アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】トギフォンス(熔泉 Toddifons)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職狙撃レアリティ★★★★★
性別身長168cm
精通射撃(バリスタ)、設計(攻城兵器)、鋳造出身ヴィクトリア
戦闘経験歴2年種族ヴィーブル
誕生日7月31日所属機関ヴィクトリア
イラストレーター山×2CV仙台エリ
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、感染者に認定。
客観的経歴
ヴィクトリア・ウエスト軍事学院の中退生で非公式に服役している職業軍人ではあるものの、システム訓練を受けた事がある。各方面でずば抜けて優れており、特に攻城戦術と関連武器の製造に最も秀でている。

現在はロドスに所属しており、狙撃オペレーターと初級職人を務め、主に遠距離から敵の軍事施設を破壊し、砲火で制圧をする。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度2.4s
初期コスト21最大強化時コスト23
再配置時間70s
特性
重量が最も重い敵を優先して攻撃

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期820427600
初期最大1066594800
昇進1最大13337821000
昇進2最大16679541230
信頼度最大+95

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃力+34素質強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
火熱直感昇進1【サルカズ】を攻撃時、攻撃力が130%まで上昇
昇進2【サルカズ】を攻撃時、攻撃力が145%まで上昇
昇進2 潜在5【サルカズ】を攻撃時、攻撃力が150%まで上昇

スキル効果

スキル名スキル内容


信号矢

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP10(15),必要SP35(25)/20秒
効果即座に敵ユニットを1体マーク(最も重量が重いサルカズを優先)、味方の攻撃を受けやすくなり、攻撃力と防御力が20(30)%低下する。
通常攻撃時に攻撃力の120(180)%の物理ダメージを与える。


携帯式破城矢

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP20(25) 必要SP50(40)
効果攻撃間隔が僅かに延長(+30%)、竜矢を発射し敵に攻撃力の150(240)%の物理ダメージを与え、少しの遅延後、目標と周囲の的に対して攻撃力の60(80)%の物理ダメージを与える。
スキル発動時、10発の弾丸を装填、弾切れでスキル終了
(スキル期間中はいつでもスキルを中断出来る)

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
鋳造初期加工所加工所で昇進素材を加工時、体力消費が4以上の素材の加工時、体力消費-1
DIY・異鉄昇進2加工所加工所で異鉄系素材を加工時、副産物の入手確率+90%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限開放/コスト+2/スキル「携帯式破城矢」習得/素質「火熱直覚」開放/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級狙撃SoC初級アケトン初級エステル
5020000443
昇進2強化内容ステータス上限開放/素質「火熱直覚」開放
必要素材/LvLv龍門幣上級狙撃SoC結晶回路熾合金
7012000031010

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術計画】標準
【戦闘技術】優秀
【オリジ二ウムアーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

トギフォンスの潜在能力を高めるために使用する。

精巧なカットがなされた二重面体結晶。彼女の話によれば勝手に人にあげたものはプレゼントと言えない。

求人契約

狙撃オペレーターのトギフォンスは矢を天に送り、烈火の元に落ちた。

心のままに動き、やりたい放題をする。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果に異常があり、鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【体細胞オリジ二ウム融合率】9%

源石結晶が不規則に左肩に分布しており、色形質の変化が見られる

【血液オリジ二ウム結晶濃度】0.28u/L

易感体質に加え、安全工程に厳格に従わずに工業源石製品を使用したことにより、トギフォンスは慢性的な鉱石病に感染、ロドスに加入後は症状は緩和されている。

「一般的に、感染者の源石結晶は黒色で安定しています。しかし、特殊な場合において、結晶の色や結晶化の仕方は変化するが、この突然変異の原因はまだ分かっていない。これについてはより深い研究する必要がある」――医療部の備忘録

「やっと来た!感染したヴィーヴルだ!」――ワルファリン

信頼相関1

文章表示

初めてトギフォンスに会った時、彼女は4~5人のヴィーヴルの親族にロドスに運ばれてきた、それと、大小様々なトギフォンスの部屋から運ばれてきた荷物。

このヴィーヴル達によれば、彼らがトギフォンスの倒れた姿を発見した際、彼女は長い間何も食べていなかったのだという。

なぜ普通の低血糖症状でロドスアイランドに運ばれ、本人のすべての私物が包まれて運ばれたのかは理解できないが、人道上、彼女のために基本的な治療を行った。

その時に彼女の鉱石病症状を発見したのだ。

親族に聞いてみると、トギフォンスは鉱石病の症状が長い間確認されていたが、“おもちゃ”をいじることに没頭してたため、時々部屋で缶詰状態だったということもあり、母親も親族も違和感に気付く事は出来なかった。

親族や友人たちがドアを開けた事でようやく自身の娘が工業用源石製品を長い間不正に使用していた事に気付き、そこで源石病によって気絶してしまったとの事。

親戚の紹介で彼らは夜を徹して自動車を走らせ、近くを通るロドスに送ったようだ。

その後、簡単な連絡の後に彼女は治療を開始した。

信頼相関2

文章表示

適切な養生を経た後、トギフォンスはすぐに目を覚ました。

彼女が目を覚ました後に最初にした事は自分の部屋を探し、中にいた親戚たちを追い出し(当時、4~5人の親戚が彼女のために手配した部屋に押し込まれて回復を待っていた)、自身の作品を称賛し続けていた。

私たちの行政者や医療者たちはこの行為について不思議に思ってはいるが、トギフォンスのヴィーヴルの親戚たちは慣れているようだった。

「私の娘はこうなんです」。彼女の母親はこう言った。

後に、私達はこのヴィーヴルが本来は気性の荒い人物である事を知り、トギフォンスの部屋に入る許可を得ずに入った結果、殴られていたということを知った。

その経験を述べた後、母親はぎこちなくも誇らしげな口調で、自分の娘がこの世代のヴィーヴルでは最も有能だと主張した。

話をしている間にもトギフォンスは自身の作品を完成させたが――携帯型攻城兵器にはオペレーター寮のドアは狭すぎて部屋を持ち出す事が出来なかった。

そのため彼女は…いとも容易く…壁の一部を破壊した。

その場にいた行政オペレーターは、もう少しで外勤のオペレーターに引き継いでもらうところだったという噂もあるほどだ。

幸いにもトギフォンスはクロスボウを取り出しただけであり、廊下は彼女と彼女の武器が完全に収容する事が出来ていた。

その後、私たちは彼女と協議、彼女はすぐに自分の今の立場を受け入れたようだったが、私たちの手配にはどうでもいいという姿勢を示していたようで、病状が安定したら家の工房に帰って趣味を続け、病状がまた悪化し始めたら、ここに治療に来るという簡単な訴えをしていた。

彼女の態度は私たちの治療を困難にし、行政オペレーターたちも何かいい方法を思いつかなかったため、とりあえずはトギフォンスを連れてロドスアイランドの留艦者向けに開放されたエリアを見学させた。

当然、私達は全て知っていることだがトギフォンスはロドスのオペレーターだ。

この変化にはロドスアイランドの職人たちのために作った作業環境と、何人かの経験豊富な職人オペレーターに頼ったものとなっている。

彼女は私たちの工房の設備や職人達に興味を持ち、私たちが工房に案内したら、彼女はもう何処にも行かなかった。

職人たちと一日話をし、その後、トギフォンスはロドスアイランドの職人……もといオペレーターになることを直接申請した。

彼女がオペレーターとなれる素質を持っていることに違いはないだろうが、オペレーターになるためには私たちの規定を守る必要があることが望まれる。

彼女は快諾し、その場で自分のためにコードネームとしてトギフォンスを命名した。

「どうやってトギフォンスは目覚めたのかと効いたことがある。これは彼女の経歴を見れば分かる事だ。彼女は多くの事を少し見るだけで理解する。彼女は気にしないんだ。自身の性格上ね、たったそれだけだよ」――オペレーターコメント抜粋

信頼相関3

文章表示

トギフォンスがロドスに運ばれた時は油だらけの作業服を着て、髪も簡単に結っていただけで、あまり手入れはされていなかった。

オペレーターになることを決めた後、彼女は破天荒にも入社当日に二日間休暇を取り、私たちが当時寄港していたヴィクトリアの街に買い物に行った。

二日後、彼女の寮には化粧品と二包みの服が増えた――一包みは作業服で、工房に入ったときだけ着ていたが、もう一包みは流行の服ばかりで、トギフォンスはいくつかの服を選んで組み合わせて、私たちが一番よく見かける格好となり、そのまま彼女はその身を着て戦場に向かった。

外勤の管理を担当していた行政オペレーターは、トギフォンスが戦場で着飾っていたことに不満を抱いていたようで、派手すぎると敵に発見され、小隊全体の雰囲気に影響を与えるなど、トギフォンスに何かを口を出していた。

結果的に問題を解決するために彼ら二人は昔からある最も効率的な紛争解決方法――を使っていた。

私たちの可憐な行政オペレーターはあっさりと負けた。2秒?それとも3秒?一手で地面にひっくり返され、その後、トギフォンスと話していた時は顔も上げる事すら出来なかった。

しかし、それも当然で資料を調べる以前は、この完全に従わない少女が、ウェスト軍事学院の学生だったことも知らなかったのだ。

この学校は有名でヴィクトリア王立前衛学校と対等にはなれていないものの、ヴィクトリア国内で認められている軍事学院の一つなのだ。

トギフォンスのかつての研修方向は特殊作戦部隊のメンバーであり、一年目に与えられた成績表も非常に優れていた。

学院の教官たちは彼女の性格上の欠陥には気付いていたが、彼らは何十年もの経験があれば自由気ままなヴィーヴルであれど制御出来ると思っていた。

残念ながら翌年の砲兵や攻城に関する授業に触れた後、老学者たちの努力はすぐに塵と化してしまったが。

2年目の半ば、トギフォンスは自分の研修方向を攻城砲兵に修正することを提案した。教官たちは断固として同意せず、何度も「勉強をやめないと退学にする」と何度も述べた後、トギフォンスは三ヶ月図書館に入り浸り、すべての学びたい授業を独学で学び、期末試験で有無を言わさず退学届を提出、教官が彼女とまだ交渉をしたいと考えていた時には、彼女はとっくに自分の故郷に帰っていた

「彼女の性格は実の所はとても思案的だ。彼女本人は耳を貸さない頑固者ではあるが、あなたは彼女には温和で、彼女も適当では……いや、鋭いな。

ただ、彼女に何かを強制させるために怒鳴るのは、それはそれで面白い。

彼女はヴィーヴルの士官学校に通っていた。彼女は誰よりも拳は強いだろう。”駄獣は無理強いしても言うことは効かない”。

ああ、彼女に何かをしてもらいたいなら、ゆっくりとね」

――オペレーターコメント抜粋

信頼相関4

文章表示

アンジェリーナと同じように、私達はまだトギフォンスの源石の結晶化の形質変化の原因を探し出せてはいない。

しかし、トギフォンスはこの事を気にしていないという事は明らかであり、彼女は服装の組み合わせの事を考えている。このような”おおらかな”な心理状態は、私達を粛然とさせてくれる。

そうだ、私はたまに彼女を褒めたいだけなのだ。彼女と接触したことがある人ならよく知っていると思うが、彼女が真に気にかけている事は工房の外での自分の衣装と、工房の中での攻城の武器を研究開発して作るのみだ。

前の書類にも書いたように、トギフォンスがロドスに運ばれたのは”閃いた”後に自分の部屋で研究しすぎて低血糖で倒れたからだ。

私が知っている限りでは、少なくともロドスでは”ヴィーヴルが寮の中で倒れている”というようなことは一度も無い。

空腹でということになると未聞だ。彼女は一ヶ月間空腹だったため、彼は拳で倒す事が出来たのだ。空腹で気絶したのだ。時間を月計で図ってさえいないのかもしれない。

資料に戻るとしよう。トギフォンスのとあるヴィーヴルの部族はヴィクトリアに根を下ろしてから百年が経った。

トギフォンスの世代は第三世代ヴィクトリア移民であり、地元のヴィクトリア人と大差は無い。

彼女たちのこの部落のヴィーヴルはヴィクトリアに定住した後、主に工業活動に従事し、部族全体をユニットとして工場を設立、所在する都市や、ヴィクトリア商会、さらには外国商業組織からの注文を受けている。

子供の頃からこのような環境で生活していたら、なぜトギフォンスがこのような巨大な攻城兵器を特別に気にしているのかが分かるだろう――巨大な工業の奇跡を用いて軍艦を台無しにはしたくないのだ。

だが、実際はこのような国家レベルの武器は彼女が使うことができるものではないため、一歩引き、彼女は自分のために携帯型攻城クロスボウを作成、ロドスに従ってあちこちを歩き回り、性能を試したり、定期的にメンテナンスしたり、アップグレードをしたりしている。これが彼女のできることだ。

彼女は自分の所属している地位が到達できる限界を知っている。自分が何ができるかも分かっている。

彼女は自分が到達出来る境界を目指し、残りは、何処にあるかも分からない運に任せる――。

自己反復且つ気まぐれなよい気立てだ。

昇進2解放

文章表示

トギフォンスのとあるヴィーヴルの部族はヴィクトリアに移民する前はファミリーの性質を持った傭兵団体だった。

歴史上、何度もサルカズ人との戦争に参加し、豊富な作戦経験を積んできた。

しかし、潮流は代わり、かつて繁栄した部族は後発のショーに取って代わっていた。

コントロール出来る土地も次々に蚕食されていき、部族が今後もサルゴンで自立出来ないと判断、彼らは移民を選び、以前の雇い主である――ヴィクトリアの国土の上で再び生活を始めた。

傭兵団の時に培った関係と資金を頼りに、彼らは順調に工業都市へと足を運び、残りの資金で工場を興し、サルゴン時代とは全く違った生活を始めた。

トギフォンスの多くの親族はナイフや銃を手に持った事は無い、代わりにスパナとハンマーを持っている。

トギフォンスの世代になると、血みどろの砂場はロンディニウムからの大きな注文ほどの魅力は無くなっていたが、一部のものは意外な形で維持されてはいる。

彼女はまだはっきり覚えている。とある小さなコミュニティでしか求められない健康体操、いくつかのよく分からない礼儀作法、子供たちの”運動会”の準備をする”運動場”もある。

しかし、どの種目も正式な運動会とは全く関係が無い。聞き慣れた習慣の中には、いくつのか祝日を除いて儀式を行い、何度もパーティに参加、ついでに彼女と同じ年齢のヴィーヴルを多く打ちのめしたという事以外には、自分は何かを学んだとは思っていない。

今でもサルカズ傭兵の弱点を探し出し、それを叩くというのは、彼女もその功は自分が丹念に調整した攻城兵器と破城矢のお陰だ。

古い儀式や規則が彼女にそれを与えた、特定の目標に対する性格な直感。

まったく、誰がこのようなものを信じるというのか?

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命燃やしちゃおうよ、どうせこんな紙切れ、二度と見ないんだし。
会話1あたしに部屋の守りを任せたら、床がぶっ壊れるよ。あたしはどっちでもいいけど、ちゃんと考えて決めてよね。
会話2ここって、王立前衛学校出身の人が他にも居るんだ。ふーん?ちょっと面白そうじゃん。
会話3ちょっと照準器の調整をするか。いや、この間頼んだ素材もそろそろ届くし、やっぱり先に矢を……邪魔だ、あっち行け!
昇進後会話1ヴィーヴルを離れた人の多くは、サルゴンでの傭兵生活をあまり良く思ってないんだ。ヴィクトリアに行くと、大体違うことを始める。例えば……そうだね。工場を開いたり、農業をしたり、そう、自分の土地を持つんだ。
昇進後会話2あんたには分かると思うけど、あたし、前は砲兵じゃなかったんだ。偵察、潜入、近接格闘。主に習ってたのはこれ。好みじゃないし、教官は転科させてくれなかったから、すっぱりやめたの。嫌いなこと勉強しても意味ないでしょ?
信頼上昇後会話1あんた本当信じらんない!こんな格好で工房に入れるわけないでしょ?!
信頼上昇後会話2この武器はね、移動都市を相手にする為にあるんだよ、雑兵相手に使うなんてもったないったら。たまには、都市の一つや二つで腕試しさせてよ。
信頼上昇後会話3肩のこの辺りの結晶、髪の色と良い感じに合ってると思わない?オフショルダーの服好きだし、丁度良かったよ。ただねぇ、あのシラクーザのトランスポーターみたいに広がってたら、もっと良かったのに。惜しかったな。
放置工房に戻って、素材の整理をしようかな。こんな人に付き合って、時間を無駄にすることはないし。
入職会話あたしはアリアンロット、コードネームはトギフォンス。あたし、凡人に使われるの嫌なんだよねー。ふん……あんたがそいつらと違うところ、ちゃんと見せてくれるといいんだけど。
経験値上昇つまんない。もう行くよ。
昇進1支援部の連中何考えてんの?なんであたしが片手間で作った物を……チッ、まあいいや。受け取っておく、あんたの心使いは分かったってことで。じゃあね。
昇進2ドラコの炎は見たことあるよね。あれを敵の頭の上にぶちまけるのって、想像したことある?あたし、それを実現してあげるよ!
編成時聞いてる。
隊長任命仕事だ、集中して。
作戦準備あんた達は先に行って、ちょっと準備したい物がある。
戦闘開始視界良好、命令を待つ。
選択1まだなの?
選択2へー?
配置1固定完了。
配置2位置に着いた。
作戦中1視認はしない、地図を寄越しなさい。
作戦中2該当エリアクリア、次!
作戦中3矢の雨を降らせた後には何も残らないんだよ!
作戦中4はっ!燃え尽きるまで火が消えるわけないでしょ?
星4で戦闘終了この武器の力を上手く引き出せる人間は、そう多くはないよ。あんたはそうみたいだけど。
星3で戦闘終了土埃まみれにならずに済んだ、悪くない。
星2以下で戦闘終了あいつらより弾薬の方が貴重だよ。自分で何とかしな。
任務失敗まだ動ける?戻ろう、掴まって。
基地配属これっぽっちのスペースじゃ足りないよ。ここの壁を壊して、奥のスペースも全部ちょうだい。
タッチ手を出す前によく考えなさい。
信頼タッチ用事があるなら言いな。カラコン変え終わるの待たなくて平気。
タイトルアークナイツ。
挨拶あんたか。用事があるなら早く言って。
タイトルとURLをコピーしました