アークナイツアークナイツ キャラクター一覧

【明日方舟】ブラックナイト(夜半 Blacknight)の詳細(性能やスキル、資料)

通常昇進2

スポンサーリンク

基本プロフィール

職業/サブクラス先鋒/戦術家レアリティ★★★★★
性別身長166cm
精通奇襲、伏兵、小型生物の飼い慣らし出身レム・ビリトン
戦闘経験歴6年種族サヴラ
誕生日11月2日所属機関レム・ビリトン
イラストレーター温泉瓜CV野田順子
オリパシー感染状況
体表に源石結晶の分布を確認。メディカルチェックの結果、感染者に認定。
客観的経歴
賞金稼ぎ、獣飼育が得意、とある依頼で炎国の境内に入り、尚蜀でロドスのオペレーターであるクルースと知り合い、地元の役人の紹介からロドスと強力、炎国周辺の各委託任務にて活躍した事がある。

基本ステータス

ブロック数1攻撃速度1.0s
初期コスト12最大強化時コスト14
再配置時間70s  
特性
攻撃範囲内で戦術召集点を指定し援軍を召喚できる。
援軍がブロック中の敵を自身が攻撃時、攻撃力が150%まで上昇

ステータス

 HP攻撃防御術耐性
初期726187460
初期最大1038275780
昇進1最大13323621120
昇進2最大16254421330
信頼度最大 +60  

攻撃範囲

 初期昇進1昇進2
攻撃範囲

潜在突破

 2段階目3段階目4段階目5段階目6段階目
突破段階コスト-1再配置時間-4秒攻撃速度+8再配置時間-6秒コスト-1

素質

素質名解放段階効果
夜行初期戦術召集点に眠獣を援軍として召喚可能
援軍が倒された時、20秒後に再召喚される
昇進1戦術召集点に眠獣を援軍として召喚可能
援軍が倒された時、17秒後に再召喚される
昇進2戦術召集点に眠獣を援軍として召喚可能
援軍が倒された時、15秒後に再召喚される

スキル効果

スキル1

スキルアイコン半醒自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1103410所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの7%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+20%、攻撃速度+2010秒間継続
233所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの8%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+23%、攻撃速度+2310秒間継続
332所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの9%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+26%、攻撃速度+2610秒間継続
41231所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの10%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+30%、攻撃速度+3010秒間継続
530所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの11%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+33%、攻撃速度+3310秒間継続
629所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの12%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+36%、攻撃速度+3610秒間継続
71428所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの13%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+40%、攻撃速度+4010秒間継続
特化11527所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの14%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+45%、攻撃速度+4510秒間継続
特化21626所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの14%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+50%、攻撃速度+5010秒間継続
特化31725所持コスト+11、眠獣が睡眠状態となり、毎秒最大HPの14%ずつHPが回復、眠獣がダメージを受けると睡眠状態が解除、攻撃力+55%、攻撃速度+5510秒間継続

スキル2

スキルアイコン安眠自動回復
手動発動
 
SLv初期SP必要SP持続効果
1019

所持コスト+4、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、4秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が120%まで上昇
1回チャージ可能

2所持コスト+4、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、4秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が125%まで上昇
1回チャージ可能
3所持コスト+4、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、4秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が130%まで上昇
1回チャージ可能
4518所持コスト+4、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、4秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が135%まで上昇
1回チャージ可能
5所持コスト+4、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、4秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が140%まで上昇
1回チャージ可能
6所持コスト+4、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、4秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が145%まで上昇
1回チャージ可能
71017所持コスト+5、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、5秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が150%まで上昇
2回チャージ可能
特化1所持コスト+5、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、5秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が170%まで上昇
2回チャージ可能
特化216所持コスト+5、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、5秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が190%まで上昇
2回チャージ可能
特化3所持コスト+6、戦術召集点の周囲の全ての地上の目標を4秒間睡眠状態にし、6秒間眠獣の攻撃は範囲術攻撃となり、睡眠状態の敵を攻撃時、攻撃力が210%まで上昇
2回チャージ可能

基地スキル

スキル名解放条件発動施設効果
先鋒エキスパートα初期訓練室訓練室で協力者として配置時、先鋒の訓練速度+30%
戦術研修昇進2訓練室

訓練室で協力者として配置時、先鋒の訓練速度+30%
特化ランク1への訓練をサポートする場合、訓練速度がさらに+45%

昇進強化内容/必要素材

昇進1強化内容ステータス上限解放/素質「夜行」強化/スキル「安眠」習得/攻撃範囲拡大
必要素材/LvLv龍門幣初級先鋒SoC初級異鉄初級装置
5020000442
昇進2強化内容ステータス上限解放/素質「夜行」強化
必要素材/LvLv龍門幣上級先鋒SoC上級熾合金合成コール
701200003815

スキル強化必要素材

 

能力測定

【物理强度】普通
【戦場機動】標準
【生理的耐性】普通
【戦術計画】優秀
【戦闘技術】標準
【アーツ適正】標準

関連アイテム

潜在上昇の印

の潜在能力を高めるために使用する。

一つの編まれたナイトキャップ。製法は粗いものの、感触は柔らかい。

求人契約

賞金稼ぎのブラックナイト、いつでもあなたの依頼を受けるつもりだ。

都市も荒野も彼女が自由に行き来出来る戦場だ。

 

プロファイル

健康診断

文章表示

造影検査の結果、臓器の輪郭は不明瞭で異常陰影も認められる。循環器系源石顆粒検査の結果においても、同じく鉱石病の兆候が認められる。以上の結果から、鉱石病感染者と判定。

【源石融合率】10%
四肢に一定量の源石結晶が見られる。

 

【血液中源石密度】0.31u/L
ブラックナイトは長年荒野を走り回り、正しい防護意識を確立した事が無かったため、防護知識の教育を受けた後、治療を受けなければならない。

第一資料

文章表示

長吻眠獣は荒野地域に広く分布し、干ばつの砂地に生息、飛虫を餌とすることが多い。その消化腺は特殊な物質を分泌することができ、この物質は近くの生物を昏睡させる作用を持っている。

長吻眠獣を捕獲する風潮は以前からあった。眠獣を捕まえた後、消化液を体内から抽出し、有効成分を分離させて催眠薬を作る。ここ数十年、野生の眠獣は次第に移動都市の周辺では絶滅しており、荒野に深く入り込んだ人だけが眠獣を見る事が出来るという場合が多い。

荒地の長吻眠獣の性格は穏やかで臆病、聴覚が鋭敏で、動きはスバ隊溜め近づきにくい。大型動物、特に人間を避けることに慣れているため、かわいい外見を見て、人工飼育に適したペットとして育てようとした商人も多かったが、いずれも失敗に終わった。

多くの荒地の長吻眠獣をペットとして、訓練に成功し、多くの複雑な仕事を完成させる事は間違いなく極めて難しい事だ。

ブラックナイトは獣飼いに強い興味と優れた素質を持っており、多くの動物行動学者が簡単にできるとは限らないという事を成功させた。

「近づく時は気をつけて、交流するときは辛抱強く、褒めるときは心を込めて、それで良いんじゃない」自分が動物を訓練した経験を語る時のブラックナイトの口調は、朝起きてどのように歯を磨くかを描いているようなほどに気楽で自然的だ。

観察によれば彼女と彼女の眠獣たちの付き合い方は、飼い主やペットよりも家族に似ている。もしかすると、これがブラックナイトの野生動物を飼うコツなのかもしれません。

補足記録:知らない内の「誘拐」事件を発生させたく無いのであればブラックナイトが本艦に戻って職務を述べる際は、他のオペレーターは自分のペットの監視に十分注意する必要がある。

追加項目:小動物に見える非生物のペットも同様。

第ニ資料

文章表示

ブラックナイトが口にした「ハク老人」について、事務所は簡単な調査を行った所、尚蜀城で何年も生活していた普通の陶工であることを発見した。

しかしブラックナイト自身によれば、彼女はこのハクという老人と知り合ったとき、相手は行商隊に同行していた講談師だったという。

当時、その小隊は炎国とリターニアの間の荒れ地を歩いていて、その時に彼女の視野に入った。

彼女は彼が不義の金持ちだと思って、間違えて彼を拉致してしまった。講談師はこの荒野の泥棒たちを恐れず、彼女と彼女の仲間たちに物語を話した。彼女は炎国の風物と奇怪な出来事を含む物語が大好きなのだ。講談師は清廉潔白であり、想像していた悪人ではないことに気付き、自ら講談師を解放する事にした。

講談師と別れた後、好奇心から彼女はその行商隊の元を明らかにした後にやっと悟った。自分たちは大きな面倒事を引き起こしてしまったのに、講談師は彼らを追い込むことをせずに脱出させてくれたのだと。

その後、若い賞金稼ぎは講談師に感心し、感謝の気持ちを募らせていた。彼女は講談師の口から展開される物語好きで、講談師が自分のために付けてくれた名前が好きで、江湖を歩く時も、ロドスアイランドと契約を結ぶときも夜半の二文字を自分の名前として使っていた。

賞金稼ぎは急いではいた。ブラックナイトはもう講談師に会う事は無いだろうと思っていた。何年ぶりかに、彼女は再び講談師の知らせを受けるとは思いもしなかった。

今回、ハク老人は彼女に尚蜀に何かを取りに行くように頼んだ。ブラックナイトは具体的な場所と目標の外形だけを聞いて、急いで道を歩いた。彼女はそれが具体的に何の意味があるのかを聞かなかった。これは賞金稼ぎとしての職業素養というだけで無く、講談師の依頼だからだ。

夜半はハク老人の仕事を手伝う事が人情を返す事だとは思わなかった。彼女はこれを「付き合い」と呼ぶほうが好きなのだ。

私たちと話をする過程で、彼女は「ハク天師」という3つの字に言及したことがあるが、私たちは彼女がこのハク老人の本当の身分に関心を持っていないと考えたほうが自然だろう。

ブラックナイトにとって、ハク天師だろうが、ハク陶工だろうが、あるいは講談師だろうが「夜半」のように、江湖を歩く名号に過ぎないのだから。

第三資料

文章表示

ブラックナイトにとれば、彼女は10歳前後で荒地に流れ着き、狩人の夫婦の養子縁組になったという。移動都市の庇護から離れての荒地での生活は非常に危険だ。いつでも訪れる可能性のある天災を避けるほか、荒地人は様々な獣の妨害を防ぐ必要がある。

しかし、最大の課題は水と食べ物だ。荒れ地での長期に渡っての農作物の栽培はほとんど不可能だ。大風が吹いて、急な雨が降って、もたらされる源石は農地を破壊する。人々は常に飢えを我慢しなければならない日を送る。

養父母の教養の下でブラックナイトは多くの荒地生存のテクニックを身につけた。彼女は比較的安全な地形を簡単に見分けることができ、最も腹を満たすことができる果実、最も捕まえやすい獣、そして幾つかの天災の予兆を見分けることが出来る。

養父母が彼女に教えた全ての知識の中で、彼女が最もしっかりと覚えているものが一つある――荒野の上で最も貴重なものは水では無く、食糧でも無く、風を遮って雨を遮る家屋でも無い、仲間だ。

賢い荒れ地の獣は決して一人になる事は無い。人も同じだ。一人では砂漠の前では脆弱だが、群となった人は砂漠を通り抜けることが出来る。

より多くの生活物資を取り替えるために、13歳からブラックナイトは集落の子供たちを連れて、賞金稼ぎの営みを始めた。荒地に対する熟知によって、彼らは大人の狩人でさえできない任務を受ける事ができ、すぐに周囲一帯で頭角を現した。

この生活は他人の目から見れば流浪と言えるかもしれないが、ブラックナイトには純粋な楽しみと少しの誇りしかなかった。

しかし、ブラックナイトが推薦状を持って事務所で登録した時、彼女と一緒にいたのは眠獣達だけだった。

彼女の仲間たちは何処へ行ったのだろうか。彼女は私たちに話してはくれなかった。

簡単な調査を経た後、私たちは彼女が現在大きな借金を背負っていることを知った。彼女の過去の荒地での経験と結びつけるに、私たちは彼女と当時の仲間が失敗し、手に負えないような人物を怒らせたのではないだろうか。リーダーとして、ブラックナイトはかなりの確立で全ての責任を負い、それが仲間に及ばないように、彼女は彼女にたくさんの温かい思い出を与えてくれた小さなチームから一人離れたのだろう。

ブラックナイトが彼女が抱いている眠獣達に話しかけたり、ぼんやりしたりしている姿を見るたびに、私たちは彼女が過去の仲間を懐かしんでいることを知っている。

だが、私たちはブラックナイトが彼女の仲間たちと遅かれ早かれ再会すると信じてる。

そのまた一方で、ブラックナイトが防備を下ろして、潜在的な敵としてでは無く、他のオペレーターを新たな仲間として見るようになってきて、みんなもますます喜んでいる。

結局の所、誰が昼休みにブラックナイトが隣の席に置いた機械を踏みたいのかという話だ。

第四資料

文章表示

協力オペレーターとして登録された時、ブラックナイトは常住地の欄には「荒地」と書いた。

しかし、彼女は自分がレム・ビリトン人であることを隠したことがない。彼女は依然として流暢なレム・ビリトン語を話しているだけでなく、自分の眠獣たちにはレム・ビリトン風の名前をたくさん付けている。

彼女が初めて私たちの前で「ドリル」「ピッケル」と叫んだ時、本当にオペレーターがそういった物を取り出すと勘違いしているといったジョークを何度も言っている。

ブラックナイトの説明によれば、彼女の両親はレム・ビリトンのとある鉱山に就職した労働者だという。鉱夫たちが鉱石病に感染する割合は低くなく、夜半の両親も小さな事故で不幸にも感染した。彼らは今後仕事の条件がより苦しい感染者の鉱山に縛られたくないと思い、幼い娘を連れてレム・ビリトンを離れ、クルビア行きのキャラバンに加入した。

道中、彼らはよくブラックナイトにクルビアに到着した後の新しい生活を思い描き、彼らは普遍的な価格で薬を手に入れることが出来て、自由に開拓に参加して、新しい土地で安らかに暮らすんだと。

二人共病気が重くなっても、彼らは娘に絶望的な気持ちを決して見せる事は無かった。

彼らは生きてクルビアに辿り着く事は出来なかったが、ブラックナイトはずっと覚えている。父と母や将来の話をしていた時の眼は輝いていたと。

数年後、ブラックナイトはクルビアの真実を深く知り、両親の夢が現実的ではないかもしれないという事を知った。

彼女は母の手から父の手に渡り、最後に彼女の手に渡った地図をめくって、地図上に書かれたマークを一つ、また一つと見て、書かれた計画を一つ、また一つと見て、突然気付いた。

本当に重要だったのはクルビアではなく、この旅そのものだったんだと。命の最後の瞬間まで父と母はレム・ビリトンを離れて荒野に進んだ事を後悔していない。

彼らにとって、夢を追う道で死ぬ事は、鉱場で余生を消耗する事よりも遥かに望んでいた事だった。

両親の意志はずっとブラックナイトに影響しており、彼女が危機に瀕して荒地を走っていた時、彼女が自分が鉱石病に感染していることに気付いた時、彼女が自分よりずっと強い敵に遭遇した時、彼女は足を止めなかった。荒れ地の獣のように、彼女は自由に走ることを選び、命という毎日に向かっている。

昇進2解放

文章表示

荒れ地の獣を飼うのはどれくらい難しいのかって?

まず、相手よりも自分のほうが強いって事を表現しないといけない。それは慎重にあなたに近づき、あなたを探して、あなたを挑発してくる。あなたが1回でも負けてしまえば、あなたは逆に獲物と見なされる。

自分の強さを証明したら、権威を示す必要がある。相手が命令に従った時は褒美を与える。相手があなたの命令を無視した時は厳しく止める。

最も重要なのは、信頼関係を築くこと。あなたはそれに食べ物と庇護を提供して、それのお陰で何度も危機を乗り越えた。

あなたがそれを知れば、それはあなたに着いてくるし、より生きる事が出来る。

最後に、あなたが成功すれば、それはあなたに着いてくる。それはあなたの手に自分の命を託してくる。

同時にあなたに託してくるものもある、それは生命よりも重いもの、例えば、夢と自由とかね。

 

ボイス一覧

ボイス一覧表示
音声記録
秘書任命 
会話1 
会話2 
会話3 
昇進後会話1 
昇進後会話2 
信頼上昇後会話1 
信頼上昇後会話2 
信頼上昇後会話3 
放置 
入職会話 
経験値上昇 
昇進1 
昇進2 
編成時 
隊長任命 
作戦準備 
戦闘開始 
選択1 
選択2 
配置1 
配置2 
作戦中1 
作戦中2 
作戦中3 
作戦中4 
星4で戦闘終了 
星3で戦闘終了 
星2以下で戦闘終了 
任務失敗 
基地配属 
タッチ 
信頼タッチ 
タイトル 
挨拶 

オペレーター紹介文

 

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました