アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】濁心スカジ(浊心斯卡蒂 Skadi the Corrupting Heart)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス補助レアリティ★★★★★★
性別身長166cm
精通歌唱(海)、同化、折虐出身エーギル
戦闘経験歴――種族未公開
誕生日3月7日所属機関エーギル
イラストレーターalchemaniacCV佐藤利奈
オリパシー感染状況

メディカルチェックの結果、非感染者に認定。
以下に記載した議論と総括は全て、当事者本人の細胞増殖状況に対する観察と計算に基づく。

客観的経歴

今後もし現状のまま進んでいけば、誰も彼女が「何」であるかを気にする者さえいなくなる。
問題はスカジがどうこうの話ではない。そもそもたった一人に何かを変えるほどの力はない。
私が言いたいのは、このような生理的状態、そしてこの類の生物性物質が示した最終状態は、
我々の社会、歴史、科学においてすべての物差しを意味のないものとしてしまう可能性があるということだ。
我々の粗末な医療研究環境が少しでも役に立ってくれれば…。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度1.0s
初期コスト6最大強化時コスト8
再配置時間70s  
特性
攻撃しない
攻撃範囲内の味方全員のHPを継続回復(1秒ごとに攻撃力の10%回復)
【鼓舞】の効果を受けない。

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期613145930
初期最大8772281390
昇進1最大12023051860
昇進2最大16033682330
信頼度最大 +50+30 

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-6秒攻撃力+27第二素質強化コスト-1

素質

素質名解放段階効果
太古の血族昇進1 「スカジのシーボーン」が1体召喚可能(配置から15秒後強制退場)。
シーボーンの攻撃範囲を自身の追加攻撃範囲と見なす
昇進2「スカジのシーボーン」が1体召喚可能(配置から25秒後強制退場)。
シーボーンの攻撃範囲を自身の追加攻撃範囲と見なす
捕食本能昇進2自身やシーボーンの攻撃範囲内に味方がいる時、自身の攻撃力+6%(+3)、
攻撃範囲内に味方【アビサル】がいる時、攻撃力の上昇効果が15%(+3)になる。

スキル効果

スキル1

同帰殊塗の吟自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1306030自身の最大HP+80%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が40%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
259自身の最大HP+90%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が40%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
358自身の最大HP+100%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が40%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
457自身の最大HP+110%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が50%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
556自身の最大HP+120%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が50%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
655自身の最大HP+130%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が50%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
754自身の最大HP+140%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が60%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
特化153自身の最大HP+150%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が70%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
特化252自身の最大HP+160%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が70%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)
特化350自身の最大HP+170%、HPを最大値まで回復し、特性の効果が80%まで上昇し、濁心スカジが攻撃範囲内の味方全員の被ダメージの50%を代わりに受ける(同種の効果は高いほうのみ適用)

スキル2

同葬無光の願自動回復
自動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1068攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の15%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が15%まで上昇する
退場まで効果継続
2攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の20%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が15%まで上昇する
退場まで効果継続
3攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の25%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が15%まで上昇する
退場まで効果継続
466攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の30%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が16%まで上昇する
退場まで効果継続
5攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の35%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が16%まで上昇する
退場まで効果継続
6攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の40%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が16%まで上昇する
退場まで効果継続
764攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の45%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が17%まで上昇する
退場まで効果継続
特化161攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の50%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が18%まで上昇する
退場まで効果継続
特化259攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の55%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が19%まで上昇する
退場まで効果継続
特化356攻撃範囲内の自身以外の味方全員に濁心スカジの攻撃力と防御力の60%の鼓舞状態を付与して、特性の効果が20%まで上昇する
退場まで効果継続

スキル3

「満ち潮、枯れ潮」自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1154020特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の25%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の50%の鼓舞状態を付与する
2特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の30%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の55%の鼓舞状態を付与する
3特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の35%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の60%の鼓舞状態を付与する
439特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の40%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の65%の鼓舞状態を付与する
5特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の45%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の70%の鼓舞状態を付与する
6特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の50%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の75%の鼓舞状態を付与する
738特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の55%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の80%の鼓舞状態を付与する
特化137特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の60%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の90%の鼓舞状態を付与する
特化236特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の65%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の100%の鼓舞状態を付与する
特化335特性のHP回復効果が「自身のHPが1秒ごとに5%減少」に変化する。1秒ごとに攻撃範囲内の敵全員に濁心スカジの攻撃力の70%の確定ダメージを与え、(自身とシーボーンの与ダメージが重複可能)、攻撃範囲内の味方全員に濁心スカジの攻撃力の110%の鼓舞状態を付与する

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
補助エキスパートα初期訓練室訓練室に協力者として配置時、補助の訓練速度+30%
同化昇進2訓練室

訓練室で協力者として配置時、補助の訓練速度+30%。特化ランク3への訓練をサポートする場合、訓練速度がさらに+65%

変異昇進2訓練室訓練室で特化ランク3への訓練の協力者として配置時、体力消費が1時間ごと+1

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/COST+2/スキル同葬無光の願習得/素質太古の血族開放/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級補助SoC初級エステル初級装置
5030000583
昇進2強化内容ステータス上限解放/スキル「満ち潮、枯れ潮」習得/素質捕食本能開放/素質太古の血族強化
必要素材/LvLv龍門幣上級補助SoC融合剤上級砥石
80180000445

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】優秀
【戦場機動】優秀
【生理的耐性】卓越
【戦術計画】――
【戦闘技術】――
【アーツ適正】欠落

関連アイテム

潜在上昇の印

濁心のスカジの潜在能力を高めるために使用する。

1本の軟骨で出来た曲がった棘。水色の液体が棘の先から滴り落ちるにつれて、実験生物の生理構造は激しく変化した。

求人契約

濁心のスカジ、あなたをよく知っている見知らぬ訪問客。

あなたはそれを受け入れる?

 

プロファイル

健康診断

文章表示

正直、ケルシー先生が一体どこからこんな計器を仕入れたのかまったくわかりません。こんな勝手にいじっちゃって大丈夫でしょうか?
そんな目で見ないでください、二人共。ただの好奇心です!えっと、うん、そうです、好奇心でこの分析を手伝っているだけです。
まったくスカジも、ドクターが言ったからって、ホイホイついて来るのってどうなの?
え?このプロジェクトを実施したいのはあなた自身?じゃ、じゃあ私、ドクターを誤解してしまったのですね。
分かりましたよ、ドクター……今回きりですよ。次なんてありませんから。さあ早く、先生が戻ってくる前に……


造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。

【源石融合率】0 %

【血液中源石密度】 0.012u/L
そんなことある?

……良いこととは言い難いですね。私たちが採取したこの造血幹細胞が……増殖しています。スカジさんの身体から離れて、培養皿に入れられても……増殖しているんですよ。

第一資料

文章表示

……良くないわ、スカジ。良くない傾向よ。エーギル人がみんなそうなのかはわからないけど。え?アビサルハンターとエーギル人もまた違う?最初の段階でいくつも措置をとられたって?
……私には知らされていないことよ。

あなたのプロファイルは私には閲覧権限がないもの。

でも、私が言いたいのは……あの時のあなたの身体の変化を言ってるわけじゃないの。今のことよ。

今でも、あなたの体細胞は……細胞分化の真っ最中なの。上皮細胞は……ありえないわ。現実的じゃないもの。

データは嘘をつかない、ドクター。ケ、ケルシー先生?

あの……いいところにいらっしゃいました……これをご覧ください……

第ニ資料

文章表示

今はチャンスなのかもしれない。彼女はグレイディーア、アビサルハンタープロジェクトのリーダー格の一人だ。君が彼女と会うのは初めてかもしれない。この件はロドスのあり方とそれほど関係があるわけではなく、これまでは私の個人的な事情として対処してきたからな。

グレイディーア、スカジ、そしてスペクター。彼女たちは皆エーギルの出身であり、皆アビサルハンターだ。

私のアビサルハンターへの知識は莫大なデータと検証に基づくものだった。グレイディーアがもたらす情報は、我々が持つ資料と相互に証明しあえるものなのかもしれない。

未だに目覚めないな。あまりにも長すぎる睡眠だ。彼女の体は変異に対して激しく対抗しているらしい。

以前のサルヴィエントでの一件、ハンターたちは実によく対応してくれた。でなければ、スカジの身に起こる多くの生理的な変化は取り返しのつかないものだっただろう。

ああ、私が一時的にロドスを離れたのは、この件が理由で間違いない。スカジのあの姿もイベリアへ人知れず潜入するための準備だ。イベリアはすでに衰退しているとはいえ、それでもあの潜入は危険極まりない行動としか言い様がない。私が渡した簡易報告書を見ただろう?

ドクター、アビサルとエーギルは、海の深くからやってきた神秘の生物にずっと対抗してきたのだ。
ただでさえ陸の上にある国々は、おおよそ海というものについて無知なのだ。あのような起源もよくわからない、捉えようのない脅威の考察のためにリソースを割くなどあり得ないと言っていい。だが、深海の生物は我々が今まで語ってきた希少種と全く異なるものである。一つはっきり言えるのは、その生物がもたらす脅威は確実に存在している。イベリアの衰退とエーギルの鎖国のため、あまり知られていないだけに過ぎない。

今この部屋にいる数人だけが、陸の上で生きながらも海についての真相の一角を垣間見たものだと言えよう。もし我々が何らかの対策を講じねば、鉱石病が皆を破滅に導く前に、どれほどの人間があの生物たちのせいで命を落とすのだろうか。

我々を破滅させる災難は一つだけではない。あの生物たちもまたそのうちの一つにすぎないのだ。

私は長らくこの脅威に備えてきた。だがあれらは各都市の展望の遠く外にあり、私一人ではそこまで手を伸ばすことはできなかった。

その件とスカジに何の関係があるのか、と?

……私の結論としては、アビサルハンターは彼らの仇敵と生理的に類似している部分があると言えよう。

スペクターの体があれほど汚染力の強い源石に抗い続けていられるのも、それが原因だろう。

ドクター、スカジは呼び覚まされたのだ。あの生物たちによって。

第三資料

文章表示

アビサルハンターは一種の武器ですわ。
ハンターたちが海の怪物どもをおびき寄せるのは、火山口が海藻を引き寄せるようなもの。恐魚がアビサルハンターの肉体を食い裂こうとするのも、「仇敵」を目の当たりにしたようなもの。エーギル語でも似たような意味を持っているのです。

我々の恐魚への知見は、わかる部分がわからない部分より若干多い程度です。やつらの死に様を目の当たりにする機会もほんの少し多いくらいなのですから。

恐魚は海の怪物たちの末端で、醜く、知能に欠けているモノたちです。

恥ずかしながら、私は一度も生きたまま恐魚を捕らえたことはありません。恐魚という個体は、狭く栄養が不十分な空間に封じ込められたとき、細胞のアポトーシスが停止し、自主的な形態の変化が生じます。正常の腐敗過程は発生せずに、身体組織が迅速に「退化」し、恐魚は完全な細胞呼吸を可能とする筋肉繊維のかたまりへと転じるのです。

速やかに自らの栄養価値を維持したまま生きながらえ、同時に個体としては死を迎える。醜くも、恐ろしいものです。

捕虜などいません。捕虜という単語をあのような生物に用いたいというのならばご自由に。

他にも気がついたことがあります。我々は何度もあの生物たちを狩っていますが、その過程で私はある現象を何度も目撃しました。

アレらの中で、私たちが知る限り生理的構造が最も高等な存在は、「シーボーン」と呼ばれます。そしてシーボーンはあの生物の個体を守るのです。私見としては、おそらく全力で。

自らの執政官を危険にさらす軍団などいません──もっとも、ロドスの指導者ならばこの常識の限りとは限らないのですが。

誤りの指摘をありがとう、ケルシー。次からはもっと妥当な言葉を選びますわ。

軍事行動で、百人隊長がたった一人の平兵士を守ることはありません。その兵士がよほどの重要性を持つ場合以外には。

ですが、あの生物たちは違います。全ての個体が群れの中で平等なのです。いずれの個体も、他のすべての個体にとって「等しく重要」なのです。

食料争いなど、一度も見たことがありません。

私が伝えられる情報は、あなたが手にしている身体検査の報告がもたらすものと大差ありません。我々の科学執政官は胚性細胞だけには完全な追跡を完成させていますが、アビサルハンターは恐魚とシーボーンにより近しいのですよ。我々の体細胞のほとんどに多能性が備わっています。より恐ろしいことに、あの生物達の各個体の変異は続いており、巧みに致死と劣化を避け続けているのです。驚きますか?中立説などヤツらにとってはただの冗談のようなものです。遺伝は個体の発展の為の礎の一部となり、親世代と子世代の元々持っていた伝達の意味が粉々に砕かれてしまいました……たとえ、栄養不足の環境においてはそのプロセスに長い時間がかかるのだとしても。

まだ具体的な生理的特徴を述べてもいないのに、全体的な推論を披露しただけで十分人を不安にさせます。そうでしょう?

これから耳にする事実に関しては、ぜひとも秘密にしてください。とはいえ、例え陸の上の人々にどれほど訴えかけても、きっとあなたがトチ狂っただけとしか思われないでしょうけど。

──アビサルハンターもまた、似た運命にあるのです。スカジの生理構造が著しく変化しています。

個の変異がどのようにして群れ全体に影響するのでしょうか?……もしその問いに対する答えを我々が持っていたのならば、アビサルハンターは陸に現れることはなかったはずです。信じられませんか?でしたら、今日の私の言葉を通じて、事態の重大さを多少なりともあなたに理解してもらえたのかもしれませんね。

アビサルハンターが生まれた理由を教えていない、ですか?

「わからない」とあなたに告げる衝動に駆り立てられているのですが、私は生まれつき嘘を恥じる性分です。なので、はっきりお伝えしましょう。事の真相はいたずらに恐怖心をかきたてる以外、あなたにとって何の役にも立ちませんわ、ドクター。

そちらのドクターを脅しているわけではありません、ケルシー。どうか、私の心からの忠告として受け止めていただきたい。

想像してみてください。優しさなど欠片もない未来があります。全ての怪物がシーボーンやアビサルハンターのように強く、その数は砂粒や雨の雫さえ及ばぬほど無限に増殖し、我々が知る自然の掟があますところなくヤツらの前で敗北するのです。

ヤツらは陸にあがるのかもしれません。我々アビサルハンターが海を離れたように。我々ハンターにはあなたを葬るつもりはありませんが、ヤツらは、どうでしょうね。

あなたにはもう一度忠告させていただきます、ドクター。アビサルハンターは危険です。我々は危険な武器なのです。アビサルハンターの一部は、その生の末期に少しずつ周りの生態環境を書き換えてしまいます。それこそシーボーンのように。そのようなことは、普通の矛やらメイルストロム・スピアやらでできることではないわ。

アビサルハンターの身体能力と体質の一部は、我々の仇敵に由来しているのです。スカジとあなたが知らない憎むべきシーボーンとの間は一度水を蹴れば埋まってしまうような距離しかないの。私も、スペクターも同じです。

もし我々に悲劇の未来が訪れるとしたら、アビサルハンターの運命は一般人のそれよりはるかに悲惨になりますわ。

こんな話をあなたにしたのは、スカジを見ておいていただきたいからです。ロドスの立場からすれば、彼女と私は違います。あなただって彼女を守りたい、そうでしょう?

これがエーギル人としての私が吐露できる最大限の秘密なのです、陸に住まう者よ。

その全ての原因の一つは、我々があの生物たちと特別な繋がりを持つことにあるわ。

あなたならあの言葉を知っていると思います。(エーギル語)アビサルハンターを集わせるものは何か……

第四資料

文章表示

【どこかへと零落した記録】
たとえ廃墟に隠れ込んでも、アレは去らずに、船の残骸の外で四方を見回していた。

その後、アレはずっと後をついてきた。何も言わずに、問いかけても何も答えずに。

寝ているとき──もし寝ていると定義できるのなら、アレの胸は上下しているが、呼吸はしていなかった。本当に寝ているのかはわからない。アレは睡眠など必要としないのではないだろうか。このような行動をとるのは、ただその方が私に似ているだけだからではないだろうか。

まだ考えている。アレを殺すことは復讐と同義かどうかを。おそらく違うのだろう。彼女たち二人を殺したのは、この個体であるとすら言えない。見てくれ以外に、私が知るあの者とどれほど一致していると言えるのだろうか?誰も答えを知らないだろう。

アレの首を締めるほどの力が自分にまだ残っているかどうかさえわからない。全力で締め上げたいのに。

アレの首も柔らかいのだろうか?死んだときは我々の死体と同じように硬くなるのだろうか?

もしアレが呼吸に肺を用いていないのなら、どうすればアレを手元の道具で窒息させることができるのかさえ、私には思いつかない。

アレが口を開いたときにようやく後悔した。喋らないでいてくれたほうがまだよかった。
寂しい。

彼女たちが恋しい。アレが憎い。憎むべきだ。決して心を傾けてはならないはずだ。

いいや、ダメだ。アレがどれほど私が知るあの者に似ているとしても……絶対にダメだ。

また雨が降る。飲める水がまた減っていく。
この姿のまま死んだ方がマシだ。
だが……アレは何かを口ずさんでいる。

理解できない。
悲しい歌だ。
私の心はすでに、腐食されている。

昇進2解放

文章表示

あまり焦るな。
君が最近夢に見ているという場面に関しては、大まかだが知ることはできた。それらを消し去る事は今のところ難しく、仮に薬を処方したとしても真逆の結果を招きかねない。
……
エーギル人がまさかこれほどの枷を君たちに強いるとは、海の底に蹲るだけの種族どもめ……君たちの未来をこのように軽視する種族であることだけみても断言できる。こんな政策を打ち出す者は、陸上の数ある悪辣な支配者たちと何一つ変わらない。

君に注意喚起を?いいや、私にそのような義務はない。だが、もし君自身がそれを意識できるのなら、様々な手間が省けるからな。私はただ、いかなる時も「先進的と自称する多数」を見下しているからこのような反応をしただけだ。そして、もし私が君と誰かの関係を引き裂こうとそそのかしていると思うのならば、そう思い込んだままでも構わない。君が一番知っているはずだ、君にどう思われようが私は気にするはずがないということを。

スペクターはまだまだ全治の見込みがない。グレイディーアには職務がある。彼女らが君と交流し、君に話せることはあまりにも少ない。君は彼女らを疑うべきではないし、君ならばそのようなことはしないだろう。スカジ、私に言えるのは、あまり未来を心配するなということだけだ。

君が何であるかを定めるのは、夢などではない……身体検査の報告書だ。
そして、君自身の思い。君の行動。君を駆り立てる原動力。そういったものだ。

君はもう自暴自棄な選択をとるのをやめた。ロドスには海の教会からの侵入へ対抗する力がある程度備わっているからか、少なくともここ数年で君を原因とするオペレーターの不慮の事故は起きていない。そのためか、君にもかつてほどの慎重さはみられない。あるいは、君と交流しようとした無数のオペレーターの試みが効果を発揮したのかもしれない。君は彼らを助け、感謝を受け取り、お互いの間で新たな関係を結ぶことができたのだろう。たとえ君がそれを否定しようとも。

そして私の個人的な解釈としては、君がロドスで過ごし、ロドスに雇用された日々の中で、自らの目指すべき先をもう一度取り戻し、自らが歩んできた道の険しさを再認識できたためだと思っている。

私が所有する僅かばかりの資料によれば、ヤツらは、ああいう生物の生理構造変更形式は、ヤツらの認識を制限する。つまり──受動的に適応していくのではなく、自ら展開の方向性を選んでいるわけだ。ヤツらがまだ「『受動的な適応』に適応」していないことを幸いと思うべきだ。だが、もし何もせずに手をこまねいていれば、その日はきっといつか訪れてしまうだろう。
ああ、だが私が今君に言いたいのはそういうことではない。私が言いたいのは、アレらは欲しい構造に向かって自ら転化していくわけだ。

スカジ。ヤツらが自らの意志で欲する姿へと変化することごできるのならば……君にだってできるはずだ。

自らの意思で、望まない姿へと変わらないように、君が望む姿であり続けることができるはずだ。

例えば、アビサルハンターとして。あるいは、もっと自由な、バウンティハンターとして。

オペレーターだって悪くないだろう。
あるいは、もっと普通の、ただの君自身でしかない存在として。スカジ。ただの君自身だ。職業も役割も、後天的な興味が導くものにすぎない。

君はまだ君の夢を体現していない、スカジ。

そうだ、ロドスで普通のオペレーターとしてやっていくことを試してみるのはどうだ?ドクターも◼️◼️◼️も、何度も私に提案してきたことだ。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命こんな私が傍にいたら、邪魔になるかしら。散々な過去が蘇ってしまうかしら。あなたの、傍に居ることを許して欲しいの。時が来たら、こんな所からは、一緒に逃げ出しましょう。いいかしら。
会話1海水から隔絶されたら、私たちなんて、生き延びられないと思っていたの?違うわ。私と血族たちは、もうすぐ空気中を泳げるようになるの。その内、何も無い場所すら、私たちの海になるわ。私たちは、進化するだけで、進化し続けるだけでいいの。
会話2かつての僚友たちは、私を殺そうとしていた。彼らは皆、自分自身と向き合うことを、拒絶したの。だけど私は、彼らを責めることも、傷つけることもしないわ。例えあんな風に、私を拒んでも……傷つけようともね。あの時私がしていたことも、彼らを傷つけたんでしょうね。私の後悔は、彼らと共に死んで逝ったの。
会話3この箱?この箱には、私の過去が詰まってる。中に残っている欠片たちは、どれも私の過去なの。チリチリになった欠片でも、今の私が空っぽじゃない……私は幻像なんかじゃないってことを、証明してくれるわ。少しずつ変化を遂げ、今の私があるんだから。
昇進後会話1ドクター、昔のあなたは、こんな未来を想像したことがあったかしら。今のあなたが、私に憎悪しか抱いてないとしても、そんなあなたの憎しみなんて、何ともないわ、ドクター。あなたが望むなら、ずっと、そうやって憎み続ければいいわ……まだ憎む力がある内にね。
昇進後会話2あなたの仲間、ケルシとアーミヤは、あなたのことを、最後まで信じていいなんて言っていたけど、結局、他人を救える人なんていないわ。私は、自分の僚友を救えなかったし、あなたも彼女たちを救えなかった。私たちは全てを失ったのに、私だけが、新しい命と未来を手に入れた。そんなの、あなたには不公平よ。
信頼上昇後会話1まだ私がエーギルに居た頃、家族を殺された事があったわ。最初は、海に潜む怪物の仕業かと思っていたけど……まさか犯人が、エーギル人だったなんてね。私の家族も歌も、ちっとも怖くないわ。本当に怖いのは、人間の方よ。
信頼上昇後会話2足掻いたことも、抗ったこともあるわ。だけど、それに何の意味があったの?小さな命が残した痕跡も、最後には、塩に掻き消されるわ。あなたは、私の最後の友人なのに、彼らみたいに、全てを失っても、海を拒むつもりなの?昔の私と、同じになりたいの?
信頼上昇後会話3私は、病気なの?それとも、夢を見ているの?黒い空が、私たちの海になった夢を見たの、他の人たちと、その空目掛けて浮上しても、体が沈んでいくことはなかった。変よ、おかしいわ。これが、私の未来なの?彼らの顔は、どれも、朧けで……彼ら、彼らは……いや、いや……!
放置夢……あなたは、どんな夢を見るのかしら、あなたは今、どこにいるの?その場所も……一つの夢なの?
入職会話ドクター、あなたを待っていたの。ずっと、ずっと長い間、どうして、ここで、あなたを待っていたか、忘れてしまうくらい……でも、そんなこと、どうでもいいの。もうどうでもよくなったの。
経験値上昇こういうものは、沢山見てきたわ。もう誰も必要としてないのに。
昇進1昔の煩わしいしきたりなんて、まだ必要なの?今はもう、私とあなたしか居ないのよ。あなたが少しでも私に歩み寄ってくれれば、そんなものなんて必要無くなるわ……私の血族になって、ドクター……
昇進2私の剣は腐り落ちて、かつての僚友たちも居なくなった。体を流れるのはもう血液じゃなくなったけど、それでも私は満たされてるわ。だって、海と一つになったんだから。ね、私と行きましょう?あなたの本当の姿が、波の奥深くで、待っているわ。
編成時他の人と一緒に戦うの?戦いの相手は誰?
隊長任命これ以上、多くの命が失われるべきじゃないわ。
作戦準備彼らが、武器で私を傷つける時、何を感じるのかしら。
戦闘開始私を厄災扱いしないで。誰も死んで欲しくないの。
選択1何がしたいの?従うわ。
選択2もう一人じゃないわ。私の血族が、すぐ傍に居るもの。
配置1じゃあ、この遠海の歌に耳を傾けて……
配置2安心して?きっと大丈夫だから。
作戦中1空気も陸地も……乾きすぎね。
作戦中2歌声が、あなたたちの心に沁み込んでいくわ。
作戦中3私に付いて来て、永遠の故郷に帰りましょう。
作戦中4怖がらないで、同胞たち……すぐに着くから
星4で戦闘終了彼らも私たちの血族になって、乾きの苦しみから解放される。これまでの生き方は、あまりにも辛かったんでしょうね。
星3で戦闘終了あなたは、私をこんな風に扱うの?私にも、こんな結末を迎えて欲しいのかしら。本当にそう思っているのなら、受け入れるわ。
星2以下で戦闘終了どうして逃げるの?こうやって足掻いても、意味の無い恐怖が増えていくだけよ。
任務失敗早く行って、ドクター……逃げるの、ここから、私の傍から……逃げなさい……
基地配属ここも、いつかは、元通りになるわ。
タッチ……どうして私はまだ、この帽子を被っているのかしら。
信頼タッチ私たちは何も守れないわ。あの平和な未来に、ただ望みを託すことしかできないの。
タイトルアークナイツ。
挨拶ドクター……傍に寄って。

オペレーター紹介文

私はこれを「濁心」と呼ぶ。スカジの外見をしているのに、あれは彼女では無い。

運命は廃墟で私達の文明の失敗を嘲笑している。今もこの生物を私達の前に姿を現せて、私達の末路を侮辱している。

だめだ…あの「歌声」を聞いてはいけない。私は死に対して既に感覚は麻痺してしまっている。だが、あれは私達の生物的危害をいとも容易く変え、未だに動悸が激しくなる。

私の前にいるこの生物は声で私を構築し直し、私をその仲間にする事が出来る。しかし、私が敵へと近づく訳にはいかない。私は、私達は人間としての最後のプライドを失ってはいけない。

私はそれを憎んでいる。

あれは歌を歌い、私に向かって手を伸ばし、穏やかな顔をしていたが、目には血のような渇望が滲み出ていた。

解説動画

タイトルとURLをコピーしました