タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ブレミシャイン(瑕光 Blemishine)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス重装レアリティ★★★★★★
性別身長165cm
精通工匠技術、オリジニウムアーツ(光)、騎士競技出身カジミエーシュ
騎士競技経験歴半年種族クランタ
誕生日7月15日所属機関カジミエーシュ
イラストレーター竜崎いちCV花澤香菜
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴
マリア・ニアールはカジミエーシュの若い騎士であり、オペレーターであるニアールの妹。
騎士競技の経験があり、各テストにおいて優秀な作戦素質を披露した。
本人の要望に応え、ニアールと共に重装オペレーターとして行動をしている。

基本ステータス

ブロック数3攻撃速度1.2s
初期コスト18最大強化時コスト22
再配置時間70s
特性
HP回復スキルを所持

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期134620724210
初期最大182029735710
昇進1最大233440247610
昇進2最大324249158110
信頼度最大+90+20

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル1攻撃範囲スキル2攻撃範囲スキル3攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+26素質2効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
剣盾の騎士
(剑盾骑士)
昇進1配置中、味方の全ての被撃回復スキルは、スキル所有者が攻撃する度に追加でSPを1回復
慈悲
(仁慈)
昇進1【熟睡】状態の敵を優先して攻撃
攻撃する際に攻撃力が120%に上昇
昇進2【熟睡】状態の敵を優先して攻撃、
攻撃する際に攻撃力が140%に上昇
昇進2 潜在5【熟睡】状態の敵を優先して攻撃、
攻撃する際に攻撃力が144%に上昇

スキル効果

スキル名スキル内容

光芒逆巻
(光芒涌动)

発動タイプ自動回復,自動発動
必要SP/持続時間必要SP6(4)
効果次の通常攻撃時、敵に攻撃力の180(260)%の物理ダメージを与え、周囲一定範囲内にいる味方1人を攻撃力の100(150)%回復
1回チャージ可能

敵恐の輝き
(慑敌辉光)

発動タイプ被撃回復,手動発動
必要SP/持続時間必要SP20(12)/10秒
効果攻撃力+40(110)%、範囲内の敵全員が熟睡状態(スタン+無敵)になり、周囲の味方を1秒ごとに攻撃力の15(20)%回復

先賢の化身
(先贤化身)

発動タイプ被撃回復,手動発動
必要SP/持続時間初期SP!5,必要SP30(25)/30秒
効果攻撃力+50(110)%、防御力+20(60)%、攻撃時に攻撃力の50(100)%の追加術ダメージを与え、周囲の味方1人に、攻撃力の60(100)%回復

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
細かな計算初期加工所加工所で昇進素材を加工時、龍門幣のコストを削減する
熱心な鋳掛屋昇進2加工所加工所で昇進素材を加工時、副産物の入手確率+40%、体力消費が8以上の素材の体力消費が-4になる

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限開放/コスト+2/スキル「敵恐の輝き」習得/素質「剣盾の騎士」習得/素質「慈悲」習得
必要素材/LvLv龍門幣初級重装SoC初級装置初級源岩
5030000557
昇進2強化内容ステータス上限開放/スキル「先賢の化身」習得/素質「慈悲」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級重装SoCD32鋼RMA70-24
80180000447

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】標準
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】標準
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【アーツ適正】優秀

関連アイテム

潜在上昇の印

ブレミシャインの潜在能力を高めるために使用する。

一冊の騎士小説、でたらめな伝記であり、伝記的なでたらめ。

求人契約

カジミエーシュの騎士であるブレミシャインはやがて成熟する栄光だ。

彼女が見つからないのであれば、エンジニア部門のオペレーターに聞いて欲しい。

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。
循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。
以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】0%

ブレミシャインは一切感染していない。

 

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.13u/L

ブレミシャインは源石に触れる事は少ない。

カジミエーシュと集落の差は想像も付かないものだが、当然感染者も抑圧され排除されている。恐ろしいことにほとんどの市民はその事について何も知らない。甚だしきに至っては気にすらしていない。
――ニアール

第一資料

文章表示

“オペレーターニアールの妹”というのが、ほとんどのロドスオペレーターのブレミシャインに対する第一印象だ。

ブレミシャインの性格は正直で堂々とした姉とは違うようだが、二人の騎士としての作戦時の勇姿、プライベートでの親密な行動は血の上に刻まれた家族を深く意識させるものだ。

だが、カジミエーシュから追放されたときのブレミシャインはまだ幼かったからか、姉への単純な敬慕や思いよりも、ブレミシャインとウィスラッシュとの方が感情としては自然的で深いようだ。

ブレミシャインの性格はとても明るくて、すぐにオペレーター達に馴染んだ。よく知っている人には少しわがままな一面を見せることもある。

だが、正式な場や深刻な話をしたとき、ブレミシャインの表情は姉にそっくりで高貴で穏やかでどの言葉も意味がちゃんとこもっている。

今は姉と一緒に重装オペレーターとして最前線で戦っており、守るべき人たちはちゃんと守る。

だが、ブレミシャインは駐艦している間、ヴァルカンやクロージャの所を頻繁に行き来、グラウコスやメイヤーといった機械愛好家を訪ねたこともあった。

聞いた所によればブレミシャインは何度もエンジニア部のオペレーターの所を見学したいと提案をしているが、前回のまるで失踪したように各工房の作業場に夢中となり、自力では抜け出せなくなったという事から、その後の要望は何度も却下されたとのことだ。

妹が増えたみたいで楽しいけど、彼女の職人芸に対する情熱はあまりにも膨らませ過ぎだよ。私はカジミエーシュの騎士じゃないし、色々な問題も分からないんだから……。――メイヤー

この子は鉄床と恋をしたいのかな!?――クロージャ

第ニ資料

文章表示

ブレミシャイン、つまりマリア・ニアールはロドスに入る前、家族を復興させるために競技騎士になることを選んでいた。

騎士マーガレットを代表するオペレーターの“ニアール”をよく知っているかもしれないが――カジミエーシュでは“ニアール”という言葉は衰えておらず、無数の栄光を意味する騎士家族を意味する。

百余年の間に、この家族には伝説と呼ばれる騎士が無数に誕生した――自分の計略によってリターニア貴族の野心を覆したり、卓越した才能で陥落しない辺境要塞を守ったり、競技騎士が台頭しても、マーガレット・ニアールという伝説的なチャンピオンがニアール家の栄光を守った――耀騎士の誕生だ。しかし、それはニアール家の重大な分岐点でもあった。

耀騎士は追放され、騎長は年齢により逝去、貴族の重荷を担うはずのマイナ・ニアールは、今のカジミエーシュの“貴族”の概念を鼻で笑い、競技騎士になることを拒否した。

それによりニアール家には”騎長がいない”という現状が現れた。

騎士協会の何度もの催促に直面してやむを得ず、最年少であるマリア・ニアールは叔母のゾフィアに同行し、騎士競技の道に進んだ。

姉と叔母への憧れと、幼い頃からの知っていた騎士の目上の人達を見て、マリアは常に”騎士”に対して理想的な見方をしていた。

もちろん、マリアは無邪気で幼稚な人では無い。当然自分の“無邪気さ”をよく分かっており、自分が触れていない暗い闇が多くあるのではないかと思っていたが、カジミエーシュ騎士競技の複雑さは少女の想像を遥かに超えていた。

それほど長くない騎士生活の中でブレは過去に見たことのない光景をたくさん見た。”騎士”の意味について若いマリアはあまり考えていなかった。つまり、彼女は単に家族のことを考えているだけだった。

自分から栄光と義務を負うのは、ブレミシャインの持つ美徳ではあるが、幼い頃からそんな高貴な家庭に育って、自分の見ていること、考えていること、やっていることを本当に考えたことがなかったのかもしれない。

現代社会において、崇高な犠牲と献身は文字どおりの残酷さはないが、マリア・ニアールは相変わらず「家族のために栄光を勝ち取る」という素朴な論理を持ち、献身的な精神を持ってその「社会とは群れない競技騎士」となった。

第三資料

文章表示

カジミエーシュのような“騎士”という古い階層を商業化する行為は、一度は各国で非難された。

しかし実際には、カジミエーシュ騎士競技の誕生、騎士階級の名はほとんどの部外者が考えていたよりも複雑だった。

今から約百二十年前、カジミエーシュの移動都市はまだ発達しておらず、大きな領土を持つ貴族の騎士が逝去した後は本人に子がいなかったため、カジミエーシュ国民院は彼の財産を競売にかけた。

オークション対象はその貴族が小型移動プラットフォーム上にある城だ。そんなことはカジミエーシュでは珍しい事も無いが、このオークションが銘記されている本当の理由は、その場で最も入札の高い人物が貴族の騎士代表ではなく、その貴族の従者だったからだ。一人の騎士がその場にいるすべての貴族を考えも付かない巨額の数字を提示した。

そして後に国民院の公証を経て、この侍従は広い土地や城を買ったがどの収入も合法的なものだった――騎士が家業を侍従や団に任せ、商業が発達、各国が繋がりを築こうとしてきた現代では誰が富を作る能力があるのかは一目でわかる。

次の数十年間、商人と侍従たちの行き来はますます密接になり、本当に国家のために利益を創造できるのは従者であり、城壁を建てたり、都市を動かして国土を守ることができるのも従者だ。

カジミエーシュ、ウルサス、リターニアとの間の頻繁な摩擦で、各貴族の間でだまし合い、騎士は逆に巨大な財産を掌握する従者に頼って各自の地位と目標を固めた。

血生臭い、残酷な数十年の変化を経て、カジミエーシュはここまで来たのだ。

もし騎士達がカジミエーシュの神民統治を覆し、騎士団制度と騎士の独裁を樹立させたとしたら、それはカジミエーシュの騎士たちの初めての歴史的転換であり、従者は反客となり、現在のカジミエーシュの寡頭財閥となり、間違いなく第二の歴史的節目となるだろう。

しかし、それに対して微かながらも言葉を持つ騎士や大貴族たちは、現在の企業の卓越したカジミエーシュの貢献を認めざるを得なかった――林間にある田舎から雲にそびえ立つ都市の巨大構造物まで、無数の人々の衣食住はカジミエーシュの企業経済に頼っている。

血なまぐさい社会変革の結果、現在の競技騎士制度――辺境を守る征戦騎士はすべて“貴族”という政治的身分を失い、代わりにカシミール監正会直属の征戦兵器となった。

本来の貴族の騎士、あるいは合法的なカジミエーシュ市民は、何処から訪れようと騎士競技に参加し、封号を獲得して貴族の資格を得る権利がある。

古代の騎士の間での技を切磋琢磨するための競技は、正式にカジミエーシュ経済、政治と文化とは切り離せないものとなった。

だが、この変革はすべての騎士を喜ばせることは無く、カジミエーシュ内部で渦巻く暗流は激しく続いていた。

「合理的ではない?不合理だと思う人はすべて排除されたんですよ。それによって全ての合理的な歴史が生み出されている。幸いにも私はこの道理を受け入れた。あなたには分かりませんか?」–スポークスマンのマクヴィッツ氏と特選手権期間中の博士との雑談

第四資料

文章表示

“ブレミシャイン”というコードネームはマリアが自分のために付けたものだ。ウィスラッシュは競技騎士の封号をコードネームとし、ニアールは家族の名をコードネームとしているのとは異なり、ブレミシャインは家族の束縛を振り払い、酔狂な騎士の道を放棄した結果、彼女の前に置かれたのは広大ながらも寂しい未来だった。

マリアは自分の未熟さを分かっていたので、自分のために“ブレミシャイン”というコードネームを付けた。

マリアは好きな騎士小説を持っている。小説の主人公は、様々な奇妙な冒険を経て自分の使命を果たす。この部分が全巻の95%を占めている

本の終わりには、家族に必要とされず、騎士団にも見向きされなくなり、恋にも悩まされなくなった中年の騎士が家出を決意し、遠い海辺の国で騎士としての居場所を見つけ、波の波に何度も突撃し、声を枯らして汪洋に沈む――という唐突な結末が保守的な読者は批判をし、カジミエーシュの文芸批評界では激しい議論を引き起こしたこともある。

この小説は一文の価値もないと考える人もいれば、その終わりが騎士精神の昇華が終えたものと考える人もいる。

マリアがこの小説を好きな理由は単純で、ほとんどの人はこの狂気に近い純粋な犠牲はマリアの性格に合わないと思っていたが、マリアはカジミエーシュ騎士競技の発端の初期に書かれた古い小説の中で答えを見つけた。

たまにドクターと二人きりになり、カジミエーシュのことを思い出す機会があったとき、マリアはふと笑いながらドクターに言った。マリアという耀騎士姉妹の見方によれば、騎士競技を嫌っていたニアールがなぜカジミエーシュの耀騎士を選んだのか、なぜあのタイミングで故郷に戻ったのか、実際のところはただ強敵を破っただけで何故再び追放されることになったのか。

純粋な信仰は祈りであり、耀騎士の一連の驚くべき行為は古い侠客騎士が孤山墓の前に先祖を祭るものと同じなのかもしれない。

マリアは最終的には姉の守護者になることを選び、彼女の卓越した職人の才能で耀騎士に援助を提供、Mechanistでさえ、彼女が改良した騎士鎧を絶賛した。

彼女は妹のようにマーガレットに甘え、騎士のようにゾフィアの訓練を受け、過去の重荷になりそうだったものは放棄することを学んだ。

今、矛と盾を波しぶきに水没させた後、カジミエーシュの騎士たちが手を携えてどのような風景を見ることができるのかを知りたい。

昇進2解放

文章表示

ブレミシャインが関連書類に署名して出て行ったとき、ちょうど廊下で従業員にプラチナに出会った。

ブレミシャインより数日早くロドスに入ったプラチナは彼女を待っているように回廊の壁に斜めに寄りかかっていた。

同じカジミエーシュ出身のオペレーターが目を合わせた後、同行の人事部オペレーターでも雰囲気の微妙さを感じ取ることが出来た。

しかし、プラチナはブレミシャインをあまり気にしているわけではないようで、ブレミシャインもプラチナに「敵意はない」と明言していたが、こんなにも笑うブレミシャインであれど、一度もプラチナの前で笑顔を見せたことがなく観察眼のある人にはその溝が見えていた。

ロドス内部の人員構成がますます複雑になっていることは我々の包括性という一つの自慢であるが、処理が不適切ということは内部矛盾を引き起こすきっかけにもなる。

盟約のない騎士殺しと、一度激動の騒動に巻き込まれたマリア・ニアールとの関係が親密になるのがおかしなことだ。

しかし、プラチナはその後も博士に注目をしているようだった。ドクターとロドスから何を得たいのかはわからないが、彼女が今のままの姿を続けるのであれば騎士との関係も修復できるかもしれない。

 

ボイス一覧

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命剣術とアーツにはいまいち自信ないけど、でも、機械の修理なら、私に任せて頂戴!
会話1ゾフィアは私の遠縁のおばで、剣術の先生でもあるの、私が騎士競技で生き残ってくれたのは、あの人のお陰なんだ。でもおばさんはたまに――あっ、違う!お姉さんだ!えっと、ドクター、私がよく口を滑らすなんて絶対言わないでね、あの人、本当はすっごく気にしてるんだから!
会話2ドクター、私は騎士よりも職人みたいな仕事が得意なの!時計を直すのも防具を作るのだって手伝えるよ!だからドクター、ヴァルカンさんとクロージャさんの工房に連れてってくれる?お願い!
会話3あのサルカズのお姉さん二人は、なんか近寄りがたいけど、お姉ちゃんがあれだけ信頼してるんだから、きっと凄い人たちなんだろうね。耀騎士とサルカズが感染者のために肩を並べて戦うなんて……うわー、もうブレーキングニュースところじゃないよ。
昇進後会話1私はお姉ちゃんと違って、「耀騎士」のような称号はもらわなかったの。「ブレミシャイン」ってコードネームも自分で付けたし……でも、もし本当にあのまま騎士の道を歩んでたら、「瑕光騎士」なんて呼ばれるのも悪くなかったかもね。
昇進後会話2カジミエーシュの騎士競技って、ただの莫大なマネーゲームで、それに皆飼い慣らされてたんだ……。ロドスに来て始めて気付いたの、カジミエーシュに広がる病巣は騎士の伝統に背くだけに留まらないのかもって……きっと。
信頼上昇後会話1競技騎士と比べたら、ロドスのオペレーターって皆小説に出てくるような古い騎士って感じだね。実は昔、私も騎士小説にハマってた時期があったんだけど、騎士、敵、冒険、財宝。そんなものは皆騎士競技で手に入るからブームも廃れちゃったんだ。
信頼上昇後会話2久しぶりにお姉ちゃんに会いたと思ったら、なんか別人みたいになってた。昔は眩しい炎って感じだったけど、今は優しい太陽みたいに、暖かくて、たくましかった。お姉ちゃんをあんな風に変えたのはロドスかな?なら、お姉ちゃんがここで見つけたもの、私も見てみたい!
信頼上昇後会話3私は本物の騎士にはなれなかったけど、そのお陰で、より広い大地を見ることが出来たの。今になって、少しは理解出来たのかもしれないね。「騎士とは、大地全てを照らす崇高なる者である」という言葉を。ドクター、これからも、私の覚悟を見届けてね。
放置ドクター?あれ、寝ちゃった?ドクターも夢を見るのかな?
入職会話カジミエーシュの騎士、コードネーム「ブレミシャイン」だよ。えへへ、お姉ちゃんから噂は聞いてるよ、ドクター。私のことは直接、マリアって呼んでくれてもいいからね。
経験値上昇ちょっと待って、えー、こんなやり方もあるの?
昇進1昇進?うん、これからも、二アール家の栄光を守っていけるよう、頑張るからね!
昇進2ふと気付いたんだけど、私の周りはほとんど年上者ばっかりで、アドバイスをくれる普通の友たちがいなかったんだよね。ドクター、この装備は自分で作ったんだ、どう思う?似合うかな?
編成時ブレミシャイン、使命に背きはしない!
隊長任命た、隊長?私が?団体戦なんてやったことないんだけど……?
作戦準備正面は私に任せて!
戦闘開始家訓、「苦難と闇を恐れるべからず」!
選択1準備完了。
選択2戦に祈りを。
配置1半歩だって引かない!
配置2光がこの地を守り抜く!
作戦中1光あれ!
作戦中2私が付いてる!
作戦中3心配しないで!
作戦中4懺悔しなさい!
星4で戦闘終了細やかでも……私たちの光は最後まで輝いてたよ!
星3で戦闘終了全ての勝利が、私たちの行道を照らす光になる。ドクター、お疲れ様!
星2以下で戦闘終了ま……まだ終わってないから!
任務失敗怪我人は私が守る、他の皆は早く逃げて!
基地配属これがロドスの中か。構造図がどうなってるか見てみたいな。
タッチうわっ!お、驚かさないでよ……
信頼タッチしー!ドクター!ゾフィアおばさんに隠れて来たんだから、ふふっ、今日はサボらせてよ!
タイトルアークナイツ。
挨拶あっ、ご機嫌よう、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました