アークナイツ アークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ヘビーレイン(暴雨 Heavyrain)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

役職重装レアリティ★★★★★
性別身長159cm
精通武器技術(軍事)出身サルゴン
戦闘経験歴5年種族クランタ
誕生日3月3日所属機関ロドスアイランド
イラストレーターaZLing4CV石原 夏織
オリパシー感染状況
メディカルチェックの結果、非感染者に認定
客観的経歴
元サルゴンのとある麾下に所属していた兵士。同僚に裏切られため意気消沈し、軍を離れて何度も転々としていた後にロドスに加入した。

作戦経験は豊富であり、現在は重装オペレーターとして様々な任務で活躍している。

基本ステータス

ブロック数3攻撃速度1.2s
初期コスト20最大強化時コスト24
再配置時間80s
特性
敵を3体ブロックする

ステータス

HP攻撃防御術耐性
初期14431992530
初期最大18992563780
昇進1最大24673215190
昇進2最大33803787210
信頼度最大+350+35

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
攻撃範囲
素質範囲スキル1範囲スキル2範囲

潜在突破

2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-10秒コスト-1素質強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
ゼブラ迷彩昇進1自身と周囲8マスにいる高台のオペレーターは10%の物理回避を獲得
昇進2自身と周囲8マスにいる高台のオペレーターは20%の物理回避を獲得
昇進2 潜在5自身と周囲8マスにいる高台のオペレーターは23%の物理回避を獲得

スキル効果

スキル名スキル内容


応急迷彩

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP0 必要SP7(4)/4秒
効果次の通常攻撃時、周囲にいるHPが半分未満の味方1名のHPを1秒ごとに30(70)回復、「迷彩」状態を付与する。4秒継続
1(2)回チャージ可能
(既にこのスキル効果が付与されているオペレーターに重複発動しない)


群体迷彩

発動タイプ自動回復 手動発動
必要SP/持続時間初期SP15(25) 必要SP60(40)/15(20)秒
効果攻撃しなくなる。防御力+20(55)%、最大HP+20(55)%、自身と周囲4マスの味方が「迷彩」状態となる。

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
護衛初期制御中枢発電所配置時、ドローンの回復速度が1時間ごと+10%
重装エキスパートα初期訓練室訓練室で協力者として配置時、重装の訓練速度+30%
陣地の経験昇進2訓練室訓練室で協力者として配置時、重装の訓練速度+30%特化ランク2への訓練をサポートする場合、訓練速度がさらに+45%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限開放/コスト+2/スキル「群体迷彩」習得/素質「ゼブラ迷彩」開放
必要素材/LvLv龍門幣初級重装SoC初級装置初級異鉄
5020000444
昇進2強化内容ステータス上限開放/素質「ゼブラ迷彩」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級重装SoC上級源岩中級異鉄
701200003914

スキル強化必要素材

 

総合診察測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】標準
【生理的耐性】標準
【戦術計画】標準
【戦闘技術】標準
【オリジ二ウムアーツ適正】普通

関連アイテム

潜在上昇の印

ヘビーレインの潜在能力を高めるために使用する。

小さな盾、ヴァルカンに指導をされて作った手作りのようだ。軽いが丈夫。

求人契約

重装オペレーターのヘビーレインは苦労をいとわず、恨み言を言われても気にしない。

 

信頼相関

臨床診断分析

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0%
鉱石病の兆候は見られない。

【血液中源石密度】0.12u/L
源石との接触は極めて少ない。

信頼相関1

文章表示

内気な性格のクランタの女性。

大多数のオペレーターはヘビーレインの第一印象は暗いというものだった。ざわめく環境の中で、彼女は常に黙って達、全ての喧騒は彼女にはまるで関係が無いというようだった。

しかし、ヘビーレインは集団が合わないという訳ではない。彼女と一緒にチームを組んだオペレーターたちは、ヘビーレインは実は優しく注意深い少女だと言っていた。

「彼女は自分を表現するのが苦手である」

これが今の大部分の人が彼女に対する評価であり、この評価は適切だろう。

信頼相関2

文章表示

ヘビーレインよりも前に、ロドスにはすでにサルゴン兵出身としてスポットがいたが、スポットの怠惰な性格は兵士との連絡が取りにくく、しかもスポット自身も軍隊生活から脱出したかったから離れたという事を認めている。

そのため、厳密に言えばヘビーレインはスポットよりもサルゴン兵という身分を表していると言えるかもしれない。

日常のコミュニケーションの中では内気な印象が常に彼女の兵士という身分を忘れさせるが、戦場を訪れた際は彼女は専門的な作戦素養を見せてくれる。

戦況の判断や命令の実行、上手く対処することができ、彼女は自分の考えがを持つという事は無い。

ドーベルマン教官の言葉を借りれば「職業兵士は彼女の事を言う」との事だ。

しかし、このようなヘビーレインも問題が無いという訳ではない。

彼女の問題は仲間が怪我をしたり、危険にさらされたりした時の彼女は焦燥と切迫感によって、日常の性格とは正反対の攻撃性を示し、状況に対する冷静な判断を失うことにある。

この問題は致命的では無い、指揮者が彼女を知ってさえいれば、短時間で彼女を冷静さを回復させる事が可能だから。しかし、この問題は常に着いて回る事にはなる。

だからこそ、ドーベルマン教官は彼女を重装オペレーターにすることを決めた。そして彼女に過去の彼女にとっては全く馴染みのない戦い方を実行するように要求した。

つまり、彼女は今戦場での主な役割はチームメイトの保護を提供するということにある。

信頼相関3

文章表示

本人の同意を得て、本条項はヘビーレインの過去のサルゴンでの経歴を記録するために使用する。

ヘビーレインの家庭は至って普通のサルゴンの家庭で、厳しく、寡黙で、抑圧されていた。

彼女は大人になってからは首長国連邦の軍隊に参加、自身の首長国連邦のために多くの戦功を立てた。

しかし、性格が孤独的だったため彼女は周りの視界に入るということは無く、彼女に近づいてくる人はただ一人しかいなかったが、その人物は彼女の唯一の親友となった。

しかし、とある時の他の酋長国連邦との衝突で、ヘビーレインは最も信頼できる友達に裏切られた――元々、その相手は彼女を踏み台にして敵対国へ逃げることを考えていたのだ。

とある遭遇戦では相手はヘビーレイン以外の仲間を全員殺し、情報を持って敵の首長国連邦に逃げ、作り出した混乱を全部ヘビーレインのせいにしようとした。

ヘビーレインは過去からの孤独さから、軍隊に戻った後も孤立無援となってしまい、軍事裁判所で処刑されるところだったが、幸いにも現場で一度逃げた兵士の証言によって彼女は救われた。

しかし、自分を裏切ったという事に彼女は意気消沈してしまい、結果的に積み上げた軍功と引き換えに軍隊を離れ、傭兵となった。

しかし、その事が尾を引いてしまって過敏となってしまい、外で漂泊をしていた際も度々壁にぶつかってしまい、彼女はそのままロドスへと訪れたのだ。

信頼相関4

文章表示

ヘビーレインの過去を知れば彼女が戦場で見せる問題も説明しやすくなるだろう――。

ヘビーレインは実際は非常に人を認めたい性分ではあるが、軍隊の中で抑圧された環境が彼女をさらに圧迫していた。

彼女は自分をどう表現するべきか全くワカラナイのだ。それと同時に彼女に少しでも善意を見せる人には相手に対して真心を尽くすようになった。

オペレーターたちは性格が異なっているものの、他者を受け入れようとする人が多く、彼らからすればヘビーレインの孤立というのは彼女との交流の障害にはならない。

そしてヘビーレインは彼女に善意を尽くしてくれるオペレーター達全てに全力を尽くすべき対象としていることも、彼女が戦場で暴走してしまう理由だ――彼女は他者への関心が高く、彼女が関心を持っている人を傷つける人がいるという事は許されないのだ。

大多数のオペレーターはヘビーレインは自身を表現するというのが下手なだけだと認識しているが、ドクターは彼女に親切であり、彼は恩返しすべき人だとは思いもしなかっただろう。

しかし、非常に可愛げのある事ではあるものの、ヘビーレインのこのような心理状態は確かに不健康だ。彼女はこれに対しても自覚がある。ただ、彼女はどうすればいいのか分からない。

幸い、彼女が恩返しすべきだと思っている人の中で一番最前列にいたのはドクターだ。

ロッテ島に入ってからしばらくの間、ヘビーレインのドクターに対する信頼感や依存度は明らかになった。

ドクターはヘビーレインの本質をよく知っている。ドクターが彼女を正しい方向に導き、自分の感情や人間関係を正しく表現できるようになると信じている。

昇進2解放

文章表示

ヘビーレインの記述によれば、彼女はある行軍の時、スポットが駐屯していた都市を経由、そこでスポットに助けられたのだという。

他の同僚から孤立している姿を見たスポットは、水を渡し、漫画を貸してくれたという内容だった。

しかし、スポット本人はそれには何の印象も無いと言っていた。

「ん?そんな事あったか?……いや待て、あんたが言ったこの漫画覚えている。どうりで何処を探しても見つからなかった訳だ!」

残念ながら、ヘビーレインはこの漫画をとても大切にしていたが、その後の傭兵生活で失ってしまったようだ。

スポットは気にしていないようだが。

しかし、これがきっかけで今では時折、ヘビーレインが休憩室の隅で漫画を読んでいる姿が見られる。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命はい、私がドクターを守ります。
会話1
会話2
会話3
昇進後会話1
昇進後会話2
信頼上昇後会話1
信頼上昇後会話2
信頼上昇後会話3
放置
入職会話
経験値上昇
昇進1
昇進2
編成時
隊長任命
作戦準備
戦闘開始
選択1
選択2
配置1
配置2
作戦中1
作戦中2
作戦中3
作戦中4
星4で戦闘終了
星3で戦闘終了
星2以下で戦闘終了
任務失敗
基地配属
タッチ
信頼タッチ
タイトル
挨拶
タイトルとURLをコピーしました