地斬・突破
発動タイプパッシブ
必要SP/持続時間
効果配置後最大HPの50%を失い、攻撃力+50(110)%し通常攻撃が術攻撃になる。

サボり

攻撃をしていない間は自身のHPを回復するヘラグの素質2「策その身に宿る」の代わりとも言えるようなスキル。スキル発動中は攻撃を行わなくなる代わりに、ブロック数が0となり、防御力が上昇、更にHPを毎秒一定数回復します。

ブロック数が0になるということは近接系の敵を全てスルーすることが出来るということなので、ウタゲでは対処しきれないような敵をあえてスルーするという方法も可能という事となります。

また、防御力が大幅に上昇することから、並の物理攻撃程度ではビクともしなくなるため、囮として運用することも可能でしょう。

ただし、上昇するのは防御力のみとなっており、術攻撃には一切の耐性が無いという点には注意が必要です。

落地斬・突破

配置時に自身のHPを50%失う代わりに、攻撃力が上昇し、更に攻撃が術ダメージとなるスキル。

配置した瞬間に素質によって攻撃速度が1.5倍に、攻撃力も最大で+110%されるため、差し込み要員としては星4オペレーターとは思えない火力を叩き出すことが可能となっています。

また、攻撃が術ダメージに変わるということから、凶悪クラッシャーなどの厄介な敵も大ダメージを与えることが可能となり、状況次第ではウタゲ単騎で倒し切ることが出来るというのは非常に大きなポイントと言えるでしょう。

パッシブスキルという性質上、一度発動すると再配置しないと発動せず、再配置時間は長めとなっているため、1ステージで何度も発動出来るというものではありませんが、決戦スキルとしてはかなり優秀なスキルとなっています。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
心理学初期事務室事務室配置時、事務連絡速度+40%
情報収集β昇進1応接室応接室配置時、手がかり捜索速度+20%

基地スキルはどちらも汎用スキルとなっており、上位互換となる基地スキルも存在しているため、基地スキル目的でウタゲを育成する必要性は薄くなっています。立ち位置としては後方勤務予備といったところ。

まとめ

星4オペレーターは汎用的だったり、星6や星5オペレーターの下位互換というようなオペレーターが多くはなっていますが、ウタゲは他の星4とは一風変わったユニークなスキルを持つオペレーターとなっています。

運用方法としてはスキル1はヘラグに近いものがある一方で、スキル2では差し込み型のオペレーターに変わるとスキル次第では大きく運用方法が異なっているのが大きな特徴と言えるでしょう。

上記の内容からヘラグを育成していたとしても、全く違った運用方法が存在しているということから、優先して育成する必要はありませんが、余裕があるのであれば育成をしておく価値は十分にあるオペレーターではあります。

タイトルとURLをコピーしました