アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 密林猛将の帰来 RI-8「ガヴィルの拳」前半

トミミ
トミミ

ここの建物だけほかの部族と明らかに違いますね……

ケオべ
ケオべ

ボロ家だ!

ウタゲ
ウタゲ

うわ、この建物と装飾とかめっちゃ雑じゃん。

クロワッサン
クロワッサン

それにそこら辺にヘンテコな機械の残骸がおいとるな。

ガヴィル
ガヴィル

ズーママ、ほかと違ってお前の部族は特別な感じがするな。

ガヴィル
ガヴィル

あいつらもお前と同じで機械イジりが好きなんだな。

ユーネクテス
ユーネクテス

これらは全部私の部族のものたちが創り上げた傑作だ。

ユーネクテス
ユーネクテス

そうだな。彼らも機械の魅力を理解している、自分たちの情熱だけでこの部族を今の形に創り上げたんだ。

???
アダクリスA

見ろよ、ガヴィルだ。

???
アダクリスB

大首長の言っていたことは本当だったんだな、ビッグアグリーを使ってガヴィルともう一度対決らしいぜ。

???
アダクリスC

なんだよそりゃ!?こりゃ見逃すわけにはいかねぇぜ!

ケオべ
ケオべ

うわー、人がたくさんだ!

ユーネクテス
ユーネクテス

こいつらの中には祭典のあとにここに集ってきたほかの部族の人も多く混じっている、彼らもいずれ私たちに加入するつもりでいる。

ガヴィル
ガヴィル

へぇ、つまりどういうことだ?

ユーネクテス
ユーネクテス

ガヴィル、お前が出て行ったままであれば、私は気にも留めなかった。だがお前は再び私の目の前に立ちはだかった、なら私はここでお前を倒す。

ガヴィル
ガヴィル

なぜだ?

ユーネクテス
ユーネクテス

お前が強すぎるからだ、ガヴィル。

ユーネクテス
ユーネクテス

あの日をまだ憶えているか、ガヴィル?

ガヴィル
ガヴィル

あの日?

ユーネクテス
ユーネクテス

あの日までは、私もお前と同じく、己の拳こそがすべてだと固く信じていた。

(殴打する音)

ガヴィル
ガヴィル

おりゃ!

ユーネクテス
ユーネクテス

うわあああ!

???
アダクリス人の老人

ガヴィルの勝ちじゃ!

ガヴィル
ガヴィル

ハハ、またアタシの勝ちー。

ユーネクテス
ユーネクテス

フンッ、もう一回だ、次こそ私が勝ってやる!

ガヴィル
ガヴィル

いいぜ!

(大地が揺れる音)

ユーネクテス
ユーネクテス

あれ、大地が揺れてる?

ガヴィル
ガヴィル

見ろ、あそこだ!

ユーネクテス
ユーネクテス

あれは……あれは一体なんだ?

ガヴィル
ガヴィル

でっけー鉄の塊だ!

???
アダクリス人の老人

あれはサルゴンの移動都市じゃ……

ユーネクテス
ユーネクテス

サルゴンって?

???
アダクリス人の老人

サルゴンとはわしらの国のことじゃよ。

ユーネクテス
ユーネクテス

じゃあイドウトシって?

???
アダクリス人の老人

移動都市というのはとても大きな部族みたいなものじゃ、そこのたくさんの人が住んでおる。

???
アダクリス人の老人

わしも若い頃に一度だけそこに行ったことがある。

???
アダクリス人の老人

さあさ、怖がる必要はない、こっちには来んよ。

???
アダクリス人の老人

あれはわしらと生涯無縁なものじゃからな。

ユーネクテス
ユーネクテス

……

ガヴィル
ガヴィル

ズーママ、どうしたんだ、気分でも悪くなったのか?

ユーネクテス
ユーネクテス

なんでもない、先に帰る。

 

ガヴィル
ガヴィル

おう、憶えてるぜ、サルゴンの移動都市がちょうどここ付近を通過した日だろ、あの日からお前はちょっとおかしくなっちまったもんな。

ユーネクテス
ユーネクテス

私はむしろ不思議に思うんだ、ガヴィル。

ユーネクテス
ユーネクテス

あのような物体を見て、驚きはしないのか?震え上がらないのか?自分の存在がちっぽけだとは思わないのか?

ガヴィル
ガヴィル

あの日感じたことだが、そりゃあ確かに「うわー、でっけぇ」とは思ったぞ、でもそれとアタシになんの関係があるんだ?

ユーネクテス
ユーネクテス

お前はいつもそうだ、ガヴィル。

ユーネクテス
ユーネクテス

あの日から、私はお前とのケンカに興味が失せた。

ユーネクテス
ユーネクテス

私はイナームに機械に関連する書籍を探してくれるように頼んだ、サルゴン語と機械の知識を学び始めた。

ユーネクテス
ユーネクテス

そしてその後大祭司と出会い、私たち二人でビッグアグリーを作り始めた。

ガヴィル
ガヴィル

それは知ってる、お前に会いにも行ったからな。

ガヴィル
ガヴィル

ん?ということは、そっちの変なヤツがお前が空気と話してたヤツなのか?

大司祭
大司祭

その通り!

ウタゲ
ウタゲ

うわっ、いつの間にあたしのところに!?

クロワッサン
クロワッサン

なんだかコウテイのボスに似とるなぁ……

大司祭
大司祭

コウテイ?あのペンギンのことを言っておるのか?

クロワッサン
クロワッサン

せやで、え、ボスのことを知っとるん?

大司祭
大司祭

知っとる知っとる、当然知っとるわい、何十年も会っていないがな、あれ、何十年だったっけ?何百年だったっけ?まあいい、とにかくお前からは確かにヤツの匂いがするな。

ウタゲ
ウタゲ

何百年ってどういうこと……

クロワッサン
クロワッサン

ええええ、まさかここにもボスのお友だちがおったんか!

ガヴィル
ガヴィル

お前本当に存在していたんだな、アタシはずっとズーママの頭が狂って創り出された幻覚だと思ってた、ロドスにいたときはわざわざそういった症状を研究していたもんだぜ。

大司祭
大司祭

ほほう、お前は知らないのだな、ガヴィル、小さい頃のお前がズーママに会いに来たとき、わしはずっとそばで見ておったのじゃぞ!

大司祭
大司祭

この様にな!

ガヴィル
ガヴィル

消えただと!

大司祭
大司祭

ハッハッハ、わしは普段人前には出ないのじゃよ、だが今はビッグアグリーを操縦せねばならんからな、仕方なく姿を見せているわけじゃ!

大司祭
大司祭

じゃが若造どもと機械を造るのも愉快なものよな!

ウタゲ
ウタゲ

そのビッグアグリーなんだけど、操縦に戻らなくて本当に大丈夫?建物にぶつかりそうだけど。

大司祭
大司祭

あ?おーっと、忘れておった!またあとで会おう!

ウタゲ
ウタゲ

うわっ、本当にすぐ操縦席に戻ってる、すごいなぁ。

クロワッサン
クロワッサン

やっぱうちのボスとそっくりや……

ユーネクテス
ユーネクテス

……

ガヴィル
ガヴィル

おっと、まだ話の途中だったの忘れてたぜ。でも正直に言うけど、ズーママ、どうせ最後もケンカをする以上、こんなこと言っても意味あんのか?

ユーネクテス
ユーネクテス

ある。

ユーネクテス
ユーネクテス

これはお前に聞かせてるんだ、私自身への反芻でもある。

ユーネクテス
ユーネクテス

わかるか、ガヴィル、私にとって、お前は最大の障壁なのだ。

ガヴィル
ガヴィル

あ?そうなのか?

ユーネクテス
ユーネクテス

正確に言うと、お前ではなく、お前みたいな人がだ。

ユーネクテス
ユーネクテス

かつて私は多くの人に機械の魅力と説いていた、だが結局、ほとんどは興味を示してくれなかった。

ユーネクテス
ユーネクテス

お前みたいな強者が彼らの模範になっていたからだ。

ユーネクテス
ユーネクテス

お前みたいな存在が彼らに伝えているんだ、ここでは、強ければ欲しいものが手に入ると。

ユーネクテス
ユーネクテス

お前の強さが、前進するための道筋を塞いでいるんだ。

ユーネクテス
ユーネクテス

だから私は決心した、人々のそういった考えを打ち破ると、より強大な力で、お前が建てた己の力への妄信を破壊してやるとな。

ウタゲ
ウタゲ

へー、ドクター、彼女結構理にかなってること言ってるじゃん、ドクターはどう思う?

プレイヤー
プレイヤー

・確かにそうだな。
・……
・機械は最高だからな。

確かにそうだな。……機械は最高だからな。
ガヴィル
ガヴィル

ドクター、お前一体どっちの味方なんだよ!

クロワッサン
クロワッサン

確かに理にはかなっとるけど、でもどっか違うような……

ブレイズ
ブレイズ

そうね、このデカブツは本当にカッコイイわね!

 

ガヴィル
ガヴィル

でも確かに、お前の話を聞いてると頷きたくもなる。

ガヴィル
ガヴィル

でもアタシはみんなの模範になったつもりなんてない、アタシはアタシだ、アタシはこの拳ならなんでも解決できるって思ってる、誰でもねぇこのアタシのな。

ユーネクテス
ユーネクテス

わかっている、お前に責任はない。

ユーネクテス
ユーネクテス

だが、私はお前を必ず倒すと決心したのだ、ガヴィル、このビッグアグリーの力を使ってな。

ユーネクテス
ユーネクテス

みな聞け!

ユーネクテス
ユーネクテス

これから、ビッグアグリーはガヴィルともう一度新たに決闘を行う。

ユーネクテス
ユーネクテス

この決闘で正真正銘だれが真の大首長になるかを決める!

ユーネクテス
ユーネクテス

大祭司、やるぞ!

大司祭
大司祭

おう、待っておったぞ!

ユーネクテス
ユーネクテス

ガヴィル、準備はいいか!仲間と一緒にかかってきてもいいんだぞ!

ガヴィル
ガヴィル

待ちくたびれたぜ!

ガヴィル
ガヴィル

お前ら手を出すなよ、この戦い、アタシ自らこのデカブツを倒す!

ガヴィル
ガヴィル

さぁ来やがれ!

大司祭
大司祭

まずは通常のパワーを試すとしよう!

大司祭
大司祭

発射ァ!

(砲撃音)

ガヴィル
ガヴィル

ヘッ、二度も吹っ飛ばせるとは思うなよ!

大司祭
大司祭

ほう、さすがはガヴィルじゃな、見事な反射神経じゃ!だが問題ない、わしのビッグアイアンナックルをくらえ!

ガヴィル
ガヴィル

力比べってか?気に入ったぜ!

(ビックアグリーがガヴィルを殴る音)

ケオべ
ケオべ

ガヴィル、すごーい!

クロワッサン
クロワッサン

すごいでガヴィルはん!一人であのデカブツの鉄拳を受けとめたで!

ウタゲ
ウタゲ

いつも身体検査のときに疑問に思ってたんだけど、あの人なんで医療オペレーターをやってるの?

大司祭
大司祭

……敵なれど、誠にあっぱれじゃ!

大司祭
大司祭

じゃがな、まだまだ終わらんよ!こういうこともあろうかと、ビッグアグリーにパワー全開モードを備えておいたのじゃ!

大司祭
大司祭

ポチっとな!

ガヴィル
ガヴィル

なんだと!?

ウタゲ
ウタゲ

あのでかいやつのパワーがもっと強くなったっぽいよ!

ブレイズ
ブレイズ

ガヴィルが押し負けてる!?

大司祭
大司祭

嗚呼、なんと素晴らしい音なんじゃ!……ん?待て、ダイヤルがおかしいぞ……んんん?

ユーネクテス
ユーネクテス

大祭司、状況はどうなっている!?

大司祭
大司祭

アチチ、わしの尻が焼き焦げそうじゃ!

ユーネクテス
ユーネクテス

ビッグアグリーのことを聞いている!

大司祭
大司祭

おう、ついでにわしの状況も言っただけじゃ!エンジンのパワーが強すぎる、このままではビッグアグリーが暴走してまう!

大司祭
大司祭

でもなんだか刺激的でこれはこれでよいな!

ユーネクテス
ユーネクテス

先に脱出しろ!

大司祭
大司祭

戦うんじゃろ?このまま続行じゃ!さあ来い、ガヴィル、このわしが――

(爆発音)

ユーネクテス
ユーネクテス

大祭司!

大司祭
大司祭

わかった、わかったから、残念じゃ、どうやらプランを変更せねばいかんようじゃな。

大司祭
大司祭

ズーママ、心配せんでいい、わしが出来る限りこいつを抑える、その間にビッグアグリーを停止させるんじゃ!

ユーネクテス
ユーネクテス

……ガヴィル、離れていろ、この件はお前らとは無関係だ。

ガヴィル
ガヴィル

何言ってんだ、アタシを倒すんじゃなかったのかよ?

ユーネクテス
ユーネクテス

倒すさ、だがこのような方法でではない。

ガヴィル
ガヴィル

はぁ、いまさら水臭いぜ、もちろんアタシも手伝うぜ、そうだろ、ドクター?

ケオべ
ケオべ

大怪獣とのバトル!おいらも手伝う!

プレイヤー
プレイヤー

・ウタゲ、クロワッサン、戦闘準備だ!

・……

・結局私たちの手が必要なんじゃないか。

ウタゲ、クロワッサン、戦闘準備だ!……結局私たちの手が必要なんじゃないか。
ウタゲ
ウタゲ

えー、こいつをやっつけるの?うそでしょ、めんどくさー。

クロワッサン
クロワッサン

旦那さん、終わったら残業代もらうからな!三倍やで!

ブレイズ
ブレイズ

ドクター、野次馬してないで!はやく指揮の準備をして!

 

ガヴィル
ガヴィル

ドクターの性格ってホントたまにわりとイラっとするな!

ガヴィル
ガヴィル

いいからさっさと指揮の準備をしろ!

この記事を書いた人
おーちゃん

アークナイツのチェンが好きだけどいない(無慈悲)

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました