タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳 マリア・二アール MN-7「ミェシュコグループ」後半

4:12P.M. 天気/曇り カジミエーシュポーミェンヌーシュ競技場
独立騎士マリア・ニアールと「レフトハンド」のタイタス・ポプラーが対戦して1時間27分経過

(大歓声)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

これはなんとも……珍しい試合場面なんだろうか――!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

次々と倒されても次々と起き上がる、各観客の目に煌めく光は未だに消えずそこにいた!まさに競技場に撒き散らされた血がこびり付いた泥のようだ!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

ほんの小さな光が――!まるで夜に揺らめく蝋燭の灯みたいな光は!タイタスの猛攻に晒されながら、タイタスがもっとも得意とする攻勢の中でも――

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

――未だに消えてはいなかった!

(大歓声)

マリア
マリア

はぁ……はぁ……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

貴様……まだ立ち上がるのか。貴様ごときが……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

なるほど、アーツをなるべく微小に抑え傷を治し、なるべく消耗を避けながら、弱点を観察していたと――

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

――肉体を長時間崩壊寸前の状態に維持しているとは、さぞ苦しいだろう?

マリア
マリア

はぁ……はぁ……いいえ、まだ行けるわ……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

強情な奴め。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

まあそれもただの猿知恵にすぎん。

(斬撃音)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

ふ――防いだ!試合開始してから初めて!マリアがタイタスの攻撃を防ぎきった!

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

なっ……この私が刺しを逸らしただと……?

マリア
マリア

いいえ、攻撃は命中したわ……ただ力の加減が、たいぶ弱くなっただけ。

マリア
マリア

あなたも……あなたも疲れるんだね、タイタスさん……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

この私がだと?

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

確かに……貴様ごときに多くの時間を無駄してしまったからかもしれん。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

ならばそろそろ終いにしよう。

(斬撃音と打撃音)

???
観客

また一撃を食らわせたぞ――!

???
観客

でも勢いが最初とまったく違うぞ……それにしても……

マリア
マリア

ぐはっ……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

ふんっ、貴様の小細工を見抜いた以上、貴様に機会を与えてやる道理もなくなった。

(斬撃音と打撃音)

マリア
マリア

(間に合わな――)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

連!続!追!撃!だぁ!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

これ以上ニアールジュニアに息抜きするチャンスを与えない追撃を繰り出した!!疲弊困憊した我らの光はここで消えてしまうのだろうか!?

(大歓声)

???
観客A

あの女の子……もつのか?つまんねぇ試合だな、もう飽きちまったよ……

???
観客B

……あの人って、マリア・ニアールよね……前々大会のチャンピオンの妹の……

???
観客A

そうなのか、二年前もカジミエーシュに来てトーナメントを見に来たけどよ、全然レベルが違ってたぞ。

???
観客B

でも絶体絶命の事態がひっくり返すところがおもしろいと思わない?

???
観客A

そうだけどさ……

ゾフィア
ゾフィア

マリア!

ゾフィア
ゾフィア

マリア!立ちなさい!

マリア
マリア

……

視界がぼやけてきたな。
目を閉じるな、マリア。
閉じてしまえばもう開けられなくなるぞ。

マリア、お前には天馬の瞳が備わっている。
マリア、立つんだ、さあ、こっちへおいで。

マリア
マリア

お爺ちゃん……

泣くな、マリア。
ニアール家の家訓はなんだったかな?

マリア
マリア

「苦暗を畏れるなかれ」……

わしは過去に悔いはない、マーガレットが別の道を辿っていったこともうれしく思っている。

マリア
マリア

お姉ちゃんが……?

我が一族は代々どうやって苦痛と暗闇に直面するべきか、それぞれ己の選択で見出してきた。
そしてマーガレットはもっとも非現実的な道を選んだ。
あの子は……お前の姉はお前にあの子の騎士への見解を話してやったことはあるかな?

マリア
マリア

「いわゆる騎士とは、大地を隅々まで照らす崇高なる者だ」って……

ふふ、まだまだ若いというのに……
もう光になろうと。
苦暗を駆逐しようとしているのだな。

マリア
マリア

――!

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……あと一秒で、貴様はこの無意味な戦いから解脱できたというのに、なぜまだ立ち上がるのだ?

マリア
マリア

……

マリア
マリア

マイナ叔父さんは……間違ってる。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

なに?

マリア
マリア

嘆き……だけじゃなかったんだ……

(アーツの発動音)

深呼吸、深呼吸だよ、マリア。
消耗し続けてもこれでは勝てない、彼の傲慢さを、彼の慢心を利用するんだ。
姉ならどうするかを考えてみればいい。

チャンスは一度きり……一度きりだぞ。

(アーツの発動音)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

むっ――

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

突如眩い光が輝きだした!一体何が起こっているんだ!?こりゃ次回はサングラスを配布したほうがいいんじゃねぇのか――!?

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

そんなことよりレフトハンドナイトのタイタスが初めて足を退いた!!アーツだ!これは紛れもなくマリアのアーツだ!この期に及んでまだアーツでこの盤面をひっくり返そうというのか!?

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

おおっと!マリアの数値に微かな変化が起こったぞ!!だがしかし、比率の差は依然と大きい!まさかこんな企業がボランティアで献金したみたいな賞金プールの数字が現実のものになるのだろうか!?

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

耀騎士……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……いや、ただの虚勢か、よくも幼稚な真似ごとを。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

やってくれたな貴様……その軽蔑に代償を払ってもらうぞ。

(斬撃音)

ゾフィア
ゾフィア

マリア――!

???
観客

がんばってぇ!!ニアール!!

???
観客

おい!マリア・ニアール!がんばれ!

ゾフィア
ゾフィア

マリア!もう何も考えなくていい――!おもいっきりぶん殴ってやりなさい!!

(大歓声)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

声援だ!全観客がマリアの行動に喝采を送っている!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

だがしかし――!タイタスは依然余裕な表情で舞台を闊歩している!

(斬撃音)

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

貴様……

マリア
マリア

(彼の攻撃を受け止めた……!)

(斬撃音)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

またまた奇妙な状況だ!!とっくに疲れ果てているはずなのに、むしろこの圧倒的な劣勢を押し返したぁ!!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

ここにいるみんな!老若男女問わず!目を大きく見開いてこの歴史的な場面を見届けよう、素晴らしい試合だろうと豪華な賞金プールだろうと!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

今大会開催以来もっともアツい試合だからだ!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

もっともっと札の雨と歓声が必要だ!競技騎士たちにお前たちの情熱を見せてやろうじゃないか!!

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

貴様――貴様ごときがこの私の攻撃を受けきっただと!貴様のその半端もののアーツで!?

チェルネー
チェルネー

傲慢、私は傲慢な人が嫌いでしてね、彼らに嫌悪感を抱いているんですよ。

チェルネー
チェルネー

]特にあのタイタスは余裕で試合に勝てるというのに、ニアールの尊厳を踏みにじるのに夢中になりすぎている、あんな生ぬるくて怠慢な戦い方はいずれ相手に足を取られるというのに。

企業職員
企業職員

さ、左様ですか……

チェルネー
チェルネー

ましてや相手はあの耀騎士の妹、あの「ニアール」の孫娘です。ふっ、以前の「ニアール」と言えば、つくづく人を恐怖に陥れてしまうあの老いぼれのことを指していたんですけどね。

チェルネー
チェルネー

これが騎士一族たちの腐敗です、なんて嘆かわしいのでしょうね、企業と比較して、騎士一族などという下らない階級関係はあまりにも脆弱すぎる。

企業職員
企業職員

今の騎士階級の承認権はすべて協会が握っておりますから……

チェルネー
チェルネー

そしてその騎士協会は、我々が握っている。

企業職員
企業職員

……

企業職員
企業職員

先ほど……競技場へ多くのスポンサー企業から通達が届きました……直ちにレフトハンドナイトに戦いを止めさせろと……

チェルネー
チェルネー

タイタスが負けることを心配しているのでしょう。まあ負けたところで問題はありません、ホットな話題が生まれればそれで構わないのですから、私は非常に満足しておりますけどね。

企業職員
企業職員

ではあなたはどうお思いですか?

チェルネー
チェルネー

そうですねぇ……彼はブレードヘルメット騎士団の主力、傲慢で、尊大で、しかし強いのも確か、それに相手の闘志を削ることに長けている。

チェルネー
チェルネー

以前の試合でしたら、彼は相手が跪いて投降する感覚を味わっていましたが、今回ばかりは……

チェルネー
チェルネー

負けは確定でしょうね。

企業職員
企業職員

え?

(斬撃音とアーツの発動音)

マリア
マリア

はぁ……はぁ……

マリア
マリア

(ダメ、勝手に動いちゃ……もう立つこともままならない……このまま……もう一度息を吸って……)

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

くどい!

ゾフィア
ゾフィア

マリア――!

ゾフィア
ゾフィア

(マリア……もうとっくに限界を迎えているんだわ……イングラと対戦してたときだってこんな重傷は負わなかった……)

ゾフィア
ゾフィア

――これだけ血を流したのよ、これだけ踏ん張ってきたのよ、マリア!

ゾフィア
ゾフィア

絶対に勝ちなさい!

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

屈辱だ……ゴミ一つに付き合うためにどれだけ私の時間が無駄にされたのだ……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

もう二度と動けないようにしなければ、大人しく降参しないつもりなのか?

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

あの「ウィスラッシュ」のように――覚悟はもう決めているんだろうな!

マリア
マリア

今だ――!

やっぱり所詮はお姉ちゃんの真似ごとね、アーツを使って、手を翻して。
でも――

(アーツの発動音)

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

貴様……また防いだだと!?

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

この――

マリア
マリア

――

(斬撃音)

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……!?

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

こ、これは決して偶然などではないぞ、マリアが再びレフトハンドナイトの猛攻を防いだ!一体何が起こった!?

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

まさかタイタスはもう後がないマリアを弄んでいるのだろうか!

マリア
マリア

……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……いい、いいぞ。貴様にまだ何かが残っているかは知らないが……もうどうでもいい、貴様の光を尽く引き裂いてやる。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

来い。

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

来場してるみんな!レフトハンドナイトが初めて構えたぞ!相手に仕掛けるチャンスを初めてここで作り出した!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

相手がニアールジュニアだからといって、それはあまりにも慢心がすぎるんじゃねぇか!?いや!タイタスのことを熟知している人でもそうは思わないだろう!ここの競技場にいるファンのみんなは決してそんなことを思わないはずだ!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

しかし今日の彼は障害にぶつかってしまった!マリアの闘志も未だ衰えるとこを見せない!この強い意志を見ると、このオレでもちょっと涙ぐんでしまうそうだぜ!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

そしてなんと!本日マリア・ニアールを支持していた観客全員にも、もれなく試合終了後の賞品クジを引くチャンスがあるぜ!!ガチャ確率はなんと0.2%もあるぞ、この幸運をぜひ見逃さないように!!

マリア
マリア

……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……

――何かがおかしい、彼女はそう思った。
疲弊と、怯えと、悔しさと屈辱が同時に湧き上がってきた、それらに圧迫されそうになってる今でも――
彼女の心の中は勝利しか求めていなかった。彼女は勝ちたいと思っているのだ。幾千もの方法に脳を巡らせ、この最後のチャンスをものにしようとしていた。
しかしその刹那、彼女は終始追い求めていた勝利に、疑問を感じてしまったのだ。

(斬撃音)

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……マリア・ニアール、貴様はなぜ騎士競技に参加する?栄誉か?富か?それとも貴様の家族のためか?

マリア
マリア

私は……自分のために参加している。

(斬撃音)

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……

マリア
マリア

それだけよ……タイタスさん。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

……ふんっ。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

居合の間、盾にアーツを集中させていたか、貴様は確かに……天馬の血が流れている……チッ。

レフトハンドナイト
レフトハンドナイト

天晴れなり、ニアール……

(大歓声)

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

]試合開始以来――もっとも長いせめぎ合いを経て――!倒れたのは、なんと「レフトハンド」のタイタス・ポプラー!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

こんな展開を予想できた人はいるのだろうか――!もう一度聞こう!こんな展開を予想できた人は果たしているのだろうか!!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

桁外れのオッズと巨額の賞金の――現在の数値を見てみよう――なんと中小企業を開けるぐらいの金額だ!!

ビックマウスモブ
ビックマウスモブ

奇跡――!まさしく奇跡!!マリア・ニアール、ニアール家が再びオレたちに奇跡を見せてくれたぁ!!

大歓声)

観客たちは待ち望んでいた。
マリアが綻びだらけの剣を高らかに掲げ、勝利を宣言する様をこれでもかと待ち臨んでいた。
大番狂わせと、巨額の賭け金と、驚心動魄の絶体絶命な攻防の話題で会場は喧噪に満ちていた。

マリア
マリア

(これだけ?)

これが騎士競技?何を勝ち取ったの?何を得られたの?
栄誉も、富も、一族の復興も得られた、でも何かが足りない……そう、何かが。

思考を巡らす時間もその辺に、会場に響き渡る歓声に応えるように、マリアは剣を高らかに掲げた。
腕に伝わる鮮明な痛みを、万雷の拍手すらもそれを誤魔化すことはできなかった。

マリア
マリア

あぁ……

マリア
マリア

(も、もう立てない――)

ゾフィア
ゾフィア

マリア!

マリア
マリア

お、叔母さん?

ゾフィア
ゾフィア

マリア……マリア……

マリア
マリア

ゾ、ゾフィア叔母さん……手、力強いって、痛いよ……

ゾフィア
ゾフィア

あっ、ごめんなさい……骨に響いちゃった?

マリア
マリア

ううん……大した傷じゃないよ……

ゾフィア
ゾフィア

マリア……ごめんなさい……今までずっと、あなたの考えを軽んじ過ぎていたわ。

ゾフィア
ゾフィア

あなたもあなたの姉と一緒、もう立派な騎士よ、自分の道ぐらい自分で選べられるもんね――

マリア
マリア

……いや……

ゾフィア
ゾフィア

マリア……?

マリア
マリア

私は……お姉ちゃんとは違うよ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

……マリアが勝った、この勝利は四つの都市にある全試合放送端末に最初から最後まで中継された。

マイナ
マイナ

……

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

がしかし……ことはそう簡単には終わらない。あの子を助けてやってくれないか、マイナ。

マイナ
マイナ

おかしな話だ、お前が本気でマリアを心配しているのであれば、なぜ彼女に愚かな騎士への道を諦めさせなかったうえ、私にマリアを助けてやらねばならんのだ?

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

マイナ!

マイナ
マイナ

何を言おうが無駄だ……アンバサダーや騎士協会が直接関与してる以上、私が手出しできる場面などない……

マイナ
マイナ

最初からマリアが競技騎士になることに反対していた理由がこれだ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

マリアは家族のために覚悟を決めたんだぞ。

マイナ
マイナ

そんなこと誰も求めていない……そんな大義名分の言い訳はよしてくれ。

マイナ
マイナ

責任感はときに負担にもなりえるんだ、潔く生きていくためにも、もっと賢く物事を考えてくれ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

マイナ、お前……

マイナ
マイナ

――話がそれだけなら、帰ってくれ、私にはまだ他の仕事があるんだ、部長のファイルもまだ完成させていないのでな……

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

……お前はただ一時的に気を落としてだけだと思っていた、マイナ。

マイナ
マイナ

勝手に決めつけないでもらいたい、マーチン。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

確かに、お前の言ってることは正しいのかもしれない。マイナ、オレ含めた全員お前に失望したよ。

マイナ
マイナ

私もだ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

お前すらもマリアの安否に目もくれないのであれば……俺たちがニアールの爺さんに代わって彼の孫娘の世話をしてやる。

マイナ
マイナ

お前たちの行いは彼女を陥れるだけだ、お前だって分かっているだろ。

ハゲのマーチン
ハゲのマーチン

これ以上話しても無駄だな……来なかったことにしてくれ。

(マーチンが去っていく足音)

マイナ
マイナ

……姉妹でもたらした厄介ごとだ、自分たちで処理させてやればいい。

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

……いつまで隠れればいいんだ?ソナ?

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

そんなに焦らないでよ……

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

オレたちがここで立ち止まってるこの時も……感染者たちはその分だけ飢えているんだぞ、それに救えたはずの感染者の同胞も一人失ってしまったんだぞ。

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

だとしても今競技場に戻っても危険すぎるのは、国民院がどう動くかすら分かっていないいからだ……

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

国民院なんざ……カジミエーシュで公平な出来事が起こることなんざもう信じねぇ、法律も含めてな。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

でもアタシたち含め誰だろうと公平な立場を失うわけにはいかないでしょ、あの連中が是非を誤っていたとしても、国民院がアタシたちは罪人を判決してしまったら、それこそアタシらの負けよ、あの耀騎士みたいに。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

でも……はは、連中もきっとビックリしてるんでしょうね、実を言うとね、まさかここまでやれるなんて思ってもいなかった……あいつらは次どんなことをしてくると思う?

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

あいつらは全感染者を狙ってると思う?アタシらがお金を全部使ってまで買ってきたのも含めて……

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

……これは賭けだ、競技場で死ぬか、刺客に殺さるかってだけのな、どっちもあんま変わんねぇよ。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

ははは、それもそっか。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

でも、もうちょっと我慢しててね。少なくともあのニアールジュニアと彼女周辺の人たちを、こんな裏の争いに巻き込むわけにはいかないから。

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

……分かった、お前の言うことを聞くよ。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

はじめっからワイヤーの上で踊らされていただなんて、こんなことをはじめっから知ってる人なんていなかったのよ。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

グレイちゃんは怖くないの?

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

ソナ!

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

オレたちは権力を見て怯えてしまうような人間じゃねぇだろ、オレたちが封号を勝ち取るまでの道を思い出せ……オレたちだってとっくに色んな血で染まっちまってる。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

……アンタの言う通りね、ちょっと考えすぎちゃった。

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

ああ……オレたちが一緒にいる限り、抗う両手がまだ残っている限り、それで十分だ。

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

ますます口数が増えたわね、あの「灰色の呪い」とやらはどこに行っちゃったの?

グレートグレイナイト
グレートグレイナイト

……

フレイムテイルのソナ
フレイムテイル

ありゃ、もしかして怒っちゃった?

タイトルとURLをコピーしました