アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】カフカ(卡夫卡 Kafka)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職特殊レアリティ★★★★★
性別身長149cm
精通観葉植物栽培(盆栽)、交渉(誘導)出身クルビア
戦闘経験歴無し種族リーベリ
誕生日12月1日所属機関ロドスアイランド
イラストレーターNoriZCCV富田 美憂
オリパシー感染状況
体表に源石結晶の分布を確認。 メディカルチェックの結果、感染者に認定
客観的経歴
元クルビアのとある都市の園芸師であり、オペレーターのサイレンスを介してロドスに加入した。
腕前は確かなもので、思考も機敏であり、常に各種の隠密任務の中で活躍をしている。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度0.93秒
初期コスト7最大強化時コスト9
再配置時間18秒
特性
再配置までの時間が極めて短い

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期7832021400
初期最大10442982000
昇進1最大13064092610
昇進2最大16755253110
信頼度最大+350

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル1攻撃範囲スキル2攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1最大HP+150再配置時間-2秒素質強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
注意力誘導初期ブロック数が0になり、ステルスを獲得
昇進1パッシブスキル発動中、攻撃力+8%
ブロック数が0になり、ステルスを獲得
昇進2パッシブスキル発動中、攻撃力+15%
ブロック数が0になり、ステルスを獲得
昇進2 潜在5パッシブスキル発動中、攻撃力+18%
ブロック数が0になり、ステルスを獲得

スキル効果

スキル名スキル内容
ストレンジキューブ発動タイプパッシブスキル
必要SP/持続時間
効果配置後5秒間攻撃が停止、周囲の地上の敵全てに眠り状態を付与。
スキル終了時、周囲の全ての地上の敵に対して攻撃力250(450)%の術ダメージを与える
シャディシザース発動タイプパッシブスキル
必要SP/持続時間
効果配置後、前方の対象マス内全ての敵に対して攻撃力200(400)%の術ダメージを与え、10(15)秒間、対象マス内の敵に対して継続的に単体術攻撃を行う

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
裁縫・α初期貿易所貿易所配置時、配置貿易所の高品質な金属オーダーの獲得率がわずかに上昇(勤務時間が確率に影響する)、体力消費が1時間ごと-0.25
裁縫・β昇進2貿易所貿易所配置時、配置貿易所の高品質な金属オーダーの獲得率が上昇(勤務時間が確率に影響する)、体力消費が1時間ごと-0.25

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限開放/コスト+2/スキル「シャディシザース」習得/素質「注意力誘導」強化
必要素材/LvLv龍門幣初級特殊SoC初級糖原初級エステル
5020000443
昇進2強化内容ステータス上限開放/素質「注意力誘導」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級特殊SoC融合ゲル中級異鉄
701200003815

スキル強化必要素材

a

総合診察測定

【物理强度】標準
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】普通
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

カフカの潜在能力を高めるために使用する。

手塩にかけた盆栽、カードが添えられており、「土の中にナイフが埋まっているから、必要であればりんごの皮を剥く時に使っていいよ」と書かれている。

求人契約

園芸師のカフカは飛んだり跳ねたりする。

彼女が笑うと必ずロクな事がない。

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で小さいながらも異常陰影が認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、微小ながらも鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、現段階において鉱石病感染者と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】5%
オペレーターの体表には僅かに結晶の分布が見られる。

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.19u/L
オペレーターの説明によれば、源石病は日々の積み重ねから様々な人からの接触の中で徐々に形成されていると判断される。

しかし、オペレーターの生活習慣はまだ良いほうであり、大きく悪化しているという事はない。治療をより受ける必要はあるが。

信頼相関1

文章表示

いつもにやにやしている小柄なリーベリの女の子。

言動は一目で見破れるようなわざとらしさに満ちてはいるが、本人は明らかに自覚を持ってわざとやっているため、少しも修正するつもりは無い。そのためオペレーターの間での風評はあまり良くは無いが、本人は全く気にしていないようだ。

ただ身長から子供扱いされるのが嫌いで、すぐに怒ってしまう。

信頼相関2

文章表示

カフカ本人の話によれば、彼女は最初にロドスに入るつもりはなかったようだ。

マウンテンとロビンとサイレンスの登録を終えた後、彼女は立ち去ろうとしたもののサイレンスによって残る事になってしまった。

その理由は彼女が途中でサイレンスには隠していた自身が鉱石病に罹っているという事がロドス本艦での身体検査によってバレてしまったからだ

その日、医療部で次のような会話がありました。

「カフカ、道中でも気付かなかった。鉱石病に罹っていたという事を何で教えてくれなかったの!」

「ちっ、見つかっちゃったか……あなたに気付かれるとうるさくなるなあと思ったからだよ……」

「とりあえず、医療部に行って健康診断をしてきて!」

「なんで、そんなのいらないよ!カフカはクルビアに帰るから!」

「ダメ」

「わあ、引っ張らないで!こんなところで病気を治すお金なんて無いよ!」

「お金なら私が払うから。心配しないで」

「そういう問題じゃないよ……まあ、もうそれで良いよ……」

要するに、カフカの健康診断報告書が出た後、サイレンスの強い要求の下で彼女は最終的にロドスに残ることに同意、結果的にオペレーターとなった。

信頼相関3

文章表示

カフカの正体を知れば、彼女の見せかけの利口なふりもそれほど理解出来ないものでは無い。

庭師というのは表面的な身分の下であり、実際のところの彼女は都市の中下層の小さなマフィアの間を歩き回るマフィアだった。

孤児出身の彼女は様々な場所で飯を食べて育ったと言えるが、小さい頃から様々なマフィアと付き合っていた彼女は早くから自分の生存の哲学を身につけていた。

彼女はこのマスクによって嫌いとなる人がいることは全く気にしておらず、むしろ多くの人に好かれたくなく、多くの人も好きになりたくないという意図的な格好は他の人との距離感を保つのに最適な道具だと思っている。

明らかに、この考えはグレーゾーンで毎日起きていること――裏切り、詐欺、流血から来ている。

このような環境では独善が最善の方法だからだ。

信頼相関4

文章表示

確かにサイレンスはカフカにとっては以外な存在ではあるが、その意外さはカフカのドクターに対する態度からも垣間見ることが出来る。

カフカのような人は常に一人との親交を避けていた。自分の仮面を維持できなくなってしまうからだ。

しかし、オペレーターとしてカフカはドクターと頻繁に接触することは避けられず、その接触の過程で自分の偽装を外すことも避ける事は出来ない。

ドクターの観察によれば、カフカの本性は多くの人には予想出来ないもので――事実、長い風雨を経た多くのオペレーターたちの目にはカフカのその手口は実際、表に出ることは無かった――以外にも彼女は義気を語り、感情は重く、今を生きていて、未来を考えたがらない。

そんな彼女にとって、ドクターが二人目の友達だとすれば偶然知り合ったサイレンスが最初ということだろう。

過去にサイレンスとどの程度交流していたのかはわからないが、ロドスに来ても、サイレンスの正直さを笑いながらも、気が気でない様子には思わず笑いを誘われてしまう。

知らず知らずのうちに多くのオペレーターの心の中での彼女はイメージを改善されていった。

昇進2解放

文章表示

二度目の昇進の際の、カフカの感慨というものには意外にも何処か誠実さを感じるものだった。
しかし、それも理解できるものであり、彼女に少し気をつけていた人であればロドスに来たばかりのような責任を負いたくないというような口軽さはあったが、今のカフカは最初とは変わっていないように見えて、内では既に変化が生じていた。

幼い子供たちにはそっとサプライズを与え、助けが必要な人にはさりげなく助けてくれ、仕事が空いているときはパフューマーの庭に現れることが多く、今では仲も良い。

明らかに彼女はロードアイランドで自分の位置を見つけている。

私たちが最初に彼女を判断したように、クルビアのグレーゾーンでの生活は彼女の性格を他人に対して心を開きにくくはしていたが、彼女の性格は常に善良であり、自身が生きていくためにそのような性格で自身を偽装し、自身を欺かなければならなかったともいえるかもしれない。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命ドクターがそれぞれのやるべき仕事をカフカに伝えて、それからカフカがみんなに伝える。OK、こんなの闇仲介の仕事と一緒じゃん!
会話1ドクターはもうカフカの友達なんだから、やって欲しいことは何でも言って、あっ、鋏の貸出以外でね。
会話2ロドスには知らない人ばかり、カフカの欲しいものだらけだ。うん?何が欲しいって?それはあ秘密だよ。ひ、み、つ。
会話3むむむ…ドクターの目からは相変わらず何も読み取れないな。波ひとつ立たない湖みたい…でもいつか絶対、ドクターのしっぽを掴んでやるぞ!
昇進後会話1ドクター、カフカ、またサイレンスに追い出されちゃったよ。もう悲しくて涙が止まらないよ、しくしく…え?カフカが実験を駄目にしたのが悪いって聞いてる?むむ、先を越されたか…んじゃカフカは退散するわ!
昇進後会話2まあ、カフカの欲しい物が手に入るまでの間、とりあえず力を貸したげるよ。貸してるだけだからね。
信頼上昇後会話1カフカは昔、とってもやばい所に住んでたの、毎日のように悪い人に付き合ってたよ。でもここに来てから、皆カフカに親切だし、美味しいお菓子も沢山くれるし。だから、カフカはロドスが好きだよ!
信頼上昇後会話2皆必死に隠してる秘密は物陰に潜んで機を伺う怪物のように危険で美しい。だからカフカは、こうやって頑張ってコレクションにしてるの。ドクターにも何かカフカのコレクションに入るような物はない?
信頼上昇後会話3ドクター、もし何が困り事があれば、クルビアにいるカフカの「お友達」を呼べばいいよ…まあ、そこまでの必要はないけどね。どんな難題でもカフカ一人で全部方付けちゃうから。
放置ドクター、きっとこの隙にカフカがサボってると思ってるでしょ。でも違うんだよな~
入職会話カフカに何の用…ちょっと、こんな大勢の前で言っちゃ駄目でしょ、普通の園芸師として扱ってよ。
経験値上昇相手の目的さえ読み取れば対策も立てられるでしょ、カフカってば超頭いいじゃん?
昇進1ドクター、どうしてもカフカの力が欲しいなら、はっきり言ってよ、カフカみたいに真面目で素直でいいんじゃない?
昇進2園芸も戦いも、褒められるために始めたわけじゃないよ。でも、ドクターやみんなにカフカの努力を認めてもらえるのって、やっぱり嬉しいな。
編成時今度はどんな収穫があるかな?
隊長任命カフカに任せて、絶対みんなを楽しませてあげるよ。
作戦準備頭使うの面倒くさいなあ…やっぱりドクターの指示に従うよ。
戦闘開始言うことを聞かない苗木がこんなに沢山、かわいいねえ…カフカが剪定してあげるよ。
選択1うん?
選択2カフカ了解~
配置1ここかな。
配置2フフーン~
作戦中1その目、弱点がバレちゃってるよ
作戦中2君たちってただの動く生け垣じゃん~
作戦中3折ってあげるよ。
作戦中4カフカには君達の恐怖がわかるよ、震える枯れ枝たち。
星4で戦闘終了ドクターは相変わらず冷静だね。よし、カフカも頑張るぞ。
星3で戦闘終了敵ってば弱っちいなあ。こうなるって知ってたら適当に相手してやったのに。
星2以下で戦闘終了うーん、今度の剪定はもっと真面目にやらなきゃ。
任務失敗…結局、あいつらの意図を読めなかったってことか。
基地配属サイレンスの実験室ってどこだっけ?
タッチ……何する気なの。
信頼タッチドクター、執務室にカフカの作った盆栽を飾ろうよ。立派なものを作ってあげるから、安心して。
タイトルアークナイツ。
挨拶今日はどんな仕事をやらせてくれるの、ドクター?
タイトルとURLをコピーしました