アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】トゥイェ(图耶 Tuye)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職医療レアリティ★★★★★
性別身長153cm
精通砂漠のガイド、果物の品定め出身サルゴン
戦闘経験歴無し種族フォルテ
誕生日4月15日所属機関サルゴン
イラストレーターaZLing4CV中野さいま
オリパシー感染状況
体表に源石結晶の分布を確認。 メディカルチェックの結果、感染者に認定
客観的経歴
元貿易会社の社員で、後方勤務にて技術開発と運送ルートの計画を担当している。貨物輸送途中の砂嵐による事故で、鉱石病に不幸にも感染してしまい、元の会社の紹介でロドス医療部門を訪れ、必要な鉱石病の治療を行っている。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度2.85s
初期コスト19最大強化時コスト21
再配置時間80s
特性
味方のHPを回復する

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期821167590
初期最大1157275860
昇進1最大13953941080
昇進2最大15504931350
信頼度最大+75

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-10秒コスト-1素質強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
貯水昇進14秒間回復を行わない場合、次の回復量が攻撃力の130%まで上昇
昇進24秒間回復を行わない場合、次の回復量が攻撃力の150%まで上昇
昇進2 潜在54秒間回復を行わない場合、次の回復量が攻撃力の155%まで上昇

スキル効果

スキル名スキル内容
水流輪発動タイプ自動回復,手動発動
必要SP/持続時間必要SP15(12)
効果即座に対象の味方を回復し、継続2秒のシールドを付与
シールドはトゥイェの攻撃力の125(200)%のダメージを吸収する
強心剤発動タイプ自動回復,自動発動
必要SP/持続時間初期SP0(20),必要SP50
効果攻撃力+10(60)%、HPが50%以下の味方のみを回復する。
攻撃範囲内のHPが20%未満の味方を即座に攻撃力の300%回復。回復を3回行った時点でスキルは終了する。
退場まで効果継続

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
物流計画α初期貿易所貿易所配置時、受注効率+5%
純金製造中の製造所4か所に付き、受注効率+15%
物流計画β昇進2貿易所貿易所配置時、受注効率+5%
純金製造中の製造所2か所に付き、受注効率+15%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/配置コスト+2/素質「貯水」習得/スキル「強心剤」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級医療Soc初級アケトン初級装置
5020000442
昇進2強化内容ステータス上限解放/素質「貯水」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級医療SoC上級アケトン合成コール
701200003715

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】普通
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】普通
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】普通
【オリジ二ウムアーツ適正】普通

関連アイテム

潜在上昇の印

トゥイェの潜在能力を高めるために使用する。

1本の栄養液。優秀な医療オペレーターであるトゥイェは手作りで調製をする。匂いは特殊で、飲むのか飲まないのか、いつ飲むのかは慎重に判断して欲しい。

求人契約

医療オペレーターのトゥイェはフォルテとは似ていないフォルテだ。

彼女の傘や背後の装置には勝手に触れないように。でなければ顔を長い間洗う羽目になる。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。
循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。
以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】7%
僅かながら体表には源石結晶の分布が見られ、背部や腹部に集中している。

【血液中源石密度】0.29u/L
短時間で大量の源石成分に接触したため、状況自体はかなり危険だった。幸い発見と治療が全て適時なものだったため、現在は症状は安定しており、次の段階の治療目標としては彼女の血液中源石密度を更に低くする事となる。

信頼相関1

文章表示

ロドスに訪れたばかりのトゥイェは人事部門と各部門の総合評価を経て、エンジニア部門へと配属されようとされていた。

しかし、彼女がエンジニア部門に報告する日に私達は緊急任務を受けた。当日は医療部門の人手が足りなかったため、関連する資質を持っているトゥイェも一時的に帰艦したオペレーターの緊急救助に参加をした。

この事件を通じて、医療部門のベテランオペレーターたちは彼女の応急処理能力を高く評価しました、トゥイェは治療法には精通していなかったが、各種の器械原理の理解と長年にわたる最も危険な野外運送後方勤務保障の仕事によって医療知識を身につけていたため、医療オペレーターとしての仕事も十分可能だという認識で一致をした。

転任通知に対し、トゥイェは何の異議も出さなかった。これは少し意外な事だ。その後クロージャが怒って医療部門に駆けつけ、一部の医療オペレーターと衝突した詳細な経過はに関しては個人的にはこのファイルに記録する必要はないと考えられる。

信頼相関2

文章表示

トゥイェはよく見かけるフォルテとは似ていない。彼女の体は彼女の同族ほど丈夫ではない。これは鉱石病による影響だけでは無い。

彼女がよく部屋にこもっており、運動が嫌いで、三食も不規則だ。同時に過剰な高糖や高塩菓子も摂取している。彼女の健康診断の結果は何とか合格出来るほどであり、これはある意味で一種の素質と言えるかもしれない。

同時に彼女の社交関係は皆無に近い。彼女はよく他のオペレーターの招待を断っており、集団活動にも参加せず、たまに一部のオペレーターの実験室に通う程度だ。

彼女は訪問する前に挨拶するという意識すら無かった。幸いにもこれらの実験室の主人は往々にしてこれらの「無礼」にも見えるふるまいを気にする事は無く、彼らは手元の仕事に集中しており、遠慮がちな雑談よりも程よい奇想を歓迎していた。

トゥイェが最も欠けていない部分は奇想天外な発想であり――発明の巧さや、時たま彼女に興味のある人へのいたずらにも現れた奇想である。

信頼相関3

文章表示

彼女は他の人が言っているほど不人情という訳ではありません。

最初に彼女と一緒に仕事をしていた時は私も彼女とは付き合いにくいと感じていました。仕事として必要なため、私達の部門はよく彼女を探して運送ルートを確認します。彼らはいつもお互いに責任を転嫁しあっており、最終的にはくじ引きで誰が彼女を探すかを決めています。

そのハズレくじを引くのはいつだって私でした。彼女を探しに行く度に私の気持ちはとても緊張した。自分が少し間違っているのでは無いか、それが彼女の軽蔑を招いてしまうのでは無いかと。

その後に……あの事故です。砂嵐が特に激しかった。それは彼女のせいではありません。砂漠の天気は常に目まぐるしいのです。私たちはエンジンの故障した輸送車に閉じ込められ、自分達はおそらくこれで終わりだとも思いました。あのような環境は正直なところ、耐えられる人はいないでしょう。

そして彼女がそこを訪れたんです。彼女は風砂を突き、遠方の基地から駆けつけてきました。彼女だけで。

彼女は水と栄養液を持ってきました。それで私たちは生きることが出来ました。

「こんな後方勤務をこんなに遠方まで使い走らせるなんて本当に役立たずだな」

彼女はそう言いながらも、根気よく私たちのエンジンの修理に付き合ってくれました。

その後、私はまた仕事のために彼女を探しに行ったが彼女はもういませんでした。

何とかして訪ねてみると、彼女は鉱石病にかかっていることが分かりました。私が考えるに、あの砂塵のせいなのでは無いかと。

あんな砂ぼこりの中に潜り込む人はいません。ボスがそれを私達に教えてくれないのは恐らく彼女が私たちに知ってほしくないからでしょう。

彼女は今貴社に勤めていると聞いて、これらの話を書かせて頂きました。この手紙を彼女に渡す必要はありません。私はただ、あなた達がこのような尊敬すべき従業員を持ち、そのような可愛い同僚がいる事がどれほど幸運であるかをお伝えしたいだけです。

――とあるトゥイェの元同僚からの手紙

信頼相関4

文章表示

砂漠では雨は降らない

だがトゥイェは常に傘を持っている。船の中であっても例外では無い。多くのオペレーターが彼女のこの傘に興味を持ってはいるが、トゥイェに傘の事を聞く勇気は無かった

これに関してはトゥイェの両親から送られた写真から手がかりが出てくるかもしれない。

写真のトゥイェは今よりずっと小さい。三、四歳位かもしれない。

私たちが見るに、写真の場面は彼女の家の中の事だとされるにも関わらず、彼女は傘の下に隠れており、たくさんの部品を手に抱えている。

見た限りではクルビア製の部品が彼女に所にはいっぱい積み込まれていて、形を成しており、椅子のようなものもあれば、ベッドのようなものもある。

発達心理学の観点から、多くの子供たちは子供の頃は傘の下を独立した空間として自分の家にするという傾向が見られる。

これは親が忙しすぎて子供たちの世話をおろそかにしたために孤独を感じ、より小さく、自分で制御出来る空間を欲する表現と思われる。トゥイェもそうなのかもしれない。

彼女は今でもこの傘を持っている。もしかしたら今の彼女からすれば傘の下の空間が家だと頑なに思い込んでいるのかもしれない。

彼女を傘の下から連れ出す事が出来る人はいるのだろうか?

誰も分からない。

しかし、この書類を読んでいて船上の人々に余すこと無く信頼されている方であれば、きっと出来ると思っている。

昇進2解放

文章表示

何、彼女がお前にいたずらをした?おめでとう。彼女はどう考えてもお前の事を彼女は友達だと思っているな!

友達でなければ彼女はお前の事を空気のように接するからな。

まあ、どうしても選ぶ必要があるというのであれば突然殴られて試験台に縛られたり、診察を受けながらボスの一人のように訓示されたり、無情にパソコンのようにスキャンされたり、トゥイェは――あー、トゥイェ先生は本当に良い選択だと思う。

だから、体に気をつけて、怪我をしないように、医療部に行かないことが一番大事だ

――とある出勤頻度でトップになった前衛幹部の本音

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命こんなくだらない仕事をさせるつもりか?…はいはい、お前はそこそこ面白いし、付き合ってやる。
会話1荷物の運搬は私に頼るな。フォルテだからって得意な訳じゃない。
会話2びっくりする程精密な計器だな…え?これに見覚えがある?へえ、そうだ、あのメイヤーとかいうのが来ても私がここにいるって言うなよ。
会話3私が背負ってる装置が珍しい?じゃあ、ちょっと来い、手をここに…く、あはははは、その驚いた顔は傑作だな!噴出したのは何かって?ただの水だ。混ざってる物は?ふっ、秘密だ。
昇進後会話1人助けなんか興味ないが、効率アップは皆の為になる。
昇進後会話2さっさと戦いが片付くようになったのは、いい事かもな。
信頼上昇後会話1ケーキ?ふわふわしててくだらない。けど…うむ、うんうん、上の梅干しは、まあまあいけるな。
信頼上昇後会話2艦内じゃ雨は降らない?ふっ、当然知ってるが、外じゃそうとも限らない。嵐が来たら近づいてみろ、きっと私のこれに感謝することになる。
信頼上昇後会話3おい、砂漠に日帰り旅行をするのはどうだ?連れてってやるから。ふむ、他の場所でもいいけど。とにかく、この多機能噴射バッグを持って、風の匂いに任せて行けば…ふっ、私みたいに優秀なガイドがいて、お前も幸せだな。
放置寝てるのか?んじゃ、これを試させて貰う。噴射力と噴射面積を上げて…文句は無しだからな。
入職会話お前がドクターか?皆ドクターって奴が一番の物知りって言ってたから、それを確かめさせて貰おう。
経験値上昇戦いは砂漠を渡ると同じで経験なんて役に立たない。必要なのは、生存本能だけだ。
昇進1このエリートメダル、なんの機能も付いてないのか?つまらないな。
昇進2医療のプロ?まさか私がそんな風に呼ばれるになるとは。ふっ、とにかく、今まで通り任務をこなせばいいんだな。
編成時また外仕事か?はいはい、終わったら新装備のテストに付き合ってもらおう。
隊長任命作戦の隊長になるのはガイドをするのと同じようなものだろう。
作戦準備ルートOK、装備も異常なし、出発。
戦闘開始砂嵐に遭うよりずっとくだらないな。
選択1さっさと言え。
選択2考えてる…
配置1よし、効率17パーアップだ
配置2早く動かないと。
作戦中1もっと早く。
作戦中2改良した装備のテストだ。
作戦中3新しい栄養剤の味はどうだ?
作戦中4風の匂いが変わった…
星4で戦闘終了ちっ、私が見てきた砂嵐は、こんなのよりずっと凄い。
星3で戦闘終了ギリギリ合格だな、時間の無駄にならなかった。
星2以下で戦闘終了効率不足だ、戻って装備の調整か薬剤の交換だな。
任務失敗少なくとも、撤退ルートの選定は上手く出来たみたいだな…
基地配属こんな沢山部屋があるんだな…
タッチくだらない真似するな。
信頼タッチもう一回私のバッグに触ってみるか?今回は顔に当てないと、保証してやるから。
タイトルアークナイツ。
挨拶また雨か、いい天気だな、ドクター。
タイトルとURLをコピーしました