アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】マウンテン(山 Mountain)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職前衛レアリティ★★★★★★
性別身長195cm
精通蛮力、名酒を嗜む、クルビア史出身クルビア
戦闘経験歴6年種族フェリーン
誕生日7月16日所属機関ロドスアイランド
イラストレーターWincalBlankeCV中井和哉
オリパシー感染状況
体表に源石結晶の分布を確認。 メディカルチェックの結果、感染者に認定
客観的経歴
クルビアのとある建築大手のCEOの息子で、ライバルに襲われて投獄され、脱獄後はロドスに加入した。
生まれながらにして戦いに生きる身体を持ち、現在は前衛オペレーターとして任務の第一線で活躍している。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度0.78s
初期コスト9最大強化時コスト11
再配置時間70s
特性
敵1体をブロックする

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期12982421540
初期最大17553562210
昇進1最大22504752990
昇進2最大27455873570
信頼度最大+45+45

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲スキル3攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+24素質1効果強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
巨力重拳昇進1攻撃時、20%の確率でその攻撃の攻撃力が140%まで上昇し、3秒間目標の攻撃力を10%低下させる(重複しない)
昇進2攻撃時、20%の確率でその攻撃の攻撃力が160%まで上昇し、3秒間目標の攻撃力を15%低下させる(重複しない)
昇進2 潜在5攻撃時、20%の確率でその攻撃の攻撃力が165%まで上昇し、3秒間目標の攻撃力を10%低下させる(重複しない)
強靭な肉体昇進2防御力+10%、15%の物理回避を獲得

スキル効果

スキル名スキル内容

左アッパーカット

発動タイプ攻撃回復 自動発動
必要SP/持続時間必要SP5(3)
効果次の通常攻撃時、攻撃力が140(230)%まで上昇し、追加でもう1体攻撃

一掃態勢

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間必要SP10(5)
効果防御力-30(-20)%、攻撃範囲縮小、攻撃力+20(80)%、
ブロック数+1、ブロックしている全ての敵を攻撃し、
毎秒HPを3.0(7.0)%回復

震地砕岩打

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP25,必要SP50(40)/30秒
効果攻撃間隔増大、攻撃力+40(100)%、攻撃が2連撃になり、
第1素質の発動確率+40(75)%、周囲3(4)体の敵を攻撃し、
普通の力で突き飛ばす

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
内幕初期事務室事務室配置時、事務連絡速度+20%、応募回数が1回増える度にBSWの手がかりを入手確率する確率が増加
クルビア史昇進2応接室応接室配置時、探索で入手した手がかりがライン生命の手掛かりで無かった場合、ライン生命の手がかりを入手する確率が更に増加

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限開放/コスト+2/スキル「横薙ぎの構え」習得/素質「巨力重拳」開放
必要素材/LvLv龍門幣初級前衛SoC初級エステル初級源岩
5030000588
昇進2強化内容ステータス上限開放/スキル「震地岩砕撃」習得/素質「巨力重拳」強化/素質「強靭な肉体」開放
必要素材/LvLv龍門幣上級前衛SoC上級クリスタル融合ゲル
80180000448

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】普通

関連アイテム

潜在上昇の印

マウンテンの潜在能力を高めるために使用する。

包装された精美なワイン。産地はクルビアのとても有名な酒造のようだが、彼がどういうルートで得たのかは分からない。

求人契約

自由の囚徒であるマウンテンは山のように動かない。

試しても良いだろうが、あなたは前に進む事は出来ないだろう。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】 5%
体表にわずかな結晶の痕跡を確認できる。

【血液中源石密度】 0.22u/L
オペレーター本人によれば、鉱石病には刑務所内にて感染しており、本人の体格や刑務所の優れた設備によって、病状の進行速度はかなり遅くはなっているものの、刑務所には相応の設備が存在しないため、オペレーターの症状は依然として楽観視出来るものでは無い。

信頼相関1

文章表示

落ち着きのある背の高いフェリーン族の男性。

巨大な体格とは裏腹にマウンテンは人との接する際の態度はかなり礼儀正しい。

そのギャップは加入当初から他のオペレーターの間で大きな話題となっており、その卑屈さを感じさせない態度から急速に多くのオペレーターに歓迎されていった。

彼は自分の富貴な家庭出身を隠さず、様々な上流社会に関することもよく知っていたが、本人はそれを誇りには思っておらず、自分からそれを話のタネにすることも少ない。

信頼相関2

文章表示

ロドス加入後のマウンテン自身の戦闘能力に対する磨きと追求には意外だと思う人も少なくは無かった。

多くの人から見れば、マウンテンは生まれつきの力だけでも多くのオペレーターに匹敵するものがある。

そして、彼の戦闘技術は決して悪くは無く、マウンテンの総合能力は加入した当初からすでに中難易度の高い任務の参加基準を満たしていたと言える。

しかし、彼とってはまだ十分では無いのだ。

この点は彼の自身の力に対する見方から来ているのかもしれない。彼にしてみれば、彼は本当の強さからはまだ遠いと思っている。ロドスの強者たちの存在は彼に強くそれを考えさせているのかもしれない。

その一方で、これには彼の目標も関係しているのかもしれない。

彼は自分の目標は何かを明確には言っていないが、彼がこの目標のために準備していることは明らかだ。

この準備には少なくとも彼がより強い力を持っている必要がある。

つまるところ、彼が仕事をしていない時は夕方に訓練室に行ってみてもいいだろう。そこでは胸をときめかす対決を見ることが出来る。

信頼相関3

文章表示

【アクセス履歴】

私はサイレンスと話をしたことがあるが、彼女は私と話している時にはケルシーが述べたような自分の行動への確証を示すことは無く、彼女も何かを経験したようではあるが、今は言葉にできないようだった。

たとえば、ケルシーがあそこまで簡単に協力に同意したのは、決して彼女かわいい正直さに説得されたからでは無い。そのようなものを使ってケルシーを説得できるのは、この地上ではおそらくアーミヤだけだろう。

マウンテンはロドスにとって価値がある。それが一番重要だ。

彼にはどのような価値があるのか――ケルシーははっきりとは言わないし、彼女はそれを言うのが面倒だと思ったのかもしれない。だが、大まかには言える。

マウンテンは切り開く事が出来る。この切り開いた所を通して、私達が手を着けられなかった領域に入ることが出来る。

彼は手札ともすれば、ライン生命とも取引することが出来る。

なんだかそんな風に言ってしまうと自分が悪い人になったような気がしなくもないが。

まあ、この記録を見る事が出来るのもの数人だけだ。後は適当にしておいてくれ。

だが、実際の所は必要がないのであれば、ライン生命を招き入れたくは無いし、今の協力関係を維持してもいいはずだ。

ケルシーもそんな事は思っていないだろう。だからこそ、マウンテンの利用価値は確かにあるが、今の所は彼女も使うつもりは無いはずだ。

つまり、端的に言って、今はただロドスがマウンテンのために保護を提供するという状態を選んでいるだけに過ぎない。

いつものことと変わらないような気がするが。

一万歩譲って、ロドスには多くの素姓が悪い者もいる。もしマウンテンと彼らと比べたとしても、彼の経歴は可愛いものだ。

彼を見下すつもりはない。この若者はとてもいい人で、どのような場所でふさわしい位置を着くべきかという事を知っている。このような青年は今では多くは無い。

それに、私も彼や脱獄事件の参加者たちと話をした。不必要なトラブルを防ぐためには彼の素性とライン生命、脱獄に関する部分は秘密にしておきたいところだ。それ以外の部分は公開できるが。

彼も承諾はしている。彼がライン生命に対して行動したいというのであれば、少なくとも私達に声をかけてくれると思う。とりあえずの所は喜んでおくとしよう。

——■■■

信頼相関4

文章表示

マウンテンは自身の刑務所での経験を人と共有するという事を避けはしない。

もし彼の刑務所生活に好奇心があれば、直接彼に聞くのが最善の選択だ。

しかし、彼が博士へ招待をしたというのは、笑い飛ばしたほうが良いかもしれない。博士をだましているというわけではなく、逆に、それはおそらく彼が信頼している人への最大の誠意だろう。

しかし、だからこそ本気にしないほうがいい。囚人にとってすれば刑務所で嵐を呼ぶことができても、彼は所詮は囚人だからだ。

彼がそう言ったのは、おそらく――彼はもう何も持っていなかったからだろう。

家族は別の刑務所に罠に嵌められ服役、しばらくの間は復讐を望む事も出来ず、かつてのお坊ちゃまは六年間刑務所に座し、そこから出られたとしても、とある医薬会社に名前を隠すしか出来ないからだ。

彼は冷静ではあるが、思えば彼にとっては大きな痛手だろう。

彼にとって、今彼が持っているのは、おそらく過去にマンスフィールド刑務所で築かれた地位だけだろう。その地位が何かの幻であっても、それは彼が自分の手で確実に掴み取ったものだった。

これは彼が虚無な幻に酔っているという訳ではなく、彼がそんな事を言うたびに、自嘲をしているようであり、同時に自分を目覚めさせているようなもの、つまり、自分がそのような過去を持っているという事をはっきりさせていると意味だ。

もちろん、ある日、マウンテンが本当に自分のものを取り戻し、その刑務所を自分のものにしたことを懐かしんで博士を招く可能性も排除できない。

彼であればそれも夢物語では無いのかもしれない。

昇進2解放

文章表示

多くのオペレーターはマウンテンの裏側というものを見ている。一部の彼が全力を尽くさなければならない任務の中では、彼の牙は鋭く、凶悪で、それは暴力という代名詞のようだ。

マウンテンはこれに対して自覚をしており、これによって恐れを感じた人に対して見方を変える事を要求する事はしない。

しかし、彼の予想外かもしれない事がある。実は彼はそれほど多くのオペレーターには疎まれていないのだ。

この点に関しては、ロドスには彼よりも恐ろしい戦闘員が存在しているからだ。だからこそ、みんなにとっては日常なのだ。彼の日常の礼儀と彼の暴力にも落差というものは存在しない。

敵に対して残忍な人だったとしても、親友に対しては友情を示すことが出来る。

大部分の人が彼の礼儀がただの社交辞令ではないことを意識すれば、自然に彼の両方の姿が彼の真実の姿であることを意識するだろう。

その点については彼自身も気づいていないかもしれない

本人でさえ落ち着いていて、冷静で礼儀正しいというのは彼のベールに過ぎないのだ。

しかし、実際にはそんなベールは存在しないかもしれない。人間の性格はもともと複雑だ。このような言い方は自分の暴力に対するコンプレックスのようでもあるが。

一歩下がって言えば、仮にそのような仮面が存在するとしても、とある人がもし数十年毎に一枚の仮面を持ちあわせているというのであれば、誰がそれを一枚の仮面であると言うことが出来るだろうか?

もちろん、私たちはマウンテンには何か問題があると言いたい訳ではない。

彼は暴力を排除するために暴力を放棄した訳ではない。ただ、ロドスで学ぶべき事もあるのかもしれない――それは何も恥じるべき事ではない。

すべての人が知っている。彼は拳の相手を間違えたことは無いのだ。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命防犯意識を持つのは良いことです。ドクター。では、安心して仕事に集中してください。私がお守りします。
会話1私がこれまで見ていたいわゆる武芸者という奴は格好をつけることをしかできない弱者ばかりでした。しかし、あのワイフーという娘はなかなか興味深いと言いますか、今はまだ時期尚早ですが、いずれ成長を遂げた彼女と一戦を交えたい気持ちはありますね。
会話2ロドスに酒蔵を設けていない?それはいかがなものでしょう。味わって楽しむもよし、ほろ酔い気分に浸るのよし、アルコールは欠かせないものです。というわけで、ドクター、酒蔵を作りましょう。酒に関することなら、全てわたしに任せてください。
会話3かつてマンスフィールドで図書館を建てました。しかし、集めた本の大半はクルビア出身の作家によるものなので、何冊も読み進めるとやや新鮮味がなくなってしまいます。ロドスは他国からの蔵書をこれほど揃えている、実にいいことです。
昇進後会話1圧倒的な実力の前では、策など何の価値もないと、そう考えていた時期もありました。しかし、その後、絶対的な力など存在しないことを、少なくとも、それはわたしの手のうちに握られていないことを思い知らされました。ですから、二度とあのようなちっぽけに見えるものを軽んじることのないようにと決めたのです。
昇進後会話2最初はロドスもマンスフィールドのような「自由」な監獄だと思っていました。そしてあなたも、私と同じく「自由」な囚人であり、王でもあると。ですが今は、そうではないと気づかされました。ここは監獄ではなく、そしてあなたは、皆の友人であられるのですね。
信頼上昇後会話1あそこにいるのはライン生命の方たちですか?…ああ、誤解しないでください。私はライン生命という組織自体に敵機はありませんし、今は同僚と呼ぶべき関係ですから。もし手出しすればあなたにも迷惑が掛かります。ただ、何時か彼女たちに少々訪ねる事もあるかもしれません。
信頼上昇後会話2ドクター、この後の予定はありますか。もし空いていたら、一杯奢らせて頂きましょう。…いいえ、大した用はありません。長らく秘密を胸の奥底に閉じ込めていると、偶にはそれらを曝け出したくもなるものです。久方ぶりに出来た新しい友人の第一号があなたです。
信頼上昇後会話3私にとってあなたはとても貴重な友人なのですよ、ドクター。こちらでの要が済んだあと、もし私がまた生きていれば、ぜひあなたをマンスフィールドに迎えたいものです。ええ、あれは私の王国です。あの場所でならば、私の全てを共有いたします。
放置人前でこんな無防備に眠るとは。信頼からなのか、それはただの考えなしか。
入職会話ロドスに救われた以上、こちらも誠実なところを見せなければいけませんね、ドクター。わたしのターゲットはライン生命のとある部署です。あなたたちの友好関係を壊されたくなければ、わたしを追い出せばいい。今なら、まだ間に合うでしょう。
経験値上昇戦争の経験ですか、確かに私には足りないものでした。礼を言います、ドクター。
昇進1ドクター、心配しないでください。わたしは拳を向ける相手を間違えたりしませんから。
昇進2ドクター、目を逸らすな。冷静沈着に見える仮面を剥ぎ取った姿、これこそが真実の私。血にまみれた、暴虐と破滅だ。そんな私を見定めて、友人になってもらおう。
編成時ちょうどいい、軽く体を動かそうか。
隊長任命隊長を任された以上、私の指示には従ってもらう!
作戦準備行きましょう。
戦闘開始油断してはいけません。
選択1ええ、ここにいます。
選択2どこに向かえばよろしいでしょう。
配置1加減はしますよ。
配置2これ以上は進ませません。
作戦中1こっち向け!
作戦中2飯は食ってねえのか?全力で来い!
作戦中3まとめて掛かってきやがれ!
作戦中4ウオーミングアップはここまでだ。
星4で戦闘終了窮地は人を磨き上げると言いますが、無理は避けたいものです。
星3で戦闘終了ドクター、不用意に目立つことはやめましょう。
星2以下で戦闘終了無意味な暴力はただの憂さ晴らしです。とうの昔に自制することを学びました。
任務失敗生き残った以上、負けたことにはなりません。
基地配属ロドスの天井は些か低すぎるのではありませんか。
タッチん?
信頼タッチドクター、読書の感想でも語り合いましょうか。
タイトルアークナイツ。
挨拶警戒を怠らないでください、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました