アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】グレイディーア(歌蕾蒂娅 Gladiia)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス特殊レアリティ★★★★★★
性別身長/体重181cm/■■kg
精通遊泳、長柄武器、大型怪物狩猟出身エーギル
戦闘経験歴17年種族未公開
誕生日11月6日所属機関アビサル
イラストレーターChuzenjiCV生天目 仁美
オリパシー感染状況

メディカルチェックの結果、非感染者に認定。

本人確認によれば、グレーディアの全ての資料が高権限データベースに移行している事が確認された。

客観的経歴
グレイディーア、エーギル人。エーギルの技術執政官であり、栄誉軍団長である。エーギルの軍事団体「アビサルハンター」の総戦争設計師の一人。
上陸時間及び地点は共に不明である。大型生物対抗、ハードターゲットの破壊、陣地攻略戦、殲滅戦、機動戦および諜報戦など複数タイプのオペレーションにおいてただならぬ実力を発揮してみせた。
今は共闘という姿勢でロドスに協力し、ロドスの一部仕事を補助している。エーギルの国家職能としての身分を保持すると同時に、ロドスのエーギル事務責任者を兼任している。

基本ステータス

ブロック数2攻撃速度1.8s
初期コスト14最大強化時コスト16
再配置時間80s  
特性
強制移動スキルを所持
遠距離マスにも配置可能

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期9993441440
初期最大13504922130
昇進1最大17546402810
昇進2最大23098013310
信頼度最大 +50+50 

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲
スキル2攻撃範囲  
  

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-10秒コスト-1素質2強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
エーギルの波濤昇進1配置中、味方アビサルは1秒ごとにHPが最大値の1.5%回復し、【海の怪物】からの物理及び術ダメージ-15%
昇進2配置中、味方アビサルは1秒ごとにHPが最大値の2.5%回復し、【海の怪物】からの物理及び術ダメージ-25%
弱肉強食昇進2重量ランクが3以下の敵を攻撃時、攻撃力が130%(+6%)に上昇

スキル効果

スキル1

渇水の大洋裂断自動回復
手動発動
攻撃範囲
SLv初期SP必要SP持続効果
107次の通常攻撃時、敵を普通の力で引き寄せ、攻撃力の120%の物理ダメージを与える
1回チャージ可能
2次の通常攻撃時、敵を普通の力で引き寄せ、攻撃力の130%の物理ダメージを与える
1回チャージ可能
3次の通常攻撃時、敵を普通の力で引き寄せ、攻撃力の140%の物理ダメージを与える
1回チャージ可能
46次の通常攻撃時、敵を相当の力で引き寄せ、攻撃力の150%の物理ダメージを与える
2回チャージ可能
5次の通常攻撃時、敵を相当の力で引き寄せ、攻撃力の160%の物理ダメージを与える
2回チャージ可能
6次の通常攻撃時、敵を相当の力で引き寄せ、攻撃力の170%の物理ダメージを与える
2回チャージ可能
75次の通常攻撃時、敵を相当の力で引き寄せ、攻撃力の180%の物理ダメージを与える
2回チャージ可能
特化1次の通常攻撃時、敵を相当の力で引き寄せ、攻撃力の190%の物理ダメージを与える
3回チャージ可能
特化2次の通常攻撃時、敵を相当の力で引き寄せ、攻撃力の200%の物理ダメージを与える
3回チャージ可能
特化34次の通常攻撃時、敵をかなりの力で引き寄せ、攻撃力の210%の物理ダメージを与える
3回チャージ可能

スキル2

渇水の荒波掌握自動回復
手動発動
SLv初期SP必要SP持続効果
1153520攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の120%の物理ダメージを与え、普通の力で引き寄せる
234攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の125%の物理ダメージを与え、普通の力で引き寄せる
333攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の130%の物理ダメージを与え、普通の力で引き寄せる
432攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の135%の物理ダメージを与え、相当の力で引き寄せる
531攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の140%の物理ダメージを与え、相当の力で引き寄せる
630攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の145%の物理ダメージを与え、相当の力で引き寄せる
72029攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の150%の物理ダメージを与え、相当の力で引き寄せる
特化128攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の160%の物理ダメージを与え、相当の力で引き寄せる
特化227攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の170%の物理ダメージを与え、相当の力で引き寄せる
特化325攻撃間隔延長(+50%)、攻撃範囲拡大、ブロックされている敵2体を優先して攻撃力の180%の物理ダメージを与え、かなりの力で引き寄せる

スキル3

渇水の乱渦狂舞自動回復
手動発動
攻撃範囲
SLv初期SP必要SP持続効果
120458攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の70%術ダメージを与え、普通の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を普通の力で引き寄せる
244攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の75%術ダメージを与え、普通の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を普通の力で引き寄せる
343攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の80%術ダメージを与え、普通の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を普通の力で引き寄せる
42242攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の85%術ダメージを与え、普通の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を普通の力で引き寄せる
541攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の90%術ダメージを与え、普通の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を普通の力で引き寄せる
640攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の95%術ダメージを与え、普通の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を普通の力で引き寄せる
72439攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の100%術ダメージを与え、相当の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を相当の力で引き寄せる
特化138攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の110%術ダメージを与え、相当の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を相当の力で引き寄せる
特化22637攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の120%術ダメージを与え、相当の力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員を相当の力で引き寄せる
特化335攻撃範囲内自身と最も遠いの敵1体をバインドさせ、その位置を中心に竜巻を生成して周囲一定範囲内の敵全員の移動速度-50%1.5秒ごとにグレイディーア攻撃力の130%術ダメージを与え、かなりの力で中心に引き寄せる。
スキル効果時間終了時、中心から周囲一定範囲内の敵全員をかなりの力で引き寄せる

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
潮汐の衛兵初期制御中枢制御中枢配置時、宿舎以外の施設内のアビサル所属オペレーター1人につき、自身の1時間ごとの体力消費量が+0.5
宿舎内のアビサル所属オペレーター1人につき、自身の体力が1時間ごとに+0.5回復。
宿舎内のアビサル所属オペレーターの体力が最大値であれば、体力回復量が追加で+0.5
集団狩猟α初期制御中枢制御中枢配置時、制御中枢内全員の体力が1時間ごとに+0.05回復。基地内のアビサルが特殊効果を得る
(一部のスキルに対して特殊加算制限がある)
集団狩猟β昇進2制御中枢制御中枢配置時、制御中枢内全員の体力が1時間ごとに+0.05回復。基地内のアビサルが特殊効果を得る
(一部のスキルに対して特殊加算制限がある)

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/COST+2/スキル渇水の荒波掌握習得/素質エーギルの波涛開放/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級特殊SoC初級アケトン初級糖原
5030000574
昇進2強化内容ステータス上限解放/スキル渇水の乱渦狂舞習得/素質弱肉強食開放/素質エーギルの波涛強化
必要素材/LvLv龍門幣上級特殊SoC結晶制御装置融合ゲル
80170000446

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】卓越
【戦場機動】■■
【生理的耐性】卓越
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】卓越
【アーツ適正】欠落

関連アイテム

潜在上昇の印

グレーディアの潜在能力を高めるために使用する。

構造が読めない黒い小さな装置。装置の三つのボタンはそれぞれナイフ、骸骨、何かの生物の模様のようで、押す勇気はあまり無い。

求人契約

ロドスエーギル事務担当のグレーディアは今あなたにいくつの情報を伝える。

言葉に含まれるマナー習慣と性格の悪さはあまり関係がない。

 

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】 0%
鉱石病の兆候は見られない。

【血液中源石密度】 0.011u/L
源石との接触は極めて少ない。エーギル境内に源石が乏しいのはなぜなのだろうか?

【星空の下に蔓延る悪しき病は源石病だけではない。海そのものが感染した死病は異種の血肉である。】

第一資料

文章表示

グレイディーアを探してるって?じゃあそもそも彼女のことを知らないんだね。

あはっ、毎回「誰かグレイディーア見た?」って聞いても、「見てない」ってしか返ってこないんだ。

神出鬼没って言うにはちょっと違うかな。レッドみたいな感じじゃないんだよ。むしろほとんどのオペレーターがそもそもグレイディーアが誰なのか知らないというか。それっぽい噂でさえ聞かないのに、気位だけはいっちょまえなんだから、もう……人のことが眼中にないにも程がある!ロドスのビッグセブンは名ばかりじゃないんだから、どうにかして一度「ご挨拶」してやらなきゃ……

冗談だよ。絶対彼女に勝てるって自信を持って言える?あたしなら無理。それにオペレーターにケンカを唆すなんて……法務部に気をつけてね。

実を言うとね、絶対断られると思うけど、大事なことだからもう一度言うよ。エーギル人たちを訓練室に誘うのは厳禁だよ。もしグレイディーアのケンカを見たことがあるのならわかると思うけど……ないんだね。グレイディーアは時々肌が乾燥してるとか、水がないとか、水がないと実力を出しきれないとか悪態をついてるけど……彼女はクロスボウの矢よりも素早いんだから。あと、戦う時にすごい轟音を立てるんだよ。もうね、彼女が一言なにか言ったとしても、その音が届く前に殺されちゃうくらいなんだよ。あの矛は刺すためのものじゃなくて、叩き切ったりなで斬りしたりするためのものだよ。まぁどっちでも肉が飛び散ってそこらじゅうに血がドバーってなる結果だろうけど。あぁこわいこわい。

ところでさ、君そもそもグレイディーアを見かけたことなんて一度もないんでしょ?違う?

──クロージャはソファに横たわりながら、乗り気の某オペレーターにこう語った。携帯デバイスをゴミ箱に投げ入れるのは本日三度目のようだ。

第ニ資料

文章表示

【陸上の諸国についてみると、イベリアだけが海に対してわずかばかりの理解があるようです。私からすれば、愚かしくも国力の差というものを作り出すことにいつも夢中といった様子でした。

陸上の社会形態は効率的でもなければ、安全でもありません。誰の過ちでもないのですが。

ただ、エーギルは彼らからすればきっと常識はずれもいいところでしょうね、想像もつかないほどに。

私は父をあまり知らないのですが、生みの母は権力をこよなく愛し、欲に溺れた考えが浅はかな人でした――浅はかだったかどうかはまだ議論の余地があるのかもしれませんが、他の二つは誰よりも私が確信していました。

ですから、私は元々の家族から抜け出しました。母の支配を振り切るにもかなりの時間を要しました。

私の家族は、私を認め、支え、育んでくださった人であって、単に遺伝子を残してくれた人ではないのです。

新しい家族と私に血縁関係はありませんが、ほとんどのエーギル人はそうでした。

ケルシーはエーギルの傲慢と自己閉鎖が罪であると主張しています。彼女には彼女自身の理論があるのでしょう。

野蛮な陸上の者はエーギルを受け入れることはできないのでしょう。よく存じております。エーギルの文化も、エーギルの知識も、彼らに利益をもたらすことなどできないのでしょう。
蛮人に凶器を与えるべからず】
──グレイディーア

あの人はああ言ってるけど真に受けないでね。伝道技術については本当にかなりのものなのよ、ただ核心的な技術はくれないだけで……私たちだって核心的技術なんて手に入れても仕方がないもの。あんな材料、どの都市からだって仕入れられるわけないでしょ?

もし態度がキツいって感じたのなら、それはむしろ良くしてもらってる証拠だわ!逆にもしすごく礼儀正しいって感じたのなら、ほとんど関心なんて持ってないってことになるの。澄ました顔して口にしないけど、そういう人間がどんな感じなのかは私たちもよくわかってるわ、そうでしょ?

──無記名のエンジニアオペレーターより。名前を記す勇気がないのかもしれない。

第三資料

文章表示

私は元々彼女は行方不明者の捜索に忙しく、共に科学研究をすることはないと思っていた。

後に、グレイディーアはエーギルには2種類の執政官がいると語った。

科学執政官と技術執政官、そして彼女は技術執政官であるため、理論的な知識については詳しくないと。

エーギルの基礎教育が素晴らしいと言うべきなのか、私からみて彼女はかなり博学だ。

しかし、執政官?というのは責任者のことなのだろうか?科学者と技術者が共に国を統治している?
ふむ…そのような話は聞いたこともない。

ちなみに軍事技術も技術に含まれるようだ。
ただ、源石技術は含まれていないらしく、彼女は理解できていないようだ。
アビサルハンターたちは源石から隔絶されている?重度の感染者であるスペクターでさえ基礎アーツすら使用できないのだ。

しかしそれでも、大まかではあるが1つの推測ができる、彼女は死んでも認めないだろうが。

アビサルハンターはエーギルの技術による産物。

エーギル人がエーギル人に対してどのような実験をしたのかは……神のみぞ知ることだ。

エーギルの高度な技術レベルを検証する術はもはやない。
巨大な水圧下にある透明な都市、特定の鉱物無しで稼働するエネルギー施設、低温合金加工術の一式、低損失の大容量通信、そして異なる種同士の融合。

やれやれ。

言うまでもないが、海……、この大地に境界がないとすれば、海はどうだ?
エーギルにはどれだけの都市がある?地上の数以上か?

【なぜ彼らは、我々とコンタクトを取ろうとしないんだ?】

そうなると、さらに恐ろしい疑惑が持ち上がる。

……海底の怪物か他の何らかの影響を受けた水中都市はいくつだ?なぜアビサルハンターたちは家に帰れない?

第四資料

文章表示

【受信したプライベートレコード】
アビサルハンターは次に何をするべきだろうか?

グレイディーアがロドスから送信した信号に応答はない。エーギルの水中都市がどうなっているのかは不明だ、他のアビサルハンターたちもな。

イベリアが受け入れた、自らを「島民」と称するエーギル人たちは災害後に自国から離れた海の民だという確信がある。

島民たちの多くは技術者で科学者はほとんどいないようだ。科学執政官たちは、ああ、最先端の住み家をわざわざ離れるつもりはないようだ。

イベリアは島民たちの技術、ほんの少しの技術の断片と残留物だが、それらを用いて通常の国力から覇権候補の1つとなるレベルにまで急速に成長している……

エーギル全体の国力と技術力は、地上諸国からは想像もできないようなレベルだ。

言うまでもないが、多くの者たちは海という存在さえ知らないんだ。
グレイディーアはこの情報を開示することに消極的だったが、何年も前に少数のエーギル人がイベリアへと移住し、そしてアビサルハンターが生まれた。

エーギルに起こった災害が常軌を逸したものだということは想像に難くない。

アビサルハンターはエーギル軍事技術の氷山の一角にすぎない、というのが私の見解だ。

彼女たちはエーギルの最終防衛ラインではなく──海の怪物を調査するための尖兵や決死隊のようなものだろう。
グレイディーアは傲慢さを表す作法を躊躇いもしないが、それらが内なる不安を隠すためという事実までを隠す術はない。

彼女が我々に対し留保していることは承知している、あらゆることについてな。

海嗣がなぜ彼女を探していたのか、その理由も聞かされていないだろう?
ついでだが、海嗣は海中の怪物たちの中でも最上級というわけではない。より高度な生命体が必ず存在する。

グレイディーアは自分なりの方法でアビサルハンターを守ろうとしている。
彼女は将来アビサルハンターに害をなす存在が教会と海嗣だけではないのではないかと危惧している。

彼女の手中にある技術と情報は、数少ない交渉手段の1つなんだ。

我々を信じようとしてくれているが、まだ他人を信じるのは難しいようだ。
彼女が私たち全員を海の脅威から守ろうとしなければ、今頃甲板で日光浴でもできているだろう、あちこち駆け巡る代わりにな。

スカジの体に止められない変化が現れた場合、アビサルハンターの先駆者、数少ないその中の1人であるグレイディーアの未来も……同様に険しいものになるだろう。

少し時間を与えてやってくれ。訓練と経験が彼女を正しい結論に導くだろう。

彼女は今なおエーギル人だ。だが我々はどこの国家にも属していない。
エーギルは未だに沈黙を守っている。

──ケルシー

昇進2解放

文章表示

ありふれた生の営みを諦めてはいけない。
マーラは最後の息を引き取った。彼女の淡い金の巻き髪が兵士の腕からするりと落ちた。強ばった顔の兵士は頭を垂れ、目尻から溢れる涙を懸命に隠そうとした。拍手の音は雷のように響き、劇は終了した。立ち上がって歓声をあげるべき場面だ。

しかしシーボーンは舞台を鑑賞することはできない。
恐魚は音楽を聴くということがどういうものかを知らない。

暮らしを諦めてはいけない。それこそが我々の最後の防衛線なのだから。
創造された美をもっと称えよう。種に残された最後の富として称えよう。

「真面目な話、もし彼女がどんな姿なのかを知りたいのなら、ロドスのダンスパーティーに参加すべきだわ。ダンスパーティーよ。船にいる限り、彼女は絶対参加するもの。

バーでもよく見かけるわ……そういう時は決まって隅っこに座ってジャズに耳を傾けているから、話しかけにくいけどね。ダンスパーティーなら違うわ。共に踊りたいと誘えば、彼女は基本的に受け入れてくれるの。例え一言も話さないとしてもね。

彼女がひとり踊る姿を見たことある?ないんだ?じゃあ絶対一度は見てみるべきよ。嵐のようなスピンステップで、長い髪が渦巻きのように舞台に広がるの……音楽が止まるのさえ気付かなかったくらいよ……いやその話じゃなくてね。

彼女、踊ってくれる時はまるで別人なの。こっちが上手か下手か関係なく、手を握って、腰を抱いて……まるで自分まであんなにうまく踊れると勘違いしちゃうくらいにエスコートされるの。どれだけ下手でも、彼女は絶対にあなたのドレスやズボンの裾を踏んだりしないわ。もし彼女がああも遠慮深くなければ、私……はぁ、まだ踊れる私は、なんて幸運なの。」

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命しばらくここを離れてくださいませ、私の勤務を妨げる行為は、どのようなものであれ許されませんわ。悪しからずご承知おきを。
会話1愚かで無意味な問題の発生は防ぎたい。少なくともこの一点においては、私達意見を同じくしていますわよね。ドクターのように経験豊富な方ならお分かりでしょうが、多くの人間は、そのつもりが無くとも、破滅的な行動を取りがちですの。とは言え、海のことに関しては他の者たちが準備を整えるまで、ドクターがどれほど思案したところで、無意味ですけれど。
会話2オペレーターの方々に戦闘終了後の私の体や武器に触れないよう伝えてくださる?私が火傷させたとでも訴えられたら堪りませんもの。
会話3私の話し方が他人行儀すぎると…?陸地の言語にはまだ不慣れですのよ。それに…個人的な見解ですけれど、ドクターは無礼な私など、見たくないでしょう?
昇進後会話1アビサルは己の職責を全うしなければなりませんわ。過去の犠牲を蔑ろにするような振る舞いは明確な裏切りにあたります。とは言え、スベクターにスカジに、私は後何人救い出せるでしょうね。たとえ生き残りを救い出せたとしても、とうに恐怖に押しつぶされていて、苦悶の時を引き延ばすだけかもしれません。
昇進後会話2貴方、歌は好き?踊りは?私と一曲どうかしら。ステップがわからなくても問題ないわ。私が教えてあげる。詩に、絵に、音楽…そういったものを忘れてしまってはダメよ。表現は、全ての人がこの星空の下で生きた証なのだから。人々の意思はそうして形を変えて生き続けるの。さあ、踊りましょう。
信頼上昇後会話1ケルシーは「ドクターへ救いを求めなさい」っと言うけれど、私、まだ信じ切れませんのよ。エーギルに比べれば貴方々の科学技術は原始的ですし、精神的にも大いに問題が…怯懦な方が多すぎます。私には、貴方々が「アレ」と対峙する絵がまったく見えませんの。
信頼上昇後会話2空気が乾いていますこと…陸地での戦闘は熱が上がりやすいですわ。まあ…僚友達の遺体に囲まれるよりはマシですけれど。海では其処彼処にありましたから。彼らの死に様は脳裏に刻まれ、口を開けばその生臭さすらも味わえるのですわ。それでも私達は、頭を垂れてはならなかったのです。
信頼上昇後会話3私達は同類ではないかもしれない。それでも貴方は私と同盟を結べると思うの?ケルシーは私よりずっと年上で彼女の負担はおよそ想像の及ぶところじゃない。でもそれらすべては、いずれ貴方が向き合わなきゃいけないものだから。強くなるのよ、失うことを恐れないほど、強くなりなさい。私はずっと側で見ているから。
放置ふっ…
入職会話ドクター、私はロドスのエーギル部門責任者に任命された、グレイディーアですわ。今後、仕事の上で関わる機会もあるでしょうけど、どうぞ私のことはよそのものとお思いください。まだドクターの信頼に値しませんもの。
経験値上昇なるほど。戦術も装備も、貴方々の時代の発展経過と一致していますわね。
昇進1新しい契約ですの?認めて頂けるのは有難いのですけれど、私は既に多くの重要任務にアサインされていますので、ドクターからの任務に付くのは、だいぶ先になりますわ。ご不便をかけますわね、御免あそばせ。
昇進2戦争。種の生存に関わる争いは勝利と言う概念など存在しない死闘ですわ。あるのは、この星空の下で、ほかの種が全て滅亡するという結果だけ。アビサルはその日が来ることをできる限り遅らせるために、命を賭けて抗っているのですわ。常に、冷厳と、悔いもなく。
編成時ドクターの部隊補佐として、訓練に参加しますわ。
隊長任命ハードな戦場ではなさそうですわね、これをオペレーターの狩猟訓練として行っても宜しいかしら。
作戦準備泥沼に引きずられるような進軍速度ですけれど、気になさらないで結構よ、私は待っててあげられますから。
戦闘開始この程度の戦いですし、余力を残すことをお許しください。
選択1どうぞ続けて。
選択2ご命令の通りに。
配置1獲物はどれですの?
配置2すぐに解決致しますわ。
作戦中1気を付けなさい、この海流は脆弱な命を飲み込みますわ。
作戦中2逃げる前に私の許可は取ったのかしら、ねえ、獲物さん?
作戦中3この鋒が、貴方の心臓に滑り込むまで一秒も掛かりませんわ。
作戦中4玩具で遊ぶのもここまで。
星4で戦闘終了生き残ること、それが貴方が守るべき唯一のルールですわ。
星3で戦闘終了お手本のような勝利でしたわ。貴方はいずれきっと、どんな弱小生物よりも優れた方になるのでしょうね。
星2以下で戦闘終了逃げた獲物に情報を伝達する能力がないなら、貴方の首はまだ皮一枚で繋がっていますわね。
任務失敗凡才ですわね。
基地配属お気遣いはありがたいのですけど、私は自分の狭い住処のほうが居心地いいんですの。
タッチドクター、陸地の礼儀を守ってくださいませ、それとも無礼なのが主義かしら?
信頼タッチお気を付けになった方が宜しくてよ。私たちのようなものは所詮皆怪物ですもの。
タイトルアークナイツ。
挨拶御機嫌よう、ドクター。

オペレーター紹介文

グラディア、海から来た。

紹介動画

タイトルとURLをコピーしました